ネクストモバイル 解約。 解約までの流れとお手続きについて

ネクストモバイル(NEXTmobile)の評判からわかったメリットと注意点

ネクストモバイル 解約

今回はポケットWiFi 「ネクストモバイル NEXT mobile 」について徹底解説いたします!口コミ・評判を調べてもあまり出てこない知名度低めのネクストモバイルですが、結論から申し上げますと、 安い料金で大容量使えるかなりおすすめなポケットWiFiです。 とは言っても、良いこと尽くしという訳でもなく、ネクストモバイルは、きちんと おすすめできる人とできない人がいるのも事実。 上記の内容を、様々なサイトやSNSの口コミ・評判を調べ尽くした当サイトが、ネクストモバイルのスペック、WiMAXなどの無制限のポケットWiFiとの比較を通して、どこよりも分かりやすく解説いたします。 では、まずは、ネクストモバイルはどんな人におすすめなのか、結論から見てまいりましょう!• ゲームや動画視聴など、通信速度が必要なインターネット通信を多く使う• 毎月データ容量を無制限で利用したいというわけではない 上記が当サイトが導き出した結論になります。 ネクストモバイルはモバイルWiFiルーターの1つで、現状WiMAXと並んで、ポケットWiFiの中でもおすすめなWiFiサービスです。 おすすめな人に当てはまる方は 迷わずネクストモバイル、それ以外の方はWiMAXがおすすめになります。 こちらの記事では、 上記のような結論になる理由を、1つ1つ丁寧に解説をしてまいります。 ぜひ最後までお付き合いください。 WiFiルーター「NEXT mobile」と、サービス提供会社の概要 では、まずは、ネクストモバイルの概要をお伝えします。 ネクストモバイルは、「株式会社 グッド・ラック」が運営するインターネット通信サービス。 グッド・ラックは様々なインターネット通信サービスを事業としてもつALL CONNECT オールコネクト の子会社です。 親会社のオールコネクトは、WiMAX業界の大手プロバイダ「Broad WiMAX ブロードワイマックス 」をサービスの1つとして持つ通信業界で権威ある会社になります! ネクストモバイルのWiFiルーター端末は、モバイルルーターとホームルーターの2種類。 2つのWiFi端末の簡単なスペックは以下になります。 0Mbps ・上り最大 50. 0Mbps Softbank 3G ・下り最大 42. 0Mbps ・上り最大 5. 76Mbps Softbank 4G LTE ・下り最大 150. 0Mbps ・上り最大 50. 0Mbps 消費電力 - 最大約6W 海外利用 不可 上記が、ネクストモバイルの端末情報です。 では、大事な情報を厳選して、更に詳しくネクストモバイルについて解説していきます。 ソフトバンク回線使用で、電波のカバーエリア・地域が広い モバイルWiFiルーター「ネクストモバイル」が利用する回線は、 ソフトバンク回線です! ソフトバンク回線と言えば、au・docomoなどの大手キャリアと比較しても、かなり広いエリアで電波通信が可能な回線として有名です。 ソフトバンク回線は、なんと主要都市の99%をカバーしています。 つまり、ネクストモバイルはよほどのことがない限り、どんなエリアでも繋がらないということはないでしょう。 地下鉄や屋内に強い!大手スマホキャリアと同じLTE回線 地下鉄や建物などの障害物に弱いWiMAX回線。 対して、ネクストモバイルが利用するソフトバンクのLTE回線は、そのような場所でもサクサク繋がるのが、WiMAX回線と比較した際の 最大の強み。 今までWiMAX回線をご利用で通信速度やエリアに満足できていなかった場合は、ネクストモバイルに乗り換えてみることをおすすめします。 ネクストモバイルの契約プランには、3種類の金額・容量設定があります。 20GB・30GBプランの月額料金も安いですが料金となっていますが、ネクストモバイルの料金プランは使い放題プランが最もおすすめ。 ポケットWiFiの無制限プランでも、最安級の料金となっています。 詳しくは、後ほど比較しますが、 無制限のプランをなるべく安い料金で契約したいという方にネクストモバイルはおすすめです。 通信量表示のリセットは月末に手動で設定が必要 上記のデータ量に付随して、ネクストモバイルのデメリットになり得るポイントもご紹介しておきますと…ネクストモバイルのWiFi端末の月間通信データ量表示は、毎月自分でリセットが必要になります。 