明日 ママ が いない。 松本人志、『明日ママ』批判に苦言「クレームで番組終わらせられる。テレビつまらなく」

明日、ママがいない1話、2話、3話、4話、5話、6話”あらすじ”をまとめました。視聴率推移。

明日 ママ が いない

「赤ちゃんポスト」に捨てられた過去を持つために「ポスト」と呼ばれる女の子が主人公になっている日本テレビのドラマ「明日、ママがいない」。 日本でただ一つ「赤ちゃんポスト」を運営する熊本市の慈恵病院は1月20日にもテレビ局やその他の機関などに「放送中止」を申し入れるという。 児童養護施設や里親、あるいは特別養子縁組などについては、子どものプライバシーの問題もあるために、その実態はなかなか社会全体が知るところにはなっていない。 児童福祉の現場をあまりよく知らない人からは「正直、このドラマのどこが悪いのか、よく分からない」という声も聞かれる。 児童養護施設で暮らしたたことがある人や施設の職員、運営者、あるいは、いろいろな問題を抱える子どもや母親を支援している福祉関係者たちは、このドラマをどう見たのだろうか。 ヤフーニュース(個人)に、以前、児童福祉の問題を取材した経験を元に記事を書いたところ、関係者から感想が多数寄せられた。 そこにある様々な「声」に耳を傾けてほしい。 なお、簡単な解説すると、ドラマに登場した施設は、「グループホーム」だ。 「グループホーム」とは、「児童養護施設」の中の一つで、定員6人の比較的小規模なものを言う。 親がいない、あるいは、親が病気や貧困、服役、虐待など様々な理由で子どもを育てることができない場合に、行政の支援で子どもを育てることを「社会的養護」と呼ぶ。 この社会的養護を行う形態には、「児童養護施設」の他に、「里親」、「ファミリーホーム」などがある。 これらの形態で、子どもを施設などに預ける行為は行政の責任で行われる。 その行政の行為を「措置」と呼ぶ。 もし、預かっている子のどもたちに、この番組によって、差別的扱いがあれば法的な人権侵害になります。 そうならない解決を期待します。 子どもの一生涯の傷、誰にも癒やすことはきません。 虐待を受けた児童が、世代を引き続きての連鎖もあります。 早く実害がない間に編成を考慮してほしいものです。 娘を捨てたのでもない、娘はママを捨てたのでもない。 そして娘は堂々と児童養護施設を巣立った者として声を上げております。 すべて感謝です。 児童養護施設と関係者の想像を絶する人間愛に私たちは支えられてきました。 ・・・つまりドラマには関係者がいる、誰も傷つくことがないように、特に子供達です。 先生の発信にこころが救われます。 ポストというあだ名がついている子どもの設定に、よく問題が現れています。 表現の自由という以前に、脚本家は、もっとしっかりと取材したほうがいいと思いました。 勉強不足ですね。 現実味のない設定で、せっかく力のある子役の俳優がいても台無しです。 ところが、社会的養護の実際にふれたことがない、一般の人には、何が問題なのか、わかりにくいようです。 私のfacebookの友人も何が問題かわからないようで、放送中止まで求める病院の側がやりすぎというような雰囲気でした。 (子どもの権利条約の大切さをいうような人でもあるんですけどね)。 児童虐待という言葉や事件については世間の人も広く耳にするようになっているけど、施設へのイメージはまだまだ古いのか(それこそタイガーマスクのイメージ?)、それともネット上にでてくる児童養護施設での人権侵害ともいえるような実態を報告するようなサイトを参考にする人が多いのか、世間の人はわかってないと思います。 番組作成者側だけを相手にするというよりも、世間にわかりやすく訴える必要を感じています。 (この上の投稿と同じ人)大学で社会的養護の授業を担当しています。 何年か前には、義務教育修了後、親と離れて暮らす子どもたちの自立援助ホームの経営やスタッフをしていたこともあります。 さて、紹介していただいたサイトで、「明日ママがいない」を見ました。 一定の判断力のある年齢になっている年齢の子どもや大人であれば、現実の児童相談所のケースワーカーや児童養護施設が、あのようなドラマのようになっていると受け取ることはないだろうと思いました。 また、前の投稿では「勉強不足」「現実味のない設定」ではないかと批判的に書いたわけですが、見る前と見た後では、印象がかなり変わりました。 このドラマは、児童福祉のもっているパターナリズムや親の愛(という名の支配になっている場合など)を表に出して突き付けるところを、子が親や名前を選べないという根本の意味を考えさせられました。 ただ、水島宏明さんが指摘するように、施設にいる子や里親のもとで暮らしている子が、この番組をどう見るか。 親も含めて大人を客観的に見ることができる子どもは別にして、幼い子やあまりに自分の生い立ちと重なる子どもが見た時のことを考えると、心配です。 また、これも水島さんが指摘していることですが、幼い子ども(施設で暮らしているわけではない子ども)は、実際の施設があのような場所であると誤解するという心配もあると思います。 ぼく自身は、この水島さんの提起をしっかりとうけとめながらも、もっと見てみたいと思う気持ちが起きているというのが正直なところです。 