アパレル ec サイト 運営。 ECサイト運営業務を5つに大別して整理してみた - 事業者が注力すべき業務と、効率化・アウトソースすべき業務

ネットショップ開業(ECサイト開業)のための基礎知識と必要なもの【2020最新版】

アパレル ec サイト 運営

ファッション・アパレルEC 売上高ランキングTOP1位〜10位 ファッション・アパレルEC売上高ランキングのTOP1位〜10位です。 ここにランクインしている企業の売上高は、832億円~219億円となっています。 各企業のEC化率も「」で紹介しているので、ぜひご参考いただけると嬉しいです。 1位は ユニクロで、2018年度決算時は832億円(前年比32. 0%増)となっています。 ユニクロは実店舗とECサイトを連動させたセールを毎週行って、さらにサービスレベルを強化、 ECで注文した商品を店舗で受け取れる「店舗受取サービス」の利用が注文全体の44%まで高まったそうです。 2位以降は、LOWRYS FARMなどを展開する アダストリアが前年比16%増加の405億円、3位はJOURNAL STANDARDやIENAを展開している ベイクルーズが、前年比18%増加の395億円となっています。 4位以降は、東京スタイルやサンエー・インターナショナルなどのTISホールディングス、ワールド、前回2位の千趣会などがランクインしています。 多くのECサイトが前年比2ケタ成長で売上高を伸ばしているということが驚きです。 要因としては実店舗を絡めたオムニチャネル施策に注力していて、実店舗とECを絡めた施策を行っているからです。 ランクインしている企業は、国内EC事業者の全ジャンルのランキングでも上位にランクインしているので「」もご覧ください。 ファッション・アパレルEC 売上高ランキングTOP11位〜20位 11位以降になってくると、 売上高は200億円~115億円というレンジになってきます。 自社のブランドを集めたECポータルサイトを展開するワールドやパル、マークスタイラ社がランクインつつも、 総合通販事業を行っていたベルーナやショップチャンネルなどもランクインしてきています。 注目なのがGLADD(グラッド)で、EC売上高200億円となり、14位にランクインしているパルは前年比38. 2%で売上は152億円と、大きく前年を上回っています。 パルは店舗スタッフのコーディネートを投稿し、ECサイトへの集客や購入率アップの施策を行っており、S NSや投稿写真の成果でスタッフを評価する仕組みを導入したことも成功の要因です。 20位にランクインしているABCマートは大規模なオムニチャネル施策を行っており、顧客データ連携はもちろん、在庫を一元管理し、店舗で在庫がない場合はECから出荷するなどオムニチャネルの強化を行っています。 最近は社内スタッフ向けのアプリを展開しており、他店舗の在庫参照が行えたり、個人の売上をランキングで可視化することを行っています。 ファッション・アパレルEC 売上高ランキングTOP21位〜30位 続いて21位〜30位のファッション・アパレルEC売上高ランキングのご紹介です。 売上高のレンジとしては、 115億円~72億円となり、若干ターゲットの年齢層が若くなり、20代〜を中心としたアパレル企業が多くランクインしています。 23位のストライプインターナショナルは、EC売上高は約100億円となっています。 自社ブランドのECポータルだけでなく、大人のためのECデパートメント「STRIPE DEPARTMENT(ストライプデパートメント)」も展開しており、最近では 「DaaS ダース 」 という百貨店にECプラットフォームを提供して、百貨店ECサイトの運営をストライプデパートメントが代行するサービスも行っています。 24位のマッシュホールディングスは、推定売上高90億円となっています。 メインのECポータルである「ウサギオンライン」だけでなく、2019年には人気ブランドのsnidelやgelato piqueをはじめとしたブランド直販のECサイトもオープンしています。 さらにジュンと合弁会社「スタイルヴォイスドットコム」を立ち上げて、ファッションやビューティー、フードなど、幅広い商品を展開するECモールの立ち上げも行っています。 ファッション・アパレルEC 売上高ランキングTOP31位〜40位 30位〜40位にランクインしている企業の売上高は、 69億円〜53億円となっています。 注目は前年比36. ちなみにRadyは私がファッション系の仕事をしていたときに、某ファッションビルのオープンに行ったのですが、お店が派手でビックリした記憶があります。 バーバリー問題もある程度落ち着いた三陽商会も、デジタルへの投資を強化していることもあり、前年比6. 38位のジャックロードは中野にある老舗のブランド時計ショップで、売上高は53億円です。 ロレックスやオメガなどの高級時計を中心に、ルイ・ヴィトンなどの高級ブランドも扱っています。 ファッション・アパレルEC 売上高ランキングTOP40位〜50位 40位〜50位にランクインしている企業の売上高は 51億円〜42億円となっています。 ランクインしている企業は、カジュアルのウィゴーやDHOLICなど、ターゲット年齢層が10代〜20代前半と下がっている印象があります。 41位には最年少アパレル上場社長で有名なTOKYO BASEが、前年比4. 2%増加の51億円となっています。 メイン事業のSTUDIOSだけでなく、UNITED TOKYOやPUBLIC TOKYOなど新事業もECサイトの売上アップに寄与しています。 ベビーやジュニア向けのアパレル企業もランクインしており、49位にはナルミヤ・インターナショナルが前年比25. 3%でランクイン、50位には西松屋が前年比25. 7%の42億円でランクインしています。 ファッション・アパレルECサイトランキングまとめ ここまでご覧いただきありがとうございます。 ファッション・アパレルECの売上高ランキングとしては、ユニクロが3年連続1位となっていて、 832億円(前年比32. 0%増)となっています。 セレクト系アパレル企業であるベイクルーズやユナイテッドアローズ、アーバンリサーチなどが追随し、多数のブランドを運営している大手アパレルメーカーである、アダストリア、TSIホールディングス、オンワードなどがブランドの力を合わせて上位にランクインしています。 上位にランクインしている共通点としては、ZOZOやマガシークなどのモールでの販売戦略を行いながら、顧客データ統合、在庫統合をはじめ、自社ECサイトを軸としたオムニチャネル化を行っているということですね。 ぜひこのランキングを参考にしていただいて、多くの企業のEC戦略を学んでいきましょう!.

