足の親指の付け根 痛い。 足の親指、爪の付け根が痛い!原因は痛風でも巻き爪でもない?

足の親指の付け根が痛い原因は何?

足の親指の付け根 痛い

サイト改善に向けた5分程度のアンケート実施中。 回答はから。 患者プロフィール1人暮らしの32歳の男性。 食べるのが好きで、食事はほとんど外食。 休日は有名レストランを巡ってレビュー記事を書き、ブログにアップするのが楽しみ。 お酒も好きで、レストランでは食事に合わせてワインを、平日の会社帰りには同僚とビールを飲むことが多い。 受診までの経緯明け方に突然、左足の親指がひどく痛んで目が覚めた。 原因が分からないのでしばらく様子をみてみようと思うが、痛みはだんだんと強くなっていき、治まる気配がない。 一瞬、同僚たちの「今に痛風になるぞ」という言葉が脳裏をよぎる。 しかし実は、同じところがひどく痛むようなことは半年前にもあった。 その時は忙しくて病院に行けなかったが、3日くらいで痛みがなくなったので、すっかり忘れていた。 ネットで「痛風」と検索しているうちに、どんどん不安になってきた。 会社に連絡を入れ、朝一番に近くの整形外科クリニックを受診した。 診察・検査足を見せると、ほかに痛いところはないかと聞かれた。 特になかったので、「ありません」と答えると、医師は足の親指の関節を触って、腫れや痛みの具合を診察した。 自分では気付かなかったが、「関節が少し腫れていて、熱っぽいですね」と言われた。 続けて、血液検査、エックス線(レントゲン)検査を行った。 レントゲンでは、関節の骨に異常はなかったと言われた。 だが、血液検査でCRP、白血球数という炎症を示す値が高くなっており、尿酸値も8. 尿酸値が高いので、やはりこの痛みの原因は痛風の可能性が高いという。 「以前にも関節がひどく痛むようなことがありましたか?」と聞かれ、半年前に同じ部位が痛んだことを話した。 医師によると半年前の痛みもおそらく痛風発作だそうで、痛風は、発作が起きては自然に治まるのを繰り返す病気なのだと言われた。 しかも発作を繰り返すと、痛風結節と呼ばれる「こぶ」のようなものができることもあるし、だんだん骨や関節が破壊されて変形し、最終的には痛みが続くようになるとも言われ、受診してよかったと思った。 この日は痛み止めの処方をされ、帰宅した。 診断・治療方針数日で痛みは少し残るものの、気にならない程度になった。 1週間後の受診では、痛風発作を起こさないためには尿酸値の値を低く維持することが大事だと説明を受け、尿酸値を下げる薬を内服することになった。 治療としては、「尿酸が作られにくくする薬」か「尿酸の排せつを促す薬」を使うと説明を受けた。 「尿酸クリアランス」という検査を受けると、尿酸値が高くなっている原因や腎機能の状態が分かると言われたので、後日検査を受けることにした。 検査当日は朝食をとらずに病院へ行き、まず水を飲んですぐに排尿した。 その後は1時間分の排尿を我慢して1時間後に排尿、全量を提出した。 また、最初の排尿後30分で採血検査も行われた。 おおむね2時間程度で検査はすべて終了。 1週間後、検査結果を聞くために受診をすることになった。 再度病院へ行くと、自分の痛風のタイプは尿酸が過剰に産生されてしまう「産生過剰型」だということが分かった。 そこで、尿酸が作られにくくする薬を飲むことになった。 医師からは「自分の痛風タイプに合った薬を飲んで尿酸の値を6. 一緒に治療を頑張っていきましょう」と言われた。 また、薬をきちんと飲むことはもちろんだが、やはり一番は運動量を増やし、食事量を減らすことだという。 平日の食べ歩きや同僚との飲み会はしばらく控えて、夜は定食屋で野菜中心の和食を食べることにした。 そのかわりと言っては何だが、ストレスをためすぎないためにも、土日だけは好きなものを食べ、酒を飲んでもよいことにした。 治療の経過1カ月後、外来で血液検査を受けた。 尿酸値は7. 医師からは「ゆっくり生活習慣を変えていきましょう」と言われた。 ひとまず、ウォーキングのかわりに一駅前で降りて、家まで30分ほどかけて歩くことにした。 加えて、自分でも痛風のガイドブックなどを読んで、プリン体(尿酸の原料)を多く含む食材はなるべく避けるようにした。 新しい生活にも慣れて、食事・運動ともにコツがつかめてきたこともあり、今は3カ月に1度、外来で経過をみてもらっている。 サイト改善に向けた5分程度のアンケート実施中。 回答はから。