また、当事者の立場からの意見も聞いてみたいと思っています。 学生の頃児童養護施設で実習しました。 確かに施設の雰囲気は暗かったです。 しかし、職員は一所懸命にやっており、ドラマのような事はありませんでした。 僕が大事だと思うのは、ドラマはあくまで作り物。 内容の良し悪しは別にして世の中には、こういう子どもがいて、そういう施設があることを世の中に知らしめる必要があると思います。 批判が多くなり、これで一切メディアから取り上げられなくなる事が一番怖いです。 ただ、わかって欲しいのは、児童養護施設は職員が非常に大きなストレスを抱えて働いています。 子どもの一生に関わる仕事なのに、職員の配置基準や処遇面が低すぎるからです。 それは、保育園も含め、他の福祉施設も同様です。 また、現場には、ドラマ以上に悲惨な子どもたちが入所してきます。 例えば、母子家庭で、彼氏と母が薬物依存で逮捕され、子どもはスポーツドリンクのみ与えられて、家宅捜索の時に押入れから瀕死の状況で見つかったとか。 身体的虐待で死ぬ目にあっても両親は悪くない、会いたいと言う子ども。 実習生には、抱えきれない、カルテを読むたびに自分のメンタルが苦しくなる生育歴です。 ドラマのように明るく振る舞える強い子は…。 だから、取り上げられる内容の良し悪し以上にまず取り上げて欲しいと思います。 実情が伴っていないならフォローを責任持って局がやればいいです。 あくまでフィクションです。 ドラマとしても面白いですし、芦田さんの演技も迫力があります。 一話目の最後は泣きました。 それに、あんな施設見たことないですし(笑)この先の展開が楽しみです。 大学在籍期間中は施設職員として宿直勤務していましたので,入所児童と職員の両方を経験しています。 このドラマは当初,見る気がしませんでした。 施設の日常があまりに普通であること,そして施設に来るまでの話がとてもテレビでは描けないケースもありますし,リアリティを追求するとおそらくテレビドラマにならないでしょう。 本日,たまたま第1話のダイジェストをテレビでやっていたので見てみましたが,これは「家なき子」や「タイガーマスク」と同レベルのファンタジーの世界のドラマですね。 コメディタッチの表現も多いのでリアリティを感じず,これが実際にある児童養護施設と考える人はさすがにいないのではと思います。 一方,ストーリーでは「子どもをペット扱いする里親」等,いくつかいいポイントを突いている点が印象的でした。 これからのストーリー次第ですが,里親や養父母から捨てられる「2度捨てられる子」問題について提起する機会にもなるのではと感じました。 今回の騒動ですが,児童養護施設に注目が集まるいい機会ですので,うまく活用する... という教科書的な意見も目にしますが,「(生活の場なので)そっとしておいて」というのが私の思いです。 僕の意見をお伝えします。 現在、児童養護施設の職員をしています。 入所している児童は一般の家庭の児童と変わりなく、学校へ登校し、友達と遊び、地域の集いや習い事にも参加しています。 ただ、様々な事情で家族と生活が出来ずに施設で集団生活をしています。 中には、親の行方不明で入所している児童、親を自殺で失い入所している児童、親から虐待を受け入所している児童、様々です。 親に会いたい、親と一緒に暮らしたいという想いがあっても叶わないケースも多々あります。 そのような児童が今回のドラマを観たらどう想うのか?友達から軽い気持ちでもからかわれたらどう感じるか?その視点で僕等施設職員は考えてしまいます。 そして、職員は児童からの暴言暴力で肉体的精神的にも傷つくこともあります。 児童が抱えている不安が大きいため、どうしても身近な存在の職員に向けてしまうこともあるのです。 その実状を知って頂きたいと思います。 様々な見方があって良いと思いますが、施設職員として現状をみると入所児童の精神的なダメージは測り知れません。 抗議の声が上がっているように、大変違和感を感じる内容でした。 グループホームの施設の描かれ方について日テレはどういうリサーチの元にされたのでしょうか?また児童相談所の職員についても、現実とはかけ離れた描かれ方だと感じました。 フィクションとはいえ、見終わって気分のいいドラマではありませんでした。 日々子どもたちと真剣に向き合い、接しておられる施設職員の方や、また施設で過さざるを得ない子どもたちを傷つけ、偏見を生まないかと心配します。 どちらかと言えば社会的養護を受けられない、セーフティネットボーダー前の子供達15-25歳の伴走活動をしています。 今回のドラマについては放送中止になることを願っています。 このように、ドラマを部分的に評価する声はあるものの、児童養護施設の職員や里親、福祉事務所の支援員など、実際に「社会的養護」が必要な子どもたちに近い人、そうした子どもたちと深く関わっている人ほど「入所している子どもたちへのダメージ」を懸念し、ドラマへの違和感を表明、放送中止を求めている。 このことは重く受け止めるべきだろう。 その他にも、いろいろな声が関係者から続々と寄せられている。 SNSが進んだ時代には、私のような個人のところにも、テレビ局と同じ様に体験談が寄せられることに驚いている。 この後も、どんな声が来ているかを公表したい。

