渋沢 栄一 功績。 渋沢栄一の実績と功績が凄すぎる!新紙幣も納得の偉業を調査!

新しい一万円札の渋沢 栄一は どんな人?生い立ちや功績をご紹介!

渋沢 栄一 功績

2024年から、日本紙幣が一新されると発表がありましたね。 その中でも特に注目されているのが、 この新一万円札になると発表された 「渋沢栄一」という人物。 でも・・・渋沢栄一って誰? この人の名前を最初に聞いた人はこんなことを思ったのでしょうか? どんなすごい人なの?って思っている人は多いですよね。 実際に、福沢諭吉なんかと比べてもネームバリューではなんとも言えない知名度であります。 でも、この渋沢栄一は現代の日本人において、めちゃくちゃ関わりのある人物なんですよ。 今回はそんな渋沢栄一について、 ・渋沢栄一のすごいと言われる理由 ・渋沢栄一の功績 といった観点から一般人にも分かりやすいように詳しくお話したいと思います。 「日本近代経済社会の父」 でも、これだけだとなんだかピンとこないですよね。 まあ、一言で言うと めっちゃお金持 ちな実業家です。 今の資本主義経済において、お金持ちになる一番の方法、 それが資本(お金を生む仕組み)を持つことです。 この 渋沢栄一はそんな資本を持つことを極めた人とも言えますね。 稼いだお金を元にまた新たなお金を生む会社を作って そして、さらにそのお金で会社を作って、 そして、さらにそのお金で会社を作って、 そして、さらにそのお金で会社を作って、 その延々ループ・・・ その結果以後500にのぼる企業の創設、育成に携わった人なのです。 「日本近代経済社会の父」なんて言うと、小難しそうに思うかもしれません。 まあ、簡単に言ってしまえば 人生においてリアル桃鉄を極めた人です(笑) そして、渋沢栄一のさらにすごいことがあります。 それが、作った会社がどれもが、いわゆるインフラや娯楽。 といった 我々一般人の生活に欠かせないものに携わる会社 ということで、非常に我々の日常生活に密接に関わりあうものばかりなのです。 渋沢栄一を知らない人がけっこう居られるようですが、何をした人かというと幕末から大正にかけての大実業家であり、陰陽師の土御門一門や寺田寅彦ら多くの人材を登用して江戸の町を近代都市・帝都東京に造り替え、呪術的に防衛し繁栄するシステムを構築しようとした人であります。 なぜなら、 「沢山その功績がありすぎるから」 渋沢栄一って何した人って言われても「沢山した人」としか言えんよね みずほ銀行・東京ガス・東京海上日動・王子製紙・太平洋セメント・東急・京阪・東証・キリン・サッポロ・東洋紡・その他諸々 — Yasyuba 平成31年度 yasyuba そう、 たくさん会社を作りすぎて功績残しまくり偉人なのです(笑) っと言っても、それだけじゃ納得できないですよね・・・ ってことで、渋沢栄一のすごい功績を知るためにも そんな数ある功績の中でも特に我々一般人にも馴染みのあるものをご紹介したいと思います。 ) しかも、さらにすごいのが、ただ今のみずほ銀行を作っただけでなく、 「銀行」自体を日本で最初に作った人なんですね。 「国立銀行条例」の作成に着手、公布させ 日本初の株式会社「第一国立銀行(現:みずほ銀行)」を誕生させました。 この 金融制度の確立に尽力したことが渋沢栄一の最大の功績とも言われています。 第一国立銀行(みずほ銀行)は明治6年(1873)6月11日に創設されました。 紙幣頭&大蔵大丞だった渋沢栄一が立案し、明治5年11月に公布された国立銀行条例による日本最初の銀行です。 wikipediaより引用 余談ですが「金融機関コード」という4桁のナンバーが付与されていますよね。 みずほ銀行が「0001」なのは、日本で最初の銀行だからという意味でもあります。 さらにさらに銀行だけではなく、多くの民間企業の創設、育成にもかかわったのも大きな功績です。 以下はその渋沢栄一が携わった民間企業の数々です。 近代化にガスが必要だと考え、いち早くこのガス事業に乗り出したのです。 明治の初め、東京のガス事業は東京府(今の東京都)が行っていました。 1885 年(明治18)民間の企業である東京ガスが渋沢栄一によって誕生しました。 そんな存在の 「東急田園都市線」を創設したのも渋沢栄一なんです。 この電車のピーク時の乗車率は日本でもトップクラスとも言えますね。 1918年当時の東京中心部は第一次世界大戦の戦争特需などで急激な都市化が進み、 人口集中による住環境の悪化が問題となっていました。 都市での生活に「自然」の要素が欠けていることを憂慮した澁澤栄一は、 欧米諸都市の視察をもとに、大都市郊外に自然と都市の長所を併せ持つ理想の街、 「田園都市」をつくる構想を温め、田園都市株式会社を設立したと言われています。 ・サッポロビール (明治19年)にの創始者・率いるが官立醸造所の払下を受け、(明治20年)に大倉との創始者、の創始者らが札幌麦酒株式会社を設立し、同社が製造販売を行う。 wikipediaより引用 ・キリンビール — T・グラバーやJ・ドッズらに三菱財閥のらが発起人として加わり、外国資本による香港国籍の新会社「 ジャパン・ブルワリー(二代目)」を設立。 スプリング・バレー・ブルワリーの醸造所を買収。 その醸造所の技師や従業員の多くが新会社へ引き継がれる一方、既存の醸造設備は売却し、ドイツの最新鋭設備を導入し再建する。 (後に株主としても参加し、後に重役に就任。 我々一般人が日常生活で生活する上で渋沢栄一の携わった会社に触れなかった人はまずいない。 そう言っても過言ではありません。 