冷蔵庫 下敷き。 冷蔵庫の下に敷くマットはフローリングだと必ず敷くべき?

おすすめの冷蔵庫の下敷き6選 冷蔵庫の下敷きは必要?フローリングを傷つけないためにも賃貸住まいの方は必見

冷蔵庫 下敷き

フローリングの場合冷蔵庫の下にマットは必ず敷くべき? 冷蔵庫や重いものを置くと重みでフローリングが凹んでしまったり、汚れてしまったり気になる方も多いのではないでしょうか。 特に、賃貸の場合だと気になる部分でもあります。 その場合、冷蔵庫や棚などの重い物の下にマットは必ず引くべきなのでしょうか? 必ず敷かなければならないということで、さらにフロアマットなどを自分で敷かなければならないとなると、手間も苦労も値段も大変なことになります。 それでは、実際に必ず敷かなければならないのか、についてご説明しましょう。 必ず敷くべきなのかという問題ですが、賃貸の場合だと大家さんによって違うようですね。 中には、床は汚れや凹んでもクリーニングで直せるからと特に気にしない大家さんもいます。 一方で、やはりクリーニング代などが気になるから敷いて欲しいと、契約書類に記載している大家さんもいるようです。 では、必ず敷かなければならない場合、どういったものを敷くと良いのでしょうか。 早速、冷蔵庫下のマットについてご紹介していきましょう。 フローリング保護のために冷蔵庫の下にマットは有効? よくフローリングが凹まないように、冷蔵庫の下にゴム製のマットを敷いている方がいらっしゃいますが、ゴム製のマットはどういうメリットとデメリットがあるのでしょうか。 ゴムマットは広く普及しているアイテムですので、利用している人も多くいらっしゃるはずです。 ですが、ゴムマットにもメリット、デメリットがあります。 しかし、デメリットの影響で、退去時にフロア一帯の張替えをしなければいけない可能性も出てしまいます。 もし、ゴムマットの購入をお考えの方は、着色されているゴムではなく、無色透明のゴムを購入し、床に直接接触しないようにするなどの対策が必要かもしれません。 フローリング保護!冷蔵庫の下、マットの代わりにコルクはいかが? フローリングの冷蔵庫や重い物の下にマットの代わりにコルクを敷く方もいらっしゃいますが、効果はいかがなものなのでしょうか。 コルクを下に敷くときのメリット、デメリットをまとめました。 メリットよりもデメリットのほうが多いですね。 価格は安いですが、後々のことを考えるとあまりおすすめ出来る方法ではありません。 もし、コルクを冷蔵庫下のマットとして敷く場合は、防水ニスに数日浸して乾燥させるなどの対策を行う必要があります。 ゴム製のマットの代わりにジョイントマットは効果的? ゴム製のマットを使用する方が多い中、不安ということでジョイントマットを敷いて対策をしている方もいらっしゃるようです。 しかし、ジョイントマットで冷蔵庫の下のフローリングは保護出来るのでしょうか。 そこで、ジョイントマットのメリットとデメリットをまとめました。 デザイン重視でジョイントマットを選ぶ方は、ジョイントマットの脚が来る部分に板を中間に挟むなどの対策が必須だと言えます。 また、デメリットのほうが大きいので、ジョイントマットはフローリング保護には不向きかも知れません。 フローリング保護シートを使ってみるという方法! 先ほどまで様々なマットをご紹介しましたが、中にはフローリング保護シートというものがあるのをご存知でしょうか? このシートはベッドや冷蔵庫など重いものの下に敷いてフローリングの保護をしてくれるというものです。 よく多くの人が敷いているマットなどは着色されていたり、分厚いなどの欠点がありますが、このシートはマットのように分厚くなく、透明なものからカラーがついたものもあります。 そのため、部屋のインテリアに左右されることもありません。 圧迫感を感じずに、どんなお部屋でも使用することが出来ます。 そして、フローリング保護シートは、ゴムマットのような滑り止めの役割もあり、床に傷がついてしまうことを防げます。 ゴムマットと違ってシリコン製なので、床に引っ付く心配もありません。 また、ウッドカーペットという保護シートも最近では人気があります。 このウッドカーペットは、ノンホルマリンで、小さいお子さんなどのアレルギーの心配がありません。 また、防水加工もされているので、水漏れがあってもサッと拭けるのでお手入れが簡単に出来ます。 カラーも豊富なので、自分の好みに選ぶことが出来ます。 是非良いマットがない、インテリアにはどれもピッタリ来ないという方は、このフローリング保護シートを視野にいれて見てください。 実はマットやシートを敷かなくても問題ない!? 冷蔵庫やベッドの下にフローリングの保護のためとは言え、「マットやシートを敷きたくない」、「雰囲気が崩れる」などの悩みがある方もいらっしゃると思います。 実は案外敷かなくても問題ない可能性があります。 最初に書いた通り、「賃貸契約時に必ず敷いて下さいという大家さん」と「敷かなくても良いという大家さん」がいらっしゃいます。 契約時に言われたのであれば、それは義務となってしまうので、敷く必要がありますが、言われてないのであれば必ず敷かなければならないということはありません。 また、通常生活をしていてついた傷は、必ずしも自己負担になるとは限りません。 社宅などではあるかもしれませんが、通常の賃貸であれば請求されることは少ないと思います。 ゴムやマットを引いた場合、先に書いた通り、変色や着色の可能性もありますので、どちらにしても請求される可能性があることには代わりません。 このことから、請求分を支払うのであれば、どうしても敷きたくないという方は敷かなくても良いと言えるでしょう。 特に大型冷蔵庫などは動かすことは滅多にないので、傷などがつく心配は低いと思います。 ですが、もし悩んでいるという方はやはり敷いたほうが無難なこともありますので、どちらも考えようという結論になってしまいます。 よく考えて行動するほうが良いでしょう。 冷蔵庫下のマットの必要性を考えよう いかがでしたでしょうか? メリット、デメリットをまとめてみましたが、良い点も悪い点もありますので、よく考えて購入されると良いと思います。 もし引っ越しするタイミングで悩んでいる方は、引越し業者さんに聞いてみると良い案をくれるかもしれません。 是非参考にしてみてくださいね!•

