逆流性食道炎 妊娠後期。 辛い!!妊婦は逆流性食道炎になりやすい!?つわりの影響?症状、原因、対処法!

【妊婦の逆流性食道炎】 妊婦さんのつわりは辛い!?

逆流性食道炎 妊娠後期

胃食道逆流症(英語表記Gastro Esophageal Reflux DiseaseからGERD(ガード)とも呼ばれています)は、主に胃の中の酸が食道へ逆流することにより、胸やけ(みぞおちの上の焼けるようなジリジリする感じ、しみる感じなど)や呑酸(酸っぱい液体が上がってくる感じ)などの不快な自覚症状を感じたり、食道の粘膜がただれたり(食道炎)する病気です。 胸が詰まるような痛みを感じたり、のどの違和感や慢性的に咳が持続する患者さんもいます。 胃酸の逆流は食後2~3時間までに起こることが多いため、食後にこれらの症状を感じたときは胃酸の逆流が起きている可能性を考える必要があります。 胃食道逆流症は命に関わるような病気ではありませんが、日常生活の質(QOL)にさまざまに影響を及ぼすため適切な対処が必要です。 生活習慣を見直したり(食べ過ぎ・高脂肪食摂取・就寝前3時間の食事の回避や、過体重者での減量等)、適切なお薬を服用することで多くの患者さんは症状や食道炎が解消され、精神的、社会活動を含めた総合的な活力、満足度も改善します。 近年は患者さんが増えてきており、その原因として食生活の欧米化、ピロリ菌がいない人が増加していることなどが考えられています(Q2参照)。 Q2 胃食道逆流症の患者さんはどれくらいいるのですか? 患者さんの生活にはどんな影響があるのでしょうか? 胃食道逆流症は、欧米に比較して日本では頻度の低い病気と考えられてきましたが、病気の認知度が高まったこと、食生活の欧米化、日本人でも胃酸を分泌する能力が高くなったこと、ピロリ菌感染率が減少して元気な胃(胃酸が活発に出る胃)を持つ人が多くなってきたことなどから、最近、患者さんの数がいちじるしく増加しています。 現在では成人の10~20%がこの病気にかかっていると推測されています。 胃食道逆流症の患者さんでは、健康な人に比べて日常生活の質(QOL)が低下しているといわれています。 わずらわしい胸やけ症状が日常生活にさまざまな影響を及ぼします。 とくに食事が十分に楽しめない、ぐっすり眠れないといったことがあげられます。 また、症状のためデスクワークなどの仕事がはかどらなくなったり、会社を休んでしまうような場合もあります。 よりよい生活を保つためにも、早く正しい診断を受け、適切な治療を始めることが大切です。 Q3 どうして胃食道逆流症になるのですか? 胃からは胃酸が分泌され、食物の消化を助けています。 胃の壁(胃粘膜)は胃酸が直接触れないように粘液などで守られていて、胃自体が胃酸で消化されることはありません。 しかし、 食道の胃酸に対する防御機能は弱く、食道に逆流した胃酸によって食道粘膜は容易に傷ついてしまいます。 食道が長く酸にさらされると食道粘膜がただれ、逆流性食道炎(びらん性胃食道逆流症)が起こります。 重症の逆流性食道炎の患者さんでは胃酸の逆流時間が長くなっています。 しかし、食後には健康な人でも胃酸が逆流することがあります。 ただし健康な人では食道内に胃酸が逆流している時間は1日のわずか4%以下で、逆流が問題になることはありません。 健康な人では、逆流した胃酸は食道の蠕動運動(食べ物や飲み物を食道から胃に送るはたらき)によりすぐに胃に戻されますが、胃食道逆流症の患者さんではこの蠕動運動に問題が生じていることがあり、胃酸が食道に溜まってしまうことがあります。 また、胃と食道のつなぎ目が上にせり上がる食道裂孔ヘルニアという病気があると逆流防止のはたらきが弱まり、胃酸がより食道に逆流しやすくなり、さらに食道に長時間にわたってとどまることが知られています。 胸やけ、呑酸などの逆流症状を感じるのは胃酸の逆流ばかりではありません。 胃酸以外にも、空気が逆流したときや、酸度の弱い胃液が逆流することでも逆流症状が生じることがあります。 また、食道粘膜のただれが生じていない非びらん性胃食道逆流症の患者さんでは、食道の知覚過敏があり、わずかな胃酸の逆流や酸度の弱い胃液の逆流でも強い自覚症状を感じる場合があることが知られています。

次の

妊娠後期の胃痛の原因は後期つわり?病気の可能性も?対処法は?

