千葉 梅雨明け 2020。 関東甲信の梅雨入りと梅雨明け 2020(確定値)

千葉県(関東地方)2020年の梅雨入りと梅雨明け宣言はいつ?平年の時期や傾向も!

千葉 梅雨明け 2020

スポンサーリンク 関東の梅雨入りと梅雨明けについて 「関東」とは? 一般的に「関東」というと、一般的には1都6県(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)をイメージする方が多いのではないでしょうか。 でも、気象庁のデータは「関東甲信」地方となっています。 これは、1都6県に甲信地方(山梨県、長野県)を加えた地域を意味していて、一般的な「関東」よりもやや広いエリアを指しています。 このサイトでも気象庁の発表に基づき、「関東甲信」としていきます。 「梅雨入り」・「梅雨明け」とは? 実は、梅雨入りや梅雨明けの日付は確定日ではありません。 比較的天気の良い日が続いてから、比較的雨が多く、日照時間が少ない時期に突入するまでの移り変わりの期間がおおむね5日間程度ありますが、その5日間の真ん中の日を「梅雨入り日」としているのです。 梅雨入りも梅雨明けも、各地方気象台の観測結果と、1週間後までの中期予報を組み合わせて決めています。 晴れが続いている日(初夏)から、今後数日間は天気が悪く雨模様だろうという予想(中期予報)を出し、実際に雨が降りだした日を梅雨入りとしているのです。 雨の日が続いている状態で、中期予報で晴れが続くと予報をし、最初に晴れ始めた日を梅雨明けというわけです。 確定値は9月に結果を再検討し、修正された後に決まります。 関東甲信の梅雨入り 2020年はいつごろ? 気象庁のデータによると、平成22年(2010年)までの過去30年の平均(入り・明けを特定しなかった年は除外)である「平年」の梅雨入りは「6月8日ごろ」となっています。 最も早い梅雨入りは1963年の「5月6日ごろ」で、最も遅い梅雨入りは、1967年と2007年の「6月22日ごろ」になります。 スポンサーリンク 関東甲信の梅雨明け 2020年はいつごろ? 続いて、2020年の関東甲信の梅雨明け予想をしてみたいと思います。 梅雨入りと同様に、気象庁発表の過去のデータを参照してみます。 2017年までの最も早い梅雨明けは2001年の「7月1日ごろ」でしたが、2018年の梅雨明けは「6月29日ごろ」と、2019年は「7月24日ごろ」との確定値が発表されています。 一方、最も遅い梅雨明けは、1982年の「8月4日ごろ」でした。 気象庁のデータによると、平成22年(2010年)までの過去30年の平均(入り・明けを特定しなかった年は除外)である「平年」の梅雨明けは「7月21日ごろ」となっています。 また、関東甲信の梅雨明け時期のトレンドは遅くなっている傾向がありましたが、2018年は一度早まったものの、昨年は以前のトレンドに戻っています。 過去5年間はどうなっているの? 関東甲信地方の過去5年間の梅雨明けの確定値は、• 関東甲信の梅雨入りは、 6月5日ごろから6月10日ごろの間くらい• 関東地方の梅雨明けは、 7月15日ごろから7月25日ごろの間くらい となります。 2017年から2018年にかけては、平年よりかなり早い梅雨明けとなっていますが、関東の梅雨は長いスパンで見ると長期化していると言えます。 関東では、過去に九州地方の梅雨のように大きな洪水などは起こっておらず、基本的にはジメジメと降り続く一般的な雨模様ですが、天気は比較的安定的で、降水量も全国平均であることが多いようです。 ただ、梅雨の時期は、朝から雨だとその日一日はずっと雨であることが多く、降ったり止んだりという天気は少ないようです。 梅雨入りから梅雨明けの期間の平均雨量は、2016年から2017年にかけては平年の平均雨量より25%以上少なく、最も梅雨明けの早かった2018年ではほぼ平年並みの降水量になっていますが、梅雨明けの遅かった2019年は平年より30%以上も多く降りました。 梅雨でなくても雨の日は何となく憂鬱な気分になりますが、元気に乗り切って、楽しい夏を待ち受けましょうね。

