原田陽平 結婚。 原田陽平さんの過去の積み重ね: あやこ日記

原田淳史は宇賀なつみの旦那でイケメンで元モデル?小栗旬との関係は?

原田陽平 結婚

「原田陽平」という人物をご存知でしょうか。 ネットビジネス関連のことに詳しい方なら、一度は聞いたことがある名前なのではないでしょうか。 本記事では、原田陽のプロフィールをはじめ、その人生の転機や成功の秘訣、原田陽の情報を得るためにはどうすればいいかなど、詳しくご紹介します。 ぜひ参考にしてみてくださいね。 彼の公式サイトやブログなどでは、この「デュアルライフアフィリエイター」という言葉が多く用いられています。 初めて聞く言葉と感じる方も多いでしょう。 を調べてみました。 それによるとデュアルライフとは「都市とが双方向で行き交うライフスタイル」というように説明されています。 (引用: ) この意味合いに「アフィリエイター」という職業を組み合わせることで、さまざまな土地を行きしながらアフィリエイターとして活躍するという原田陽の人物像が浮かび上がってきますね。 何やら、生き生きとした楽しそうな生活がイメージされます。 では、実際には彼はどのような生活を送っているのでしょうか。 の中でもかなり田舎の地域で生まれ育ち、順調に高校まで進学するもののすぐに退学してしまったため最終学歴は「中卒」です。 その後、地元で始めた美容師の仕事を上京後も続けますが、や低い待遇、さらには美容師同士の人間関係トラブルに悩まされ、描いていた上京後の暮らしとはまったく程遠い生活を続けることになります。 さらには、ギャンブルにのめりこんでしまい、20歳にして300万円という借金を背負います。 当時の美容師の月給15万円という薄給では、利子を払い続けるのがやっとという状況でした。 ・携帯との出会い 生活に苦しんでいた当時ですが、原田陽はあるインターネットビジネスを紹介するテレビ番組で、同じくらいの年齢の男性が「携帯」というビジネスで月収4000万円を稼ぎ出しているということを知ります。 これが、原田陽の現在のアフィリエイターのビジネスにつながっている出来事でした。 当時はインターネットがやっと一般的に普及し始め、携帯電話でもインターネットに接続してさまざまなサイトから情報が得られるようになったころでした。 そんな「」という言葉すら一般的ではない時代に半信半疑ではあったものの、この「携帯」が原田陽にとってチャンスになるかもしれないという思いを抱きます。 そこから引き込まれるように興味を持つようになり、2004年春、ついに一念発起し携帯を始めることになります。 ・初めての収益が大きな自信に 当時は自分のパソコンもなかったため、に通い情報を収集し、サイト作成をくり返す日々でした。 もちろんはすぐに収益が生まれるものではありませんから、日中は美容師の仕事をし、仕事後にのための活動をするという日々が続きました。 今のようにが一般的ではありませんから、すべて独学で行う必要がありました。 試行錯誤やたくさんの失敗を経て、約2か月後には100アクセスまで記録を伸ばし、初めての1200円の収益を得るまでに至ります。 このことが原田陽に大きな自信を生み出します。 順調というわけではないものの、さらににのめり込み努力の日々を重ね、初めてから1年後の2005年春、ついに3万円の収益を得るまでにサイトを成長させます。 そのころには外部からサイトへの広告掲載依頼なども来るようになっていました。 そこからは、どんどんアクセス数と収益が伸び、2005年夏には売上10万円、そしてさらに数か月後には月収100万円を達成することになります。 この夏に美容師の仕事を辞めた原田陽は、翌2006年には自身の会社を設立することになります。 その後も苦節はあったものの、3年後の2009年には会社が月商2000万円という記録を打ち出しました。 現在に至るまでは自身や会社のの他に、アフィリエイターのためのナーやコンサル、そのほかのインターネットビジネスに携わり、業界に大きな貢献を果たしています。 その少し前に結婚し子どもを設けていましたが、そのころから「お金を稼ぐ」ということにフォーカスした自分自身の人生に疑問を感じ始めます。 そして、の経験はそれを強調するかのように大きな打撃になりました。 「お金を稼ぐ」ということや「お金を増やす」ということが人生の目的ではなく、そのお金を通して、家族に豊かな生活をもたらしたり、今までお世話になった人に感謝をすることが人生の喜びの本質であることに思い至ります。 現在、デュアルライフアフィリエイターとして日本だけではないさまざまな拠点で生活をすることには、ビジネス的な側面だけではなく、家族や自身の子どもがこれからの時代を生きていく上で、狭い日本に留まらない広い世界を経験させたいという思いもあるとブログで語っています。 その経験もあってか、原田陽はブログなどで「生き方」についても多く発信しています。 お金を得ることがゴールではなく、そのお金を通してどういった生き方を体現していきたいのかにフォーカスさせるその発信は、多くの人からの共感を得ています。 サイトが軌道に乗ることで、何もしなくても毎月の収益が生まれるというは、誰でも挑戦したくなるような憧れのビジネスです。 しかし、その軌道に乗るまでが長く、あきらめたくなるのもの一つの側面です。 原田陽本人ですら、最初の1200円を得るまでに数か月、そして3万円の収益を得るまでに1年を要しています。 原田陽が、底辺の生活から現在のような成功をおさめることができたのは、単にラッキーだったり、もともとの才能があったからということではありません。 人生を変えたいという思いにフォーカスし、現れるたくさんの壁や困難に屈さずにを続けたことが彼の成功の一番の理由でした。 何かに挑戦しようとすると、必ず大きな壁が立ちはだかると、原田陽は話します。 そして、その壁を克服するためには、とにかく行動することを続けることだとアドをくれています。 これはにのみ言えることではないでしょう。 現状を変えたいという強い思いと、そのために何があっても行動を続けるという姿勢は誰のどんな挑戦にでも欠かせない姿勢と言えるのではないでしょうか。 ぜひ原田陽についてもっと知りたいという方はこれらのサイトからアクセスしてみてください。 」2013年・ぱる出版 引用: ・「わずか90日でできるようになる!! いかがでしたでしょうか。 彼のビジネスの内容はもちろんですが、彼自身のブログやを通して発信されるような、生き方や考え方は多くの人に影響を与えていることが分かりました。 彼のような、クリエイティブで生き生きとした生き方により憧れを強くした方も多いのではないでしょうか。 これからもますます原田陽の活動から目が離せません。 popopopo5656.

