マゴチ 食べ 方。 マゴチとは?釣り方、捌き方、美味しい食べ方を紹介!

マゴチの締め方をご紹介!美味しく持ち帰る為の手順や必要な道具も!

マゴチ 食べ 方

補足 アジやイワシ、キス、ハゼなど小型の魚は、血抜きの必要はありません。 クーラーボックスに魚が浸かるくらいの海水と、凍らせたペットボトルを入れて、腐敗しないように急速に冷やしましょう。 魚体が小さいので、すぐに冷えます。 ただし、少量、お刺身で食べたい場合には、神経締めをすると良いです。 血抜きは不要。 刺身で食べるなら、冷やしすぎ注意。 身が白くなってしまいます。 神経締めの必要性 死後硬直を遅らせ、腐敗の進行を遅らせるために有効です。 魚は息絶えると、死後に硬直して硬くなりますね。 ある程度、時間が経過すると軟化しはじめます。 この頃には、腐敗が進行していると考えられます。 ところが神経締めをすると、死後硬直までの時間が遅れ、また軟化するまでの時間も遅くなるので、より長く鮮度の良い状態を保てる昔の方から受け継がれた知恵。 だから大型の魚は、神経締めにします。 魚やさんで活魚と書かれたものは、しっかりと処理されています。 アジなど小型の魚は、その手間と売値を考えるとやる意味がありませんね。 ただ・・・私たち釣り人が、少量を鮮度良く食べるなら、やる価値はあります。 鮮度の良いアジ、サヨリ、マゴチなどは、入手困難です。 釣り人の特権ですね! マゴチの神経締めのやり方 神経締めする場所は、下記のイラストの目などの位置関係を目安に。 アイスピックや、鋭利なドライバーを5mmくらい刺します。 下記は頭を落とすわけではなく、断面を見てもらうためのイラスト。 背骨の上に神経が通っています。 その神経に、0. 8mmくらいのステンレス線を差し込みます。 神経の通っているところに刺すと、スッと入ります。 背骨に沿って神経があります。 もし硬くて入らない場合は、神経からずれています。 YouTubeの天祐丸 tenyumaruさんの動画『マゴチ 神経締め 天祐丸』、わずか1分程度ですが、が分かりやすいので、ぜひ参考にしてください。 8~1mmが一般的。 それより太いのは、ブリなどの大型の魚用です。 長さは30~50cmのものがあれば、大抵は足りるはず。 30cmしか持ち合わせていない場合、短いので頭と尾から入れます。 50cm、80cm用や太い神経締めアイテムも、上記のページの一覧表に記載されているので通販できます。 また先ほど紹介したものは、先端が鋭利になっていないので、神経じゃないところには刺さらず曲がってくれる優れものです。 頑張って、100均 ダイソー)のステンレスワイヤーを、真っ直ぐに伸ばして釣行するという手もありますが、形状記憶ではないので曲げられないので長いと邪魔になります。 スポンサーリンク まとめ 神経締めと血抜きをしていれば、数時間くらいの帰宅時間だったら、氷入りの海水に入れなくてもOK。 持ち帰るときは冷やしすぎに注意しましょう。 もし神経締めができないようであれば、せめて血抜きだけでも、しっかりしておくと美味しく食べられます。 神経締めも血抜きもできないときや、小型のアジなどは、こちらの方法で対処してください。 参考 ただし、透き通ったぷりぷりした、お刺身にはなりません。 マゴチは、新鮮なぷりぷり、弾力のあるものが私は、ふぐみたいで好きです。 ふぐを頻繁に食べているわけではないので、あくまでも、遠い記憶をたぐり寄せた個人の感想です。 【マゴチ釣りの関連記事】•