「こんな知らないおじさんが日本の一万円札の肖像になるの・・・?」 なんて思っていた人は今すぐ猛省してください(笑) この人無くして、今の日本人の生活の発展はありえない! そう断言できるほど、日本国民の生活水準の向上に深く貢献した人物なのです。 それぐらい、我々の日常生活に根強く関わっているのです。 そう、 この人はただのお金持ちな実業家ではありません。 日本国民の生活に影響を与えまくったお金持ちの実業家なのです。 渋沢栄一を知らないという方多く見かけますが現代日本社会において彼がいなければ大手企業さんが目に見えて減ると思いますよ — ゆうと yuto4696alice 民間企業の創設だけじゃない! もう一つの功績「社会福祉」にも貢献した事で有名。 その裏にある「理念」が素晴らしすぎる! 渋沢栄一は、ここまで会社をたくさん育てた、ただの優秀な資本家(経済人) そう思われるかもしれません。 しかし、それと同じぐらいもう一つ賞賛される功績は、 「社会貢献」です。 渋沢栄一のその考えを支える裏には 「道徳経済合一」といった理念が根底にあるからです。 私利私欲ではなく公益を追求する『道徳』と、利益を求める『経済』 それが事業において両立しなければならない。 という意味なんですね。 また、その理念からくるもう一つの名言。 渋沢栄一の名言で 「右手に算盤、左手に論語」という言葉もあります。 この意味も先ほどの理念をもっと噛み砕いたもので 「算盤に長けていればお金は設けることができるが、 得られた利益を社会に還元しなくては、富は長く続かない」 という意味が込められています。 渋沢栄一が携わる事業には「鉄道」や「ガス」・「学校」などという主にインフラ設備と呼ばれる、 国民の生活を左右する部分に数多く貢献する事業が多いです。 それは、ただお金を儲ける。 というだけではありません。 国民の生活を豊かにするという、公益の追求=「道徳経済合一」の理念からきていたのですね。 「フィランソロピー(英:Philanthropy)」という言葉があります。 ギリシャ語の「愛(Phil)」と「人類(Anthropy)」を合わせた造語です。 日本では「博愛主義」や「慈善」と訳されますが、「社会貢献」と訳した方が現代的かもしれません。 そして、このような利益だけでなく、社会貢献にも尽力を尽くす人のこと。 それを「フィランソロピスト」と言います。 代表的なフィランソロピストとしてはこのような人物がいます。 マイクロソフト社の共同創業者であるビル・ゲイツ アメリカの著名な投資家であるウォーレン・バフェット 著名投資家でもあるジョージ・ソロス氏などの名前が挙げられます。 この渋沢栄一はこんな著名人たちよりも前に 1世紀も前に「フィランソロピー」の重要性に気づき実践した いわば「フィランソロピスト」の先駆けとなる人物とも言えますね。 みんな新1万円札が渋沢栄一より諭吉の方がいいとか言うけど、渋沢栄一は銀行設立とかの金融面だけじゃなくて養育院設立したり、福沢諭吉についての伝記とかも書いたり色んなジャンルで社会貢献果たしてるわけだからもっと栄一さんを受け入れてやって欲しかったりする今日この頃。 — ホルンフェルス trc1q4bclnQHSyU ・教育にも力を入れ、一橋大、東京経済大、同志社大、日本女子大などの設立に協力 ・関東大震災の時83歳だったがいち早く義援金制度を整える ・その8年後中国で水害が起こった時も義援金制度を整える ・社会貢献が評価され、子爵を授かる。 埼玉には社会貢献に尽力した経営者のため渋沢栄一賞がある — Mt. J Jyamountain 渋沢栄一はガチの偉人なんだよなぁ…社会貢献的には諭吉より素晴らしいことやってるからこれは順当。 — 丹羽鳥 28cotyledon 日本国民が渋沢栄一のすごさを知らない理由は日本教育の弊害か? 自分も含め渋沢栄一を知らない人が多い理由は学校の近代史の授業の配分が他の時代より短いから駆け足で進んで突っ込んだ授業をしてないからってことらしい。 埼玉生まれの小学生は埼玉の偉人ということで他県よりも叩き込まれて逆に知らない人はいないとのこと。 その理由は紛れもなく 「日本の教育」が原因にあると思われます。 日本の教育とは「サラリーマンになること」つまり、「雇われること前提」で教えられます。 だからこそ、「資本家の偉大さ」というのはあまり教えられないですし、 「教える側もピンときていない」 だからこそ、偉大な資本家である渋沢栄一のすごさが学校で教えられる機会が少なかったのだろうと思われます。 しかし渋沢栄一なんて、超偉人だと思うんだけど(明治期の企業設立や経済動向の話に、必ずといっていいぐらい名前が出てくるので「またお前か!」という気分になる)、「知らない」って人が多いのに、資本家や実業家の地位を低く見積もる日本の嫌儲教育の結果かなぁとも感じる。 — akoustam akoustam 知ってる人はめっちゃ知っている、知らない人は全然知らない。 そんな存在の人物だと思います。 しかし、もっと日本国民もこの渋沢栄一について知る機会を持ってもらいたいと思います。 いや、資本主義に生きている以上知っておくべきだと私は思います。 まとめ 福沢諭吉の方がよかった! なんて思っている人も少なくはないと思います。 しかし、資本主義の現代において、福沢諭吉よりも渋沢栄一の方が我々一般人に密接に関わっていると思います。 だからこそ、資本主義社会において富の象徴である一万円札の肖像になってもおかしくはないです。 そして、過去の偉人を見渡してもこの人が一番適任ではないでしょうか。