次の

話題作!『明日、ママがいない』 芦田愛菜演じるポストの泣ける名言英訳

明日 ママ が いない

『明日、ママがいない』騒動について雑感 『明日、ママがいない』への抗議に対する日本テレビの態度は、 表現の自由を守るという意味で良かった。 内部的にはどうか知らんが広報的には日本テレビが責任を被っていて、製作現場を守っているのも好感持てる。 養護施設側からの質問は無視しすぎだけど。 俺は攻撃的なフィクションが大好きだけど、フィクションに抗議する児童養護施設協議会の怒りも当然だと思う。 関係者たちの士気やプライドを守るためには強めの行動を起こす必要があるだろう。 でも放送中止要求はやりすぎ。 このドラマで問題となっている描写を「ファンタジーだから」と擁護している人が多いけど、 あれがファンタジーという感覚をこのドラマの想定視聴者層全員に適用するのは無理だよ。 ファンタジーだと割り切るには冷めた視点が必要で、それを持っていない視聴者は多い。 これは数年前に起きたケータイ小説をリアルだと感じる世代と、ギャグだと感じる世代の断絶に似ているモノがある。 俺の感想 で、俺のドラマの感想なんだけど、 『明日、ママがいない』はどうしようもないクズドラマだ。 いや、このドラマのメチャクチャさを面白がっている人たちの感覚は正しい。 でも俺が真っ先に呆れたのは子供を虐待から保護する施設である児童養護施設を虐待の出発点として描いていることだ。 通常、施設と虐待事件のモデルになるのは水戸事件だ。 それならわかる。 ところがこのドラマは「こうのとりのゆりかご」の慈恵病院と結びつけてしまった。 ハッキリ言ってこのドラマの製作側と日本テレビの見識を疑う。 日本テレビは「製作経緯を説明するつもりはない」と言うが、いつかどこかで誰かが製作経緯を語るべきだ。 「愛やたくましさを描いています」という建前は広報に言わせておけ。 「連ドラって視聴者を挑発するのが鉄則だからやった、ターゲットは誰でも良かった」とか 「芦田愛菜で『家なき子』をやれって依頼されたので…」とか そういう本音が知りたい。 今の時代と明日、ママがいない 俺が『明日、ママがいない』にかなり不愉快になった理由は簡単だ。 認識がズレているからだ。 俺の認識だと、こうのとりのゆりかご(赤ちゃんポスト)は子供を守る最前線だけど、このドラマの製作側は明らかにそういう認識を持っていない。 『明日、ママがいない』は、児童の虐待とそこからの保護を考えなくてはいけない現代の作品だとは思えない。 戦後を舞台にしているのなら理解できるけど。 だから このドラマの最大の欠点は作り手たちの認識が時代とズレているのだ!と指摘したいけれど、実際は視聴率が良好だし、褒めている人も多い。 時代とズレていないのかもしれない。 「子供が虐げられているところを見て感情移入したい!」という視聴者の欲望に日本テレビが的確に応えているのかも。 日本テレビが「最終回まで見てほしい」と主張しているのは、視聴率を稼ぎたいというよりも「最終回以外は毎回子どもたちが辛い目に遭って視聴者を泣かせるのがコンセプト」っていう事情だと思う。 まあ連ドラなのでこれから脚本にガンガン修正が入るはず。 でも認識のズレがどうのこうの以前に、安易に泣かせを狙ってくるこの手の作品が大嫌いなので『明日、ママがいない』はもう観ない。 