カレー機関 場所。 C2機関

カレー機関【3rd Sequence】

カレー機関 場所

47都道府県、各地のビールスポットを訪ねます。 佐賀でコロカルが向かったのは、佐賀県の北、 福岡県との県境にある山あいの里、佐賀市三瀬村。 高原地・三瀬に、ある日突然現れたカレーの移動販売 海なら糸島、山なら三瀬。 昔から佐賀の三瀬は、福岡県民からも、 週末のドライブルートとして人気を集めていました。 わざわざ他県まで? そうなんです、実は三瀬は佐賀市の中心から北へ車で30分ほどの距離にあり、 脊振山地を隔ててすぐお隣の福岡市と接しています。 そのため、佐賀市内のみならず、福岡からもドライブで 訪れる人々が多いエリアとして知られてきました。 この三瀬村は脊振山地の一帯にあり、「みつせ高原」とも呼ばれています。 嘉瀬川が村の中央を通り、その川の先は北山湖へとつながっています。 山があり、川があり、湖がある。 緑豊かで、のどかなロケーションです。 特に夏季は近場の避暑地として広く県内外の人々に愛されています。 絶好のロケーションの中で営業中の〈旅するクーネル〉。 そんな三瀬村で、カレーの移動販売車の姿を見かけるようになったのは 2015年のこと。 その名も〈旅するクーネル〉。 店主・井上よしおさんはかつて福岡市のど真ん中、大名で 自然派ワインとイタリアンの店〈食堂クーネル〉を営んでいました。 笑顔がすてきな井上よしおさん。 「その当時、漠然とこのままでいいのかと考えるようになって。 店を続けることは、生きていくこと。 そう思えば思うほど、 大名というまちでの営業に、窮屈さを感じてきました」 そんな井上さんにとってリフレッシュの源になっていたのが旅。 時折、長期休暇をとり、海へ、山へ、国内はもちろん、 国境を超えて海外にも繰り出したそう。 10年の節目に食堂クーネルの暖簾を下ろし、 奥さんと一緒に世界一周、22か国を周る旅に出発。 およそ1年かけた旅は、井上さんに大きな価値観の変化をもたらしました。 「自分らしくありたい。 そう強く思ったんです。 ラクなほうに流れるというと怠惰に聞こえますが、本当にそういう感覚です。 食堂クーネルを営んでいた頃は常に追われる生活をしていた気がします。 そういうスパイラルから離れようと決めました」 井上さんは帰国後、九州一周の旅に出かけます。 その目的は住まいを見つけること。 熊本、鹿児島、宮崎と各地を巡り、理想の生活ができる場所を探し求めました。 「世界一周の旅で2か月もの期間を過ごしたパタゴニア。 そこでは長い間、夢見てきた生活のかたちがありました。 それが循環型の生活です。 日本でもそんな生き方ができる土地はないか、自分の目で確かめようと思って」 暇なときは楽器を演奏するという井上さん。 そんなゆるやかなスタイルも支持されています。 そんな九州一周の旅を経て、いったん地元・福岡へ戻り、 循環型の生活が実践できる農地つきの物件、 海が近い山中の家や土地の情報を調べた井上さん。 最終的に、偶然見つけたというこの三瀬村で暮らすことになりました。 「近くに有機野菜の生産者がいるんです。 同じような考えの方が暮らしているのは心強かったですね。 山あいのこのロケーションは、なんだかネパールに似ているかな」 テレビは映らない、湿気がすごい、虫がたくさん出る、 冬の寒さが厳しいという環境ではありますが、 三瀬村の暮らしは井上さんの肌に合っているようです。 「お金が全然かからないので余計なストレスがありません。 何より、人のあたたかさがあります。 余った野菜をご近所さんにもらうこともありますし、 住人の皆さんに支えてもらっているなと感じています」 こうして暮らしの拠点ができた井上さん。 この場所に移ってきたのを機に始めたのが移動式のカレー販売でした。 農学校に通っていたときに、興味が湧いたそう。 営業開始前にカレーの仕込みとテント張り。 あっという間に心地よい場所が完成します。 「カレーを愛してやまない妻の影響で食べるようになり、 すっかりその魅力に夢中になりました。 100日連続でカレーを食べ続けたこともありますし、 おいしいカレーがつくれるようになりたいという思いから カレーに関する本を読みあさり、おいしいと聞いたお店も積極的に食べ歩きました。 勉強のため、インドにも数回通っています。 大好きなカレーを通じて、食べた人の健康に寄与できると知って、 カレーこそ自分の生きる道だと思いました」 カレーに使うスパイスの数々。 自分自身で有機野菜を育て、それらの野菜を主役にし、 スパイスを駆使してカレーに仕上げる。 その土台に自身が追求する循環型の暮らしを据えようと考えました。 次のページ スパイス料理に挑む旅 Page 2 スパイス料理に挑む旅 旅するクーネルで出しているのはいわゆるスパイス系のカレーです。 ただ、辛さ、刺激を追求しているわけではありません。 「スパイスは漢方です。 その日の家族の体調に合わせ、 スパイスの調合を変えながらカレーをつくるインドの人々をお手本にしています。 食べる人のことを思ってスパイスを調合するカレーは、まさに愛情だと思うんです」 井上さんが目指すのは、女性や子ども、年配の人たちにも 気軽に食べてもらえるような、そんなひと皿。 「あくまで日常的に食べてもらえるようなカレーです。 簡単で、速くつくれるのが理想だと考えています」 と井上さんはさわやかな笑顔を見せます。 カレーに使う野菜は現在、井上さんが育てたものがメイン。 およそ9割を占めているそうです。 「無農薬、無肥料栽培、炭素資材を利用した炭素循環農法にチャレンジしています。 ご近所さんにしいたけの菌床を分けてもらい、それで菌の液をつくり、畑にまきました。 害虫が寄ってきませんし、手応えを感じています。 とはいえ、なかなか難しいですね。 思ったように簡単には育ってくれません」 野菜には畑の横を流れる川から汲んだ水をあげているそう。 困ったと言いながらも、目を輝かせる井上さん。 今年は借りた畑でゴーヤ、トマト、イモヅル、さつまいも、空芯菜など 10種くらい育てているそうで、これらをカレーの材料にしています。 この日のカレープレートは800円。 スパイシーチキンカリー、馬ビンダルカリー、レンズ豆ダルカリーの3種に、自家栽培の野菜の添え物がつく豪華な内容です。 ビールにも合います。 カレーは日替わり1種を提供。 3色カレー盛り合わせプレートは800~1000円で、 その時々で使う食材によって価格は変化します。 カレーは肉、野菜、そして魚を使うこともあり、その内容は実にバラエティ豊か。 食べてみるとスパイスはしっかり主張しますが、辛さだけが突出するわけではなく、 香ばしさ、ほろ苦さ、ほのかな酸味といった複雑な味わいが調和していて、 実に奥行きを感じる味わい。 3色のカレーは単独でもおいしいですが、 混ぜることで違う表情を見せてくれ、最後までその変化を楽しむことができます。 「スパイスの栽培も始めたいんですが、風土が合わないようで。 いつかスパイスまで自家栽培のカレーを完成させたいですね」 現在、スパイスをもっと日常にとり入れてほしいという思いから、 手軽においしいカレーがつくれるスパイスセットを販売しています。 そして移動販売という特徴を生かし、現在、拠点としている三瀬を飛び出し、 さまざまな場所へ出張カレーに出かける日々です。 こちらがスパイスセット。 イラストがキュート! 「カレーという枠に収まらず、スパイス料理という意識で、 もっとその可能性を探っていきたい。 そういう思いを込めて、 〈三瀬スパイス研究所〉と謳っているんです。 これからも自分なりに食と健康と向き合っていきます」 今回飲んだのは、 地元の人と一緒につくった 〈キリン一番搾り 佐賀づくり〉 「まじめで我慢強い」と言われる佐賀の人。 そんな地元の人と地元のことを語り合ってつくられたのが、この〈キリン一番搾り 佐賀づくり〉です。 パッケージのイメージカラーは、緑色。 さて、その味わいは……。 問合せ/キリンビール お客様相談室 TEL 0120-111-560(9:00~17:00土日祝除く) ストップ!未成年者飲酒・飲酒運転。 のんだあとはリサイクル。