WiMAXや他のWiFiルーターは、端末の画面に表示される「今現在のデータ利用量」が、リセット日に自動でリセットされる設定。 対して、ネクストモバイルの端末は、この データ利用量表示を、製造元である富士ソフトのホームページにいき自分でリセットする必要があります。 この面倒臭さが、人によってはネクストモバイルのWiFi端末を選ぶデメリットになるかもしれません。 ただ、使い放題プランを契約するのであれば、そもそもこの機能は必要ありません。 仮に、月間データ容量に制限のあるフラットプランであっても、データ容量のチェックは数ヶ月立つと大体見なくなります。 自分がどれくらいインターネットを使うと通信速度制限がかかるのか分かってくるからです。 そのため、当サイトとしては端末の通信量表示がリセットされる点に関しては、あまり気にする必要はないと感じます。 【ネクストモバイルのその他の特徴・機能】 ネクストモバイルは、端末の初期設定も簡単! ネクストモバイルのモバイルWiFiルーターFS030Wは、APN Access Point Name という名前の設定方法が利用可能で、これにより 初期設定が不要で端末到着後すぐに利用可能です。 ホームルーターHT100LNも、無料専用アプリ「Aterm らくらく設定アシスト」があります。 アプリの指示に沿ってネクストモバイルのWiFi端末を操作するだけで簡単に設定が可能ですし、QRコード読み取り機能による設定も可能です。 ここまでが、ネクストモバイルのスペックに関する簡単な解説になります。 では、ここからは、本当に「ポケットWiFiの中でネクストモバイルを選んでも良いのか?」という観点から、 WiMAXやネクストモバイル以外のポケットWiFiとの比較を通して更に詳しく、その実情を探っていきましょう。 人気ポケットWiFiのプラン・料金・速度・利用可能データ量を徹底比較! WiFiと言えば、有名かつ人気なキャリアは Y! mobile、さらにはネクストモバイルと同じく完全無制限利用できる どんなときもWiFiなどのLTE回線利用のポケットWiFiと、 WiMAXですね。 そこで、今回は上記3つのポケットWiFiとネクストモバイルを比較し、ネクストモバイルのおすすめポイントを探っていきます。 まずは、同じLTE回線である3つのポケットWiFiの比較表を用意しましたので、下記をご覧ください。 他のポケットWiFiと比較してネクストモバイルがおすすめである理由を確認してもらい、続いてWiMAXとネクストモバイルの比較を行っていきます。 ネクスト モバイル Y! mobile どんなときも WiFi 月額 最安料金 データ量 2,400円 20GB 3,696円 7GB - 月額 最大料金 データ量 3,100円 無制限 4,356円 無制限 3,480円 無制限 下り 最大速度 150Mbps 988Mbps 150Mbps 契約年数 2年 3年 2年 以上が、WiMAXを除いた人気ポケットWiFiのY! mobile、どんなときもWiFiとネクストモバイルの比較になります。 表を見るだけである程度お察しのことと思いますが、圧倒的にネクストモバイルがおすすめです。 注目すべきポイントは、やはり データ量と料金の関係性。 今回ご紹介したのは人気ポケットWiFiのため、大容量使えて、比較的安いサービスを紹介していますが、それでもネクストモバイルが最安値。 今回紹介していないLTE回線を利用するポケットWiFiとなると、基本的に月間データ容量に制限があり、料金も高いというのがほとんど。 もちろん、全く使えないというわけではありませんが、指定のデータ量を超えると、スマートフォンと同じく 通信速度は128Kbpsに制限され、ほぼ使い物になりません。 加えて、 月額料金が高いとなっては、なかなか手を出しにくいというのがLTE回線を利用するポケットWiFiです。 そんな中、ネクストモバイルは、 一番安い料金プランであっても月間20GBは使い放題です。 他のポケットWiFiと比較して3倍近いデータ量があるにも関わらず、月額料金は最安で2,400円。 LTE回線のポケットWiFiを利用したい場合、ネクストモバイルを選ばない理由はありません。 通信速度がネクストモバイル遅い?大切なのは実測値! ネクストモバイルの懸念点として、 最大通信速度が遅いことが挙げられます。 