松屋 うなぎ。 【美味】松屋の『うな丼』実食! 『うな丼ダブル』『うな丼コンボ』も同時発売

吉野家・すき家・松屋で今、買ってはいけない“地雷”メニュー6選!高いのにガッカリ!

松屋 うなぎ

Contents• 松屋のうなぎ(うな丼)。 高級うなぎ屋と変わらないのでは?噂の松屋うな丼を食べてきた ご存知でした? 松屋のうなぎ(うな丼)が高級店の鰻に引けを取らない、そんなニュースが流れてますよね。 松屋って牛丼かカレーのイメージが強いです。 美味いし安い。 そんな 松屋からうなぎ(うな丼)が新発売されたとのこと。 しかも松屋のうなぎ(うな丼)は高級店のうなぎに負けていない。 いや、値段を考えると勝っている、みたいな記事です。 移動中にその記事を読んで「本当かな?」と思い、早速新宿西口にある松屋にうなぎ(うな丼)を食べに行きました。 松屋のうな丼は本当に美味いのか?松屋新宿西口店の幟に松屋のうな丼の気合を感じた 松屋のうなぎを食べに、松屋新宿西口店へ行きました。 すると松屋の幟はうなぎになっています。 普通のうな丼のお値段はお新香とみそ汁が付いて830円。 うなぎの量が倍になった「ダブル」もあります。 こちらは1,390円。 幟に気合を感じます。 美味そうです。 ダブルうな丼はお高めです。 普通で十分です。 牛丼とのあいがけもありましたがせっかくのうな丼タレご飯が台無しになるので控えました。 そして気になる説明文が。 なんとこの松屋のうな丼は 伝説のうなぎ屋さん「小満津(こまつ)」が監修されているそうです。 なんと伝説のうなぎ屋監修 ・名店「小満津(こまつ)」が監修 ・現在は高円寺にお店があります。 ・このお店は完全予約制 ・つまり完全予約制のうな丼を松屋で もう松屋のうな丼には期待しかありません。 松屋のうな丼は美味いの?タッチパネルで松屋のうな丼を注文してみた 松屋のうな丼が食べたくて松屋新宿西口店へ行きました。 新宿西口店の松屋は何とタッチパネルで注文できます。 びっくりしました。 早速、 松屋のうな丼をタッチパネルで注文。 簡単ですね。 これですぐに松屋のうな丼が調理されているはず。 ワクワクします。 松屋のうな丼は美味しいの?松屋のうな丼を楽天payで支払ってみたらお得な展開が。 松屋のうな丼を食べたくて、松屋新宿西口店へ。 タッチパネルでうな丼を選択したら何とバーコード決済が可能でした。 最近よく利用している楽天Payで松屋のうな丼を決済してみたら なんと12ポイントも。 これはお得。 松屋のうな丼はポイントにも優しい。 普通に現金で松屋のうな丼を食べても楽天ポイントが12ポイントもたまりませんよ。 日々の生活、少し工夫するとも大切です。 待つこと3分。 ついに松屋のうな丼にご対面 松屋のカウンターで待つこと3分くらい。 やっと松屋のうな丼にご対面。 うなぎが幟の写真と少し小さいかな、と思いましたがこのお値段なら仕方なし。 ・良いにおい。 ・ご飯が美味しそう。 ・肉厚だな。 これが松屋のうな丼への第一印象でした。 松屋のうな丼、美味い!この肉厚のうなぎをこの値段で。 松屋のうな丼はコスパ最強。 見てください、松屋のうなぎのこの肉厚。 ふかふかで柔らかくしっとり。 松屋のうな丼はコスパ最強です。 あまり食べ散らかしている写真を掲載したくはないので食レポ写真はここまでですが、松屋のうな丼は最高です。 今までに食べた牛丼屋さんのうなぎって皮がゴムみたいな弾力だったり、たれでごまかしているだけだったり、ぺらっぺらなウナギで味がしなかったりと散々な記憶が迷走するなか、松屋のうな丼は違いました。 間違いなく美味いです。 ふかふかです。 とにかく美味い。 そしてあっさりしつつも濃厚。 この値段でこのお味を愉しめる、良い時代です。 松屋のうな丼は本当に美味い。 山椒もまた格別。 本当にこの値段で良いの?松屋さん。 そしてうなぎのたれご飯も格別。 これダブルにしないで たれご飯を味わっても充分なお味です。 松屋のうな丼は美味い。 【まとめ】 松屋のうな丼。 びっくりしました。 とにかく上品で美味い。 悔やまれるのはご飯を大盛にしなかったこと。 たれが格別なので是非ご飯は大盛にしてください。 小食の私でも大盛いけます。 この松屋のうな丼は。 松屋のうな丼は期間限定です。 わたしはあと5回は行きます。 兎に角美味しいです、松屋のうな丼は。 松屋新宿西口店。 うな丼が美味いです。 今回取材したお店は松屋新宿西口店。 うな丼最高。 お店 松屋 新宿西口店 住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-13-3 西新ビル1F 電話番号 03-5322-7235 営業時間 24時間営業.

