サラ番 タッチセンサー ボイス。 サラ番は演出でモードを見抜け!!【タッチセンサー・超研修・シャッター・対決など】 « 楽スロ

【ブルーレジェンド示唆が判明】サラ番 タッチセンサーセリフ・示唆内容|天国準備以上確定パターンも存在

サラ番 タッチセンサー ボイス

基本的に通常Aに滞在していることが多いので、必ず把握するようにしよう。 百の位が 偶数で 「51~66」からボーナスが出れば高設定!? 上表の下段欄に注目して欲しい。 このゲーム数から前兆が始まってボーナスが放出されることが稀にある。 実はこれは レアテーブルに存在していることが濃厚、つまり 高設定ほど現れやすい現象。 ここ経由でボーナス放出が複数回確認できれば、高設定の期待度は飛躍的に高まる。 百の位が奇数の時にボーナス放出で高設定!? レアテーブルが選択されていると、通常A滞在時でも通常Bのチャンスゾーン(百の位が奇数)でも前兆が発生したり、ボーナスが放出されたりする。 頭が混乱しそうだが、このパターンが発生した場合はレアテーブル滞在が濃厚となり、高設定の期待度が増す。 通常Bには高設定ほど移行しやすいので、上記ゲーム数付近で前兆が発生すれば通常B滞在が濃厚となり、高設定の期待度もUPする。 百の位が 奇数で 「51~66」からボーナスが出れば 偶数設定!? こちらは通常Aと少し異なり、「51~66G」付近で前兆が始まり、ボーナス放出となるとレアテーブル滞在が濃厚となり、偶数設定の可能性が高まる。 今回はこの履歴に注目してほしいのですが、例えば 頂ラッシュが2~3回連続している場合、これは頂ラッシュ終了後に仁王門から突入したパターンと、引き戻しによるものが考えられます。 後者は特に設定差が大きいものなので、 頂ラッシュが連続しているほど良い。 むしろ複数回確認できるような台は高設定の期待が高まります。 また、データカウンターのグラフを見た時に、右上に一直線にグラフが伸びている台があったとしましょう。 そこで台の履歴を確認すると絶頂ラッシュに入っていることがあります。 絶頂ラッシュは前作同様「設定3or5」で突入しやすいので、一撃を狙いたい方にはそういった履歴の台もおすすめです。 設定差のある天国移行率も確認できるため、押忍!サラリーマン番長を打つ際はぜひ、メニューボタンの履歴を確認してみてください。 共通ベル確率 番長の設定差といえば「共通ベル確率」。 今回も高設定ほど出現しやすくなっている。 右下がりベル揃いが共通ベルとなるが次ゲームBET時に効果音が発生すると「押忍ベル」となるので、カウントする際は除外しよう。 0 モードは全部で5種類 《モードと特徴》 モード 特徴 チャンス ゾーン 天井G数 通常A ・最も滞在しやすい ・百の位が偶数のG数 999G 通常B ・高設定程移行しやすい ・通常A転落はしない ・百の位が奇数のG数 999G 天国準備 ・次回天国モード確定 ・通常B以下転落はしない ・百の位が偶数のG数 ・百の位が奇数のG数 1069G 天国 ・96G以内に必ず連チャン ・96G以内に必ず連チャン 96G 設定変更 ・設定変更時のみ滞在 ・百の位が偶数のG数 999G サラリーマン番長には特徴の異なるモードが5つ存在している模様。 天国に移行すると連チャンが発生するので、ここを目指すことが大きな目標のひとつ。 また「毎ゲーム抽選によるボーナス放出」よりも 「レア役によるボーナス放出」の方が優位なモードに移行しやすいという特徴がある。 BB抽選レベル 前述の通りサラリーマン番長のBBは 「BB抽選確率変動型の毎ゲーム抽選」となっており、滞在しているモード及びゲーム数によってBB抽選レベルが変動する。 また 「レア役及び1枚役成立時にプラス状態移行抽選」が行われ、当選すると転落するまでBB抽選確率が優遇される。 89 上表の通り 「偶数設定の方がプラス状態に移行しやすい」特徴がある。 また転落確率は全設定共通となっている。 通常テーブルとレアテーブル BB抽選レベルテーブルは「通常Aモードに12パターン」、「通常Bモードには5パターン」、「天国準備モードには2パターン」存在している。 《通常A滞在時のレアテーブル振り分け》 設定 レアテーブル選択率 1 9. 特に設定4以上は選択率が高く、設定6は別格といってもよい。 《通常B滞在時のレアテーブル振り分け》 設定 レアテーブル選択率 1 1. 通常Aのように設定6だけが別格というわけではない。 レアテーブル滞在の見抜き方 レアテーブルは高いBB抽選レベルが選択されやすいorボーナスチャンスゾーンが多いということが特徴。 