次の

冷蔵庫下の専用マットで防水対策を!各種下敷きも利点は多い│家具インテリアの図書館

冷蔵庫 下敷き

冷蔵庫専用防水マットや下敷きにはどんなメリットがある? 冷蔵庫の下はさまざまなトラブルが発生しやすい場所です。 冷蔵庫用下敷き・専用防水マットを設置しておくと以下のようなメリットがあります。 下敷き・マットの防水効果で万一の水漏れに対処でき、湿気からくる床の腐食やカビ発生にも備えられます。 掃除しにくい場所だけにゴキブリ等による菌繁殖のリスクも高いので、抗菌効果を施した製品も数多くあります。 長期間にわたって同じ場所に設置した場合の床の凹みも、下敷き・マットがあれば大丈夫です。 冷蔵庫の下は食べ物のクズ・埃などで汚れが溜まりやすいものの、冷蔵庫の重量がネックとなって掃除が困難です。 下敷き・マットを設置しておけば汚れの都度交換すればよく、床へ直接汚れが付着するのを防止し、床を劣化から守れます。 賃貸物件の場合は、床を保護することで補修費・修理代請求を防ぎます。 冷蔵庫の前の空間が広く、大きな災害で冷蔵庫が転倒する可能性がある場合でも大きな事故を防げます。 ゴム素材などの下敷き・マットが有効です。 それだけに火事の原因になりやすいので、防炎効果を施したものを選ぶと安心です。 冷蔵庫専用防水マットと下敷きの違いは? 冷蔵庫の下に敷くものとして、専用の防水マットと、冷蔵庫用下敷きがあります。 専用の防水マットを購入するとなると、材質や性能によって差はありますが、3,000円から5,000円ほどと比較的高額なものが多いようです。 また、専用マット以外に、さまざまな素材で作られた下敷きが販売されていますが、ラインナップは非常に豊かです。 リーズナブルなものから比較的高めのものまで、価格帯も幅広いといえます。 マットと下敷きの具体的な違いは以下の通りです。 性能は商品によって異なりますが、多くの場合は、抗菌・耐震・防音・腐食防止効果などが施されています。 購入前に必ずチェックし、目的に合った商品を選ぶようにしましょう。 ちなみに、冷蔵庫専用マット以外のゴム製品を下敷きとして使うと、冷蔵庫の熱でゴムが溶け、床について取れなくなるトラブルが起こりがちなので要注意です。 ゴム製の冷蔵庫専用マットは、冷蔵庫の足部分だけに敷くタイプがほとんどで、面積的にもくっつくリスクを避けられる仕様になっています。 素材の種類が非常に多種多様にわたるため、商品のバラエティは豊富です。 たとえば、ベニヤ板・アルミ板・タイルカーペット・コルクマット・ジョイントマット・床保護シート・滑り止めシートなどが挙げられます。 ベニヤ板やアルミ板などは、冷蔵庫専用のもの以外は、抗菌・防炎・防水などの効果が無いものが多いようです。 下敷きの種類によっては、希望する性能が備わっていないものもあるので注意しましょう。 引越し時に荷物の梱包用などに使用したダンボールを冷蔵庫の下に敷く方も稀におられますが、水に濡れた場合などは腐食しやすく、ゴキブリ繁殖の原因となるので、使わないほうが賢明です。 また、ゴム製・カンガバック(ウレタンフォーム)の素材の下敷きは、床にくっつきやすいので避けたほうが無難です。 冷蔵庫用下敷きの種類は素材によって多種多様 冷蔵庫用下敷きは、使用素材によって実に種類が豊富です。 防水目的で敷くことが多いと思われますが、商品によって機能性はそれぞれ異なります。 代表的な下敷きをいくつかご紹介しておきます。 デザインはフローリング柄や絨毯調、ビニール調、アウトドア風の銀マットなど多岐にわたります。 冷蔵庫の四辺のサイズを測ってから購入しましょう。 組み合わせ方も自由自在で、好みによって配色などを楽しめます。 値段もかなり安価で、数百円程度のものからあり、防炎加工を施したタイプも販売されています。 基本は1枚から購入でき、汚れた部分だけ交換できるのもメリットです。 木目調などのデザインがあり、カラーバリエーションも豊富です。 また、クッション性に優れたEVA素材が使われており、表面にマイクロファイバーやデニム・ファブリック・コルクを貼り合わせ、機能性を高めたものもあります。 