四柱推命 命式。 四柱推命の基本を分かりやすく説明!四柱推命の意味・命式の見方など

四柱推命旺

四柱推命 命式

四柱推命では、生まれた年月日時を八字に置き換えて占います。 生まれ年から年柱、生まれ月から月柱、生まれ日から日柱、生まれ時間から時柱が決定します。 このように柱が4種存在するため、四柱推命と呼ばれています。 それぞれの柱は天干・地支から成ります。 天干には甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の十干、地支には子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の十二支のいずれかが入ります。 各柱の名称や示すものは下表の通りです。 時柱 日柱 月柱 年柱 天干 時干 日干 月干 年干 地支 時支 日支 月支 年支 示すもの 子供 干が息子、支が娘 目下の人間 仕事 私生活 結婚生活 自分自身 干 配偶者 支 健康 社会生活 性格 兄弟姉妹 友人 父母 先祖 父母 干が父方、支が母方 年長者 成育環境 人生全体 年齢 60歳〜 晩年運 40〜60歳 中年運 20〜40歳 青年運 0〜20歳 初年運 日干は「日主」とも呼び、その人自身を表します。 その命式の中心となります。 各柱の天干と地支の蔵干から通変星を導き出します。 特に月支の蔵干から導き出した通変星を「月支元命」といい、その人の本質や性格を表します。 四柱推命では日干と月支が非常に重要で、実に運命の6割を決定づけるとも言われています。 年干・月干・時干から導き出された通変星のことを年上・月上・時上と呼ぶこともあります。 その他にも各柱ごとに十二運や特殊星などが導き出されます。 特殊星は基本的にその柱の年齢域に作用します。 影響は日柱にあるものが一番強く、次に時柱、月柱、年柱の順となります。

次の

四柱推命の命式の見方&読み解き方の基本を解説!|feely(フィーリー)

四柱推命 命式

各柱の説明 人を数える時の単位は1人、2人・・・と数えますが神様を数える時の単位には『柱』を使います。 1柱、2柱と数えるのです。 四柱推命の『四柱』とは『自分の中の4柱存在する神様を信じて生きなさい』という意味です。 生まれた時間、日、月、年から柱を導き出します。 各柱でそれぞれ意味が異なってきます。 時柱 時柱では主に年下との関係や子供との関係、80歳以降の運を意味します。 鑑定に来るお客さんの多くは生まれた時間をほとんど知りません。 流派によっては時柱を重視しない流派も存在します。 時柱がなくても占うことが可能です。 日柱 四柱推命の鑑定で一番最初に見る柱が日柱になります。 性格を読み解く時は月柱と年柱の干支はあまり重視しません。 日柱は自分の本質や恋愛運を表しています。 また、60歳~79歳くらいまでの運も表しています。 蔵干通変星と十二運星で判断していきます。 月柱 月柱は仕事運(仕事の面で出ている自分)と30歳~50歳くらいまでの運を表しています。 ここに出る通変星、蔵干通変星、十二運星は仕事に影響してきます。 また、表面上の自分(人から見られている自分)という意味もあります。 年柱 年上との関係、先祖から受け継いだ性格や、0~29歳くらいまで若年期の運を表しています。 年柱は主に先祖から受け継いだ才能などを表しています。 また、若年期の運勢は年柱に強く出やすいです。 若いうちに活躍するスポーツ選手などは年柱の十二運星が強い星(冠帯、建禄、帝旺など)だったりします。 1、日柱の干支 まず、一番最初に見るのが日柱の干支です。 四柱推命では人の性格を自然物に例えることができます。 この部分は本人の性格の『本質』を表します。 考え方のクセ、性格の傾向、自我の強さがわかります。 十干と十二支の組み合わせから成り立っていますがここでは十干の意味について解説していきます。 甲(きのえ):木のイメージ まっすぐ、リーダータイプ、真面目な性格、一本気な性格、我が強い、融通が利かない、一度心が折れると立ち直るのに大変 乙(きのと):草花、花のイメージ 協調性がある、味方を作るのが上手い、人を輝かせる、人に不快感を与えない、優しい性格、積極性に欠ける、自信がなく気が弱い、いい師匠や上司に恵まれると開運、環境の影響を受けやすい 丙(ひのえ):太陽のイメージ 明るい、自己主張が強い、中心人物、活発、色黒、昼型、人に嫌われたり攻撃してしまうことがある 丁(ひのと):月のイメージ 人に合わせるのが上手い、手先が器用、おしとやか、色白、夜型、行動力に欠ける、いい師匠や上司に恵まれると開運 戊(つちのえ):山のイメージ 何事もどっしり構えている、余裕がある、穏やかだが怒ると手が付けられない、人の基盤になるような仕事、行動が遅い、安定を求め変化に弱い、中年以降に成功 己(つちのと):畑のイメージ 知識が豊富、習得欲が強い、人を育てる、教師、プロデューサー、コンサルタントなど人の良さを引き立てるような仕事が適職、育て方を間違えると荒れる性格に育つ 庚(かのえ):刀のイメージ 決断力がある、行動が早い、過酷な環境で鍛えられて成長、表情が固い、頑固で自分を曲げない、刀のような発言で人を傷つけてしまうことがある 辛(かのと):宝石のイメージ 磨く努力で開運、美人が多い、苦労が多い、宝石に興味を持つ人が多い、人を惹きつける魅力 壬(みずのえ):海のイメージ どっしり構えているイメージ、器が広い、プライドが高い、飽きっぽい、環境が変わりやすい、柔軟性がある、人を惹きつける魅力、情報通 癸(みずのと):雨のイメージ チームの潤滑油的な存在、人のために尽くす、ひとつのことをコツコツ続けて成功、人と打ち明けるのは苦手 2、通変星と蔵干通変星 日柱の干支で本質を調べたら、通変星ではさらに細かく性格を見ていきます。 3、十二運星 社会との関わり方が分かります。 人の一生にも例えることができます。 日柱の十二運星は自分自身の本質を表す星です。 他にも、恋愛運、プライベートの自分を十二運星の星で表しています。 人生で重要な時期である中年期に強く出る十二運星です。 また、仕事面でも月柱の十二運星が強く出てきます。 運勢エネルギー 十二運星が持つエネルギーを数値化したものです。 分かりやすく言うと日々活動するエネルギーを数値化したようなイメージです。 日柱、月柱、年柱の3つの十二運星の数字を合計した数字です。 『3』が最も低く『36』が最も高い運勢エネルギー数値になります。 だいたい『15~20』くらいが平均値です。 低ければ低いほど芸術家や表現者、研究者、学者タイプです。 精神面での充実(安心感、自由な環境)を求めて行動するようになります。 高ければ高いほど我が強くなり起業家・経営者タイプになります。 現実面の充実(お金や物欲)を求めるようになります。 運勢エネルギーの詳しい解説はコチラの記事を参考にしてください。 生日中殺 日柱に天中殺が入っていると生日中殺になります。 自己否定が強かったり、精神的な葛藤を抱える自分になります。 ただし、人を惹きつけるカリスマ性があります。 生月中殺 仕事、もしくはプライベートのどちらかが上手くいかないことが多くなります。 性格も個性的な自分になりますが人を惹きつける魅力があります。 ただし、陰徳を心がけると大きく成功する可能性があります。 生年中殺 年上の人、親や上司と上手くいかない暗示です。 親元を早いうちに離れると開運していきます。 5、守護神 自分の守護神が相手の日柱にあれば助けられることが多くなります。 また、命式内の干支(時、年、日、月)のいずれかに入っている場合はその柱の吉面を強めます。