後者の 「ボーナスチャンスゾーンが多い」に注目すると、レアテーブルが選択されていたことが見抜けることがある。 レアテーブル滞在が見抜けるようになると、 設定推測に厚みが増すので見抜き方を憶えておこう。 《レアテーブル固有のチャンスゾーン》 通常A 通常B 251~266G 151~166G 451~466G 351~366G 651~666G 551~566G 851~866G 751~766G 表を見れば分かる通り、通常のチャンスゾーン後にチャンスゾーンが存在している。 このチャンスゾーンは レアテーブル固有のチャンスゾーンとなっており、通常テーブルではチャンスゾーンにはならない。 つまり、ここから ボーナスが放出されるとレアテーブルに存在していたことが濃厚となり、高設定の期待度が高まる。 ただしレア役によるボーナスなどは例外となるので気をつけよう。 おまけ:通常Aレアテーブルの特徴 通常Aのレアテーブルのもうひとつの特徴は 「通常Bのチャンスゾーンもチャンスとなる」パターンが存在すること。 つまり普段は期待度の低い「300~332G」もチャンスゾーンになるという状況が起こりうる。 このレアテーブルが選ばれた場合でも「100~132G」はチャンスゾーンにはならないので、 「通常Aのチャンスゾーン+300G以降の百の位奇数チャンスゾーン」で前兆が発生すれば、通常Aのレアテーブルが選択されていることが濃厚となる。 基本的に通常Aに滞在していることが多いので、必ず把握するようにしよう。 百の位が 偶数で 「51~66」からボーナスが出れば高設定!? 上表の下段欄に注目して欲しい。 このゲーム数から前兆が始まってボーナスが放出されることが稀にある。 実はこれは レアテーブルに存在していることが濃厚、つまり 高設定ほど現れやすい現象。 ここ経由でボーナス放出が複数回確認できれば、高設定の期待度は飛躍的に高まる。 百の位が奇数の時にボーナス放出で高設定!? レアテーブルが選択されていると、通常A滞在時でも通常Bのチャンスゾーン(百の位が奇数)でも前兆が発生したり、ボーナスが放出されたりする。 頭が混乱しそうだが、このパターンが発生した場合はレアテーブル滞在が濃厚となり、高設定の期待度が増す。 通常Bには高設定ほど移行しやすいので、上記ゲーム数付近で前兆が発生すれば通常B滞在が濃厚となり、高設定の期待度もUPする。 百の位が 奇数で 「51~66」からボーナスが出れば 偶数設定!? こちらは通常Aと少し異なり、「51~66G」付近で前兆が始まり、ボーナス放出となるとレアテーブル滞在が濃厚となり、偶数設定の可能性が高まる。 次回は天国モード確定!天井は1069G! 天国準備でボーナスが放出されると、次回モードは天国モード確定、つまり96G以内でのボーナスが確定する。 また天井は1069Gとなり、通常A、B(999G)よりも若干深い。 小役によるボーナス抽選 前作同様、レア役成立時はボーナス抽選もされており 「設定&低確・高確&抽選レベル」によって抽選確率が変動する。 また高確滞在時は低確に比べ、総じて2倍以上ボーナス期待度が高まる。 レベル3以上の場合 設定 成立役 低確 (通常状態) 高確 (プラス状態) 共通 弁当箱 1. レベル2以下滞在時よりもボーナス期待度は総じて高く、弱チェリーでも充分に期待できる。 今回の最大前兆は「36G」。 ガゼ前兆の最大G数は「32G」。 書き換えられた場合は、そのまま本前兆へ移行しボーナスorAT当選となる。 つまり見かけ上から書き換え有無の判断が難しい。 ガセ前兆残りG数が多いほど書き換えられることが多い。 このような挙動があれば、期待度大! 《書き換えナシ時の挙動》 研修終了後、ざわざわして当たり 研修G数がやたらと長い 研修終了後、再度研修に突入 前兆の優先順位 ボーナス&AT前兆と仁王門前兆は別管理されており、基本的に先に当選した方を優先する。 また仁王門突入率には設定差があると思われるので、設定推測の面でもこれらの情報を把握しておきたい。 主に「押忍ベル」成立時に仁王門突入抽選が行われ、偶数設定&高設定ほど突入しやすい。 また 押忍ベル以外の成立役で仁王門に突入すれば高設定の可能性が高まる。 AT終了時の仁王門抽選確率は所持している漢気ポイント数によって異なる。 また仁王門突入時に猛仁王門振り分け抽選が行われ、 「全設定共通2. 5%」で猛仁王門となる。 63 上表の通り 1枚役での仁王門突入率に大きな設定差がある。 押忍ベル非経由で頻繁に仁王門に突入するようであれば、高設定の期待は高まる! 