次の

第4回 足指の付け根にしびれや痛み~それって「モートン神経腫」かも~|足の悩み、一挙解決|時事メディカル

足の親指の付け根 痛い

スポンサーリンク 特にパンプスを履いていると親指の付け根が靴に当たる。 これがいわゆる「外反母趾」にあたります。 女性には多い症状ですよね。 外反母趾とは足の親指が変形して「くの字」に なっていく状態のことを指します。 変形具合によって、予備軍、軽度、中度、重度と程度があります。 予備軍と呼ばれる方の場合、 足の人差し指の付け根辺りが痛む場合が多いです。 合わない靴によって足の形が変わってきたり、 足底の筋肉低下などにより足のアーチが崩れて起こります。 親指は当たっているように感じなくても、 この部分に痛みが出ている場合は要注意です。 軽度の場合は、 足の指関節を曲げると痛い・・・ 付け根に痛みや違和感がある・・・ などの症状が出やすくなります。 この頃になると親指が内側に曲がりはじめ、 親指の付け根の骨がでてきます。 その部分が靴にあたり、痛みが出るというわけです! 重度になると、親指がかなり湾曲します。 親指の付け根の骨はかなり外に出るので、 靴を履いていなくても痛いという状況になります。 さらにひどくなると、親指が人差し指に重なり、 人差し指の上や下になってしまうような場合も出てきます! 親指が人差し指に重なってしまうと、 靴を履くことすらできなくなり、 歩行が困難になることも。 毎日のことですので、歩けなくなるのは怖いですね。 足の親指の付け根が痛い原因とは? では、どうして外反母趾ができてしまうのでしょうか。 一番大きな原因は合わない靴を履いているということです。 小さすぎる靴は足をキュッとちぢこませた状態のまま、 靴を履いてる間を過ごすことになるので、 当然親指が内側に曲がってきてしまいます。 だからといって大きすぎる靴もNG! 靴の中で足が泳いで滑ってしまうことがあります。 そうなると、体は無意識に足指に力が入ってしまうため、 外反母趾をひどくする可能性があります。 さらに女性のハイヒールは 外反母趾を助長させる要因の一つです。 ハイヒールはつま先に体重がかかる状態になりますので、 どうしてもつま先に加重しやすい傾向人あります。 そのうえ、つま先が狭くなっているので、 外反母趾を作り出しやすい状況になります。 また、女性は年齢を重ねることで、 運動量の低下に伴って足底の筋肉も低下しやすくなります。 これも足のアーチを崩す原因の一つです。 その他にも特定の病気によって起こることもあります。 リウマチや関節炎などでは、 関節の変形が起こりやすくなるので要注意です。 足の親指の付け根が痛い時の対処法 では、どのようにすれば、 外反母趾を改善・防止することができるのでしょうか。 まずは外反母趾になってしまう原因として最も多い、 「靴」を見直してみましょう! 毎日ハイヒールを履いていた方は ローヒールの靴と交代で履く事を心がけてください。 さらに休みの日はスニーカーで足を休めるなどして、 ハイヒールを続けて履かない工夫をするようにしましょう。 さらに、足底筋と鍛える運動とストレッチも効果的です。 運動はウォーキングが最も入りやすい方法ですね。 でも無理は禁物です! 歩きすぎると逆に足を痛めることになってしまうので、 自分に合った方法で無理のない形で足底筋を鍛えましょう! ストレッチは足指じゃんけんや足指でタオルを引き寄せる、 お風呂上りに足の指を広げるなどをやってみましょう。 これらは、毎日少しずつ続けることが大事です! 「継続は力なり!」で地道にコツコツ続けましょう。 ただし!! これらの運動やストレッチは外反母趾の程度や 病的な原因が絡んでいる場合は逆効果になる場合も!? なので外反母趾で痛みがひどいような方の場合は、 まずはお医者さんに相談しましょう。 おしゃれも大事だけれど・・・ 歩くことが困難になるほどひどくなってしまったら、 元も子もないですもんね。