厚さ1センチ程度のものを選ぶとよいでしょう。 ホームセンターやネットショップでは、好みのサイズへの無料カットサービスを行っている店舗もあります。 木屑の発生を防止・切り口の見栄えを良くする・ささくれによる怪我防止などのために、切り口加工を施しているものがおすすめです。 耐震・防音・抗菌・防炎・防水などの効果は基本的には無いので、耐震シートなど他の下敷きと併用するとよいでしょう。 滑り止め効果もあり、シリコン製のためゴム素材のように床にくっつく心配もありません。 インテリアの邪魔をしない透明なタイプが好まれるようですが、個性的にまとめたい派のためにカラーバリエーションも豊かに取り揃えられています。 100円ショップでも購入可能な冷蔵庫用下敷き! 最も安価・手軽に冷蔵庫用の下敷きを入手したいなら、100円ショップを覗いてみましょう。 下記のように、性能面も充実しており扱いやすい商品が意外に見つかるものです。 床の傷や凹み防止効果もあり、100均商品でもなかなかの優れものなので、防振マットを一度試してみたいという人にはおすすめです。 基本サイズは、直径10センチ・厚さ10ミリ程度といったものがポピュラーなようです。 気軽なアレンジに挑戦でき、防水性・撥水性が高く水洗いできるものは衛生的に使えて重宝します。 冷蔵庫は小さいサイズほど音が大きい傾向がありますが、特に賃貸住宅では気になる場合が多いので、使用すると快適です。 カラーやデザインのバリエーションが豊富なのも嬉しい点でしょう。 冷蔵庫用下敷きの人気商品をピックアップ 冷蔵庫に下敷きを設置しておけば、万一の水漏れに備え防水効果が期待できますが、機能性は商品によってさまざまです。 種類が非常に多い冷蔵庫用下敷きの中で、比較的人気の高い商品をいくつかご紹介します。 4枚1組で販売されており、耐荷重は4枚で合計200キロで、冷蔵庫の四隅に設置します。 材質はポリプロピレン(熱可塑性プラスチック)で、表・裏に滑り止めのシボ加工(シワ模様をつける表面加工)を施しています。 表面は木目調なので、フローリングなどの床のテイストに合わせられる点は便利です。 軽量なので1人でも楽に設置できます。 裏面は柔らかいポリエチレン素材で、床面に傷をつける心配もありません。 見た目のおしゃれ度は低いものの、重量のある冷蔵庫の下敷きとしての耐久性は十分に期待できます。 冷蔵庫専用防水マットのおすすめ商品をご紹介 下敷きの中でも特に「冷蔵庫専用防水マット」と呼ばれるものの中で、高評価を得ている商品は以下の通りです。 ポリカーボネイトという、ドイツのバイエル社が開発した熱可塑性プラスチックでできており、ハンマーで叩いても壊れない高い耐衝撃性が特徴です。 また、120度までの耐熱性にも優れていますので、床暖房を施したキッチンでも安心して使用できます。 耐久重量は300kgなので、501Lを超える大型冷蔵庫にも対応可能です。 マットの片側がスロープ状なので、冷蔵庫を押しながら脚を4つのゴム製マットの上に乗せれば簡単に設置できます。 耐荷重は4個合計で200キロで、床の傷・凹み防止効果の他、耐震効果や滑り止め効果も期待できます。 床の傷防止用マットとは少し違いますが、免震受皿により地震時の冷蔵庫の転倒や飛び出しを抑制し、震度7クラスの地震にも対応できるのが強みです。 冷蔵庫から伝わる振動を防止する防音機能もあり、稼動音が気になる人にはおすすめです。 冷蔵庫専用防水マットや下敷きを使用し安心&安全な環境づくりを 冷蔵庫の下には、やはり専用マットや下敷きを設置しておくのが、安心・安全のためには賢い選択といえそうです。 冷蔵庫は水漏れのリスクがある以上、いざという時のための防水対策は床を守る上で必要でしょう。 重量があるため、なかなか移動ができない冷蔵庫ですが、特に引越し時はマットや下敷きを設置するチャンスです。 耐震・防音・傷や凹み防止など多くの機能を備えた専用マットや下敷きは、価格面の幅も広いので、予算に合わせてふさわしいものの導入をぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