ペットショップの犬たち ところで『明日、ママがいない』で俺が一番酷いと思ったのは、養護施設の院長が子供たちに向かって 「お前たちはペットショップの犬と同じだ!泣け!上手く泣けたヤツからメシを食わせてやる!飼い主はペットのかわいさで選ぶんだ!」と言うシーンだ。 俺の頭の中では、この酷いセリフの情景と児童養護施設の情景が結びつかない。 子供をペット扱いして上手く泣けたらご褒美という、この酷いセリフの情景と真っ先に結びつくのは現在の子役業界とアイドル業界、そして「21世紀で一番泣ける」と宣伝する『明日、ママがいない』そのものだろ。 多くの子役たちがメジャーになれずレッスン料を取られ続け、アイドルたちはミニスカートや水着で過酷な労働をしている。 ペットショップの頂点的な存在であるテレビ局が、子供を守る最前線である施設をネガティブに、そして不適切に描く。 悪い意味で今の時代を写した作品だ。 オマケ1:タイガーマスク 2013年の児童映画と言えば『おしん』と『タイガーマスク』(伊達直人は養護施設への寄付の代名詞)だ。 2013年版の『タイガーマスク』の児童養護施設というか虎の穴は、まさにファンタジー施設だ。 なんせ集められた子供たちが殺人術を学び、 ボンテージ姿の平野綾がメシを用意する。 駄作名高い『タイガーマスク』だけど、ちびっこハウスを守るために 土下座しまくる温水洋一の姿は『明日、ママがいない』よりも泣ける。 オマケ2:おしん 今から2013年版の『おしん』のラストシーンのネタバレを隠さずに書きます。 『明日、ママがいない』はNHK版『おしん』や『家なき子』と同じ系譜の作品だけど、2013年版の『おしん』はズバリ芦田愛菜路線を狙った作品だ。 なんせおしん役の子役のためだけに芸能事務所が作られている。 この映画のラストシーンはかなり酷くて、幼いおしんが元気よく奉公先に行くのだ。 しかもCGによる黄金色の特殊効果付きだ。 このラストシーンは「おしんが成長した」と解釈すべきなんだけど、それは難しい。 身売りと児童労働がそのままハッピーエンドとして描かれていてどう考えても適切じゃない。 NHK版『おしん』のように「過去にそういう辛い時代もあったけど乗り越えてきた」と回想形式にすべきだった。 家族に尽くすために子供が出稼ぎ労働者になることが良いというのは、古代の儒教社会っぽさを感じる。 オマケ3:四コマでわかる『明日、ママがいない』 画像はクリックすれば大きくなります。 芦田愛菜ちゃん演じるマコは、両親をオニババに殺されてしまいました。 そしてマコのあだ名は「危険なジプシー」になってしまいました。 後ろに写っているのがオニババです。 そんなマコちゃんはある日、素敵なおじ様と出会いました。 おじ様は紳士的な優しさと野生の厳しさを兼ね備えた上に 「子どもの未来どころか、人類の未来を託してもいいんじゃね?」レベルで頼りがいのあるおじ様でした。 ややネタバレなので小さい画像にしておきます。 こうしてマコちゃんはおじ様の娘になりました。 そしておじ様から厳しい訓練を受けた結果、 手からプラズマキャノンが出せるようになりました。 間違えた。 これは『パシフィック・リム』のストーリーだ! ちなみに『パシフィック・リム』の「ジプシー・デンジャー」の「ジプシー」は第二次世界大戦前のエンジンの名前から来ています。