次の

【2020年最新】ファッション・アパレルECサイト売上高ランキングTOP50を発表!

アパレル ec サイト 運営

ネットショップ運営代行で 本当に売り上げは上がるのか? これまでアパレルを専業として、長年携わってきました。 それは実店舗。 ECサイト両方の面からです。 単純に売るだけではなく、どのような流通形態をとれば良いのか?商品点数や、商品種類なども考慮した上で行ってきます。 売り上げが伸びずに悩んでいらっしゃる店舗様は、売り上げが伸びるだけの良いものをお持ちであるが、必要な施策を必要な分だけやっていない状態を多く見受けます。 弊社がその代わりを行うことにより、 店舗様はより商品発送やお客様対応に時間と労力を集中することができ、 お客様の満足も上げることができます。 もちろん、店舗様の扱っている商品や立ち上げからの年数によって売り上げがすぐに上がることもありますし、ある程度時間が必要な場合もあります。 しかし、いずれにおいても売り上げを上げることに集中して施策をとりますので、ご安心ください。 運営代行は毎月継続型 我々のネットショップ運営代行サービスは、毎月継続型となっています。 ネットショップへ上は、お店や通常のビジネスと同じく、少し手を加えただけで売り上げがすぐに上がるほど単純なものではありません。 地道な更新や、的確な施策こそが遠回りをしているように見えて売り上げを伸ばすための1番の近道です。 我々のネットショップ運営代行は、最低1年契約でスタートします。 トップページの更新や新規商品追加、商品情報変更、キャンペーンでのイベント集客など、様々なルーチンワークを代行します。 売り上げを伸ばすにはパターンがある 売り上げを伸ばすにはパターンがあります そのパターンをアパレル専業だからこそ培った経験と経験の蓄積より判断することができます。

次の

ECサイトで求められる志望動機、未経験者は参考にしてね!