次の

【1万円札】日本が1万円札の顔を福沢諭吉から渋沢栄一に変える裏の理由

渋沢 栄一 功績

渋沢栄一の功績とは? の肖像 日本初の株式会社を設立 渋沢栄一(右)と徳川宗家第16代当主徳川家達 渋沢は武蔵国榛沢郡血洗島村(現在の埼玉県深谷市血洗島)で豪農の長男として生まれました。 幼少期から読書や国史などの勉学だけでなく剣術の修行も行い、様々な人物と交流を持ちます。 そんな中、渋沢が京都で紹介された人物が、一橋慶喜(徳川慶喜)でした。 慶喜が将軍になると、渋沢は幕臣として仕えることになり、フランス・パリで行われた万国博覧会に同行する使節団の一員として現地を視察。 パリだけでなくヨーロッパ各国を周りながら、西洋の文化や最先端の産業、日本にはない社会構造などに触れ、驚きと感銘を受けました。 帰国後に徳川家と静岡に移った渋沢は、フランスで学んだ合本組織(いわゆる株式会社)の仕組みを参考に、商法会所と呼ばれる組織を設立します。 広く一般から資金を集めて元手とし、この資金で商売を行い、さらに配当まで行う一連のシステムは、現代の株式会社の仕組みそのものです。 まさに日本初の株式会社がここに誕生したのでした。 商法会所は、その後東京商法会議所に発展し、今では東京商工会議所として中小企業の経営支援など、日本の企業を支える重要な役割を担っています。 銀行と金融の仕組みを確立 明治通宝(ゲルマン札)1円紙幣 商法会所設立のインパクトは凄まじく、有望な人材を登用しようと、当時の大蔵大輔(大蔵次官)・が説得しに来るほどでした。 渋沢はその説得に折れる形で、商法会所を設置した同年に大蔵省に入省することとなります。 大蔵省で手がけた事業の一つが、「紙幣制度の改革」でした。 財政難の政府にとって紙幣の発行は効率よく貨幣の流通を行うために必要不可欠でしたが、当時の紙幣は印刷も雑で、簡単に偽造ができてしまいました。 さらに、藩札・府県札・太政官札など様々な紙幣が同時に流通していたため、紙幣の統一を図るべくドイツの印刷会社に依頼して、精巧な印刷の「ゲルマン紙幣」を発行しました。 このとき、印刷を担当した大蔵省紙幣寮の責任者が渋沢でした。 また、アメリカの銀行制度を学んだ伊藤博文の指揮のもと、民間に銀行を設置して紙幣を発行することができる制度の設置が求められました。 この制度の設計を渋沢が行い、「国立銀行条例」が制定されたことで、日本に近代的な紙幣制度の基盤が成立しました。 このとき、英語の「bank」を「銀行」と訳したのは渋沢だったと言われています。 この国立銀行条例のもと、国内最初の銀行として「第一国立銀行(現在のみずほ銀行)」が設置されると、渋沢は官僚を辞職してしまいます。 元々実業家志向が強かったようで、辞職直後に第一国立銀行の事務総監に就任し、銀行の経営に携わるようになります。 その後、日本銀行、三井銀行(現在の三井住友銀行)など銀行経営だけでなく、東京株式取引所(現在の東京証券取引所)の創立など、日本の金融システムの基盤作りにも関わりました。 500以上におよぶ企業の創業・経営に関与 渋沢栄一が関与した東京瓦斯株式会社 大蔵省退官後の渋沢は、株式会社設立のノウハウや官僚時代に築いたコネクションを利用して、実業家として多種多様な企業の設立や経営を支援しました。 渋沢が関わった代表的な企業を下記に挙げてみました。 東京海上保険(現在の東京海上日動)• 日本郵船• 日本鉄道会社(現在のJR東日本)• 東京毛織物(現在の東洋紡)• 札幌麦種(現在のサッポロビール)• 浅野セメント(現在の太平洋セメント)• 足尾銅山組合(現在の古河機械金属)• 東京電力• 東京瓦斯(現在の東京ガス)• 帝国ホテル 皆さんがお世話になっている企業も多いのではないでしょうか?ラインナップを見てもわかるとおり、業界や業種に捉われることなく、様々な事業に関与しています。 また、日本経済を支えている大企業も多く、まさに日本の根幹は渋沢に支えられていると言ってもいいでしょう。 福祉や教育にも尽力 東京都健康長寿医療センター(旧養育院)にある渋沢栄一像 渋沢の活動の根幹にあったのは「道徳経済合一説」というものでした。 