簡単 プリーツ マスク 作り方。 着け心地バツグン!ワイヤー入りプリーツマスクの作り方

簡単!手縫いで出来る、プリーツマスクの作り方【写真つき】

簡単 プリーツ マスク 作り方

手作りマスクプリーツ手縫いの作り方 手作りマスクは手縫いで作れるんでしょうか。 ツイッターを見てみると、自分で作っている人がかなりいます。 ついにマスクがなくなったので手作りしました。 コツコツ切っておいといた使い捨てマスクのゴムをつなげて再利用。 ゴムやガーゼ生地が品切れなのはそれだけ皆もマスク手に入らんくて自分で作ってんやなぁと。 簡単な作り方を調査してみました。 簡単プリーツマスクの作り方 とっても素敵で簡単な作り方を紹介している動画がありましたので、こちらをご紹介します。 作り方• 柄を中にして、2枚を真ん中で合わせて重ねる この時左右にてぬぐいが出るように置きます• 上下を1cmのところで縫いあわせる• 表にひっくり返して、しっかり伸ばす• 3段ほど折ってプリーツをつける• プリーツを崩さないようにクリップでとめて、左右を端から1cmのところを縫う• 6で縫ったところを2回折り返す• ここは紐を通すところなので、紐がとおるようにして端を縫う• 紐を通してくくれば完成 手縫いでも十分使えるものが作れます。 クリップを使えば、マチ針もいらないので楽ですね。 裁縫に慣れた人ならすぐにつくれそうです。 アイロンがなくても大丈夫なのも嬉しいですね。 手作りマスクでプリーツの作り方まとめ マスクが手に入らなくても、自分で作れればマスクの心配をしなくていいので嬉しいですよね。 可愛い手ぬぐいやダブルガーゼの布がネットでも色々売ってますので、好きな柄で作れるのも楽しいです。 外出できずに時間がある今、お家でマスクを作ってみてはいかがですか? 作るまでにマスクが亡くなってしまう場合は、ネットでもある程度価格下がってきたので使い捨てマスクを買ってストックしておきましょう。 楽天のマスク在庫ありをまとめました。 マスク情報!楽天で買える在庫ありマスク 使い捨てマスクがなくて困っていませんか? 薬局やドラッグストアで購入できなくてもネットなら在庫があります。 ただもし、売り切れになっていた場合は申し訳ありません。 現在はだいたい10営業日~のものが多いです。 また、とにかくすぐほしい方は、あす楽対応のものがあります。 ただ、即納は割と値段が高いので、その点はしっかりと考えた方が良いです。

次の

ガーゼのプリーツマスクの作り方!大人用も子供用も20分で完成|暮らしの情報局

簡単 プリーツ マスク 作り方

表地の柄に表裏ある場合、ここでは裏が上! 表地と裏地をそれぞれの中心で(【1】と【2】で裁断した向きのままで)重ねる。 【4】 上下から1cmの部分を縫う。 【5】 内側に手を入れ、マスクの内側を表に返し一度アイロンをかけて整える。 【6】 上から7mm、下から3mmの部分を縫い、上部のすき間(写真)にノーズワイヤーを入れ、中央に合わせる。 【7】 縦にステッチを入れ、ワイヤーを固定する。 【8】 型紙の上下1cm(点線部分)を折る。 【9】 裏地部分に型紙を重ね合わせ、プリーツを入れるところにチャコペンで印をつける。 【10】 上から谷折り、山折りする。 これを3回繰り返す。 アイロンは都度かけて折り目をつける。 【11】 クリップ(もしくはまち針)でおさえる。 【12】 左右から7mmの部分を縫ってプリーツを固定する。 【13】 左右1. 5cmの部分を折り、アイロンをかけ折り目をつける。 【14】 左右をさらに1. 5cm折り込み、アイロンをかけ折り目をつける。 【15】 【14】でアイロンをかけた部分をクリップ(もしくはまち針)でおさえる。 【16】 折り込んだ内側から3mmの部分を縫う。

次の

簡単・布マスクの作り方!平面も立体もプリーツも!手作りのコツ・ガーゼ生地の扱い方を徹底解説!