とはいえ、ご存知の方も多いかもしれませんが、ポケットWiFiの最大速度というのは、理論上の数値であって、どのプロバイダ、どのポケットWiFi端末を利用しようと、 最大速度が出ることはまずありません。 そのため、理論値ではなく、実際にインターネット通信をする際の速度である実測値を知ることが重要です。 この実測値が、十分な速度であれば問題ありません。 後日、ネクストモバイルの実測値を当サイトでも測定し公開する予定ですが、ネット上の口コミ・評判では、 下り10〜20Mbpsは安定して出る模様。 参考までにインターネット利用の際に必要な通信速度の例をご紹介します。 【各インターネットサービス利用に必要な通信速度】 LINE テキスト :127Kbps LINE 画像・動画 :1Mbps ウェブサイト閲覧:1Mbps 動画 360P:低画質 :0. 5Mbps 動画 480P:中画質 :1Mbps 動画 720P:高画質 :2Mpbs ネクストモバイルの最大速度が遅いことは事実ですが、実測値の観点から考えると、他社ポケットWiFiの差はあまり気にする必要性がありません。 よって、WiMAXを除くポケットWiFiの中では、どう考えても 月間データ量が多く月額料金も安いネクストモバイルがおすすめになります。 では、続いて、WiMAXとネクストモバイルの比較を行っていきましょう。 ネクストモバイルとWiMAXのスペックを徹底比較! WiMAXは、プロバイダと呼ばれるBroadWiMAXやGMOとくとくBB、So-net、BIGLOBEなどの様々な販売代理店で契約することができます。 とはいえ、全プロバイダの大元はUQWiMAXであり、月額料金以外のスペックに差はありません。 そのため、今回は大元であるUQWiMAXと、プロバイダの一例として当サイトが最もおすすめしているBroadWiMAXを例にネクストモバイルと比較していきます。 WiMAXの月額料金は少し複雑になっておりますので、詳しく見ていきます。 大容量なら制限なしのネクストモバイル! 月間データ容量が無制限のポケットWiFiを、とにかく 安い料金で利用したいという方にはネクストモバイルがおすすめ。 実際に、ネクストモバイルとWiMAXの料金を比較しながら、本当に安いのかを確認していきましょう。 なお、UQWiMAXよりもBroadWiMAXの方が月額料金が安いため、BroadWiMAXの料金をネクストモバイルと比較していきます。 まずは、契約期間によって金額が異なるBroadWiMAXの月額料金から見ていきましょう。 BroadWiMAXは、契約期間に応じて3段階の料金設定となっています。 月額を比較するにあたって、BroadWiMAXの料金をわかりやすくするため、まずは1ヶ月あたりの 平均月額料金を計算します。 つまり、ネクストモバイルの方が、 1ヶ月あたり約200円安く無制限のポケットWiFiを契約することができます。 ただし、2年目以降は各プラン500円ずつ月額料金が高くなってしまうという点には注意が必要。 3年間使うかもしれないという方は、この結果も参考に読み進めてみてください。 他にも、ネクストモバイルには「 無制限プランではなくても良い」という方に嬉しい20GB・30GBのプランもあります。 使わないであろうデータ容量にお金を払うよりも、月額料金を抑えたいという方には、20GB・30GBのプランがおすすめです。 ちなみに、以下の表は30GBのデータ容量の目安となっています。 30GB 動画 中画質:480p 約1200時間 動画 HD:720p 約45時間 メール 約600,000通 インターネット 約1050,000ページ SNS利用 約45時間 音楽ダウンロード 約75,000曲 LINEトーク送信 文字のみ 約15,000万回 こちらの表を踏まえて、月間のデータ利用量を30GB以下に抑えることができそうな場合は、ネクストモバイルの20GB・30GBのプランがおすすめです。 また、料金以外にも、 4つ判断基準がありますので、そちらもご紹介しておきます。 通信速度を重要視するならWiMAXがおすすめ ネクストモバイルとWiMAXで大きく異なるのが、契約できるルーターの 最大通信速度です。 ネクストモバイルの最大速度が150Mbpsという中で、WiMAXは1,237Mbpsと 約8倍もの差があります。 