国全体が豊かになるためには、経済を発展させて利益を独占するのではなく、富を還元することが大切、という考え方です。 その考えに基づいて、下記に代表される多くの社会事業に携わりました。 養育院(現在の東京都健康長寿医療センター)• 中央慈善協会(現在の全国社会福祉協議会)• 博愛社(現在の日本赤十字社)• 済生会 また、これまで座学中心だった教育方法を、実際の社会経験を通して実力を身につける「実学教育」に転換する必要性を唱え、多くの教育機関の創設と経営に関わりました。 下記にその一部を紹介します。 商法講習所(現在の一橋大学)• 大倉商業学校(現在の東京経済大学)• 二松學舎(現在の二松學舎大学)• 私塾国士舘(現在の学校法人国士舘)• 日本女子大学校(現在の日本女子大学) 特に日本女子大学校は、男尊女卑が根強かった当時にとっては女性教育の先駆的な事業でした。 元々は、「家庭にいる女性がもっと読み書きができれば、より良い社会が作れる」という考えから始まったものですが、結果として女性の社会進出を促すことに繋がりました。 渋沢栄一が1万円札の肖像に選ばれた理由は? 新1万円札 日本人のお金に対する考えを転換したから 第一国立銀行の代表となった渋沢は、日本各地の起業家と話をする機会を設け、銀行設置の必要性を各所で熱弁しました。 単に面談や資金の援助を行うだけでなく、第一国立銀行で扱っていた約款や規則をサンプルとして提供したり、銀行員の実務研修や派遣業務を行ったりするなど、思いつく限りの手広い経営サポートを実施しています。 この手厚い支援のおかげもあり、日本全国に多くの銀行が設置され、その数は一時期には153行にも及びました。 これにより、それまで国の中心にお金が集中するシステムだった日本の貨幣を、地方でも手軽に扱うことができるようになりました。 日本全国の小さな企業でも銀行を身近に感じることができるようになったことで、権力者の象徴でもあった「お金」を、「社会貢献に必要な財源」として捉える意識が全国に広がりました。 貨幣の仕組みだけでなく、貨幣を使う側の意識も変えた人物が、お札の肖像になるのは当然のことかもしれませんね。 現代人が学ぶべき「経営者の心構え」を提唱したから 数々の企業の創設と経営に関わった渋沢は、「日本資本主義の父」とも呼ばれています。 いわゆる資本主義は、「利益の追求」を目指して経済活動をするというものですが、渋沢が提唱していた「道徳経済合一説」では少し違います。 なぜなら、利益の追求は当然行うものの、得られた富で公共の事業や社会に貢献するような事業を行わなければならないという、「利益の還元こそ大切」という考えだからです。 現在の日本でも、自社の利益にはならないような社会貢献事業に取り組む企業が多くあります。 最近ではテレビCMなどでも、植林事業や難民支援などに取り組んでいることをアピールしている企業をよく見かけますよね。 今では当たり前になった考え方ですが、明治の時代から渋沢が日本全国にこの思想を根付かせた結果とも言えます。 この考え方を記した著書『論語と算盤』は、今でも多くの経営者や実業家の中で読み継がれる「バイブル」となっています。 渋沢栄一の功績に関するまとめ いかがでしたでしょうか?今回は渋沢栄一の数ある功績の中から、代表的なものをピックアップしました。 特に渋沢が関与した企業「500以上」は驚くべき数ですね。 しかし、それだけの実績が残せたのは、渋沢が大事にしていた「道徳経済合一性」の考えがあってこそです。 経営学で有名なドラッカーも、「第二次世界大戦以降に成長した日本企業は、渋沢が思い描いた『ビジネスと道徳の融合』によって生まれた」と表しているほどです。 現在の日本は、お金のシステムが貨幣からキャッシュレスに転換している最中。 お金のシステムが新たな局面を迎えるこのタイミングで、お金のシステムを変えた渋沢栄一が肖像に選ばれるというのも、何か運命を感じてしまいます。 これを機に、私たちもお金に対する考え方を見直してみると、今後の生活が豊かになるかもしれませんね。

