十訓抄 大江山の歌 現代語訳。 大江山・十訓抄 現代語訳・品詞分解・原文

十訓抄『大江山』わかりやすい現代語訳と解説 / 古文 by 走るメロス

十訓抄 大江山の歌 現代語訳

小式部内侍の母は当時の有名な歌人であった和泉式部。 「和泉式部日記」の作者としても知られていますね。 当時、小式部内侍が歌が上手なのは、この母親の代作ではないかと疑われることもあったようです。 そして、ある時、小式部内侍は歌合の歌人として選出されます。 このことは、当時の歌人にとっては大変名誉なことでした。 そんな中、定頼中納言がおもしろがって、今度の歌合で詠む歌は、お母さんからもう教えてもらったのかという意味合いのことを言って、小式部内侍をからかいます。 すると、小式部内侍はすぐさま歌を詠んでやり返しました。 「お母さんがいるところは、ここから遠いから、まだ会いに行ったこともないし、もちろん手紙ももらってないわ。 (歌はお母さんから教えてもらっているんじゃないんだから。 )」 この歌が、掛詞の技法を用いつつ、すばやくその場にふさわしい内容を詠み込んだすばらしい出来栄えだったんですね。 してやられた感のある定頼中納言は、何も言い返すこともできずに逃げていくしかなかったわけです。 ですが、この一件が、小式部内侍の歌人としての名声を上げるのに一役買うことにもなったようですね。 鎌倉時代中期の説話集で、十の教訓の説話を集めています。 なお、この話は教科書によっては、「古今著聞集(ここんちょもんじゅう)」から出典されているものもあります。 内容はほぼ同じものになっていますが、多少違いがありますので注意してください。 それでは、原文と現代語訳と注釈です。 いかに心もとなく思(おぼ)すらむ。 」 と言ひて、局の前を過ぎられけるを、 6 御簾(みす)より半(なか)らばかり出(い)でて、わづかに直衣(なほし)の袖(そで)を控へて、 7 大江山いくのの道の遠ければまだふみもみず天(あま)の橋立(はしだて) と詠みかけけり。 8 思はずにあさましくて、 「こはいかに、かかるやうやはある。 」 とばかり言ひて、 9 返歌にも及ばず、袖を引き放ちて逃げられけり。 10 小式部、これより、歌詠みの世におぼえ出(い)で来(き)にけり。 11 これはうちまかせて、理運のことなれども、 12 かの卿(きやう)の心には、これほどの歌、ただ今詠み出だすべしとは、知られざりけるにや。 どんなにじれったくお思いになっていることでしょう。 」 と言って、部屋の前を通り過ぎなさったが、 6 (小式部内侍は)御簾から半分ほど身を乗り出して、かろうじて(定頼の)直衣の袖を引き止めて、 7 (小式部内侍の歌)大江山を越えて行く、生野の(丹後までの)道が遠いので、まだ(丹後の)天の橋立は踏んだこともありませんし、(母からの)手紙も見ていません。 と詠みかけた。 8 (定頼は)思いがけないことに驚いて、 「これはどうしたことか、このようなことがあろうか(いや、あるはずがない)。 」 とだけ言って、 9 返歌をすることもできず、袖を引き離してお逃げになった。 10 小式部は、このときから、歌人としての世間での評判が立つようになった。 11 これは普通一般に、道理にかなっていることであるが、 12 あの卿(定頼)の心の中では、これほどすぐれた歌を、今すぐに詠み出すことができようとは、ご存知ではなかったのであろうか。