次の

【カレー機関】来年2020年初動のご予約を、本日夜21:00から受付開始します!

カレー機関 場所

概要 カレー機関とは、ゲーム「艦隊これくしょん」(以下、「艦これ」)の運営チームである「」が2019年12月22日に、神田で営業を始めたカレー店である。 なお、翌23日のでは、「謎の食の企画」と表現されている。 また、そのほかのイベントに参加したこともあるや佐世保市とのコラボイベントにも参加した1MYBも参加しているときがある。 メニュー 基本的に、カレーを中心として、前菜、デザートの付くコース料理となっている。 また、料理の内容は期間によって異なり、カレーの具材もビーフとチキンが選択できる。 また、最後にはスタッフか、給仕を行っている艦娘遊撃隊または1MYBによる一本締めで終わりとなる。 店舗 店舗は東京都神田にあり、最寄り駅の 東京メトロ銀座線神田駅5番出口を出てすぐである。 ( JRの神田駅ではないので注意。 JRの場合、北口から徒歩で5分ほどかかる) 店舗の外壁には、後述する「れーかちゃん」のイラストが描かれており、かなり目立つ。 また、店内には艦これ関連の商品が飾られていたり、装飾が行われているが、時期によって入れ替わりがある。 カレー機関娘 また、当機関には、運営元であるC2機関のキャラクターであると同じように、「カレー機関娘」というキャラクターが存在する。 愛称は「れーかちゃん」 担当イラストレーターは、C2機関娘と同じく氏である。 利用する際の注意事項 ・カレー機関は 完全予約制であり、あらかじめチケットを入手された方しか利用できない。 ただし、チケットはかなり倍率が高い。 ・店内のは 撮影禁止である。 これは、アルバイトのスタッフが一般人であるためと、発売前のグッズが展示されているためである。 小ネタ ・オープンの際に、「鎮守府氷祭り」で提督役を務めた無良崇人氏より、名義でフラワースタンドを贈られた。 ・「佐世保鎮守府開庁130年」イベントにて登場した氏が3月9日に突然登場。 挨拶と乾杯をし、カレーを味わって帰っていった。 その場に居合わせた提督たちは呆然としていたという。 ・また、新型コロナウイルスによって休業を余儀なくされた際、「カレーを作ろう」という曲を製作し、C2機関公式ツイッターに。 歌っているのは、氏。 関連イラスト 参加された提督の皆様によるレポート。

