アヴェン タドール sv ロードスター。 約5千万円!ランボルギーニ「アヴェンタドール LP 750

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVロードスターを発表 !500台限定モデルに。

アヴェン タドール sv ロードスター

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVロードスターを公開。 ランボルギーニは、米国にて開催された自動車イベント「ペブルビーチコンクールデレガンス」にて、アヴェンタドールの高性能モデル「スーパー・ヴェローチェ」のオープン仕様となる「 アヴェンタドールSVロードスター」を発表しました。 9秒で、この数字はクーペのアヴェンタドールSVより0. 1秒遅く、通常のアヴェンタドール・ロードスターよりは0. 1秒速いものになっています。 ) アヴェンタドールロードスターと「スーパー・ヴェローチェ」の組み合わせ。 (画像:プレスイメージより) アヴェンタドールSVロードスターのルーフは着脱式です。 (画像:プレスイメージより) アヴェンタドールSVロードスターのシートデザイン。 (画像:プレスイメージより) アヴェンタドールSVロードスターのインテリアデザイン。 (画像:プレスイメージより) リアデザインはこのような雰囲気。 (画像:プレスイメージより) アヴェンタドールSVロードスター。 (画像:プレスイメージより) ・2020年1月12日、サイトのパフォーマンス向上を目的にCDN(Content Delivery Network)の導入と、一部画像サーバーの変更を行いました。 ・諸事情により「Idea Web Tools」は2019年の秋頃から更新を休止しておりましたが、2020年1月10日より、新規記事の追加、更新を再開致しましたので、今後とも引き続き当サイトをご利用いただければ幸いです。 2019年5月20日:サイトのデザインが新しくなりました。 完全なデザインの一新は2013年の運営開始以来初めてとなり、スマートフォン表示を意識したレスポンシブデザインとなっております。 デザイン変更に伴い、今後投稿される記事の表示も新デザインに合わせたカタチへとシフトしていく予定です。 (過去記事の表示に不具合が発生している部分が御座いますがご了承下さい).