簡単 プリーツ マスク 作り方

この記事の目次• 手作りマスクのいいところ ワイヤー入りなので鼻のラインにフィットし、プリーツがあるので顎まですっぽり覆うことができます。 綿のハリのある生地で作れば、不織布マスクを着けているかのように見えます!わたしは不織布マスクが肌に合わず、毛羽立ちが肌に触れるとかゆくなってしまうのですが、布マスクならかゆくなることがないので、とっても快適です。 また、真冬など外気温が低い時、不織布マスクはマスク内で自分の呼吸が結露して気持ちが悪いのですが、布マスクなら結露することはありません。 マスクを買いにあちこちのお店を探し歩くこともなくなれば、外出する用事がひとつ減ります。 マスクを探し回っている間に何枚作れるでしょうか。 また、繰り返し洗って使えますし、これが結構丈夫で、繰り返しのお洗濯に耐えてくれます! 手作りで立体マスクを作ったこともあるのですが、比較をすると布のロスが多いんです。 プリーツマスクは長方形の裁断で作業が楽なうえ、布のロスがほとんどなく作れるのもいいところ。 ワイヤーですが、使い捨てマスクのワイヤーのみ再利用ができます。 使い捨てマスクを使い終えたら、ワイヤーだけストックしておくと役に立ちます。 わが家では小学6年の長男が、5年の家庭科の授業でミシンを習い、興味が高まっているタイミングだったので、直線縫いをやってもらったりしました。 学校をお休みしているお子様と作ってみるのもいいですね! ワイヤー入りプリーツマスクの作り方 上の画像のような、不織布でできたワイヤー入りプリーツマスクを参考にしました。 肌に触れる方の布をWガーゼ素材にすると、より快適になります。 裁 断 上記のとおり布を裁断します。 今回はわかりやすいように、表地と裏地は別の布で作りましたが、同じ布でも問題ありません!表地はガーゼでなくても、薄手の綿の生地であれば何でもいいです。 せっかくなので、好きなデザインで作るのも楽しいですね。 方向性のある生地(チェックなど)は裁断や縫製がしやすいので、おすすめです。 縫 製 今回は肌に触れる裏地はガーゼ素材で、表地は薄手のブロード素材で作りました。 上の画像は、大人用(小)のサイズで裁断したもの。 裁断した表地と裏地を中表にして、上下縫い代1cmで縫います。 ひっくり返して、アイロンをしっかりかけます。 ワイヤーを入れる部分を、上から8mmほどのところで縫います。 ワイヤーを通すところができたら、ワイヤーを入れます。 ちょうど真ん中にくるようにいれておきましょう。 自分で切って使うワイヤーの場合、切り口が鋭利になっているので、角を落としておくと安全です! 上記のように、上から3、1. 5、4. 5、1. 5、4. 5cmで印をつけます。 印をしたところを、山折り・谷折り・山折り・谷折りの順番で、アイロンをしっかりとかけます。 ひだをこわさないように、両側を1. 5cmずつで三つ折りし、アイロンをかけてから縫います。 重なり部分をミシンで縫う際、生地によってはミシンで縫える厚みの限界があるので、注意が必要です。 両側にマスクゴムを通して、結び目を中に入れたら完成!お疲れさまでした!いかがでしたか?直線縫いのみで、とっても簡単です! マスクを着用してみて、ゴムの微調整をしてください。 わたしは普段、職場で(接客業)着用しています。 遠目には不織布マスクと見た目には変わりありません! わたしは不織布マスクだと毛羽立ちが肌に当たり、かゆくなります。 布マスクだとかゆくなることなく、快適に一日中着けていられます。 立体型も作ってみましたが、着け心地などはいいのですが、直線の裁断ではないため、布のロスが多いです。 ワイヤー部分はかたいため、強くこすったりせずに優しくもみ洗いします。 脱水後、天日に干して除菌をしましょう。 わたしはメイクの上からマスクをするため、ファンデーションが付いてしまいます。 ウタマロ石けんで洗うとファンデーション汚れが、何事もなかったかのようにきれいに落ちます。 しっかりとすすいで、石けん成分が残らないように気を付けましょう。 手洗いが面倒!という方は、洗濯ネットに入れて他の洗濯物と洗ってしまうのもアリです。 手洗いを推奨しますが、わたしもネットに入れて洗濯してしまうことが多いです。 できればアイロンを 乾いたら、アイロンをかけるとシワがのびてきれいに仕上がります。 また、熱により除菌効果が高まります。 ワイヤー部分は熱に弱い素材のため、アイロンが当たらないように気を付けましょう。 わたしは手作りマスクを使用し始めて約1ヵ月が経過します。 2枚を毎日洗濯して使用していますが、かなり丈夫で、全くヘタることなく使えていますよ! ワイヤー入りプリーツマスクの材料について 使い捨てマスクが手に入らないことをきっかけに、手作りマスクをする人が急に増えたため、材料がかなり品薄状態です。 マスクゴムやワイヤーも出回ってはいますが、すぐに売れてしまうようです。 購入する際、妥当な価格で取引されているかを確認して、購入することをおすすめします。 リサイクル素材を利用しても! 主人のワイシャツの襟元や袖口がヘタってくると、その役目を終えます。 気に入っている生地のワイシャツなどは処分するときに「もったいないなぁ…」といつも思うのですが、ワイシャツがマスク作りにリサイクルできます!ワイシャツの背中部分は広い平面で加工しやすいので、とてもおすすめです。 また、使っていないハンカチやシーツやマルチカバーなども再利用ができるのでおすすめです。 手作りマスクの効果 使い捨てマスクに比べ、目が粗いため飛沫感染の効果は決して高くはないようです。 ですが、マスクを着けていないよりはしていた方がいいですし、自分が咳をするときの飛沫防止になります。 予防効果を上げたい場合、除菌フィルターが手に入れば中に挟むといいですね。 効果はさておきになりますが、わたしは不織布マスクが肌に合わないので、手作りマスクの着け心地は最高です。 マスクを作るにあたり考えたこと 新型コロナウィルスの影響でマスクを購入することが非常に困難な状況が続いています。 医療機関などでもマスクが不足している中で、必要なところに必要なマスクが行きわたることを願うばかりです。 そんな中、自分ができることはなんだろうと思い、自分のマスクは自分で作ろうと思いました。 とりあえず家族の分も手作りしました。 洗って何度も繰り返し使えれば、エコにもつながります。 もし、マスクが手に入らずにお困りであれば、手作りマスクにぜひ挑戦してみてください。 手洗い・うがい・マスク着用で予防することが重要ですね。 現に感染し、苦しんでいる方も世界中に大勢いる状況ですが、早い回復を祈るばかりです。 なんとか終息に向かいますように。

次の