そのため、Youtubeなどの動画視聴やオンラインゲームなど、 通信速度が必要となるインターネット通信を行う場合は高速通信のWiMAXがおすすめ。 ただし、前述した通り、最大速度はあくまで理論値。 実測値で見た際に、ネクストモバイルも決して遅いというわけではありません。 オンラインゲームをする方など 普段WiFiを使う際に、高速通信は必須という方にWiMAXはおすすめです。 ネクストモバイルは、プラン変更が出来ない 次に、契約プランの変更が可能かどうかについてです。 ネクストモバイルは、1度3つのプランから選んで契約をすると、そこから2年間はプラン変更が出来ません。 一方で、WiMAXは、大抵のプロバイダは、 月ごとに7GBプランと無制限のギガ放題プランの変更が可能です。 つまり、WiMAXであれば、 「来月は仕事が忙しくてあまり動画を見る暇がないから7GBに変更して月額料金を抑えよう」という風にある程度融通が効きます。 このような使い方をしたい場合は、WiMAXの契約のほうが良いでしょう。 解約時期はWiMAXプロバイダが3年後、ネクストモバイルが2年後 もう1つの判断基準に解約時期の違いがあります。 WiMAXやポケットWiFiは、どのプロバイダで契約しようと、契約年数縛りがあり、決められた更新月以外に解約をすると違約金が発生してしまいます。 ポケットWiFi端末は消耗品ですから、 「3年間使うのは嫌だ、マメに新規機種に変更したい」という人もいるかもしれません。 WiMAXは、 2年契約の場合かなり割高になってしまうため、必然的に3年契約のプロバイダを選ぶことになります。 もちろん、3年契約の場合は3年以内に解約した場合、解約違約金がかかってしまいます。 そのため、3年契約を避けたい方は、ネクストモバイルを契約すべきでしょう。 参考までに、ネクストモバイルとBroadWiMAXの解約時の違約金を下に記しておきますので、参考にしてください。 【BroadWiMAXの解約違約金】• 0〜12ヶ月:19,000円 税抜• 13〜24ヶ月:14,000円 税抜• 25ヶ月〜36ヶ月 :9,500円• 37ヶ月目 更新月 :0円• 38ヶ月〜72ヶ月:9,500円 データ利用量を超えるまでは通信制限なし! 最後は通信制限についてです。 WiMAXのギガ放題プランは、実は完全無制限というわけではありません。 厳密には、月間データ容量に制限はないものの、3日間で10GBという短期間の制限があります。 この3日10GBという制限を超えると、次の日の18時〜26時までの約8時間速度制限がかかります。 一方で、 ネクストモバイルは、1日何GB利用しようと、プランで決まっているデータ利用量を超えるまでは速度制限がかかりません。 【ネクストモバイルはこんな人におすすめ】• 地下鉄や地方など、電波の届きにくいエリアでのWiFi利用が多い• 無制限使うことができて、月額料金をなるべく抑えたい• インターネットは休日に一気に使う• 持ち運ぶことが多く、バッテリーが長持ちのポケットWiFiを使いたい 上記以外の 「速度重視を重視してポケットWiFiを選びたい」「大容量はいらないかもしれないので、プラン変更ができたほうが良い」という方にはWiMAXがおすすめです。 ネクストモバイルに関する結論はこのようになっております。 もし、これまでの内容でネクストモバイルの契約を検討したいという方は、最後にキャンペーン情報と契約時の注意点をご紹介するので是非ご覧ください。 ネクストモバイルのお得キャンペーンや割引は? 端末代金無料キャンペーン ネクストモバイルは、現在 端末無料キャンペーンを行っております! WiMAXプロバイダの多くは、キャンペーンがなくとも端末代金が無料ですが、WiMAXを除くポケットWiFiの多くは端末代金が別途発生することがほとんど。 この場合、月額料金に更に分割で上乗せされるか、一括でモバイルルーターを購入する必要があります。 キャンペーンがないと、端末代金は数万円となることもあるので注意が必要。 こちらのキャンペーンは終了時期は未定ですが、逆に言えば明日終わってしまう可能性もあります。 もしネクストモバイルのご契約を考えている方は、 このキャンペーンが終わる前に申し込みをしておきましょう! いつでも解約サポート ネクストモバイルのもう1つのキャンペーンが、 「いつでも解約サポート」です。 