次の

『カレー大學』 ここは世界で一番「カレー愛」にあふれた場所 ここで学んで「カレーの伝導師」になりませんか? 次回は3/11

カレー機関 場所

インドカレー 「 インドにカレーという料理はない」というのは有名な話だが、そもそも旧支配国のイギリスが、一部のインド料理を カレーという名前でイギリス料理に取り入れたことにより、世界中に普及したのも事実である。 そのため、今ではインド人自身も他国の人間に分かりやすく説明するために「 カレー」という言葉を使うことが多い。 インド人にとっても「カレー(カリー)」は外来語だった。 また、宗教的な理由もあり、日本のように肉入りのカレーというのもあまりない。 あっても地域によって肉の種類は限られてしまう。 ヒンドゥー教や仏教は不殺生の教えがあるので菜食主義の者が多い。 食べるとしても豚肉か鶏肉に限られる。 逆にイスラム教徒は豚を食べられないので、鶏肉、羊肉(マトン)、魚介類などが主になる。 需要の関係なのか、比較的値段が安いのが山羊肉で、鶏肉は比較的値段が高い。 そのため、豆料理のほうが充実しているといえる。 豆のカレーが多いのもそのためだ。 また、それらのインド料理は周辺国にも影響を与えている。 ネパール、チベット、スリランカ、バングラディシュ、パキスタンなどでも「カレー的」な料理は広まっており、カレー=インドという構図は存在しない。 南アジアにおいてインド料理は庶民の味となっているのだ。 なぜインドカレー? それにしても、日本では本場のインドカレーに馴染みがなかった。 今でこそ食べたことがあるという人も多いだろうが、すでに日本のカレー業界は「」のように「 日本のカレー」がシェアを独占していたのだ。 そこになぜインドカレーで勝負をしようとしたのだろうか? これは調べてみると簡単な理由だった。 何よりも 出店コストの安さがあった。 また、立地的も必ず1階である必要はない。 インドカレー店ならば賃料の安い雑居ビルの2階以上や路地裏などでも十分に成立する。 また、特殊な調理器具が少なく済むのも大きい。 やろうと思えば家庭用の機材でも事足りるため、改装費用も抑えることができるわけだ。 さらにナンに使う小麦粉など、食材の原価率も低く、家庭料理のために専門のコックを雇う必要もない。 料理そのものも、味が濃くて脂っこいので料理の腕が味にあまり影響しない。 このような理由がインドカレー店の過当競争につながったようだ。 「 本場インドカレー店」といいながら、よく見ると「 インド・ネパールカレー」となっていたり、「 インド・スリランカカレー」のように経営者の出身国の料理も合わせて提供する店が多い。 逆にインドではにより貧富の差が激しいので、来日できるインド人はIT企業などに勤務する一部のエリートなどに限られる。 そのため、インド周辺の国々の人は、来日しても知名度の高いインドカレーを店の看板に掲げるわけだ。 自国の料理と極端な違いがない上に、男性でも料理できる家庭料理ばかりなので単身で来日することも出来る。 その中でも特に多いのが ネパール人と言われている。 インド人以外のオーナーが、インドカレー店を始めるには 二つの理由があった。 まずは、日本人の味への親しみ。 最近のエスニック料理ブームによって、日本人向けの味付けをしない「本場」の味が好まれるようになった。 これはインド料理も同じで、多くのスパイスを調合したものでも「いい匂い」と感じるファンが増えてきている。 独特の香辛料の香りや辛さによって避けられてきたインドカレーも、今ではしっかりと見直されているわけだ。 また、インドカレーといってもすべてが辛いわけではなく、逆に日本の辛口カレーのような辛さのものを見つけるほうが難しい。 インドカレー店でもメニューにどのカレーが辛いのかが書かれており、すぐわかるようになっている。 また、ヨガが流行ったことなどから、ヨガやインド健康法を習っている人も、健康面からインドの本場カレーのファンになる確率は高くなるという。 これが「 表」の理由である。 次のページへ スポンサーリンク カテゴリー• 129• 380• 367• 1,433• 150• 817• 595• 173• 100• 181• 145• 135• 109• 568•

次の