「扉」出現抽選 仁王門中は、まず全役で「扉が出るか」抽選と「扉の色」抽選が行われる。 この抽選をクリアすると扉が出現し、その次ゲームで「開門」抽選が行われるという仕組み。 頂RUSH抽選 通常時には「1枚役or押忍ベル」成立時にAT抽選を行っている。 確率は低いが 設定差は非常に大きい。 通常時にATに突入すれば高設定の期待度が高まる。 58 上表の通り1回でも確認できれば設定5or6の期待度は高まるが、出現率自体がかなり低いので設定推測要素として用いるのは少し厳しい。 また通常時に当選した頂RUSHの振り分けは「 赤頂:96. BB中7揃い確率 通常時BB中に7が揃うと、頂RUSH確定。 AT中BBorAT確定後のBB中に7が揃うとATゲーム数の上乗せが確定する。 7揃い期待度は下記の通り。 《赤BB時の7揃い確率(全設定共通)》 成立役 赤7揃い 青7揃い 押し順ベル 0. 《頂S(S)RUSH中上乗せ確率(2枠目以降)》 弁当箱 弱 チェリー 強チェリー チャンス目 最強 チェリー ハズレ 50. 例)頂SSRUSHで最強チェリー成立=「100G+50G+50G+50G」の250G上乗せ。 漢気ポイントについて 頂RUSH中は 「1枚役or共通ベル」が成立すると必ず漢気ポイントを獲得する。 この漢気ポイントが10pt貯まると上乗せ抽選等が受けられる。 また 「押忍ベル」成立時は必ず10pt獲得できる。 《漢気ポイント獲得抽選》 AT種別 成立役 獲得pt 頂RUSH 赤頂 ・1枚役 ・共通ベル 1or2pt 押忍ベル 10pt 青頂 ・1枚役 ・共通ベル 2or3pt 押忍ベル 10pt 頂SRUSH 赤頂 ・1枚役 ・共通ベル 2pt 押忍ベル 10pt 青頂 ・1枚役 ・共通ベル 4pt 押忍ベル 10pt 頂SSRUSH 赤頂 ・1枚役 ・共通ベル 4pt 押忍ベル 10pt 青頂 ・1枚役 ・共通ベル 8pt 押忍ベル 10pt 《10pt時の抽選》 低確滞在 高確滞在 高確移行 35. ハズレの場合もあるが、上乗せの他、ボーナスや絶頂RUSH突入の可能性もある。 また上表の抽選と同時に「頂SRUSH」突入抽選も行われている。 詳細はスラッシュチャレンジの項にて。 《上乗せ時のG数振り分け》 振り分け S(S)RUSH中 2個目以降振り分け 10G 50. S(S)RUSH中であれば、2個目以降は特殊な抽選が行われ、合計値が上乗せG数となる。 《残pt数による上乗せ抽選》 50G 100G 0~5pt - 0. 低確率だが、最後の望みとして期待せざるを得ない。 またスラッシュチャレンジ成功時下段に「鍛」下段揃いでSRUSH、平行四辺形に停止すればSSRUSHとなる。 7 AT終了時の振り分け AT終了後は 「通常ゲームor引き戻しo(猛)仁王門or操エンディング」に振り分けられる。 (猛)仁王門振り分け率には設定差が無く、高い漢気ポイントを保持しているほど猛仁王門突入期待度が上がる。 特殊モードに関しては調査中だが、頂RUSH3連以上すると振り分けられる可能性がある。 実戦上、操エンディング後は青頂RUSHに突入している。 また通常の引き戻し抽選は下記表とは別に行われている。 この前兆状態が何ゲーム続くか?どこで対決演出に発展するか?を把握できれば、一足早くボーナス察知が可能になったり、熱くなれたりする。 番長を打つ以上は前兆を意識して打った方が、楽しくなることは間違いない! 32Gを超えれば本前兆 《ガセ前兆と本前兆》 本前兆のG数 (ボーナス時) ガセ前兆のG数 31or32or 34or 最大36G 31or 最大32G まずは基礎の基礎として、前兆には大きく2種類が存在することを把握して欲しい。 ボーナスやATが放出される「本前兆」と、一種の煽り演出として出現する「ガセ前兆」の2種類。 ガセ前兆からは当然だが、ボーナスやATが放出されることはない。 ここで注目して欲しいのが上表。 ガセ前兆と本前兆状態は何G続くかが予め決められており、上表の通りに振り分けられる。 特に重要なのが、最大G数。 ガセの場合は「最大でも32G」、本前兆の場合は「最大で36G」となっている。 つまり32Gを超えて前兆状態が続けばボーナス濃厚となる。 レア役解除の際はちょっと異なります。 上図のように研修は「12G~15G」に突入することがほとんどなので、 「16G目突入でややアツ、17G18G目で突入すると激アツ」となる。 もちろん12G~15Gで研修突入してもボーナスの可能性は多いにあるのでご安心を。 