次の

おすすめの冷蔵庫の下敷き6選 冷蔵庫の下敷きは必要?フローリングを傷つけないためにも賃貸住まいの方は必見

冷蔵庫 下敷き

2019年12月11日 更新• 冷蔵庫本体の重みだけでなく、食材を入れるとさらに重さが増し、接地面にかなりの負担をかけるという厄介な側面があります。 そこで、特に賃貸などでフローリングに傷をつけないために活用されているのが冷蔵庫用の下敷きです。 ここでは、そもそも下敷は必要なのか、冷蔵庫の下敷きには具体的にどんなメリットがあるのかなどを解説します。 おすすめの冷蔵庫の下敷きも紹介しますので、賃貸住宅の床に傷を付けたくない人は冷蔵庫設置の前にぜひチェックしてみてください。 冷蔵庫の下敷きを敷くことには、いくつものメリットがあります。 ここからは、冷蔵庫の下敷きを敷くとどんなメリットがあるのか具体的に解説していきます。 出典: 冷蔵庫自体重い家電であり、食材を入れることでさらに重さが加わります。 しかも、一度設置すると移動する機会がほとんどないので、フローリングには傷やへこみが残ることも多いです。 特に賃貸住宅の場合は、退去の際に高額な修繕費用を請求されるなどのトラブルになる可能性もあり、予期せぬ出費につながりかねません。 そのような事態を未然に防ぐために、冷蔵庫の下敷きを使用して床を保護する必要があります。 ニトリやホームセンターのフロアマットも活用できますが、専用の下敷きの方が傷・へこみ予防に効果的です。 出典: 普段は気にならなくても、夜中などの静かな時間帯に冷蔵庫から低く響く機械音が気になった経験はありませんか。 冷蔵庫はファンやコンプレッサー、また自動的に氷が作られる音など、さまざまな音や振動を発しています。 これらの音は床を伝って部屋に響いているため、冷蔵庫用の下敷きを敷くことでかなり軽減できます。 また、集合住宅の場合は隣家や階下への騒音防止にも役立ちます。 出典: 冷蔵庫はキッチンに設置することが多いので、冷蔵庫の下には油分や水分を含んだホコリなどで想像以上に汚れてしまいます。 長時間そのような状態にさらされた床は、汚れが染みついて落ちなくなったり、ひどい場合には腐食してしまったりするなどのトラブルが起きてしまいます。 そこで、冷蔵庫の下敷きを敷いておけば、汚れや冷蔵庫の水漏れなどからも床を守ってくれます。 出典: 出典: 冷蔵庫のサイズは、ライフスタイルによって様々です。 また、冷蔵庫の脚部分だけに敷く4個セットの下敷きなら、冷蔵庫の幅や奥行にかかわらず使用できますが、冷蔵庫の下全面に敷くシートタイプ・プレートタイプは注意が必要です。 このタイプを敷く場合は冷蔵庫のサイズと合致するか事前に確かめてから購入しましょう。 それではいよいよ冷蔵庫の下敷きマットを実際に紹介します。 冷蔵庫が搬入される前にぴったりのものを探して購入しておきましょう。 出典: ハンマーでたたいても割れない強度を誇る、厚さ0. 2cmの冷蔵庫用下敷きです。 透明なのでフローリングを透かし、部屋の雰囲気を妨げません。 また、うっかり足を引っ掛けてもけがをしないよう、角が丸くカットされているのもポイント。 足を切るような大きなけがにつながらず安心です。 