ヨンフン。 ヨンフンの遭遇情報で脱落説あり?目撃場所やプデュ中って外に出ていいの?

【THE BOYZ】ヨンフンのプロフィール!BTSテテの大ファンでEXOセフン似!?

ヨンフン

— 2019年10月月17日午前6時59分PDT 名前 チョン・ヨンフン 出身 韓国 生年月日 1993年1月15日 26歳 身長 180. ㎝ 体重 67㎏ 血液型 B型 ヨンフンは元HALOのメンバーとして活動していた1人で 今回は、 ヒチョンとユンドンと3人で再度デビューをかけて プロデュースシリーズの日本版に挑戦しています。 絶対3人でデビューしたいという意気込みを感じるくらい 日本語のレベルも高いですし、元アイドルという肩書きがあるために 日本のトレーナーからは、かなり厳しい言葉も投げかけられてしまいます。 Sponsored Links ヨンフンのタトゥーの場所は二の腕だけ? HALOとして活動している当時から人気が高かったのがヨンフンです。 歌もダンスもビジュアルもレベルが高く 日本のファンからも人気だったというのがよくわかります。 確かにヒチョンとユンドンが順位的には上なんで なんで?ヨンフンだけB? なのかという気持ちにもなりますし トレーナーがヨンフンにだけ厳しいようなそんな気もします。 再評価でも間違ってしまいB暫定のままで、評価が下がる一方ですが 国プ、ファンの皆さんの評価は高いのであきらめず頑張ってほしいなと思います。 ヨンフンの魅力はそれだけではなく、イケメン韓国人にありがちな タトゥーが入っているということ 何やら、 二の腕に入っているタトゥーを1度確認してみましょう。 かなり見やすい箇所に入ってます。 文言は 「this too,shall pass away」で 「これもまた過ぎ去るもの」という直訳ですが 内容的には 「いい時も悪い時もいずれは過ぎ去る」のような意味や どんなひどい状況でも必ず好機が訪れるという意味のようですね。 いい言葉が入ってるなと思います。 他に入れてる箇所を探してみましたがどうやら 二の腕だけのようですね。 しかもプデュの練習のときは、サポーターで隠しているというなんとエモいことなんでしょうか。 Sponsored Links 長袖で隠す配慮にキュン死! Xシリーズの時にもタトゥーを入れてるメンバーが多く ハンスンウやチョスンヨンなどもサポーターやベージュのシールのようなもので タトゥーの箇所を隠していました。 今更気づいたんだけど、ヨンフン、タトゥー隠すために黒いのしてるよね? えちえちのえちじゃん は? — ひちょ。 ヨンフンも同じように サポーターなどで、タトゥーの箇所を覆っていますね。 その感じにキュンときてる国プが多いようです。 タトゥーふがチラ見えすると、 「はっ!」という気分にさせられるのは何なんでしょうね。 Sponsored Links まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は、 ヨンフンのタトゥーの場所は二の腕だけなのか調査してみました! 今のところは二の腕だけのようですね。 しかし、タトゥーを入れてる人は1つでは収まらないという個人的統計があるので 他にも入れてる箇所はあるのかもしれませんね。 最後まで読んで頂きありがとうございます!.