特に重要なのが 「研修後の対決発展ゲーム数」。 ほぼ「27G目or28G目」に発展するので、 「29G目発展でややアツ、30G目以降発展で激アツ」となる。 30Gまで対決発展しなければ、そのまま研修中で当たるパターンも多い。 《前兆G数カウントまとめ》 通常G数 アツイG数 対決発展G数 11G目or12G目 13G目or14G目 研修突入G数 12G目~15G目 16G目or17G目 研修後 対決発展G数 27G目or28 G目 29G目or30G目 また研修後対決演出の継続G数にも注目。 「食堂」は2G(タイトル告知を含めて3G)で終わることがほとんどなので、29G目に発展しても「29G+3G=32G」でがっかりというパターンが多いが、それ以外は基本3G継続なので、29G目に発展すれば「29G+4G=33G」となりガセ前兆を否定、ほぼボーナスとなる。 どうやって数えるの? 前兆G数を数えることでボーナス察知を早めること、熱く打てるようになることはご理解頂けたという前提で、ではどうやって数えれば良いか?について。 非常に簡単です。 前兆状態に滞在している時は 特定の演出(前兆示唆演出)が飛躍的に出現しやすくなります。 この 前兆示唆演出が出現したゲーム数を「1G目」としてカウントし、次ゲームから「2、3、4…」と数えていくだけです。 またはサラ番の液晶右下には 現在のゲーム数を表示する小窓があるので、前兆演出が出たゲーム数を覚えておき、対決発展ゲーム数や研修突入ゲーム数をから引けば、何ゲーム目で発展したかを把握できます。 暗算が得意な方は後者がおすすめです。 私は苦手ですので前者で(笑)。 個人的には前者のほうがドキドキしながらゲーム消化出来るので好きですね~。 ただし前兆開始ゲームで必ず前兆示唆演出が出現するわけではありません。 このあたりは「慣れ」も必要になるので、とにかくトライしてみてください! というわけでサラリーマン番長の前兆についてお話してみました。 やはりパチスロは楽しんでナンボということで、気になった方は是非とも実践してみてくださいね。 まぁでもここだけの話。 番長2と比べると数え甲斐が無いんですよね。。。 全ては「対決告知画面の期待度示唆」が悪いと思っています。 ここでデカ旗やステップUPが無いとほぼ無理状態になるのはよろしくないです。。。 チャンス演出が増えるということは、非チャンス状態も増えちゃうわけで。。。 あと研修中の仁王像点灯2個が弱すぎると思うわけで。。。 「でも」です! チャンスアップパターンが無くても前兆を数えていればニヤニヤ出来ることがあるので、それだけでおつりが来ますよ! 光ると 「7揃い」確定! タッチセンサー:触る! 特定のタイミングでタッチセンサーに触ると現在の状態などを示唆してくれる場合がある。 条件を満たしていても必ず示唆演出が発生しない場合もあるので、発生しない=ガッカリではない。 《通常時の触る!》 タイミング 変化 示唆内容 「タッチセンサは液晶の すぐ下にあるよ!」 セリフ発生時 「そう、それそれ」 通常パターン 「焦っちゃダメ!」 ・前兆中に出現率UP ・否前兆中で通常B期待度UP 「ふむ、おぬし感情線が強いな」 ・前兆中に出現率UP ・否前兆中で通常B期待度UP 「あ~そこそこ!きく~!」 ・本前兆期待度UP ・否前兆中で天国準備以上確定 「大丈夫?熱くなかった?」 ・本前兆期待度大 ・否ボーナスorATで 天国準備以上確定 タッチによるセリフは前兆中に出現しやすい。 また滞在しているモードを示唆していることもある。 「大丈夫?熱くなかった?」は本前兆の期待度が高いだけではなく、その前兆でボーナスorAT非当選となった場合も天国準備モード以上に滞在していることが確定する。 《BB中の触る!》 雫BB中 漢気ポイント2個以上獲得確定演出 演出なし 1枚役or共通ベル成立 コパンダシングル 共通(ナナメ)ベル成立 1枚役or共通ベル成立時、 第1or第3停止でナビ発生 コパンダダブル 1枚役成立 共通ベル成立時に右側のナビ獲得 会話演出 遊技説明セリフで共通ベル成立 (ハンコください!などは除く) AT中の1枚役or共通ベル成立時は、必ず漢気ポイントを獲得するが、上記演出を伴えば「2pt以上」の獲得が確定する。 また青頂RUSH中は漢気ポイント獲得時は必ず倍になるので、「4pt以上」の獲得が確定する。 漢気ポイント満タン獲得確定演出 会話演出:赤 ハマー演出:部長同席 漢気演出 上記演出発生時に1枚役or共通ベルを獲得すると、一気に漢気ポイント満タン(10pt)獲得が確定する!.