次の

ランボルギーニ アヴェンタドール SV ロードスター Verde Ithaca(グリーンパール) MY2016 タジマプレミアム中古車

アヴェン タドール sv ロードスター

空力とスペース — エアロダイナミックなロードスター・デザイン アヴェンタドールSロードスターは、ランボルギーニのデザインDNAおよび、大規模な空力テストの結果が組み合わさり、アヴェンタドールSならではのデザインとロードスターのユニークな特徴が反映されています。 車体後部はクーペとはまったく異なるラインを持ち、ロードスターならではのエアロダイナミクスを発揮します。 リアウィンドウから車体後部へと流れるエンジンブリッジは、ボディカラーおよびマットブラック仕上げのカーボンファイバー製エンジンボンネット・ブレードのバイカラーとなります。 V12エンジンをそのまま見せるトランスペアレント・オプションもご用意しています。 着脱可能な流線型のハードトップパネルは、重さわずか6キロ弱。 広い車内空間を確保するため外側に膨らんだ形状で、マットブラック仕上げのカーボンファイバーを使用しています。 オプションにはハイグロスブラックや光沢仕上げの剥き出しカーボンファイバーをご用意しており、アド・ペルソナムによるカスタマイゼーションも可能です。 簡易なファスニングシステムを採用したことにより、ルーフパネルを素早く外してフロントトランクに収納することができます。 リアウィンドウは運転席のボタンにより開閉が可能で、V12の力強いエンジン音をいつでもお楽しみいただけます。 またオープンエアーで走行中にリアウィンドウを閉めると、ノイズやエアフローを最小限に抑えることができます。 アヴェンタドールSロードスターの「S」は、新モデルのデザインとテクノロジーの進化を表しています。 四輪駆動と新アクティブ・サスペンション、新四輪ステアリングシステム、EGOドライビングモードを採用しています。 さらにサスペンションと電子制御システムを全面的に再開発しました。 トータルな制御コンセプトにより、優れたドライビング、乗り心地、そして性能を実現しています。 新四輪ステアリングシステムによって強化された横方向制御により、低速での俊敏性と高速での安定性が向上しました。 ランボルギーニ・ダイナミック・ステアリング(LDS)により、俊敏な反応と切れのいいターンが実現。 最新プッシュロッド式サスペンションとリアスプリングにより、垂直方向制御も改善されました。 ランボルギーニ磁気レオロジーサスペンション(LMS)に改良を加え、新四輪操舵に採用しています。 新リアルタイム・ダンピング・システムを導入し、ハンドルと車体の制御とバランスを最適化したことで、地面をしっかり捉えた走行が可能になりました。 最適化されたESCシステムにより縦方向制御が向上し、選択した走行モードに応じて、より速く、より精密なトラクションコントロールと車両の制御が可能になりました。 その結果、あらゆる条件下でグリップが最大化され、ハンドリングが強化されました。 四輪駆動のキャリブレーションにより安定した新後輪操舵が実現し、後輪のトルクが増加しました。 オフのときは前輪に送られるトルクが減り、スポーティでありながら安全な走行ができます。 スピードと選択された走行モードに応じて、アクティブ・リアウィングが車体の空力バランスを最適化します。 また、総合的かつ大幅に強化されたエアロダイナミック・デザインにより、フロントのダウンフォースが前アヴェンタドールに比べて130%以上改善されました。 ウィングが最適な位置にあれば、高ダウンフォース下で50%を超える全体効率と400%を超えるロードラッグを実現します。 アヴェンタドールS ロードスターは、「ストラーダ」「スポーツ」「コルサ」さらに新「エゴ(EGO)」モードからなる4段階の走行モードを備えています。 トラクション、ステアリング、サスペンションなどを調整し、車の走りのあらゆる面で違いをお楽しみいただけます。 エゴモードなら、自分の運転スタイルに合わせ、各モードで自分好みの基準を設定することができます。 5リッター V12エンジンの最大出力はクーペと同じ740 hpで、最大トルクは690 Nm (5,500 rpm)。 7速軽量ISRトランスミッションによりギアシフトのロボット化が実現し、50ミリ秒以内のギアシフトが可能となりました。 また、カーボンセラミック製ブレーキが標準装備されています。 車内のTFTデジタルダッシュボードは、ドライバーの好みに応じてカスタマイズ可能です。