こちらは、ネクストモバイル利用者のためのキャンペーンとなっています。 内容としては、 何らかの理由で他のポケットWiFiや固定回線などへ乗り換えたいとなった場合に、違約金なしでネクストモバイルを解約できるというもの。 ただし、公式サイトに掲載はされていませんが、乗り換えの対象サービスは限られているようです。 実際に対象サービスについてネクストモバイルに問い合わせをした所「公表はしていないものの、お客様にぴったりのサービスをご案内する」とのことでした。 万が一、ネクストモバイルを契約した後に「思ったより通信速度が遅い」「自宅でしかWiFiを使わなくなったので固定回線にしたい」となった場合にも、 いつでも解約サポートがあれば安心ですね。 申し込み方法は手数料のかからないクレジットカードで。 また、ネクストモバイルで月額料金の支払いを口座振替希望にする場合、プランは20GBか30GBのプランしか選べず、口座振替手数料200円が必要になります! そのため、支払い方法は、余程の理由がない限りクレジットカード支払いがおすすめ。 クレジットカード支払いであれば、ネクストモバイルのどのプランで契約しても手数料は0円です! やはり、ネクストモバイルをおすすめする最大のポイントは、完全無制限のポケットWiFiが安い月額料金で利用できるという点です。 日々の通信サービスにかかるコストを最小限にしたい方は、ぜひ端末代金の無料キャンペーンも行っている今のお得な料金のうちに契約してしまいしょう。 使い勝手はどう?「NEXT mobile」を使ってる人の口コミ・評判は? 実際ネクストモバイルを利用している方の口コミが気になる!という方のために下記にいくつかSNS上で発見した口コミ・評判をご紹介しておきます! ネクストモバイルは、まだそこまで知名度がなく、あまり口コミが見当たらないため、見つけ次第、随時最新の口コミ・評判を更新していきますので、気になる方はご参考までに。 NEXT mobileを申し込んでみた。 今日ルーターが届いた。 すぐにセッティングできた。 今のところ快適に感じる。 ちょっと早い。 — Kobazo 369 kbz1128 最近ネクストモバイル全然繋がらないんだけど…なんなん— piyochan piyopiyomaru11 ネクストモバイルWiFi もう1GB使ってしまった。 ストレスはなかったかなぁと思う 最高41M bps出ました。 — subook. 初日は一気に50GB通信しましたが制限等かからず快適に使えます。 スピードは混雑時でも30bps程出て快適。 youtube4K動画も止まらず見れます。 著しく回線占有=24時間ずっと通信 くらいかな?感じました。 ネクストモバイルの契約プランは?.

次の

ネクストモバイル(NEXTmobile)の評判を信じて契約した私の口コミ

ネクストモバイル 解約

重要なご案内 この度はNEXTmobileのお申し込みを検討頂き誠にありがとうございます。 諸般の事情により追加納品の目処が立たないため、新規お申し込みの受付を停止させて頂きます。 ご契約を検討されていたお客様におかれましては突然のご案内となり大変申し訳ございません。 併せてチャット相談サービスも一時停止させて頂いております。 ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解の程、宜しくお願い致します。 再開に向けて調整中ではございますが、時期は未定となっております。 ご了承くださいませ。 インターネット回線の利用を早急に望まれるお客様へ 少しでもお役に立てればと思い、当社がご案内できるサービスをご紹介させていただきます。 もしご興味がありましたら、お問合せください。 ご自宅のみでの利用で大容量通信をご希望の方 様々なWiFiプランの比較・検索をご希望の方• 自社調べ(2020年7月時点)• 土・日・祝は発送を行っておりません。 申込の混雑具合や在庫の状況により、即日発送が出来ない場合もございますので予めご了承ください。 なお、口座振替の場合、本人確認書類の提出・口座情報の登録が完了するまでは発送ができませんので予めご了承ください。 HT100LNは非対応となりますので予めご了承ください。 ベストエフォート方式による提供となり、実際の通信速度は、通信環境やネットワークの混雑状況、接続機器などに応じて変化します。 Softbank4Gは対応しておりません。 「HT110LN」とは対応周波数帯が異なりますので、ご注意ください。