次の

渋沢栄一の家系図や功績が凄い!若い頃の生い立ちや顔画像(写真)は?

渋沢 栄一 功績

本名: 渋沢栄一 しぶさわ えいいち• ニックネーム:栄二郎、篤太郎、篤太夫• 生年月日:1840年3月16日(天保11年2月13日)• 年齢:満91歳で故(1931年11月11日没)• 出身地:埼玉県深谷市血洗島 武蔵国榛沢郡血洗島村• 血液型:不明• 星座:不明• 職業:官僚、実業家、教育者、幕臣• 引用元:Wikipedia こちらが、渋沢栄一氏の若い頃の顔画像 写真 なんですが、体格もぽっちり体型ですし 普段から美味しい料理を食べていたんだな ~って事がわかりますよねw 日本に多大なる影響や凄い功績をもたらした 歴史的な人物ですので、健康な身体が資本 ですよね。 そして、家系図を先祖代々から大切に受け継いで こられた家族やお孫さんが生きていらっしゃる事が 判明しています。 渋沢栄一氏は、若い頃に尊攘派志士から徳川慶喜の家臣・ 幕臣へ召し抱えられますが、やがて1869年10月に 政治家へ転身し大蔵省に入省しますが、最終的には 実業家になっている経歴がありました! 幼少期の生い立ちでは、とても勉強熱心で頭も良く 学歴も凄かったようですね。 渋沢栄一氏と子孫の方のどちらも凄い功績や 経歴がありますよね! また、若い頃の生い立ち話を家族によく聞かされたり 渋沢栄一氏の顔画像 写真 を持っている子孫が現在 生きていて、 鮫島純子さんという女性の方でした。 渋沢栄一氏の経歴が凄すぎるという事がわかり ましたので、きっと家系図に書いてある 子孫の方たちも優秀なDNAを受け継いで いると思いますので、功績も凄そうですね~。

次の