次の

【まとめ】ランボルギーニ・アヴェンタドールSV/SVロードスターの情報や動画・画像

アヴェン タドール sv ロードスター

Lamborghini Aventador SVJ Roadster ランボルギーニ アヴェンタドール SVJ ロードスター 800台限定のSVJロードスター ジュネーブ・ショーでのランボルギーニからのトピックスは、2台のオープンモデル。 ここでは800台の限定車として誕生した「アヴェンタドールSVJロードスター」を解説することにしよう。 ちなみにクローズドボディのアヴェンタドールSVJは、昨年夏にカリフォルニアで開催されたイベント、モータースポーツ・ギャザリングでワールドプレミアしている。 こちらはそれをベースとした63台の限定車(つまり限定車をベースとした限定車だ)を加えて、963台を生産する計画だった。 SVJとは特別な称号 ランボルギーニのステファノ・ドメニカリCEOは、アヴェンタドールSVJを「ドライビングで感じるエキサイティングさはクーペと変わらないが、ロードスターにはオープンエアという特別な魅力がある」と語るが、実際にそのエンジニアリングやスペックを仔細に調べてみれば、その言葉に偽りはないことが容易に確信できる。 安易にそれを用いることは冒涜にさえ値するといってよい。 SVJロードスターのエアロダイナミクスを最適化するのに大きな効果を生み出しているのは、ランボルギーニが特許を取得しているアクティブ・エアロダイナミクス・システムの「ALA(エアロダイナミカ・ランボルギーニ・アッティーヴァ)」。 その最新バージョンとなる2. 0が搭載されている。 ALAはフロントのスプリッターとリアウイングにマウントされるモーターを用いて空力的な負荷を変化させ、ダウンフォース量をリアルタイムで変化させるメカニズム。 「LDVA2. 0(ランボルギーニ・ディナミカ・ヴェイコロ・アッティーヴァ2. 0)」によって改善された専用のアルゴリズムが車両の全電子制御システムを制御すると同時に、ALAのフラップも500ミリ秒以内に機動させて、あらゆるシチュエーションで最高の空力効果を得る仕組み。 例えば、高速コーナリングやフルブレーキング時には、ALAはアクティブフラップを閉じて最大のダウンフォースを生み出すように機能。 もちろんコーナリング時には、その方向に応じてALAは左右でダウンフォース量を調整。 それをランボルギーニはエアロベクタリングと称している。 大型のサイドエアインテークとフロントサイドフィンは、エアフロー量を増やし、冷却効果を高めるほか、こちらもダウンフォースの向上に貢献。 結果的にSVJロードスターは、スタンダードなロードスターに対して、ダウンフォースは40%も向上した。 自然吸気式V型12気筒エンジンは、770ps&720Nmを発揮 ミッドに搭載されるV型12気筒エンジンは、SVJ用に改良が施されたもので、これもクーペ版のSVJに等しい。 改良ポイントはチタン製のインテークバルブやデザインが改められたインテークシリンダーヘッドダクトなど、大排気量の自然吸気エンジンは、見た目にも相当な迫力を持つのが常だが、このアヴェンタドールSVJロードスターもその例に漏れず、軽量カーボンファイバー製のリアエンジンボンネットを通して、外から実際にその存在を目で見ることができる。 ちなみにリアエンジンボンネットはクイックリリースクリップで簡単に取り外しが可能。 エキゾーストシステムが奏でるサウンドもその迫力は素晴らしく、また官能的でさえある。 レブリミットは8700rpmだ。 4WD+4WS、そしてLDSによる高次元の旋回性 このエンジンに組み合わされるトランスミッションは、シングルクラッチ式の7速ISR(インディペンデント・シフティング・ロッド)。 ここから出力されたトルクは電子制御される多板クラッチ式のセンターデフを介して、4輪すべてに伝達され、常に最適な前後駆動力配分での走行を実現する。 ステアリングは、その正確さとナチュラルなフィーリングでは定評のあるランボルギーニ・ダイナミック・ステアリング(LDS)。 リアホイールステアリングが装備されたことで、タイトなコーナリングや高速コーナリングでの安定感は大きく向上した。 アヴェンタドールの最終進化型となる可能性も 前後に装着されるホイールは、超軽量な「ニレオ」アルミニウム製。 これに専用設計となる、ピレリ製Pゼロトロフェオタイヤを組み合わせる。 その内側に見えるブレーキはカーボンセラミックディスクで、フロントは400mm径、リアは380mm径。 キャリパーは各々6ピストン、4ピストンが採用されている。 プッシュロットタイプのサスペンションはプッシュロッド式で、磁性流体式のダンパーを備える。 ドライバーはコクピットのスイッチから「ストラーダ」、「スポーツ」、「コルサ」、そしてインディビジュアル・モードに相当する「エゴ」を選択することができ、コンディションに応じて、さまざまなキャラクターの走りを楽しむことが可能だ。 全世界で800台のみがデリバリーされる「アヴェンタドールSVJロードスター」。 それはもしかすると、アヴェンタドールの最終進化型となる可能性も秘めている。 はたしてその後継車は、これまでどおり自然吸気のV型12気筒エンジンを搭載するのだろうか。 ここにこだわりをもつならば、800名のカスタマーリストに自らの名を連ねておくのも得策といえるのかもしれない。 REPORT/山崎元裕(Motohiro YAMAZAKI).

次の