次の

四柱推命の命式と干支暦

四柱推命 命式

女性 鑑定する 四柱推命とは 四柱推命の起源 古代中国の殷王朝(BC1400~1300)頃が起源と考えられており、殷の皇帝が占術家に占わせ、その結果を刻んだ亀の甲羅や獣骨などが多数発見されています。 これらは甲骨文と呼ばれ、五行説と関わりの深い十進法の周期を表す「十干」と十二進法の周期を表す「十二支」を組み合わせた「六十干支」を使い月日を表していました。 古代中国では万物は「木・火・土・金・水」の5つの元素から成り立つと考えられており、これが発展して人間の生活に必要なもの、宇宙、人生の全てを説明する原理とされるようになったと言われています。 四柱推命の成り立ち 古代中国では春分の位置から黄道(太陽の通り道)を角度によって二十四等分し、その等分点に太陽が至った時を二十四節気とし歴の上の季節としました。 四柱推命ではこれを人の人生に当てはめ運命を占うことが基本となります。 五行説では、五つの要素の盛衰、興亡によってこの世の全てが循環するという考え方です。 この五行説と陰と陽を合わせた、陰陽五行説は四柱推命だけでなく、天文や歴、その他占いなどにおける思想の原理として広く浸透しています。 四柱推命の原理 四柱推命では生まれた日の干(日干)と生まれた月の支(月支)を最も重要視し、その他の干支のバランスや関係を鑑定し、五行説を関係の深い十進法の周期「十干」と十二進法の周期「十二支」を合わせた「六十干支」の巡りを見て運命を占います。 生年月日時をもとにそれぞれ年柱・月柱・日柱・時柱を割り出し(命式)、その人が持って生まれた宿命や先天運、その後の修養や努力の積み重ねで変わる後天運を推察します。 このように詳細に鑑定を進める占いは他にはなく、四柱推命は占いの王様、最もよく当たる占いとされています。 あなたの四柱推命を無料で占う このサイトでは複雑で難しいとされる四柱推命をできるだけわかりやすく直感的に見ることができるようになっています。 あなたの生年月日を入力して、ぜひ自分の四柱推命を占ってみてください。

次の