次の

ヨン・ジョンフン(Yeonjunghoon)のプロフィール

ヨンフン

ヨンフンについて ヨンフンは、2017年12月6日にデビューした12人組ボーイズグループTHE BOYZのメンバーであり、ボーカルをつとめている。 1996~2000年生まれで構成され、インパクトある最強ビジュアルを売りにしている。 デビュー日に初めてのアルバム『THE FIRST』を発売。 2018年4月3日にはミニアルバム『THE START』を発売した。 その他制服「スクールルックス」、化粧品「SIERO」、バックパック「FILA」の広告に採用される。 2018年ソルラル特集芸能人陸上大会ではエアロビクス部門に出場し、銀メダルを獲得した。 2018年1月、Mカウントダウンでは、デビュー初の1位候補にまで挙がったのだがMOMOLANDに惜しくも敗退。 基本プロフィール 好きなタイプ 情報なし 性格 ヨンフンは美少年揃いのTHE BOYZメンバーの中でも代表「イケメン」で通っている。 メンバーの中で一番の高身長であり、かわいらしい顔立ちにひきしまった体型をしている。 小顔でスラリと伸びた身長のため遠くからでもヨンフンだと見分けがつく。 またヨンフン自身も自分が美形だということをよく分かっており、 リアリティ番組『꽃미남 분식집(イケメン粉食店)』の中でもその自信たっぷりな様子が見て伺える。 ヨンフンはちょっと自意識過剰に見えることもあるが、ファンたちから「かっこいい」と言われると手を合わせながら感謝の言葉を述べている。 外見だけでみるとナルシストで冷たそうなイメージがあるが、実はとても恥ずかしがりやで人見知りも激しいそうだ。 涙もろい一面もあり、暖かい心を持っているとのこと。 ヨンフンは『イケメン粉食店』で綿あめを作っている時、作り終わってから後輩たちに先に食べさせてあげたり、写真を撮るときに前の列にいたヨンフンは、後ろにいるメンバーが見えないかと気を遣い、こっそりひざを折り曲げたりなど、隅々に優しさが見られる。 ヨンフンは愛嬌もたっぷりで、放送などをみても言葉の節々に愛らしい面が見られる。 自分では愛嬌はないと思っているため、周囲の反応が意外だそうだ。 スキンシップも好きで、特に自分よりも年下のメンバーたちにわざとぶつかったりしながら反応を楽しんでいる。 趣味 ヨンフンはゲームが好きで、「リーグ・オブ・レジェンド」と楽しむ。 ゲームをしているときほしかったアイテムが手に入った時、何よりも幸せを感じるという。 またファッションにも関心が多く、着る服のスタイルは多種多様である。 最高だと思うのはG-DRAGONとZICOのファッションとのこと。 ヨンフンは、一人でご飯を食べながら通り過ぎる人々を眺めるのが好きである。 食べることも好きで、スイーツではチーズケーキ、チョココルネが好き。 カフェではアメリカーノしか注文しないそうだ。 特技 ヨンフンは、肝が据わっている。 怖いもの知らずだそうで、ホラー映画など笑いながら見るそうだ。 その反面ジェットコースターは苦手。 また愛嬌を振りまくのが得意。 メンバーには嫌がられている。 メンバーの中で一番の早食いである。 デビュー前の経歴 ヨンフンは、両親のすすめで中学1年生から2年生までの1年間、趣味で水泳を習っていた。 仁川で開かれた全国水泳大会に出場し、2位を記録した。 ヨンフンは、江南新沙洞にある演技学院の近くのコンビニでパンを食べている時にキャスティングされたそうだ。 何のパンを食べていたのかと言うファンからの質問に、「パンの種類は覚えていないけれどツナマヨネーズのおにぎりも食べていたのは覚えている」と答えた。 その時、ヨンフンに目をつけキャスティングしたのは、ロエンエンターテイメントの職員だった。 THE BOYZとしてのデビュー前は、I. I の「Whatta Man Good Man 」、존박(ジョンバク)の「DND Do Not Disturb のミュージックビデオに出演したり、C. H cubeモデルとしても活動していた。 2017年7月5日から練習生としてのビデオが公開されていたり、THE BOYZメンバーで写真を撮影しているところを目撃されていたのにも関わらずなかなか公式デビューが発表されず、ファンたちをやきもきさせていたが、7月18日、THE BOYZとして年末にデビューすると公式発表された。 メンバーの発表も順次されながら、そのビジュアルのレベルの高さに好評価を受けた。 7月22日には、初のVライブを行いそこで公開されたプロフィールビデオがハート数(いいね!のようなもの)が100万個を達成した。 後に メンバー12人で実際に食べ物屋さんをオープンし、そこで繰り広げられるエピソードを盛り込んだ MBCエブリワン・MBCミュージック共同番組『イケメン粉食店』が8月23日から10月11日まで放送された。 この粉食店はメンバーが直接メニュー表も作成し、食事を作りサービングまで全て自分たちで行い、人気の番組となった。 出身・家族・学歴 兄弟 兄 出生国 出生地域 高校 延松高等学校 大学 なし 解散・引退について 周囲からの評判 ヨンフンは、美少年揃いのTHE BOYZメンバーの中でも代表「イケメン」で通っている。 メンバーの中で一番の高身長であり、かわいらしい顔立ちにひきしまった体型をしている。 小顔でスラリと伸びた身長のため遠くからでもヨンフンだと見分けがつく。 また、ヨンフン自身も自分が美形だということをよく分かっており、 リアリティ番組『꽃미남 분식집(イケメン粉食店)』の中でもその自信たっぷりな様子が見て伺える。 「イケメン粉食店」は僕がいないとイケメンという名前はつかなかったと真顔で話した。 ヨンフンは、が好きで、携帯の背景写真にもしているそうだ。 彼の舞台でのマナーを真似したいそうだ。 実家で飼っている犬(名前:ボリ)を非常に可愛がっており、ボリとメンバーのヒョンジェのどちらが好きか?という質問に、「THE BOYZも家族だけどボリは本当の家族だから・・・ノーコメントでお願いします」と答えた。 整形 なし 好きな食べ物 公式サイト・SNS.