アパレル ec サイト 運営

アパレル・ファッションECとは アパレル(ファッション)ECとは靴や服などの衣類オンラインで販売していうECサイトを指します。 近年は実店舗だけでなくネット上の販売は行う店舗も増え、通販サイトの構築を検討している方も多いのではないでしょうか。 今回は市場環境に触れながら、ECでの売上・の売上ランキングを紹介しながら、アパレルECで勝つためのポイントを解説していきます。 アパレル・ファッションECの種類• メーカー直販型• ECモール型• 個人経営型 アパレル・ファッションECの種類は上記のようにメーカー直販型・ECモール型・個人経営型の3種類に分けられます。 メーカー直販型は実店舗のある自社ブランドを持っている企業のネットショップです。 実店舗で購入できない場合に、ネットショップで購入することができるため顧客にもメリットがあり、ネットショップ限定の商品も販売するが可能で顧客を獲得しやすいです。 ECモール型はAmazonや楽天市場 のように、さまざまなブランドを商品化しているサイトのことを指します。 出店をする前に、既に集客力が高いのが特徴です。 個人経営型は個人でアパレルショップを経営できるECサイトです。 ネットショップのみで販売をすることも可能で、自分が気に入ったデザインのみ販売することができるのが特徴です。 ここでは市場規模やEC化率についてみていきます。 8兆円市場へ、成長を続けるアパレルECの市場規模 上記グラフのとおり、アパレルECの市場規模は右肩上がりの成長を続けており、約1. 8兆円の市場の市場規模まで成長しています。 業界全体でデジタル化・業務効率化が進み、インターネットやSNSといったオンラインでの購買が増えていることが伺えます。 伸びしろはこれから、アパレルECのEC化率 またEC化率については12. アパレルや通販業界では業界に特化したCRM・MAツールやなどリピーター獲得を行う施策が増えています。 また、SNSなどを活用したクーポンも活発である点も平均より高い理由といえるでしょう。 アパレルECの売上ランキングトップ10 出典:日本流通産業新聞 2019年11月28日発売号 アパレルECの売上ランキングトップ10は上記のようになっており、ユニクロの前年比は売上と合わせて前年比の売上上昇も32%とトップでした。 またユニクロでは半無人で利用できるに加えて、Web上で注文した商品の店頭受け取りサービスの利用も増加し・戦略も実施しています。 2位以下のベイクルーズやオンワードなどの企業も売上は前年比を超えており、EC市場全体が成長していることが伺えます。 アパレルECモールの売上ランキングトップ5 アパレルECモールの売上ランキングトップ5は上図のように、圧倒的に差をつけているZOZOTOWNが1位で、2位のマルイウェブチャネルと売上差が1,900億円となっています。 ZOZOTOWNでは「チャットボックスで誘導」「クーポンの発行」「SNS活用」の3つで幅広い年代から購入をしてもらうことで売上をあげています。 さらに簡単に購入できるように、選択した商品をすぐに購入することができるようになっているのが特徴です。 アパレルECの抱える4つの課題・勝ち方のポイント 次にアパレルECの抱える4つの課題と勝ち方のポイントについて詳しく紹介します。 アパレル業界のECサイトを制作しようと考えている企業は、課題を知っておくことで事前に解決することが可能なため、ぜひ参考にしてください。 フィットするか表示だけでわからない「サイズ感問題」 実際にECサイトで購入した方は経験があるかと思いますが、店舗で手にとったことがないブランドや商品の場合はサイズ感覚がわかりづらいことがあります。 実店舗であれば、一度試着をした後に購入をするか決めますが、ECサイトではフィットするか表示だけではわからないため、課題の1つとしてあります。 しかし、ZOZOTOWNのようにZOZOスーツなどサイズに合わせた商品を提示してくれるサービスがあります。 さらに万が一購入後にサイズが合わなかった場合に、返品することができるサービスを行っているサイトもあります。 データの一元管理による効率的なサイト運営 自社ECサイトと、他社のECモールで一元管理を行えないことも課題の1つとしてあります。 例えば「ZOZOTOWN」では、専用の倉庫で保管をされていてサイトでも在庫数を確認することができます。 しかし自社ECサイトと連携を結んでいなければ、確認作業で時間をロスしてしまい、更新が遅れてしまうのが問題です。 ZOZOTOWNではこの問題を解決することができるサービスを2019年の10月から始めており、一元管理が可能になっています。 モール依存しない自社ECサイト・ブランド力の確立 アパレルECモールに依存をするメリットは既に集客力が高いため、売上をすぐに立てられる点です。 しかし自社ECサイトのブランド力を確立するとしてもすぐに顧客を獲得することができず、ECサイトの運営費だけがかさんでしまうことも少なくありません。 ECモールと自社ECサイトを商品によって使い分けるといった、集客チャネルとしての考え方も必要といえます。 また、同時に自社ブランドを高めていくためにSNSやアプリによる囲い込みといったリピーター獲得もポイントといえます。 データ統合によるオムニチャネル戦略・顧客接点の拡大 ECサイトを運営する際に戦略を立てることは重要です。 どういった商品が売れるのか具体的な内容を明確にしないことで販売を行ったとしても売れないことも少なくありません。 こういった課題を解決するためにはデータ統合を行い、オムニチャネル戦略・顧客接点の拡大をする必要があります。 オムニチャネル戦略で顧客を囲い、利益を出すことができる方法として「効率化」を目指すことです。 最新のシステムを導入したり、ユーザーにとって使いやすい環境を整えることで運営を成功させることができるのでぜひ試してみてください。 最新トレンド、リアルな体験でECを変えるVコマース 最後に最新のトレンド「Vコマース」について紹介をしますが、Vコマースは「バーチャルコマース」の略称です。 Vコマースには「集中分析機能」や「データ管理」など、ユーザーがどこをクリックしているのかをデータ化することが可能です。 さらに「多言語対応」「多通貨」などさまざまな機能に対応をしているのが特徴です。 フィッティング問題が解決?VRを活用したバーチャル試着室事例 Virtusize株式会社では同ECサイトで購入した洋服をECサイト上で合わせることによって、サイズの比較を行うことが可能で、どのサイズの洋服が合っているのかを確認することができます。 eBayが提供をしているVR百貨店では、VRを活用したバーチャル試着室を創り出しています。 ユーザーが専用のVRをつけることで、店内の商品を3Dで表示することが可能で、商品の詳細を確認することで、値段や在庫数などを確認することが可能です。 また、確認後問題がなければそのまま購入することが可能なサービスとなっています。 さまざまな新しいサービスが出ているため、自社のブランドを持ちたい方はぜひ参考にしてみてください。

次の