きめ細かい きめ と は 元々 何 の こと。 肌がきめ細かいってどういう意味、状態なんですか?肌がきめ細かいってどういう...

「きめ」は「こまか」か「こまやか」か? : 日本語、どうでしょう?

きめ細かい きめ と は 元々 何 の こと

焼き目を付けられる団子 みたらし団子の起源は、下鴨のが行う「御手洗祭」「葵祭」とされる。 これらの祭りの際に神前に供えるため、氏子の家庭で作られていた団子が、やがて境内の店で売られるようになり、名物になったという。 異説もあるが、()にある御手洗池(みたらしのいけ)の水泡を模して、この団子がつくられたとされる。 元々は、竹の先を10本に割って串を扇状にし、各々の串に5個の団子を差した合計50個の串団子である。 この5個ずつ差す団子のスタイルの起源説は2説ある。 から期、がの際、御手洗池(みたらしいけ)で水を掬おうとしたところ、1つ大きな泡が出、続いて4つの泡が出てきた逸話による説がある。 この泡を模して、串の先に1つ・やや間をあけた4つの団子を差して、その水泡が湧いた様を表している。 この団子が池の名前から「御手洗団子」となった。 一番上の団子が少し大きく、連続している他の4個の団子と距離が置かれているが、 これは、串に刺さった団子をのに模していて、一番上は頭で残りの4個は四肢を表わす [ ]物だという。 本来は醤油のつけ焼きだったものの、やがてかけになった。 関東では団子が4個の方が多い。 これはができたことによるとする説が有力である(団子1個が1文。 四文銭で団子1串。 この団子に独特の味つけを施したのが、前述の下鴨神社の氏子であった菓子店・亀屋粟義の主人であった。 この団子は、商品化された1922年頃には生醤油のみをつけて焼かれていたが、後、を加え粉でとろみをつけた餡をからめる趣向が考え出され、製品化された団子は大いに人気を得ることとなった。 他に、大正の頃に加茂みたらし茶屋の店主が醤油と黒砂糖を使ったたれを考え出し、これが好評を博し全国に広まったという説もある [ ]。 変わり種 [ ] みたらし団子を変形させた和菓子として、葛餡をかけるのではなく、中に入れた製品がある。 の「たれ包み団子」、(自主廃業、現在はが製造)の「みたらし花子」、の「元祖大阪みたらしだんご」(小豆の葛餡を入れた「浪花恋しるこ」という姉妹商品も存在する)がある。 奈良県の奈良市、桜井市、大和高田市には丸い団子ではなく、平たくして焼き醤油をタレとしてつけて食べる団子がある。 では"石谷(いしたに)もちや"などに「あやめ団子」 というのがある。 新大正餅米と上新粉をブレンドした団子生地にの蜜をからめたもの(団子は4つ)。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の

みたらし団子

きめ細かい きめ と は 元々 何 の こと

「辞書引き学習」の発案者である深谷圭助氏(中部大学准教授)が、Facebookで「きめ細かな指導」と「きめ細やかな指導」では、どちらが正しい言い方なのかという投稿をしていたので、思わず「いいね!」ボタンを押してしまった。 深谷氏も書いていたのだが正しくは「きめ細か」の方である。 だが、従来なかった「きめ細やか」が実際にはかなり広まっているようなのだ。 「きめ」は「木目」で、木材の断面に見られる年輪がつくり出す模様のこと、つまり「もくめ」のことである。 また、人の皮膚や物の表面に見られる細かい模様のことや、その手ざわりのこともいう。 そしてこの場合は「肌理」とも書く。 これが転じて、何かをする際の配慮という意味になり、「きめが細かいもてなし」とか「きめの粗い仕事」とか行ったように使われるようになったというわけである。 「きめ細か」はこの「きめ」と「細か」が結びついて1語になったもので、人の皮膚や物の表面が繊細でなめらかなさまや、さらには、物事に細かく気を配ってぬかりがないさまの意味を表すようになったのである。 一方の「こまやか」は「こまか」と語源が同じで意味も近いが、漢字を当てると「細やか」あるいは「濃やか」などと書かれていた。 「こまか」との違いは、「こまか」は場面によって、プラスの評価で使われたりマイナスの評価で使われたりすることがあるのに対して、「こまやか」はもっぱらプラスの評価で使われることであろうか。 たとえば「こまかな人だ」は小さいことを問題にする人やけちな人という意味もあり、マイナス評価で使われることも多い。 「こまやか」にも「こまやかな表現」「こまやかな心配り」のように、配慮や思いやりの気持ちが行き届いているという意味で使われるため、「きめこまやか」ともつい言ってしまいそうだが、「きめ」と結びついて使われたのは「こまか」だけである。 だが、「きめこまやか」が今以上に広まると、やがて国語辞典としてもそれを認めざるをえなくなるのではなかろうかと心配になってくる。 キーワード:.

次の

ジャパンナレッジ

きめ細かい きめ と は 元々 何 の こと

*問題* きめ細かい、「きめ」とは元々何のこと? 青 絹 赤 米 緑 もくめ ことば検定の答え 答えは 緑 もくめ ヒント:木目細かい/肌理細かい(きめこまかい)とは。 意味や解説、類語。 [形][文]きめこまか・し[ク]「木目が細かい」に同じ。 【ことば検定】答えの解説 ここから林先生の解説です。 「きめ」は木目のこと 「きめ細かい」の「きめ」は、元々「木目」のこと。 木の表面にでる年輪のことを木目といいます。 他に漢字は肌理と書くものがありますが、木目から、人の皮膚などの細かい模様、繊細で滑らかな肌ざわりを言うようになりました。 それから何かをするときの配慮とその仕事を「きめ細かい」と言い表すようになったのです。 「きめ細やかな」の漢字 また、「きめこまやかな」という時は、「細か」の漢字ではなくて「細やかな」の表記が正しいそうです。 依田さんの紹介スポット.

次の