次の

サラリーマン番長 タッチセンサー天国判別

サラ番 タッチセンサー ボイス

サラ番2が怪しいぞ 6月の全台系イベントの日の実践です。 前半戦はエウレカ3で誤爆してくれて 助かりました。 サラ番2の片側のシマが良いんでない?と 予想し、移動します。 朝一は満台だったのですが、 天井ノーラッシュを喰らってやめてる台が 結構あって、なんとも判断が難しいところ。 その中で朝一 B天ぽいゲーム数で 当たってスルーしてる台を打っていきます。 95ゲームやめのこの台を打っていくと 157ゲームで 赤BB 投資 2K 100のゾーンが雫ステージだったので Bで当選かな。 パンダには歯が立たず。 シャッターは普通 最初の当たりがホントにB天なら、 これで2連続Bだなぁ。 で、次は90ゲームくらいで前兆に入って 「えらい天国の際きわで 入るんやな、フェイクかな」 と思ってたら、天国をまたいで当たり。 これは、もうツモっちゃったんじゃね? いきなりの頂ラッシュ直撃から出玉も伸びる 周りの視線が痛いです。 たくみの直撃からしばらくすると こちら側のシマの空き台はすべて 埋まりました。 これがたくみの変なヒキのせいだったら 軍団に袋叩きにされるかもしれません。 さて頂ラッシュですが、 実はこれがサラ番2において 自身初のラッシュ消化です。 天井狙いで何度か打ってますが まったくパンダに勝てなかったのでね。 ボナはひけずに終了 413枚獲得 ツモリにきたのに 実際ツモっちゃうと (まだ確定はしてません) ドキドキしてしまう可愛いたくみ。 これが初勝利です。 84%でも勝てるかドキドキしたよ 今回のラッシュは伸びてくれます。 前のスラッシュと違って あんまり乗らないと聞いてましたが まぁゲーム数じゃなく枚数ですからね それに300枚突破を目指してボーナスに 繋げるゲーム性なのでスラッシュ自体は ショボく感じるでしょう。 コレえらいやつだったんか? なんかわちゃわちゃしてて 打ってる時はよくわからんかったよ。 クソ台だと言われてもいますが、 結構楽しく感じちゃってますけど、気のせい? バスバが結構揃って終わりそうに ありません、限界突破間近っす。 おー行った行った。 で、どーなんの? なんかフリーズしてるぅー 「え?超番長来んの?え?」 なにぶん初めてなので、 すべてが新鮮です。 これがエライのかどうなのか この時にはわかりませんでしたが、 エライほうでした。 ボーナス中7揃いもしちゃいました。 この時気が付いたのですが、 この台、漢玉のセンサーが ぶっ壊れてるみたいで反応しません。 (壊れるの早くない?) 誰か頭にきてぶっ叩いたんでしょうか? だもんで、この日は隠しタッチの ボイスを聞くことができませんでした。 ボーナス後は残り299枚から 始まるので ここでハズレとかひいたら 連チャンしちゃうのね。 このアツどころを もっとわかりやすく演出してくれたら 良かったのにと思いません? バスバみたいなの止めさせるとか。 打ってる時は まったく意識しなかったので 面白さ半減だわー まったく何が起こったのか わからんまま限界突破します。 今度は安いほうだった。 この後も何回かスラッシュひいて ボナもひいて ボナ経由の時はセットストックには あまり期待できないようですが、 レア役ひいたら、弱レア役でも 50%で引き戻すらしいです。 いや、違うのよ。 たくみが悪いわけじゃないのです。 たぶん たくみの活躍 (ラッシュ直撃)によって 活気を取り戻したサラ番2のシマですが どうやら雲行きが怪しくなってきます。 A天を喰らう台が一台、また一台と増え、 みんなたくみに唾を吐きながらヤメていく。 (それは嘘) 「そろそろ当たりが見えてきたのかな?」 ここでホール内をまわって、 知り合いのプロくんに 「全台どこなん?」と聞いてみると 「絆2」との返事が。 確定も出てるらしく、展開も ついてきている様子。 この日は店の本気を見ました。 (ちなみに絆2の結果は1台がチャラ線、 残りは3000枚以上、最高5000枚でした) 絆2が当たりだと知れ渡り、 サラ番2のシマは閑古鳥が鳴いてます。 ただ、たくみの台の挙動は まったくもって6のソレなので、 おかまいなしに回していきます。 サラ番2では マイナス4K 直撃2回もひいたら設定はあると 思うのですが、ここから追い銭する 気力もなくお家に帰りたいと思います。

次の

サラリーマン番長2 サラ番2 押忍!サラリーマン番長2:演出法則(通常時)

サラ番 タッチセンサー ボイス