次の

【NEXTmobile口コミ・評判】料金改定後のネクストモバイルをガチレビュー

ネクストモバイル 解約

いつでも解約サポートとは? いつでも解約サポートの詳細や、いつでも解約サポートを利用した乗り換え先一覧について見ていきましょう。 いつでも解約サポートとは何か 引用:Broad WiMAX「ト」 いつでも解約サポートとは、 「いつでも解約サポート」の専用窓口を通して他のポケットWifiや固定回線を紹介してもらうことで、解約違約金を負担してもらえるという制度です。 いざ契約してみたものの、使えない・繋がらないなどの不満があった場合、種類の違う回線(WiMAXからLTE無制限ポケットWiFi、ポケットWiFiから固定回線など)に本当は契約期間内であっても違約金なしで乗り換えることができるということ。 いつでも解約サポートの利用は、次のような場面が考えられます。 ポケットWifiを契約してみたけれど、思ったより速度が出ないから固定回線にしたい• 外出先でも使いたくてポケットWifiにしたけれど、結局ほとんど使わない• 引っ越し先での繋がりが悪く、ほとんど使えない• 速度制限に掛かるようになったので、固定回線を契約したい。 どの回線を選ぶか迷っている、WiMAXやポケットWiFiが本当に使えるかが不安と言った人はこのサポートがあるとだいぶ気が楽になりますね。 乗り換え時の他社解除料金負担は別 では、他社のインターネットサービス(固定回線、ポケットWiFiなど)から乗り換える際に契約途中の解約でかかってしまう解除料を負担してくれるサービスがあります。 固定回線を使っているけど外出先でも使いたいと言う場合や、家電量販店などの高いWiMAXに契約してしまっている人などはかなり活用できます。 たとえば、の平均月額料金は3,572円ですが、高いところだと3,880円のところもあります。 差額は308円。 1年だと3,696円、3年だと11,088円にもなります。 契約期間の縛りがあると間違って高いところで契約してしまっても違約金がかかるので3年使い続けなければなりませんが、なら解除料を負担してくれるので気にせずいつでも乗り換えられるということです。 もし高いところで契約してしまったら、さっさと乗り換えてしまった方が良いですね。 参考: 参考: ちなみにWiMAX系では高額(約30,000円)のキャッシュバックを貰えるもありますが、もし19,000円の解除料を負担してもらうのであれば、の方がお得です。 しかもGMOとくとくBBのキャッシュバックは契約後11カ月目以降にメールが来てからから翌月の末まで。 だいぶ先ですし、もしこの期間内に手続きをしないと貰えないというリスクがあります。 その点、BroadWiMAXは契約、そして他社解約後にすぐ貰うことができるのでおすすめです。 ちなみにGMOとBroadWiMAXそれぞれのキャッシュバックあり、なしの場合で料金比較すると、以下の通りになります。 GMOはキャッシュバックが高額であるものの、月額料金も高めなので平均するとそれほどまでではありません。 またもしキャッシュバックを貰い忘れると月額料金は4,229円とかなり高額です。 Broad WiMAXのオプションの種類と特徴 いつでも解約サポートが使えるのはどこ? いつでも解約サポート制度を利用できるポケットWifiは以下の3つです。 それぞれ確認しておきましょう。 ネクストモバイル 画像引用: は2年契約で、ソフトバンクのLTE回線を無制限に使うことができるポケットWifiです。 無制限で月額3,100円というかなりの低料金で使うことができるのが大きな特徴。 softbankのLTE回線を利用しているので、エリアも回線速度も十分です。 それこそ固定回線の代わりにも十分使えます。 WiMAXだと 3日で10GBの制限があったり、 エリアが狭く繋がらない所があったりで不満を感じている人も多いですが、このネクストモバイルならその 心配も不要です。 ちなみに解約金は1年以内の解約で19,000円、2年目でも14,000円掛かります。 ~12ヶ月 13~24ヶ月 25ヶ月 26ヵ月目以降 解約金 19,000円 14,000円 0円 9,500円 この違約金が他のポケットWiFiや固定回線に変更するにかからなくなるというわけです。 