次の

ヨン・ジョンフン(Yeonjunghoon)のプロフィール

ヨンフン

その後、ヨン・ジョンフンは柔らかいイメージから「ローズマリー」「フンブや、家運が開けたね」「黄色いハンカチ」「白雪姫」「愛するだろう」等のドラマで安定した演技を見せ、韓国の「ヒュー・グラント」とも言われている。 しかしその後は彼の努力を少しも考慮しない嫉妬の視線がついて回ったことも事実である。 ヨン・ジョンフンは中堅俳優ヨン・ギュジンの息子である。 彼が放送界に姿を現したとき周囲では、「代を引き継ぐ親子芸能人」「父のおかげで注目される演技者」等のありがたくない修飾語が羅列された。 「デビュー当初は父が人気俳優だという事実が負担でした。 できるだけその事実を隠そうとしました。 でも少し時間がたつと気持ちが軽くなりました。 父の息子だということは、隠そうとして隠せるものではないと悟ったんです。 父のことを考えて行動ひとつひとつにも注意しなければなりませんが、デビュー当初のような負担感はもう感じません。 むしろ父のことが誇らしいです。 」彼は父に対する負担感が消えた後は気楽に演技に没頭できたと言う。 おかげで彼は現在ブラウン管とスクリーンを行き来してスポットライトを浴びている。 父が俳優だったので、ヨン・ジョンフンは幼い頃から当然のように演技は「他人の仕事」ではないと考えていた。 しかし俳優としてデビューしたのは、本当に偶然なきっかけからであった。 アメリカに留学中だった97年、突然のIMF外換危機事態から志半ばで帰国した後、99年STV「波濤」で演技の道に足を踏み入れた。 特別重大な決心をして演技者になったのではない。 「出演の機会に恵まれた時は、登録金を稼ぎながら新しい経験を一度してみよう」という素朴な考えであった。 しかし演技者の道は侮れなかった。 所属社の問題で気苦労も多く、思い通りに演技できないという悩みも多かった。 そのたびに力になってくれたのはやはり家族。 特に父は干渉せずにいつも信頼しているぞという眼差しで彼の判断を信じてくれていた。 「もともと性格が楽天的です。 どんなに深刻な状況でもいつも前向きな面だけ見ようとします。 限界を超えるたびに少しずつ演技に対する醍醐味を知っていくのも幸せなことです。 僕は幸運だと思います。 演技をしながら素晴らしい人にもたくさん出会えました。 やはりなんといっても人が財産です。 演技を通して名前を知られてお金を稼ぐものいいですが、それよりも素適な彼らと貴重な因縁を結べるのがもっとうれしいですね。 」 「父の代を継ぐ2世演技者」という修飾語を脱ぎ捨ててひとり立ちするのに成功したヨン・ジョンフン。 すでに彼に対する肯定的な評価が多い中、柔らかいほほえみが美しい青年ヨン・ジョンフンから個性的な俳優ヨン・ジョンフンとして末永く活躍することを願っている。 ヨン・ジョンフンが帰ってきた。 2年間の軍服務と8ヶ月間の準備期間を経て、彼はMBCドラマ『エデンの東』で完全復帰に成功した。 2010年、彼はドラマ『済衆院』を通じ、トップスターとしての位置をむしろ強固にしている。 そして彼は徹底的な悪人に変身を図っている。 彼の活躍が期待される点でもある。

次の