次の

足の親指が痛いつま先が【女性編

足の親指の付け根 痛い

「足の親指の付け根の足裏側に体重がかかると痛い!」 と歩いたり走ったりするたびに、足裏の親指の付け根あたりの痛みで悩まれている方は、スポーツをされている方に多い障害の 『母趾種子骨障害(ぼししゅしこつしょうがい)』 について知っておかれると良いと思います。 足の親指の付け根の足裏側に 『種子骨(しゅしこつ)』 と呼ばれる花の種のような骨があります。 ここに過剰な負担がかかったことで『痛み』が出ることをいいますが、その起こり方は様々です。 「病院に行ったら種子骨障害って診断された~うわぁ~どうしよ~」 「種子骨が傷んでいるようだけど、自分はどう対処していったらいいんだろう・・」 など、不安が襲ってくると思いますが、それも多少の知識を持っておくことで冷静に対処することができるようになります。 そこで、今回はみなさんが足裏の親指の付け根あたりが痛いってなったときに 『母趾種子骨障害』 に当てはまるかどうか、もしそうだったとしたら自分はどのように対処していけばいいのかを知っていただければと思います。 母趾にある種子骨とは 今回は足の親指の付け根にある『種子骨』について考えていきます。 まずは、この『種子骨』って種のようなちっちゃい骨がなぜ足裏にわざわざついているかについて考えていきましょう! もちろん、みなさんにあるわけですから人体の構造上何かしらの必要性があってついているはずです。 この『種子骨』は足の指が大きく曲がるところについています。 このカーブのところにあるというのがポイントで、その役割とは• 筋肉の腱の摩擦軽減 そのまま床面に当たると床との摩擦で腱が傷みやすくなってしまいます。 そこで、この種子骨を挟むことで直接筋肉の腱がこすれないようにしてくれています。 足底圧の吸収・分散 足裏にかかる衝撃を吸収・分散することで負担がかかりにくくしてくれています。 力学的な支点 大きくカーブするように筋肉がありますのでそのままでは力が発揮しにくくなります。 そこで間に種子骨を挟むことで力をしっかり発揮できるようにしています。 などがあります。 これら『種子骨』は他には• 手の親指の手のひら側の付け根の部分• 膝のお皿の骨(膝蓋骨) などが同じような目的のためにあります。 「膝のお皿の骨って花の種ほど小さくないけど・・」 と思われるかもしれませんが、あそこは筋肉も『大腿四頭筋』という太い筋肉の腱部分についていますので、手や足のように小さかったら役割が果たせません。 そう考えると、分類上はやっぱり『種子骨』で納得の大きさとなるわけですね。 スポンサーリンク 母趾種子骨はどんな形なの? 『母趾種子骨』は、足の親指の付け根にあります。 みていただければおわかりのように• 脛骨側(内側)種子骨• 腓骨側(外側)種子骨 とふたつの種子骨があります。 大きさは、 『脛骨側(内側)種子骨』 の方が大きくてその役割も大きく担っております。 そのため、実際に『種子骨障害』になりやすいのも『脛骨側(内側)』になります。 種子骨障害はどうやって起こるの? 母趾の種子骨障害は、スポーツをしている方に起こる『スポーツ障害』として症状が出ることが多いです。 硬い地面に勢いよく着地したりなど衝撃で『骨折』を起こしたりするような外傷(ケガ)の場合もあります。 『骨折』を起こしている場合と『スポーツ障害』の場合では、• 骨折などのケガ まったくそれまで痛くなかったのに、衝撃がかかってから激痛がある。 幹部はすごく腫れて、歩くときに足をひきずったりまったく足がつけなかったりする• スポーツ障害 徐々に痛みが出てきてスポーツができなくなってくる。 