逆流性食道炎 妊娠後期

古澤接骨院 所在地:埼玉県川口市 は、逆流性食道炎を患う妊婦ママの問い合わせ急増に合わせ、ケアのための「逆流性食道炎マッサージ」を開始いたしました。 2006年の最新の調べでは22%と急激に増加し、日本人5人に1人は逆流性食道炎患者との報告があります。 症状としては「5分以上続くゲップ」や「治まらない胃痛、胸焼け、むかつき」が挙げられ、妊娠中に発症しやすいと言われています。 参照:Hongo M. et al:Gastroenterol. 妊娠初期に現われる「つわり」と似た症状ですが、発症時期は「つわり」が治まる3~4ヶ月目の妊娠中期です。 この時期、急激に子宮が大きくなるにつれて、ゲップや胸焼け、むかつきなどの症状が見られます。 大きな子宮に胃が圧迫されるだけでなく、妊娠中はプロゲステロンと言う黄体ホルモンの分泌が多くなり、その結果、胃の消化機能が低下し、食べたものが胃に滞在している時間が長くなります。 消化に時間がかかると、胃酸の分泌も増加する為、逆流しやすくなり逆流性食道炎になってしまうのです。 妊娠初期の「つわり」が出産時まで続いていたという方がいますが、それは途中から逆流性食道炎の症状に変化しているのだと思われます。 出産するとピタッと症状は治まるのが普通ですが、妊娠中に症状が悪化してしまうと、出産後も逆流性食道炎の症状に悩まされる事になってしまいます。 このような作用を内臓体表反射と呼びます。 生理的反射作用として、左手の親指と人差し指の間の固くなった筋肉を揉みほぐすと、胃の緊張が解けて働きが改善します。 このような作用を体表内臓反射と呼びます。 この合谷をある程度強めに約3分揉みほぐし、その部位の筋肉が柔らかくなるように行い、胃の噴門部から下部食道活約筋の働きを改善させます。 【逆流性食道炎マッサージの特徴】 1. 頚椎1番を矯正して迷走神経の働きを回復させる 頚椎1番を矯正することにより、逆流性食道炎の一番の原因である『下部食道括約筋の収縮を司る迷走神経の働き』を改善・回復させ下部食道括約筋が収縮するようにします。 胸椎5番を矯正して噴門部が締まるようにさせる 緩んでしまった胃の入り口の噴門部を、胃液が逆流しない締まりの良い噴門部とするために、噴門部と胃全体を自律神経でコントロールしている第5胸椎神経を、胸椎5番を手技で矯正することにより、その神経の働きを活性化させ、噴門部が締まるようにします。 下部食道活約筋を指圧し回復させる 逆流性食道炎の症状が長く続いている時には、下部食道活約筋が長期間委縮し、蠕動運動や収縮機能が低下して、下部食道活約筋が固くなっていることが予測されます。 その場合、1の施術で迷走神経の働きが回復され、下部食道活約筋に収縮指令が届いても、下部食道活約筋が固くなっているため、本来の下部食道活約筋の収縮による食道下部の弁が締まりません。 そのため、食道下部を手技により指圧し揉みほぐし、柔らかくしてあげることにより、締まりやすい弁の状態に回復させます。 また、逆流性食道炎に効く特別なツボが腹部にあり、そのツボを特別な方法で刺激して食道と横隔膜と胃と腸の機能を改善します。 さらに、どこでもひとりで簡単に出来るツボ療法もお教えしています。