次の

大江山・十訓抄 現代語訳・品詞分解ひと目でわかる

十訓抄 大江山の歌 現代語訳

第一、人に恵みを施すべき事(人に恵みをあたえなさい) 第二、驕慢を離るべき事(おごりたかぶるのをやめなさい) 第三、人倫を侮るべからざる事(人を馬鹿にするのをやめなさい) 第四、人上を誡むべき事(人をあげつらうのはやめなさい) 第五、朋友を撰ぶべき事(友達は選びなさい) 第六、忠直を存ずべき事(忠義は正しく行いなさい) 第七、思慮を専らにすべき事(思慮深くありなさい) 第八、忍す諸事を堪ふべき事(我慢することを学びなさい) 第九、懇望を停むべき事(何でも欲しがることをやめなさい) 第十、才能を庶幾すべき事(自分の才能をみがきなさい) の十訓です。 僕も高校生です。 これは覚えるしかないとおもいますよ。 ほら、英語であるじゃないですか。 fast-faster-fastestみたいな。 そういう感覚で、たとえばもともと「書く」とあるのが 書か 書き 書く 書く 書け 書け と変化するものだ!と覚えるんです。 ちなみに上の例では 未然 連用 終止 連体 已然 命令 の順ですが、何でこんな「未然」とか「連体」とか決まるのかというと 未然:あとに「~ズ」がつく。 まだ起こってない事柄をあらわす。 例:書か「ず」 連用:あとに「たり」「て」がつく。 例:書き「たり」 終止:その言葉でおわる。 例:書く「。 」 連体:あとに名詞が続く。 例:書く「人」、書く「物」など 已然:あとに「~バ」がつく。 例:書け「ば」 命令:命令の言葉をあらわす。 例:書け「!」 とまあ長い説明になってしまいましたが、これは 四段活用 です。 これも覚えてしまってください。 「書く」の「か」のあとに か き く く け け これを四段活用とよぶきまりがなりたっているのでどうしようもありません。 これは教科書にもかいてあるとおもいますので、あとは同様にして下二段とかナ行変格活用などなどおぼえることです。 あと、四段活用と下二段、上一段などなどを見分ける方法は教科書にかいてあるのでそれをよめばいいかとおもいます。 僕も古典は得意ではないです。 お互いがんばりましょうね! 以上参考までに。 こんにちは。 僕も高校生です。 これは覚えるしかないとおもいますよ。 ほら、英語であるじゃないですか。 fast-faster-fastestみたいな。 そういう感覚で、たとえばもともと「書く」とあるのが 書か 書き 書く 書く 書け 書け と変化するものだ!と覚えるんです。 ちなみに上の例では 未然 連用 終止 連体 已然 命令 の順ですが、何でこんな「未然」とか「連体」とか決まるのかというと 未然:あとに「~ズ」がつく。 まだ起こってない事柄をあらわす。 例:書か「ず」 連用:... A ベストアンサー こんばんは。 理系のおっさんです。 >>>動詞の「あり」+助動詞「む」だと思うのですか そのとおりです。 >>>「む」の意味のうち推量・意志・可能・当然・命令・適当・仮定婉曲のどれにあたるのでしょうか。 「む」の意味は、基本は、推量・意思・勧誘の3つと考えればよいです。 推量から発展して、ときに、可能・当然・適当・仮定婉曲の意味になり、 意思・勧誘から発展して、ときに、命令の意味になります。 どれになるかは、文を見て、あるいは、文脈を見て判断するしかないです。 Q 色々なサイトを見たのですが、漢文の訳が多く、あっても意訳だったりと、思ったとおりの現代語訳が見つかりませんでした; 意訳でない現代語訳を教えていただきたいですvv* 唐土に北叟といふ爺ありけり。 かしこく強き馬をなんもちたりける。 これを、人にも貸し、我も使ひつつ、世を渡る便りにしけるほどに、この馬、いかがしたりけん、いづちともなく失せにけり。 聞きわたる人、いかばかり嘆くらんと思ひて訪ひければ、「悔いず。 」とばかり言ひて、つゆも嘆かざりけり。 あやしと思ふほどに、この馬、同じさまなる馬を、あまた具して来にけり。 いとありがたきことなれば、親しき疎き、喜びを言ふ。 かかれど、また、「喜ばず。 」と言ひて、これも驚く気色なし。 かくて、この馬あまたを飼ひて、さまざまに使ふあひだに、爺が子。 今出で来たる馬に乗りて、落ちて、右の腕を突き折りて、聞く人、また驚き訪ふにも、なほ、「悔いず。 」と言ひて、気色変はらず。 さるほどに、きはかに国に戦起こりて、兵を集められけるに、国の内にさもある者、残りなく戦に出でて、皆死にけり。 この爺が子、この中に洩れにければ、片手は折れども、命は全かりけり。 これ、かしこき例に言ひ伝へたり。 唐土のことなれども、いささかこれを記せり。 色々なサイトを見たのですが、漢文の訳が多く、あっても意訳だったりと、思ったとおりの現代語訳が見つかりませんでした; 意訳でない現代語訳を教えていただきたいですvv* 唐土に北叟といふ爺ありけり。 かしこく強き馬をなんもちたりける。 これを、人にも貸し、我も使ひつつ、世を渡る便りにしけるほどに、この馬、いかがしたりけん、いづちともなく失せにけり。 聞きわたる人、いかばかり嘆くらんと思ひて訪ひければ、「悔いず。 」とばかり言ひて、つゆも嘆かざりけり。 あやしと思ふほどに、この馬、同... A ベストアンサー ズバリ、回答そのものです。 「塞翁が馬」は有名な故事ですのでそれもまた時間のあるときに調べて勉強してみて下さい。 本文の訳は以下の通り。 唐土(もろこし)に北叟と言うお爺さんがいた。 そのお爺さんは優れた強い馬を持っていた。 その馬を人にも貸してやり自分でも乗っては使いながら生きていく手段(つまり馬を貸して少しのお金をとる、また馬で荷物の運搬などをして稼ぐことで、生計を立てていたということです)にしていたところ、この馬はどうしたのだろうか、どこへともなくいなくなってしまった。 それを聞いた人は、お爺さんがどれほど嘆いているだろうと思って訪ねていってみると、お爺さんは「惜しくはないよ」とばかり言って、少しも嘆いていなかった。 不思議だなぁと思っていると、この馬が同じような立派な馬をたくさん連れて戻って来た。 たいそう珍しくありがたいことなので、親しい人も疎遠な人もみなおじいさんにお祝いの言葉を言う。 しかしお爺さんはこの時もやはり「うれしくない」と言って、このおめでたい出来事にも心を動かされる様子がない。 こうして、そのたくさんの馬を飼って色々なことに使ううちに、お爺さんの息子が、ちょうど出て来た馬に乗って落ち、右の腕を突き折って、それを聞いた人は、また驚いてお見舞いに訪れたのにも、やっぱり、「かまわないのだ」と言って顔色も変えない。 そうしているうちに、突然、国で戦争が起こって兵隊を召集されたので、国内の若く健康な男子は一人残らず戦争に出て、皆死んでしまった。 ところがこのお爺さんの息子は、怪我をしていたために召集されなかったので、片手は折ったけれども命は失わずに済んだ。 これをすばらしいことのたとえとして中国では語り伝えられている。 よその国のことではあるが、ほんの少しそのことを記した。 ズバリ、回答そのものです。 「塞翁が馬」は有名な故事ですのでそれもまた時間のあるときに調べて勉強してみて下さい。 本文の訳は以下の通り。 