[番長ボーナス中青7揃い/超番長ボーナス] [番長ボーナス中青7揃い/超番長ボーナス] ATセット数振り分け 設定 1セット 2セット 3セット 2セット以上 トータル 1 ー 95. [AT直撃] [AT直撃]ATセット数振り分け 設定 1セット 2セット 3セット 2セット以上 トータル 1 71. セットストックがあっても引き戻しチャンスを経由するので、引き戻しチャンスでレア役を引いた場合などはセットストックかの判別が少し難しくなる。 0 2 21. 8 3 23. 0 4 21. 0 5 31. 1 6 35. 特命に当選しないから低設定とは言い切れないので、参考のひとつと考えておこう。 「最初に狙う絵柄」 左リール上段付近にBARを狙う。 「チェリー停止時」 成立役…弱チェリー/強チェリー/最強チェリー 中右リールに2連7を狙って成立役を判別するのがベター。 単独の青7(9番)を付近を押した場合などは、右リールにもチェリーを狙えば強チェリー時は小山型にチェリーが停止する。 「下段BAR停止時」 成立役…ハズレ/ベル/リプレイ/チャンス目A 「弁当箱停止時」 成立役…弁当箱/押忍弁当箱/強弁当箱/チャンス目B/チャンス目C 中リールに弁当箱を狙い、右リールをフリー打ち。 斜めに揃うと弁当箱、強弁当箱は平行に揃う。 斜め揃いかつ、BET時にピキーンと鳴れば押忍弁当箱だ。 「レア役の停止形(一例)」 初代でもおなじみのブルーレジェンドが、今作にも搭載されている。 もちろん、突入すれば大量出玉獲得に期待できるぞ。 天国(100G以内)のボーナスが青7ならブルーレジェンド滞在に期待できるので、しっかりとATまでつなげたい。 「設定5がもっとも突入しやすい!」 ブルーレジェンドの突入率は、設定5がもっとも高い。 絶頂ラッシュ確率や青7番長ボーナスの割合などと合わせて、ブルーレジェンドの突入率も設定5の判別に有効だ。 「ブルーレジェンド終了契機」 有利区間終了時に、ブルーレジェンドも終了。 前作のように通常時をまたいで継続はしないので、間違えないように注意しておこう。 前兆は最大38Gで、フェイクの場合は31G以内に終了する。 4G〜6Gは本前兆での振り分けが多いので、前兆の前半でアツい演出が発生して対決に発展すれば、本前兆に期待できる。 弁当箱は当選率こそ低いが、ボーナス当選時は青7確定。 弁当箱契機のフェイク前兆は最大6G、本前兆は最大11Gなので、前兆が7Gを超えれば激アツ! 通常時のモードは通常A、通常B、天国の3種類で、天国は100G以内に必ずボーナスに当選。 通常Aと通常Bはそれぞれ規定ゲーム数消化で高確Bへ移行する。 緊急出張という形で、逆の組み合わせになれば期待度アップだ。 二人が共闘すれば期待度はさらに高く、共闘専用の対決も存在する。 5 共闘専用のフェスティバルと大脱出は激アツ! 「剛天交渉は今作もアツい」 今作にも、剛天交渉はもちろん搭載! 4回交渉に成功すれば超激アツ! 「黄ナビ」 ハンコベルかつ、ハンコMAX確定。 「特定小役からのボーナス」 弁当箱、押忍弁当箱、最強チェリー契機のボーナスは青7確定! 押忍弁当箱は特命(CZ)経由ではなく、押忍弁当箱によるボーナス抽選で当選した場合のみ。 「ステージチェンジ」 ステージチェンジ時にチャンス目が成立すれば、本前兆濃厚。 「営業会議で発展するキャラ」 少ない予算(金塊)のキャラで発展すると、本前兆の期待大。 「猛営業会議」 本前兆確定かつ、青7の期待大! 「剛天交渉」 発生した時点でボーナス以上確定。 4G継続で青7以上、5G継続ならAT直撃以上となる。 「タッチセンサー」 前作ではリールの上にあったタッチセンサーが、今作でも筐体の右側に存在。 さまざまなタイミングでタッチしてみれば、何かを示唆するかも!? 「お色気演出」 成立役が弱チェリー or 弁当箱 or チャンス目A(下段BARから)なら、本前兆確定。 モード示唆やブルーレジェンド示唆もあるので、積極的にタッチしてみよう。 消化中の小役で、後半に発生するジャッジ演出の継続率アップを抽選。 20G、25G、30Gの3箇所で発生するジャッジ演出をすべて突破できれば、頂ラッシュ(AT)へ突入する。 これまでのシリーズ機と同様、ボーナス開始時に選んだキャラ(3種類)によって演出タイプが異なる。 「基本性能」 1Gあたりの純増…約3. 「轟ボーナス」 漢気上昇で継続率がアップ。 ジャッジ演出は轟とパンダの対決三番勝負、対戦相手がコパンダならチャンスだ。 