次の

【2019夏】松屋のうな丼は美味いの?→高級うなぎ屋と変わらない美味さ。噂の松屋うなぎ丼を食べてきた|韓国語からカカオフレンズ

松屋 うなぎ

7月9日から、初めて「うな丼」(山椒、お新香、みそ汁付き=税込830円)の発売に踏み切ったのだ。 京橋で「伝説のうなぎ屋」と呼ばれた「小満津(こまつ)」(現在は東高円寺に移転)が監修しているというから、気合が入っている様子がうかがえる。 「吉野家」「松屋」「すき家」「なか卯」を日ごろ頻用しており、かつ、これらチェーンの「うなぎメニュー」は重点的にマークしてきた筆者は、松屋のその動きを見逃せるはずもなく、よく分からない使命感にかられ、発売スタート日の7月9日、さっそく都内の松屋某店で「うな丼」を注文。 その後、昨日(同14日)も別の松屋で食べた。 画像に写っていないがみそ汁もついている。 とろろ、温玉、生野菜、大根おろしは別注文。 本来はこのほか冷奴、キムチ、納豆も頼むのだが今回は小銭が足りず断念 まあ、そんなことはどうでもいい。 肝心の松屋の「うな丼」だが、さすが「小満津」が監修していることもあってか、肉厚の身がなんともジューシーで、適度な弾力とふわっとした柔らかさを兼ね備え、特製のコクのあるタレがしみ込んでおり、ごはんがどんどん進むおいしさだった。 別注文した温玉を投入し、「うな玉丼」にして食べれたこともあり、大満足。 ただ、もし松屋を選択した場合は当日、奮発して、2枚乗っている「うな丼ダブル」(税込1390円)を注文するであろうことは、言うまでもない。 【文化社会部・Hデスク】• photo• 芸能 コナンも延期…劇場での映画鑑賞が「貴重な体験」に []• シネマ [6月14日 8:00]• ドラマ [6月14日 5:00]• 音楽 [6月14日 5:00]• 芸能 [6月14日 5:00]• 芸能 [6月14日 5:00]• 芸能 [6月14日 5:00]• 芸能 [6月13日 23:34]• 芸能 [6月13日 22:35]• AKB48 [6月13日 22:21]• AKB48 [6月13日 22:06]• AKB48 NGT藤崎未夢、アウトドア情報メディアで連載開始 []• AKB48 [6月13日 22:21]• AKB48 [6月13日 22:06]• AKB48 [6月13日 10:18]• AKB48 [6月11日 22:30]• AKB48 [6月11日 21:06]• AKB48 [6月8日 20:27]• AKB48 [6月8日 16:20]• AKB48 [6月8日 10:00]• AKB48 [6月5日 15:27]• AKB48 [6月5日 15:00]• ジャニーズ 木村拓哉BG、いよいよ初回「心から良かった」 []• ドラマ [6月14日 5:00]• 芸能 [6月11日 21:03]• ジャニーズ [6月10日 6:00]• 芸能 [6月9日 20:30]• ジャニーズ [6月9日 5:00]• 結婚・熱愛 [6月7日 6:19]• ジャニーズ [6月6日 17:03]• 結婚・熱愛 [6月6日 7:07]• 結婚・熱愛 [6月6日 4:00]• 芸能 [6月6日 0:57]• ハリウッド ブラッド・ピット人種差別抗議デモ参加 バイク乗り []• ハリウッド [6月12日 9:42]• ハリウッド [6月11日 9:24]• ハリウッド [6月11日 6:15]• コラム [6月9日 14:35]• ハリウッド [6月9日 9:30]• ハリウッド [6月9日 9:30]• ハリウッド [6月8日 14:42]• ハリウッド [6月7日 12:56]• ハリウッド [6月7日 12:56]• ハリウッド [6月7日 12:55]• 映画 コナンも延期…劇場での映画鑑賞が「貴重な体験」に []• シネマ [6月14日 8:00]• コラム [6月13日 13:00]• シネマ [6月12日 4:01]• シネマ [6月12日 0:38]• シネマ [6月11日 11:28]• シネマ [6月9日 17:45]• シネマ [6月9日 5:00]• 坂道 [6月8日 20:07]• シネマ [6月8日 18:41]• コラム [6月6日 13:01]• ドラマ 木村拓哉BG、いよいよ初回「心から良かった」 []• ドラマ [6月14日 5:00]• ドラマ [6月13日 12:01]• 芸能 [6月13日 8:00]• ドラマ [6月13日 5:27]• ドラマ [6月13日 5:02]• ドラマ [6月13日 5:01]• ドラマ [6月12日 17:45]• ドラマ [6月12日 10:10]• ドラマ [6月12日 5:00]• ドラマ [6月11日 16:42]•