腫れたりすることもありますが、わかりやすく腫れることはあまり多くない と、症状の出方が違います。 ケガの場合はその症状の強さでおおよそ病院に行かれることになると思われます。 そこで適切な処置を受けることになりセルフケアとはなりませんので、こちらでは 『スポーツ障害』 を中心に紹介していきたいと思います。 スポーツ障害としての種子骨障害 実際に『母趾種子骨障害』で痛くなってしまっているので、原則は『スポーツ休止』で対応することになりますが、その原因についてしっかり知って改善しておくことは再発予防などの観点からは非常に大切になってきますので順番にみていきましょう! 1.環境要因 自分のスポーツをしている環境が足に負担をかけるものなのかをまずは確認していきましょう! 例えば• 床の硬いグランドや体育館 床から受ける衝撃が大きいため負担がかかります。 もちろん、スポーツ特性上その環境を変えることができないこともあります。 しかし、スポーツ復帰の前に自主練などするときにはそのような床面の環境を考えた場所でするなどの配慮をすることは可能です。 足にあっていないシューズ シューズを履くスポーツであれば、足にあっていないものを履いていたり、クッション性が低いものを使っている場合などがあります。 インソールを自分で入れたりしてカバーする必要があります。 足のアーチなど環境 自分の足のアーチを含めた環境要因によって母趾の蹴り込みの負荷が強くなってしまっていることがあります。 などの環境について自分で改善できるところは何かチェックしてみましょう! 2.スポーツ特性 原因として1番考えられるのは『スポーツ』での反復した負担でしょう! 例えば、• ダッシュを繰り返す『サッカー』• つま先立ちで練習する『バレエ』• 裸足で踏み込みをする『剣道』 などはなかなか避けられないことです。 この場合には、復帰前には• 特に負担のかかる動作は最初はしないようにする• テーピングやインソールなどで負担を軽減できるようにする などの工夫をしておくことが必要でしょう! これらの影響を受けて、繰り返し『種子骨』に負担がかかることで• 炎症が起こる• 血流障害が起こる• 疲労骨折になる などそれぞれの障害が出てきます。 もちろん、ただ炎症を起こしているだけならまだ休む期間も比較的短くて済みますが、• 疲労骨折• 血流障害(無腐性壊死) などを起こしてしまうとその治療期間は長くなってしまいます。 スポンサーリンク 母趾種子骨障害の症状 1番の症状は『種子骨』のある部分の痛みです。 体重をかけたり、歩いたり、走ったり• 指でその部分を押したり すると痛みがあるので比較的わかりやすいです。 あとは、足の親指を反らせる動作をしてみましょう! これだけでも痛みが出たりもしますし、症状の軽い人はこの指を反らせた状態で『種子骨』を押さえてみると確認しやすくなります。 外傷(ケガ)による場合ほど明らかではありませんが、 『腫れている(ちょっと腫れぼったい)』 感じがみられたりします。 母趾種子骨障害の診断 足の親指の付け根の足裏側が痛いとなって病院を受診するとまずはレントゲン撮影が行われます。 それで、• 痛みのある所が腫れているか?• 骨折していないか• 二分種子骨でないか? などの確認ができます。 そこから、疲労骨折や血流障害が起こっているかをきっちり診断するためには 『MRI』 が有効です。 症状だけでもおおよそわかりますが、その障害の細かい内容を知るには詳しく検査する必要があることを知っておいてください。 母趾種子骨障害の治療 外傷(ケガ)で骨折などをしている場合には• 1ヵ月程度体重をかけないようにして(免荷重)• 患部を固定(ギプスや副子) の対処が行われます。 