次の

『明日、ママがいない』に呆れ果てた

明日 ママ が いない

『明日、ママがいない』(あした、ママがいない)は、日本テレビの制作で2014年1月15日から3月12日まで毎週水曜日22:00 - 23:00(JST)に、「水曜ドラマ」枠で放送されていた日本のテレビドラマ。 略称は「明日ママ」。 主演は芦田愛菜。 第1話 愛を失った少女。 捨てられたんじゃない 私が親を捨てたんだ。 第2話 9歳の母性本能。 いたいけな少年を救え。 第3話 ウサギの赤い涙。 親のいる子も寂しい? 第4話 少女の悲しいヒミツ 母親の幽霊は語る。 第5話 超絶美少女のピアノ パパはここにいる。 第6話 物言わぬ少年へ。 愛と魂の大演説を聞け。 第7話 私のママでいい? 第8話 少女が旅立つ時。 子供たちの流す涙の訳。 最終話 私の名前を呼んで…最後までありがとう。 同枠のドラマに出演した芦田愛菜(『Mother』)と鈴木梨央(『Woman』)はこのドラマが初共演となる。 全9話を収録。 6枚組。 【ストーリー】 母親の涼香(酒井美紀)が事件を起こして警察に逮捕されてしまったため、一軒の児童養護施設に預けられることになった少女・真希(鈴木梨央)。 佐々木が施設長を務めるコガモの家は、不穏な雰囲気を漂わせる場所。 そこで真希は、3人の少女と出会う。 みんな、それぞれの事情で実の親と暮らせなくなった子供たちだった。 子供たちは本当の名前を名乗らず、あだ名で呼び合っていた。 ピアノが上手なピア美(桜田ひより)、家が貧しいボンビ(渡邉このみ)。 そして、ポストと呼ばれる少女(芦田愛菜)。 圧倒的な存在感を放つポストは、子供たちのリーダー的存在でもあった。 ポストは、真希がコガモの家に来た事情を知っていながら、気遣いのない言葉を投げかける。 そんなポストに、真希は反発するのだった。 そんな中、ポストを引き取りたいと希望する夫婦が現れる。 里親候補は、細貝(西村和彦)とその妻・晴美(櫻井淳子)。 細貝夫婦は裕福で、理想的な里親のようだった。 良い里親に引き取ってもらって新しい家族と幸せになりたいと願う子供たちに違和感を覚える真希。 それが本当に求める幸せなのか、と。 真希は、ただ一人、涼香が自分を迎えに来てくれると信じていたが…。 6枚組。 あしからずご了承ください。 DVDSENSEI.

次の