唐土(もろこし)に北叟と言うお爺さんがいた。 そのお爺さんは優れた強い馬を持っていた。 その馬を人にも貸してやり自分でも乗っては使いながら生きていく手段(つまり馬を貸して少しのお金をとる、また馬で荷物の運搬などをして稼ぐことで、生計を立てていたということです)にしていたところ、この馬はどうしたのだろうか、どこへともなくいなくなってしまった。 A ベストアンサー イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、 狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。 つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の 体系です。 一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を イデオロギ-と言うんです。 例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。 だから賛成や反対といった意見が出てきますね。 しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。 イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。 例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに 組織されています。 つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。 しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して 公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。 ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。 一応これは一つの例ですけど。 というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。 こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。 この説明で理解してくれると思いますけどね。 イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、 狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。 つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の 体系です。 一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を イデオロギ-と言うんです。 例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。 だから賛成や反対といった意見が出てきますね。 しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。 イデオ... A ベストアンサー 明大OBです。 友人に明学を中退した明大時代の友がいっていたことを書きます。 明治大学と明治学院大学は系列も違うし、カラーも違います。 明大ははっきりいって男臭いです(笑)。 文学部は通常女性の割合が高い学部ですが、明学は通常通り男2:8女でしょうが、明大は男5:5女です。 文学部といえども男の数が多いのです。 でも明学は女性の方が多い大学だと思います。 あとは皆さんも書かれていますが、明大の方が偏差値が高いです。 一応「東京六大学」ですから。 明学の場合はそれよりも落ちます。 よく「MARCH」、「坊ちゃん四大」、「日東駒専」、「大東亜帝国」と大学のレベルを指す表現がありますが、明大はMARCH(明治・青山学院・立教・中央・法政大学)のレベルに属します。 明学は坊ちゃん四大(学習院・成城・成蹊・武蔵大学)のレベルに入るでしょう。 それと明大は無宗教ですが、明学は宗教色が強いキリスト教のプロテスタントの教えを基盤とした学校です。 以上まとめると、 1. 男臭い(明大)か女臭い(明学)かの違い 2. 無宗教(明大)かキリスト教(明学)かの違い 3. 偏差値の高(明大)低(明学)の違い 4. キャンパスが三箇所(駿河台・和泉・生田)の明大と横浜市戸塚区のキャンパスの明学 この四点が上げられます。 明大OBです。 友人に明学を中退した明大時代の友がいっていたことを書きます。 明治大学と明治学院大学は系列も違うし、カラーも違います。 明大ははっきりいって男臭いです(笑)。 文学部は通常女性の割合が高い学部ですが、明学は通常通り男2:8女でしょうが、明大は男5:5女です。 文学部といえども男の数が多いのです。 でも明学は女性の方が多い大学だと思います。 あとは皆さんも書かれていますが、明大の方が偏差値が高いです。 一応「東京六大学」ですから。 明学の場合はそれよりも落ちます。 よく「M... A ベストアンサー もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。 話す時はどちらでもいいですよ。 ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。 「すいません」はちょっとくだけた感じかな。 でも、これはあくまで私個人の語感。 人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。 書くときはもちろん「すみません」にしましょう。 これも、話す時にはどちらでもいいです。 「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。 A ベストアンサー 「に+けり」は,いくつかの例外(「死にけり」のような,ナ変動詞連用形+過去の助動詞)を除けば,完了の助動詞「ぬ」の連用形+過去の助動詞です。 助動詞「ぬ」には,そもそもあまり強意の用法がありません。 下に推量の助動詞「む」・「らむ」・「べし」があるときのみ,「きっと」の意味で強意の用法があるのみです。 ですから,それ以外は完了の助動詞と考えてもらえば。 「にやあらむ」「にかあらむ」は,ともに反語・疑問の用法があります。 あとは文の流れから判断するしかありません。 単に「にや」「にか」と言った場合には,この「あらむ」の部分が省略されています。 余計なことですが,「あらむ」はやたら省略されます。 「にこそ」とあれば「あらめ」が省略,といった具合に。 係り結びは,疑問・反語の「や」と「か」以外の強意の係助詞は訳しません。 「こそ」など引っ掛かりやすいですが,基本的には無視して訳出して下さい。 ただ,これにも例外があり,「もぞ」「もこそ」と「こそ~已然形,(ここで終わらず,文が続く)」だけは訳出が必要ですが・・・。