次の

【2019夏】松屋のうな丼は美味いの?→高級うなぎ屋と変わらない美味さ。噂の松屋うなぎ丼を食べてきた|韓国語からカカオフレンズ

松屋 うなぎ

7月27日の「土用の丑の日」が近づいており、何かと うなぎ が話題になる。 最近だとチェーンのことも話題になったばかり。 味わってみたところ、伝説のうなぎ屋が監修したこともあってか群を抜いた一品だった。 そして伝説のうなぎ屋というのが東高円寺にお店を構える 「小満津(こまつ)」だ。 チェーン店のリーズナブルな価格で一線を画すうな丼の提供を実現したその手腕……是が非でも味わいたい! ・東高円寺から徒歩数分の歴史あるお店 ということでホームページを調べたところ、なんと同店は 完全予約制で電話の時点でメニューを決める必要があった。 ドキドキしながら電話をかけた私は日にちを調整してもらい、当日食べるメニューはうな重(税込4644円)でお願いした。 そして予約から数日後、いよいよお店へ到着。 東京メトロ東高円寺駅から徒歩3分くらい。 青梅街道沿いにあるお店は決して目立たずこじんまりとした外観だが、どこか歴史ある雰囲気が漂っていた。 事前にホームページから仕入れた情報によると、以前お店は京橋にあって多くの食通や文化人が魅了されたのだそうだ。 昭和期に一世を風靡(ふうび)した小満津。 その後、店主の高齢と後継者がいないこと、上質のうなぎが手に入らなくなったことで1964年に惜しまれつつも閉店した。 しかし、再び暖簾(のれん)を掲げたのがお孫さんの現店主。 1979年12月に京橋から東高円寺に場所を移してお店を開けた。 ・伝説のうなぎ屋のうな重、いただきます! さて、お店の歴史を簡単に説明したところで実食といこう。 予約していた時間よりも早く着いてしまったが、快く席に通してもらった。 店内にはテーブル席が4つほど。 高級なうな丼を食べるだけでもワクワクドキドキが止まらないのに、4人席に1人だけ座るという特等席のような感覚がさらに緊張を加速させる。 待っていると、うなぎの焼きあがるイイ匂いが漂ってきた。 1番いい状態で提供したいとの思いから電話でメニューを聞いているとのことだが、この匂いなら何時間待ってもいいくらいだ。 ここからは後ほど店主の前田治雄さん、女将の前田恭子さんにお話を聞くことができたので、そちらを交えてレポートしていこう。 まず味の方だが、当然ながら美味しい。 そして美味しいから美味しいとしか言いようがないのだが、何かに例えるなら雲だろうか。 口に入れたらフワッとした食感が舌を包んでくれる。 もし舌の上に乗せ続けたら、そのまま溶けてしまいそうな感じさえする。 というのも…… うなぎが上質なことはもちろん、すべて手作業で繊細に仕上げられているのが舌から伝わってくるのだ。 生臭さや余分な脂は一切なく、無駄を削ぎ落とした一品。 焼き方はもちろん、蒸し方、さばき方……すべてが頂点に達するように持っていかれているように感じた。 さらに気配りはご飯まで。 聞けば提供する時間に合わせて炊いており、電話越しの声で年齢を推測してお米の硬さも調節しているとのことだ。 基本は柔らかめで若い年齢なら硬めといったように、 目指すは三位一体のうなぎ料理。 とても美味しかったこと、松屋のうな丼を食べて来店した旨を伝えると、制作秘話というか監修に至るまで、それに加えて松屋のうな丼がどう提供されているのか話を聞くことができた。 それがいつしか「やるからには業界で1番を」という気持ちで合致。 松屋では中国産のうなぎを使用しているそうだが、その中でも素材にこだわっている。 それから店主、女将、4代目の息子さんが 何度も中国へ視察に行き「これならば!」と納得したことで商品化されたのだという。 当然、現地でもさばき方にこだわり、 包丁の入れ方1つ1つが厳しくチェックされるシステムを確立。 松屋の担当者もうなぎに詳しく、機械や人材など、てっぺんをとるために力を注いだそうだ。 ちなみに同店のタレが松屋のうな丼のベースにもなっているのだとか。 思い返せば松屋のうな丼は「骨」をほとんど感じなかったし、美味しさも想像をはるかに上回ってきた。 お互いにプロフェッショナルな仕事をした結果、クオリティーの高いうな丼が実現したのだろう。 チェーンだからそこそこで……なんて気持ちはゼロだったようだ。 お店を訪れた私が感じたのは、店主と女将のプロ意識の高さ。 継続は力なりという言葉があるように、続けていくことの重要性は時代が移り変わろうとも変わらない。 それができるからこそ時代を越えて愛される。 お店の先代店主は天然物しか扱わず、良いうなぎが入らない日は店を開けないような職人肌の人だったらしいが、現店主と女将も最高の状態で料理を提供するという信念が通じるところがあるように感じた。 うな重の美味しさといい、伝説のうなぎ屋の系譜に感服せずにはいられなかった。 最後になるが、同店は冒頭でもお伝えしたように完全予約制。 こだわった素材しか使わないので、どうしても数が限られてしまうのだ。 もし予約する場合、来客中の手が離せない時間を避けて営業時間外に電話するようにしよう。 夏バテ防止に近いうちでもよし、9月から天然の仕入れが始まるらしいので秋に至高のうなぎを食べるもよしだ。

次の