スポンサーリンク スポーツ障害でおこっている場合には、『種子骨』部分に体重がなるべくかからないように• クッションを入れる 『種子骨』部分をあけた状態でまわりに高さを作っていきます• 足底板(インソール)を入れる 足の形状によって少し合わせ方は異なりますが、原則的には内側に体重をかけにくいように入れていきます。 などで対応します。 そして、復帰時期にむけて行う方法に『テーピング』があります。 (持っている人は)横アーチパッドを足裏にあてます。 このときポイントは足のやや親指側につけることです つける前に指でそこを押すと足の親指が少し曲がることを確認してください。 次にクッションパッドを『種子骨』の下にあてます。 ない人はティッシュを丸めてつくったものでかまいません。 それをキネシオテープ(もしくはホワイトテープ)で動かないようにとめます。 パッドやクッションがない人はつけなくても大きな問題にはなりませんので安心してください。 スポンサーリンク• 足の真ん中あたりと親指を軽く1周巻き付けるテープをつけます。 (今回は足の真ん中にすでにテープが巻かれていますので省略しております) キネシオ、ホワイトどちらのテープを使っても構いません(アンカーテープ) 足の真ん中はきつく締めすぎてしまうことがありますので、1回足を床について体重を軽くかけてから巻ききりましょう• ホワイトテープで親指から ・まっすぐ ・斜め ・斜め にテープをつけます。 このとき、親指が反らないように自然な状態で巻き付けてください• 3と同じようにアンカーテープを巻きます。 完成です。 炎症がある方などは、1番下にテープタイプの湿布を貼ってからテーピングをしてもかまいません。 また、全体的なクッションや足底板(インソール)などとの組み合わせで行ってもよいでしょう。 スポンサーリンク 自分の身体の使い方を見直そう 『母趾種子骨障害』になってしまう原因として、 『スポーツなどで過剰に負担をかけている』 ことは大なり小なりあることは確かでしょう! それはスポーツ休止するしかありませんが、ここでひとつ見直しておいていただきたいのが 『歩行時の足先の向き』 です。 これが足先を外側に開く方は、• 足の内側に体重がかかりやすい• 種子骨の内側にストレスを与えやすい 状態にあるかもしれません。 自分の歩行をみてみて、足先が• 左右の開きを比べると傷めている側の方が開きが大きい などが当てはまるようなら、その足の開きぐせについて考え直す必要があるでしょう。 おわりに 『母趾種子骨障害』と病名を耳にするとなんか漢字ばっかりで大変なことになったかのように感じてしまわれます。 もちろん、スポーツ選手で練習量が圧倒的に多くてケアのしようがなく何回も繰り返す人などの特殊な場合には手術でとってしまうこともありますが、基本的には 『おとなしくスポーツを中止して休んでいれば治る』 もので、特別な治療法なども必要ありません。 のんびり待てる方なら、再発予防のための環境のことだけを考えてあとは難しいことを考えずじっとしていたら良くなりますので安心してください。 この場合の治療とは、できるだけ• 『種子骨』にかかる負担を減らして症状が治まるのを早める• 再発しないようにカバーしながら復帰を進めていく ときの処置をどうするかってところが焦点になります。 それも自分のできることを着実に進めていくことだけで、それをしたからって一気に症状がゼロになることもありませんので、そこは過剰な期待はせずに粛々と進めていってストレスのない治療をしていただければと思います。

次の