次の

「十訓抄:大江山」の現代語訳(口語訳)

十訓抄 大江山の歌 現代語訳

大江山の歌 現代語訳 和泉式部が、藤原保昌の妻として、丹後の国に赴いたときのことです。 京都で歌の詠みあい合戦があったのですが、そこに和泉式部の娘である小式部内侍がよばれて歌を詠んでいました。 そんな中、定頼中納言は意地悪をして、小式部内侍が局にいたときに次のようなことを言いました。 「(お母さんに歌を詠んでもらうために)丹後に使わした人は帰ってきましたか。 (使いが帰ってこないと)とても心もとなく思われていることでしょうに。 」 と言って定頼中納言が局の前を通り過ぎられたのですが、小式部内侍は御簾から体を半分ほど乗り出して、少し定頼中納言のすそを引っ張って 大江山を越えて、生野という土地を通っていく丹後までの道が遠いので、私はまだ天の橋立を踏んだこともありませんし、母からの手紙も見ておりません。 と詠みました。 思いがけず驚くばかりで定頼中納言は 「これはどうしたことか、こんなことがあるものか。 」 とだけ言って、返歌もせずに、袖を振り払ってお逃げになりました。 小式部内侍はこの件をもって、歌詠みの世界で評判を得るようになりました。 これは道理にかなった話ではあるのですが、あの定頼中納言のお心には、これほどレベルの高い歌を小式部内侍がとっさに詠み始めるとは思っていなかったのでしょうか。

次の