「鏡ボーナス」 告知が発生すれば継続率アップ。 ジャッジ演出のカムバックチャレンジでは、告知が発生すれば継続だ。 「操ボーナス」 操ボーナスでは継続率が非表示となっていて、ルーレットで継続(AT当選)をジャッジする。 チャンスナビや的の配列に注目だ。 「雫ボーナス」 操ボーナスと同様に継続率は非表示、ラストのルーレットで継続をジャッジする。 [新曲はサウンドトラックにも収録] 後日発売のサウンドトラックには新曲も収録されるので、お楽しみに。 AT中のボーナスでは、継続ジャッジをクリアするたびに枚数を上乗せする。 「ボーナス継続抽選のタイミング」 対決に発展する前の扉が閉まっているゲームのレバーON時に継続の成否を抽選する。 鏡ボーナスの場合は、カムバックチャレンジと表示されているゲームのレバーON時が勝負! 「轟ボーナス・継続率加算確定演出」 [デカナビ/ドデカナビ] デカナビは加算確定。 [漢岩出現でハズレ] ハズレ時に漢岩が出現すれば、継続率加算確定。 「鏡ボーナス・ジャッジ演出中の継続確定演出」 ・画面、サウンド、ランプなどに違和感演出が発生 ・各ジャッジの最終ゲームで演出が非発生 最終ゲームを除き、何かしらの演出が発生した時点で継続確定!? 「操&雫ボーナス中・AT確定演出」 [弱レア役で大チャンスナビが発生] 弱チェリーや弁当箱成立時に大チャンスナビが発生した場合、内部的にATに当選していることが確定する。 「操&雫ボーナス・ジャッジ演出中の激アツパターン」 [NEXT+の的が選択される] NEXT+は次回のジャッジ演出成功も確定するので、2回目のジャッジで選択されれば、AT確定となる。 「ジャッジ中の書き換え」 ジャッジ中のレア役は、内部的に敗北の場合、勝利への書き換えを抽選。 強チェリーやチャンス目は勝利確定だ。 ATの残り枚数が300枚を超えると、限界突破と表示されてフリーズが発生。 BARが中段に揃えば決算ボーナス、ひし形に揃えば頂総決算ボーナスに突入する。 「上乗せのムダはナシ」 特化ゾーンなどで大量に上乗せを獲得した場合でも、300枚を超えた分はボーナス中の枚数に加算されるので心配は無用だ。 もちろん、特化ゾーンが途中で打ち切られてしまうといったこともない。 【頂総決算ボーナス】 業績報告(5G)でボーナスの枚数を決定し、5G消化後から決まった枚数を消化。 消化中も、ベルやレア役などで上乗せを抽選する。 「業績報告」 成立役に応じて枚数を抽選。 轟<鏡<二人共闘の順に、大量枚数のチャンスだ。 [7揃い] 7揃いは追加報告となり、業績報告のゲーム数減算ナシで枚数を上乗せする。 「ボーナス消化中の上乗せ」 ベルやレア役で上乗せを抽選。 [愛社精神] 画面両端のキャラはベルの押し順に対応していて、押し順ベル成立ごとに対応したキャラが点灯。 すべての押し順ベルが成立(すべてのキャラが点灯)すると、愛社精神が発生して枚数を上乗せする。 【決算ボーナス】 50枚獲得できるボーナス。 消化中は、頂総決算ボーナスと同様に上乗せを抽選する。 ATの枚数減算がストップした上で、枚数の上乗せを抽選する。 前作に比べて10倍以上突入しやすくなり、大量出玉獲得につながる重要なトリガーになっている。 左右のリールにもBARを狙い、BARが下段に揃えば頂スラッシュ、ひし形に止まれば上位の頂クロスラッシュへ突入する。 「上乗せをダブルで獲得」 レア役は上乗せ確定、ベルでも上乗せのチャンスとなる。 ハンコの獲得数がAT中の2倍にアップするので、ハンコベル1回につきハンコを4つ以上獲得可能だ(AT中は最低2個)。 もちろん、ハンコ10個獲得での上乗せも2倍! 「バスバチャレンジ成功でゲーム数を上乗せ」 【頂クロスラッシュ】 轟と鏡が共闘する強力な枚数特化ゾーン。 頂スラッシュに比べ、上乗せ性能が大幅にアップしている。 上乗せ当選率や当選時の枚数などが、頂スラッシュに比べて優遇されている。 抽選は上表の数値で2回おこなわれるが、抽選結果と見た目が必ずしもリンクしているわけではなく、2回目の抽選のみ受かった場合でも左画面に上乗せが表示されることがある。 レベル1と2は頂スラッシュ、レベル3と4は頂クロスラッシュ専用となっているので、見た目上は頂スラッシュだったとしても、ベルで何度も上乗せしているようなら内部的には頂クロスラッシュである可能性が高い。 [レア役] [レア役成立時・1回目]上乗せ枚数振り分け 枚数 弱チェリー 強チェリー チャンス目 非当選 ー ー ー 10枚 56. 