次の

【2020最新】千葉県の梅雨明け予想!令和2年の時期はいつ?|梅雨明け・梅雨入り予想【2020】

千葉 梅雨明け 2020

2020年の関東地方の梅雨入り・梅雨明けの時期は? 梅雨入りはいつ? 今年の梅雨入り・明けは、全国的に平年よりも遅い梅雨入りとなる一方、短期間で終わると予想されています。 平年のデータをみてみると、 梅雨入りは6月1日~16日です。 直近の過去の梅雨入りの日づけをみてみると、昨年2018年は6月6日、一昨年2017年は6月8日が梅雨入りでした。 1951年から2018年までの梅雨入りの平均値が、6月8日頃といわれており、今年の梅雨入りにおいても、例年同様と予想されています。 今年は、ソーシャルディスタンスを作るため、大きめの傘がかなり売れているそうです! 楽天で購入 梅雨明けはいつ? 一方、梅雨明けの時期はというと、 7月10日頃から7月24日頃の間位と予報されています。 2018年は6月29日、2017年は7月6日でした。 実は、過去の関東地方の梅雨明け時期の平均日は、おおよそ7月21日頃とされています。 ここ数年は、7月上旬の梅雨明けになっていますが、年々遅くなっている傾向がありますので、梅雨明けが発表されるまでは、突然の雨に困らないよう準備しておく必要がありそうです。 関東地方の梅雨の特徴は? 雨が急に降ったり止んだりと言うよりは、朝から雨だとその日一日はずっと雨であることが多いのが、関東地方の特徴です。 関東地方の地形の影響なのか、東北地方や九州地方と比べると災害は比較的起こりにくくなっていますが、洪水や土砂災害などの防災について、しっかりと準備していきたいですね! 梅雨入りや梅雨明けはどのように決定されるの? 「梅雨入り宣言」や「梅雨明け宣言」という報道を耳にすると思いますが、気象庁が毎年発表しています。 例えば、 「雨が一週間以上続くと予想されると梅雨入り」 「晴れが一週間以上続くと予想されると梅雨明け」 「梅雨前線がその地域に戻ってこないと判断されたら梅雨明け」 などが判断材料となっているようですが、毎年決まった気象現象が起こるか分からないので、ある程度の予想で「梅雨入り宣言」や「梅雨明け宣言」を行っているようです。 ただし、9月に気象台の観測結果を再検討して、最終的にその年の梅雨入りと梅雨明けの日づけを決定し、記録として残しているそうです。 そのため、9月以降になると6月に報道があった日にちとは異なっている可能性もあります。

次の

梅雨明け2020東京や関東地方はいつ?夏の天気や気温はどうなる?

千葉 梅雨明け 2020

Contents• 過去の福井県の梅雨明けまとめ 予想の前にまずは過去の梅雨明け日を振り返りたいと思います。 北陸地方の梅雨明け日は以下となります。 福井県の過去69年の梅雨明け日の推移 過去69年の移動平均の値は、7月21日ごろとなります。 さらに平年、昨年の時期をまとめると、以下となります。 福井県の梅雨明け日 平年 昨年(2019年) 移動平均 時期 7月24日ごろ 7月24日ごろ 7月21日ごろ 福井県の梅雨明け時期はいつごろ?【2020最新】 次に、新潟地方気象台より5月25日発表された北陸地方の6~8月の天候の見通しの解説を確認したいと思います。 気象庁の3カ月予報 予報のポイント 【予報のポイント】 1:向こう 3 か月は、暖かい空気に覆われやすく、気温は平年より高いでしょう。 また、降水量はほぼ平年並でしょう。 月別の天候 【月別の天候】 6月: 期間の前半は、低気圧と高気圧が交互に通過し、平年と同様に天気は数日の周期で変わるでしょう。 期間の後半は、前線の影響で平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。 7月:前線や湿った空気の影響を受けやすく、平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。 8月:太平洋高気圧に覆われやすく、平年に比べ晴れの日が多いでしょう。 データ参照元: 梅雨明けしやすい時期の7月の解説を確認すると、 平年同様の空模様となることが多いようです。 したがって、梅雨明けの時期も 平年と同様、過去の平均と同じような時期に 明ける可能性が高いと解釈いたします。 よって、過去の定量的データ、最新の気象庁の情報を踏まえて、 福井県の2020年の梅雨明け時期の予想としましては、 平年の梅雨明け日である 7月24日前後の梅雨明けとなりそうです。 福井県の梅雨明け予想!【2020最新】まとめ 今回は2020年の福井県の梅雨明けがいつごろになりそうなのかを、 過去のデータと、最新の気象庁発表の3カ月予報を確認しながら予想してみました。 平年同様の傾向が強いということを頭に入れつつ、 最新の情報は適宜気象庁など専門機関発表の情報を取得するようにしてください。

次の