どんなときもWiFi 引用:」 は2年契約でクラウドSIMを採用しているポケットWifiです。 クラウドSIMとは複数のキャリアを利用することができるSIMのことで、どんなときもWiFiではドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアのLTE回線を全て利用することができます。 それにより単一のキャリア回線を使うものに比べてエリアが広くなっています。 ただ月額料金は3,480円。 ネクストモバイルに比べると少し高めです。 なお解約金は1年以内の解約で 19,000円、2年目でも 14,000円掛かるなど解約金はやや高額。 更新月を逃すと9,500円の解約金が掛かっていまいます。 いつでも解約サポートがあるのは、心強いですね。 ~12ヶ月 13~24ヶ月 25ヶ月 26ヵ月目以降 解約金 19,000円 14,000円 0円 9,500円 Broad WiMAX (画像引用:) は3年単位で契約し、端末を購入するタイプ web割適用で0円 のポケットWifiです。 月額料金は平均3,562円、他社解除料負担有りなら3,062円。 回線はWiMAXを利用しますが、有料オプションでauのLTEを7GBまで使うことができるようになります。 WiMAXはLTE回線を利用するネクストモバイルやどんなときもWiFiに比べるとエリアが狭く、LTEでは繋がるのにWiMAXでは繋がらないという場所が特に地方で多いです。 ただ先ほども述べているように、他社解除料込みだとネクストモバイルに勝る低料金。 解約サポートがあるので、まずはで試してみてダメならネ他に契約を変えるというのも一つの手段ですね。 ちなみに1年以内の解約で19,000円、2年目でも14,000円、3年目以降は更新月以外が9,500円となっています。 初期費用が0円になる「web割」を使って契約した人が更新月以外に途中解約する場合に至っては、キャンペーン違約金として別途9,500円を支払わなければいけません。 いつでも解約サポート紹介先一覧• ソフトバンク光• auひかり• So-net光コラボレーション• ビッグローブ光• broad光withNTT東日本• broad光withNTT西日本• Yahoo! Broad LTE など ここに記載されているのは固定回線のみで、ポケットWifiはありません。 では、ポケットWifiなどは紹介してもらえないのかというと、そういうわけではないようです。 から入って、「webからのお問合せ」を選択すると、「いつでも解約サポート専用お問い合わせフォーム」が出ています。 引用:」 「お乗換えしたいインターネット回線」の候補を見ると、先ほどの一覧になかった「ネクストモバイル」や「ONE MOBILE」「どんなときもWiFi」などがありました。 この情報をもとに後ほどBroad WiMAXでもう一度問い合わせたところ、「ポケットWifiへの乗り換えはできない」という回答は間違っていたと訂正を受けました。 つまり、 乗り換えたい紹介先として、これらのポケットWifiも検討できるということです。 ポケットWifiへの乗り換えを検討していた人は、安心して利用してください。 解約金を気にして納得のいかない契約をだらだらと続けているくらいなら、他の契約先を紹介してもらったほうが良さそうね。 スポンサーリンク いつでも解約サポートを使う時に注意しておきたいこと いつでも解約サポートを利用する前に知っておきたい注意点は以下の通りです。 紹介先を初期契約解除で解約してはいけない• 固定回線の工事費用や初期費用は自己負担• 元のサービスに戻すことはできない 一つずつ確認していきましょう。 いつでも解約サポート窓口で紹介された紹介先での契約が必要 いつでも解約サポートは、あくまでも紹介先のインターネット回線の契約をする代わりに違約金を負担してもらえるというもの。 つまり、解約後に別のネット回線の利用を考えていない場合は、この制度を使うことができません。 今の契約に悩みや不満があって、別のネット回線を検討している人向けの制度である点に注意しましょう。 紹介先を8日以内に解約・初期契約解除制度による解約は、違約金発生 そういうズルいことをした場合は、違約金負担をしてもらえなくなるからやめようね。 ポケットWifiや固定回線版のクーリングオフ制度 初期契約解除制度 を利用して、紹介された契約を無かったことにした場合は、解約時の違約金を請求されることになります。 