2回目の抽選は強レア役なら上乗せ確定だ。 「ハンコ10個獲得時の抽選」 頂(クロ)スラッシュ中にハンコが10個貯まった場合、枚数の上乗せを抽選。 通常のAT中とは異なり、ボーナス等は抽選していない。 当選率は特命中か否かで異なる。 シリーズ初となる、差枚数管理型のAT。 レア役や特化ゾーン、ボーナスなどで上乗せを獲得させつつ、大量出玉獲得を目指そう。 「基本性能」 1Gあたりの純増…約3. いずれも滞在ステージによって、ボーナスや頂スラッシュの期待度を示唆している。 「漢気ゾーン」 従来のゲーム数消化ではなく、残り枚数が減少し特定の枚数になることでゾーンに突入。 ゾーン中は頂スラッシュの高確率状態になっていて、中リールBAR/弁当箱/BAR停止などで、頂スラッシュ当選となる。 [ゾーンはリール左の限界突破メーターに表示] 残り250枚〜230枚、150枚〜130枚、50枚〜0枚などのメーター内に色が付いている箇所がゾーン。 AT終了前にゾーンが存在するので、ATに入れば最低1回はゾーンによる抽選を受けられる。 「残り枚数300枚突破が第一の目標」 残り枚数が300枚以上になると、限界突破の表示が出現し、決算ボーナス or 頂総決算ボーナスのいずれかが確定。 ボーナス後は残り299枚からATがスタートするので、再び300枚突破を目指そう。 ちなみに、ハズレや1枚役(中段ベル)成立時は残り枚数が加算されるので、299枚の状態で引けば300枚を超える=再びボーナスに突入する。 「AT終了後は引き戻しゾーンへ」 3G間継続し、成立役に応じてATの引き戻しを抽選。 ATのストックを持っている場合も、一旦引き戻しゾーンを経由する。 【轟AT中】 「BGM変化」 AT中のBGMが変化すると、ATのセットストックありが確定する。 [BGM別・ストック数] プレジデント…1セット以上 エンブレム…2セット以上 「サイドランプ白発光」 リプレイ、ベル、レア役成立時にサイドランプが白く光れば、高確A確定。 漢気ゾーン中なら超高確が確定する。 「応援演出でナビ非発生」 応援演出は、基本的に押し順ナビが発生する演出。 非発生時は頂スラッシュ、頂クロスラッシュ、番長ボーナス、絶頂ラッシュのいずれかが確定する。 【鏡AT中】 「BGM変化」 AT中のBGMが変化すると、ATのセットストックありが確定する。 [BGM別・ストック数] ジャジャス・ゴージャス…1セット以上 ダレダレダレDA!…2セット以上 「下パネル点滅」 50枚以上の上乗せ確定。 「漢気演出/次回予告」 発生した時点で頂クロスラッシュ or 絶頂ラッシュのいずれかが確定! 「バスバチャレンジ発生に期待できる演出」 ・稲妻煽り ・リールロック [稲妻煽り] レバーON時に発生する可能性あり。 稲妻煽り後にリールロックも複合すれば、必ずバスバチャレンジが発生する。 稲妻煽りもリールロックもなしからのバスバチャレンジなら、背景の色不問で成功が確定する。 期待度の低いパターンでも、あっさりと揃うような演出バランスになっている。 弱チェリーの最大上乗せは100枚。 その他のレア役は最大で300枚まで、上乗せの可能性あり。 [番長ボーナス中青7揃い/超番長ボーナス] [番長ボーナス中青7揃い/超番長ボーナス] ATセット数振り分け 設定 1セット 2セット 3セット 2セット以上 トータル 1 ー 95. [AT直撃] [AT直撃]ATセット数振り分け 設定 1セット 2セット 3セット 2セット以上 トータル 1 71. レア役成立で引き戻しの大チャンスだ。 「タッチの有効範囲」 タッチが有効となるタイミング 黒字…ウェイトから第3停止ボタンを押すまで(次BETで無効) 赤字…ウェイトから第1停止ボタンを押すまで(第2停止で無効) 紫字…ウェイトからリール回転開始まで ボーナス中からAT中まで、さまざまなタイミングでタッチが可能。 状況によってタッチの有効範囲が異なるので、試す際はちょっと注意しておこう。 基本的にはレバーON後(全リールが回転している状態)であれば問題ないが、業績報告中はウェイトからリール回転開始までと短いのでレバーON後すぐのタッチが必要だ。 」 レア役示唆 レア役否定で引き戻し確定 雫ボイス 「きたきたきた~!! 乗せれば強いし番長だから演出は申し分ない。 サラ番だから静かなのも受け入れる ただ、頂ラッシュというスタート地点になかなか立てないし駆け抜けも多いので番長好きな人にしかおせない。

次の