次の

デュアルライフアフィリエイター原田陽平!をあやこが徹底紹介♡前編: あやこ日記

原田陽平 結婚

座談会メンバー 塩田 亜多夢くん/慶応義塾大学3年生。 強い結婚願望も子育て願望もあり。 男性 伊藤 光輝くん/法政大学3年生。 結婚も子育ても「ぜひしたい」。 男性 富山 連太郎くん/上智大学1年生。 将来は結婚も子育てもしたい。 男性 田中 雪菜さん/明治大学2年生。 結婚はしたいが子なしでいたい派。 女性 羽山 未来さん/専修大学4年生。 結婚願望も子育て願望もゼロ。 女性 結婚したい男子、苦労は避けたい女子 【原田】僕の若い頃と違って、最近は結婚しない人や子どもを持たない人、あるいは、経済的にそれが厳しいと感じる人が増えてきたね。 「結婚して子を持ってこそ一人前」といった社会的プレッシャーも低くなってきている。 結婚や子どもに関してはかなり自由度が高い社会になったと思うんだけど、皆は将来どうしたいのかな? 【塩田くん】僕は結婚したいし、子どももできればほしいですね。 大学もそのために入りました。 結婚後のことを考えたら安定した収入が必要で、そのためには大学を出て就職しなきゃと思ったんです。 「結婚したらすぐ子どもが欲しい」と話す伊藤くん 【伊藤くん】僕も結婚したいですね。 それで、結婚したらすぐに子どもがほしい。 2人の時間は交際中に楽しんでおいて、結婚後は思いきり子育てを楽しみたいです。 【富山くん】同じです。 両親が仲よくて楽しそうなので、結婚には憧れがありますね。 子どももいたらいいなと思います。 【田中さん】結婚は小さい頃からずっとしたいと思っています。 でも、子どものことは前向きに考えられません。 子育てにかかる労力やコストを考えると、2人だけのほうがゆとりを持って過ごせそう。 だから、子どもがほしい男性とは結婚しないつもりですし、もし結婚後にほしいと言われたら相手の意見も尊重しますが、私は欲しくないと伝えるつもりです。 【羽山さん】私は結婚も子育てもしたくないです。 引っ越しが多かったので同じ人とずっと一緒にいることに慣れていないし、きちんと子育てできる自信もありません。 1人で生きていくことになるけど、自分のことだけ責任を負えばいいので気楽かなと思います。 【原田】どちらかというと男子のほうが結婚に理想を持っていてけれど、女子のほうが現実的に結婚はハードなモノだ、と考えるようになってきているのかな。 君たち世代の女子は、女性も一生働くことになると分かっているので、そうやすやすとは結婚を選択できなくなってきているのかもしれないね。

次の

原田陽平氏の生き方・アフィリエイトビジネスで優雅なデュアルライフを!③|令和最新版☆ネットビジネス術

原田陽平 結婚

お笑いタレントの千原ジュニア(45)が7日にAbemaTVで放送された「Abema的ニュースショー」(正午~午後2時)に出演し、毎年4月に総理大臣の主催で開催される「桜を見る会」に誘われたものの、断ったことを明かした。 番組では、イチロー氏が国民栄誉賞を政府から打診されるも3度目の辞退をしたことを取り上げた。 マーケティングアナリストの原田陽平氏が「イチローさんの世代は、千原ジュニアさんもですけど、団塊ジュニア世代と言われている。 ホリエモンさんとか。 ちょっと反発的なんです。 ちょっと生意気な人が多いんです。 人口も多くて競争が激しくて。 ちょっと斜に構えた人が多い」と指摘した。 ジュニアは「確かに」と応じ、「まったく違いますけど、桜を見る会みたいなんに今年も声かけてもうたんですけど、知らんおっさんと見たないわっつって。 断ったんですけど。 世代なんですかね」と述べた。 「今年も」と言ったことから複数回、断っているとみられる。 ジュニアはまた、「せいじやったらひょいひょい行くもんな」と兄のせいじなら行くだろうと述べて笑いを誘った。 「桜を見る会」は今年は13日に新宿御苑(東京都新宿区)で開催される。

次の