引用:Broad WiMAX「ト」 どのサイトにもこの点に関してはしっかり記載されているので、ズルいことを考えて解約するのは自分の首を絞めるだけなのでやめておきましょう。 紹介先の回線の工事などの初期費用はあくまでも自己負担 最も注意が必要なのは、いつでも解約サポートで負担してくれるのは、ポケットWifiのサービスに関わる違約金のみで、それ以外に発生する費用は自己負担だということです。 すなわち、 紹介先の固定回線を契約する時の事務手数料や工事費などは全て自分で支払わなければいけません。 固定回線の中には、公式サイトや代理店経由で契約することでキャッシュバックをもらえたり、工事費が割引されるような特典もあります。 そう考えると、 必ずしもいつでも解約サポートを通して契約するのがお得になるとは限らないため、 契約したい固定回線先のサイトなどを見て、よりお得に乗り換えできないかなどをよく確認しておきたいですね。 解約までに開通しない場合は一度違約金を負担しなければいけない 固定回線を紹介してもらった場合、工事の日取りが合わないなどの理由で開通が先延ばしになることがあります。 特に、 引っ越しなどの多い2~5月の繁忙期になると、土日はなかなか希望日が取れないことが多いです。 ポケットWifiの解約予定日よりも開通日が遅くなりそうであれば、 ポケットWifiの解約違約金を一度負担し、後日キャッシュバックを受け取ることになります。 開通工事の費用や新規回線の月額料金など出費がかさんでくるので、乗り換え時は懐の余裕をもって臨みたいですね。 乗り換えたら最後、元の契約先には戻れない いつでも解約サポートの趣旨は、契約や通信状態に何らかの理由があるために解約したい人を他の契約先に紹介するというものです。 したがって、 乗り換えてしまうと元の契約先に戻ることはできなくなります。 気分やノリなどで勢いあまって契約しないように気を付けてください。 再びサービスを利用できるのはいつか? 例えば、Broad WiMAXからどんなときもWiFiにいつでも解約サポートで乗り換えて、その後にネクストモバイルへ乗り換えた時、いつでも解約サポートを利用することは一応可能です。 ただ、一度利用した場合は、最初の利用から1年経過してからしか利用することができません。 解約金が高いうちに解約した方がお得なような気はしますが、規約上それはできないので注意してください。 いつでも解約サポートを使って他社に乗り換える方法 では、いつでも解約サポートを使って、他のインターネット回線に乗り換える方法について見ていきましょう。 ポケットWifi、固定回線ともに、いつでも解約サポートの問い合わせ先は以下の通りです。 乗り換えたはずなのに知らないところから請求が来ている、と焦らないようにしましょう。 速度制限などが気になっている人は、無制限Wifiを使うと無制限の嘘トラップから抜けることができますね。 無制限WiFiも完全に無制限というわけでもないですが、1日20GB程度使っても特に問題なく使えるので、通信の上限に困っているなら無償で乗り換えてしまいましょう。 Broad WiMAXからドコモ光へ乗り換え こちらは光回線に乗り換えた人の口コミです。 乗り換え先一覧にはありませんでしたが、いつでも解約サポートを使ってドコモ光 ドコモの光コラボ を紹介されています。 固定回線となると、WiMAX側や契約先の手続き担当、工事関係者など様々な担当者とのやり取りが必要です。 各担当者と一同に話ができるわけでもないため、手続き自体に労力を取られて疲れてしまうかもしれません。 解約時はいつでも解約サポートを利用するか検討してみよう いつでも解約サポートを利用できるポケットWifiや乗り換え先候補、乗換方法について解説しました。 スマホやポケットWifiの契約は、たとえあまり使ってなかったとしても解約金が気になって契約をだらだらと続けてしまっていることが多々あります。 それくらいなら、もっと納得できる他のネット回線を紹介してくれるうえに違約金を負担してくれる制度を利用したほうが良いでしょう。 ただ、約1~2万円の負担を避けるために無理やり他のネット回線を契約するのもおかしな話です。 いつでも解約サポートのオペレーターと話をして、自分のライフスタイルに合ったネット利用を相談してみてもいいかもしれませんね。

次の