次の

マゴチのさばき方とおすすめ料理をご紹介!すだちとのコンビは絶品!│RiB_ERTAS

マゴチ 食べ 方

説明 マゴチ 白身で上品な味わいの魚 マゴチ は境港では刺身で食べられる魚で、白身で上品な甘さと歯ごたえのある食感は地元の方に大変な人気です。 マゴチの旬は春~夏と言われています。 地元のお客様は「頭が大きいので歩留りが悪い」と言って嫌う方もいらっしゃいますが、これだけ美味しいお魚で、しかも数があまり獲れませんので値段が高くなるのも止む追えないところです。 刺身はもちろん、上品な味わいの白身は塩焼き、唐揚げ、煮付け、カルパッチョなどどんな料理でも美味しく頂けます。 勿体無い話で、マゴチのアラはいらないと言われるお客様が殆どですが、頭は兜煮で食べると良い出汁が出ますし、アラは汁にすると最高に旨味が出て絶品なのをあまりご存知ないようです。 身は刺身やから揚げ、アラは汁に、頭は兜煮と一匹で3倍楽しめるのがこのマゴチです。 今日のお客様は丸ごと一本ご購入でしたので、マゴチの食べ方を知っている方ですね。 マゴチは境港ではキスなどを狙って投げ釣りをしていると、仕掛けに掛かったキスなどに食いついて釣れることが良くあります。 また、底をルアーで探っていると釣れることも良くありますね。 なんにせよ境港では昔から馴染みの魚のようで根強い人気がありますね。 刺身はわさび醤油でもポン酢でも美味しくいただけます。 中々獲れる魚ではなくスーパーでも売っていませんので、一般の方は食べる機会が無いですね。 境港では竹ノ内団地の「回転ずし大漁丸」で以前握り寿司のメニューとしてマゴチがありましたので、観光に来られた方なら運が良ければマゴチの握りが食べられるかも知れません。 マゴチは一度食べて頂きたい魚の一つです。 ぜひ一度ご賞味ください。 一匹50㎝程度の大きさになります。 姿のままお届けします。 カサゴやタケノコメバルなどと比べて深い海で獲れる魚で結構な高値で取引されています。 見た目は色を赤くしたカサゴそのもので、特徴的なのが喉の奥から内臓が黒いことから関東の方では「ノドグロ」とも呼ばれています。 境港では「ノドグロ」というとアカムツの事を指しますが、関東ではこのユメカサゴの事を指すそうです。 食べ方はやっぱり煮付けが定番のお魚で、上品な白身の旨味が堪能できます。 カサゴと比べると少し骨や身が柔らかい気がしますが、カサゴよりも深海で生息するのが関係しているかも知れませんね。 唐揚げや塩焼き、刺身でももちろん美味しく頂けます。 ユメカサゴは底引き網漁で獲れる魚ですが、底曳きの漁期が5月一杯で終わるので5月過ぎると当分食べられません。 大き目なものなら1匹、小さめのものなら2匹になります。 ぜひ一度ご賞味ください。 20㎝~25㎝程度の大きさになります。 姿のままお届けします。 色合いが少し濃ければ「クロソイ」そっくりです。 煮付けにすると白身の上品な味わいを堪能できます。 身離れが良い白身は食感も良くて煮付けが好きな方は大満足です。 塩焼きなんかで頂いても美味しく頂けますし、もちろん新鮮なので刺身でもOK! 見た目はあっさりしてそうな感じですが、旨味が十分にあって美味しく歯ごたえもあって独特な美味しさです。 煮付けが定番の魚ですが、どちらかというと刺身の方がキツネメバルの美味しさを堪能できるかも。 これだけ旨味がある白身ですのでカルパッチョなんかも美味しくいただけそうですね。 ぜひ一度ご賞味ください。 30㎝程度の大きさになります。 姿のままお届けします。 ウマヅラハギは境港で大変馴染み深い魚で特に冬に人気があります。 旬は秋~春で、この時期大きく成長した肝が大変美味しくて人気があり味わい深い魚です。 煮付けで食べてももちろん美味しいですが、刺身やちり鍋で肝と一緒に食べるのも最高の味わいです。 ウマヅラハギの刺身は大変味が良くて、特に醤油を加えた肝(肝醤油)につけて食べると最高に美味しい料理の一つです。 「肝醤油」は、「カワハギの肝」を熱湯で2分程度茹でて小鉢にあげ、醤油を入れてお箸で混ぜるだけですので手間もかかりません。 醤油の量はお好みで、ポン酢で食べても美味しく頂けます。 カワハギの濃厚な肝の味はウニやあん肝がが好きな方は、ハマる美味しさですね。 およそ25㎝程度の大きさです。 内臓を取り除いた姿のままお届けします。