次の

妊娠中期の胃痛がひどい!胃がキリキリと痛い原因と6つの対処法

逆流性食道炎 妊娠後期

Contents• なぜ妊娠すると逆流性食道炎に悩まされるのか プロゲステロンの影響 つわりは妊娠初期に症状で主に プロゲステロンが原因で胃腸の働きが弱く成ってしまうのです。 さらに胃と食道を繋ぐ括約筋が緩く成ってしまうのでゲップや胃酸の逆流が多くなってしまうので つわりが原因となって逆流性食道炎に罹ってしまうことは意外と多いです 吐き気によって胃酸が逆流する環境を作ってしまいます。 妊娠初期は神経が過敏に成ることも 妊娠初期は精神的に過敏になり、普段は気にしないことでも気になってしまうことが多く成ります。 ストレスを感じやすく成るので脳から胃に「胃酸を出せ」という命令が下されるので、胃酸過多になってしまいます。 妊娠初期に良くある症状• 胃もたれや胸焼けを感じてしまう• 吐き気を催してしまう• 睡眠の質が下がり日中に眠たく成ってしまう• 頭や首が痛く成る• 臭覚が過敏になる これらはつわりの症状なのですが、特に強い「吐き気」を感じて、吐いてしまうことが日常的になってしまうと 健康的な人でも逆流性食道炎にかかりやすくなってしまうのです。 妊娠後期には 妊娠後期にはつわりは在る程度収まるのですが、ゲップが多くなる人もいます。 初期に吐き気を催している場合はより多くゲップをしてしまう人は多いと思います。 ではなぜゲップをしてしまうのか? これはストレスが原因なのです。 ストレスを感じると人は空気を飲んでしまう傾向に在り、これを 呑気症と呼ぶのですがこれによってゲップを多くしてしまうようになります。 とくにつわりが酷い人は食べ物や飲み物を身体が受け付けないために、精神的にも不安定に成りがちです。 食べ物を食べることが出来ないので赤ちゃんに悪い影響をあたえてしまうのではないか?という不安にもかられてしまいます。 なるべく身体を冷やさないようにしましょう。 身体を冷やすと基礎代謝が悪く成り血液循環の効率も悪く成ってしまうためなるべく冷やさないようにしましょう。 特に冷たい野菜は良くないので消化によい温野菜を食べるとつわりにも逆流性食道炎の予防・悪化にも効果的です。 逆流性食道炎の症状に産後も苦しむことになる 妊娠から9週から10週経った時が一番つわりが激しく辛い時期なのですが、 食欲もなかなか出ないので精神的にも不安定になってしまうことにもなりかねません。 さらに出産しても、逆流性食道をながく引きずってしまうので• 胸焼けが辛く成ってしまう• 食道炎になるので食べ物を食べたときに違和感をかんじてしまう• 喉に違和感を感じる• 食道の神経が過敏に成るので空咳がでるようになりお腹の筋肉が痛く成る といった症状を引きずってしまうのです。 しっかりとつわりを改善することが逆流性食道炎の治療に成ります。 吐いてばっかり・・ 吐くことが日常的になってしまうと吐くことで精神的な安定を感じるようになってしまうことがあります。 神経性嘔吐症がこの典型的な例です。 さらに水分や食べ物を受け付けないので栄養素を摂取することが 出来ずに赤ちゃんが無事に生まれて来るかどうかもわからなくなってしまいます。 ではどうやったら治療することが出来るのでしょうか?? まず考えられる手段は病院へいき、薬に頼るということです。 これは確かに効果的な手段なのですが、 妊娠しているときに「薬に頼る」ことに抵抗を感じることはないですか? ただでさえ、体調も悪く栄養素も足りていない状態なのに 負担が掛かってしまう薬や逆効果を引き起こしてしまうことにも繋がるのです。 もし薬を飲むならどんなものか? 普段であれば体調が悪いときに薬を飲むことはあると思うのですが、 実際に胎児をお腹の中に抱えているとちょっと服用するのを躊躇ってしまうことってありますよね? 市販薬の説明にも「妊娠中は注意」と注意書きがしてあるものもあります。 気になるのは、本当に胎児に影響は無いのか?ということですよね。 悪阻が酷いときは何度の嘔吐してしまい胃の中がからっぽになっても唾液だけでも毎日もどしてしまうことはあります。 これは原因で逆流性食道炎になってしまうのですが、胸焼けはもちろん、喉の痛みや食道が傷つけられたことで空咳をしてしまうようになるのは 非常に辛いことです。 逆流性食道炎を治すための薬を服用することは第一!みたいな感じではいけません。 妊婦さんは胎児にしっかりと栄養素を与えなくてはなりません。 悪阻で全部もどしてしまうのであれば、まずはビタミンを摂取してください。 野菜でもよいですしサプリメントでも構いません。 市販の薬ならガスター10、または大田胃酸がおすすめです。 もし服用することに躊躇いを感じるのであれば、良くいく病院の医師の判断を仰ぐことをおすすめします。 つわり自体を軽くするなら葉酸がオススメ 妊娠したら葉酸を摂取することを意識される方は多いかと思います。 しかし、あなたは適量をきちんと毎日摂取していますか?? つわりが酷くて逆流性食道炎になるまで苦しんでいるのであれば あなたが感じているストレスが赤ちゃんに悪い影響を及ぼす危険性があります 実際に葉酸が不足してしまうとあかちゃんが先天的な神経症を患ってしまう危険性が50-70%以上の確立が上がってしまうのです。 そんなつわりを全く無くしたり、改善させるよりも今あるつわりを軽減させたいですよね。 あなたがもしそう思っているならば、「 葉酸をサプリで摂取する」ことがオススメです。 「 詳細はこちら」をクリックして栄養管理士が監修して作ったサプリメントを今すぐ確認してください.

次の