120度の耐火性と自己消火性も併せ持つため、冷蔵庫の発火による床への燃え広がりも防止。 賃貸マンションの人には特に設置して欲しい冷蔵庫マットです。 適応サイズ• 材質 ポリカーボネート 出典: 300kgの荷重にも耐えられるポリカーボネート製の下敷きです。 半透明でフローリングに敷いても圧迫感がなく部屋にもすんなりなじんでくれます。 また、耐熱温度は120度あり、床暖房の上に敷いても変形などの心配もなく安心。 商品にはブルーの保護シートが両面にぴったりと密着していますので、必ずはがしてから設置しましょう。 豊富なサイズ展開も魅力です。 適応サイズ• 材質 ポリカーボネート 出典: アスピリンで有名なドイツの大手製薬・化学工業会社、バイエル社製の原料を使い、耐久性にこだわったポリカーボネート製の冷蔵庫の下敷きです。 表面が半透明になるフロスト加工してあるので、フローリングの雰囲気を保ったまま、照明が反射してぎらつくのを押さえてくれます。 また、コーナーはラウンドカットで足の引っ掛けにも配慮。 わずか0. 2cmの厚さで賃貸のフローリングをしっかり守ります。 適応サイズ• 材質 ポリカーボネート 出典: 厚さ0. 2cmのやわらかい透明マットです。 120度までの耐熱性があるので、床暖房の部屋に置いても変形の心配はありません。 クッション性があり、傷からフローリングを守るのはもちろんのこと、冷蔵庫から伝わる振動や機械音を軽減する効果も。 やわらかい素材だから変形しにくく、地震の際も衝撃を吸収するので地震対策にもおすすめです。 材質 ポリカーボネート 出典: 大型の冷蔵庫にはキャスターがついていることがあります。 こちらの冷蔵庫マットは、ゴム製の4個セットで冷蔵庫のサイズに関係なく使えるうえ、キャスターを転がして冷蔵庫を乗せられるように一辺が坂になっている親切設計。 厚さ1cmのゴム製で適度なクッション性があり、地震の際の振動、冷蔵庫の機械音などを軽減してくれます。 茶色と白の二色展開で、床の色味に合わせて選ぶと目立ちにくくなります。 材質 ゴム 出典: 洗濯機の振動を抑えるためのゴムマットですが、4つ合わせて300kgの耐荷重をもつタフなゴムなので冷蔵庫の下敷きとしてもぴったり。 傷やヘコミを防止するだけでなく、ファンやコンプレッサーの振動音もしっかり吸収します。 1つ分でも厚みがありますが、冷蔵庫下を楽に掃除したい人は、2セット購入して重ねて使うことで床と冷蔵庫の間に隙間が生まれ、モップなどが入るようになります。 対候性があるためゴム特有の劣化の心配もありません。 外形寸法 直径7cm 厚み2. 5cm• 材質 非移行性EPDMゴム 冷蔵庫の下敷きは必ず必要というわけではありません。 しかし導入することで、フローリングの傷やへこみ防止はもちろん、地震の際の振動抑制や、機械音や騒音の抑制などさまざまなメリットがあるため、ぜひおすすめしたいアイテムです。 冷蔵庫はなかなか持ち上げられる重さではないので、冷蔵庫設置前に購入しておくことが大切です。 一人暮らしのはじめや引っ越し、冷蔵庫購入の際は、ぜひ忘れずに冷蔵庫用の下敷きを購入しておきましょう。 キーワード• 閲覧履歴• 関連記事• 人気の記事• 話題のキーワード•

次の