次の

【保存版】釣り人がオススメする!高級魚「マゴチ」料理レシピ35選

マゴチ 食べ 方

マゴチはフグにも匹敵する美味さ!? こちらが今回捌くマゴチ。 コチとも呼ばれます。 形はちょっと前に紹介したに似てますねー。 ちなみにスーパーで一匹980円だったんですが、 実はマゴチは高級魚との呼び声も高く、夏はフグにも劣らない味がすると言われています。 フグこそ言わずと知れた高級魚。 980円でそれに匹敵する味が楽しめるとなるとかなり価値がありますよね! マゴチのおすすめ調理法 マゴチはどんな食べ方もできますが、 やはりテッサのように薄造りにして食べるのがおすすめ。 薄さで味が大きく変わるので、皿の柄が透けて見えるくらいの薄造りにしてみましょう。 ちなみにマゴチは内臓にも食べられる部分が多い魚です。 例えばこんな感じ。 白子・・・さっと茹でてもみじおろしポン酢で食べるのがおすすめ• 卵・・・煮付けにして食べるのがおすすめ• 肝・・・包丁でたたいて肝醤油にするのがおすすめ これがまた美味いんです。 調理法はまた後程紹介したいと思います。 マゴチの捌き方 それではマゴチの捌き方を見ていきましょう。 こんな形してますが、初心者でも意外と捌きやすい部類だと思います。 1、背ビレと尻ビレを切り落とす まず最初に、危険な「 背ビレ」と「 尻ビレ」を切り落としておきましょう。 包丁でもハサミでもOKです。 こんな感じ。 パッと見ちゃんと取れたように見えていても、小さい棘が残ってることが多いので注意してください。 刺さるとけっこう痛いです…。 2、腹を割って内臓を取り出す 先ほど紹介した通り、内臓には可食部があります。 頭を不用意に切り落とす前に、包丁で腹を割って内臓を取り出しましょう。 これで内臓を傷つけることなくきれいに取り出すことが出来ます。 めっちゃ綺麗ですねー! 今回のマゴチは「 白子」でした。 オスです。 メスは「卵」が入っているので煮付けにでもしてみてください。 ちなみに、白子と肝以外にも食べられる部分があるんですが、処理が面倒なので今回はやめておきます。 個人的にはこの2つを食べられれば十分だと思いますよ。 3、マゴチの頭を切り落とす 内臓が取り除けたら、マゴチの頭を切り落としましょう。 頭の左右にヒレが2つずつ付いているので、そこも一緒に落としてください。 ちなみに頭は後ほどであら汁にするので捨てないように。 4、大名おろしで3枚におろす 八角もそうでしたが、マゴチのような細長い魚は「 大名おろし」で捌くと簡単におろせます。 【大名おろし】 通常の三枚おろしは「背側」と「腹側」の両方から包丁を入れて捌きますが、大名おろしは背側から腹側に向かって包丁を入れ一気におろします。 ちなみにマゴチは腹付近に複雑で硬い骨が入ってます。 この骨を最初に裁ち切っておくとより捌きやすいです。 こんな感じに多少身は残りますが、あら汁の出汁になると思えばこれくらいOK。 これでひとまず三枚におろしの完了です! 5、複雑に入り組んだ腹回りの骨を取り除く マゴチの腹付近の骨は特徴的です。 通常の魚の腹骨とは違い、中骨部分からまな板に対して垂直に太い骨が入っているイメージ。 力の入りやすいペンチなら骨を抜くことも出来ますが、腹身ごとガッツリ落とす人も多いです。 今回はもったいないので上手くよけつつ捌きました。 6、皮を引いて残った骨を除去 皮は比較的分厚いので簡単に引くことが出来ると思います。 ちなみにマゴチは皮も美味しく食べられるので取っておきましょう。 皮が引けたら、表面を手で触りながら骨が残ってないかを確認。 写真のように皮面から骨を抜くことが出来るので試してみてください。 7、ラップで包み30分ほど冷蔵庫へ 最後にラップに包んで30分ほど冷蔵庫へ…。 こうすることで水分が抜けて身が締まります。 これで下処理完了! マゴチの刺身は薄造りが美味い! マゴチと言ったら薄造り! さっと茹でて氷水に入れた「皮」も一緒にいただきます。 ふぐのテッサと一緒ですね。 ぜひ食感を楽しんでください。 「肝醤油」と「もみじおろしポン酢」でいただきましたが、個人的にはもみじおろしポン派。 正直肝はカワハギほどではありません。 あれはほんと美味いですから…。 あわせて読みたい• とはいえ、マゴチの刺身そのものの味は噂通りです。 フグと比べ値段が安いので、こんな感じで罪悪感なく豪快に食べられます(笑) 誰もが一度は夢見る食べ方ですよね、これ。 続いてはあら汁。 「白だし」や「だし醤油」であっさりと…。 あとは「塩」で様子を見ながら仕上げます。 ご覧の通り脂も浮いていて良い出汁が出てますよ! マゴチは白子も食べられます! 「マゴチの白子」ってあまり聞きませんよね…。 でも想像以上に美味かった! 以前、安くて美味い「 鮭の白子」を紹介しましたが、濃厚さは完全に上回ってますね…。 これを捨てるのは勿体ない。 さっと茹でて氷水にさらしたら、一口大にカットしましょう。 薄造り同様にもみじおろしポン酢がおすすめです!.

次の