ドライバー おすすめ スライサー。 スライサーにおすすめ!スライスしないドライバーの選び方と人気ランキング5選!

スライスに悩むゴルファーが選ぶべきドライバー7つのポイント|初心者ゴルフナビ

ドライバー おすすめ スライサー

ゴルファーにとって、スライスは永遠の悩みと言って良いかもしれません。 の進化が急速に進む中、スライスの悩みを解消してくれそうなスライサー向けのドライバーを厳選しました。 スライス改善に効果的な仕組みや設計が、大胆に組み込まれています。 大きな重心角(33度) 一般的なドライバーより10度近く大きい。 大きなライ角(61度) ライ角が大きいと右へのミスが減りやすい。 ヘッド重量の20%に及ぶソール一体型ウェイト 慣性モーメントが大きく、打点がバラついても球が真っすぐに飛ぶ。 どれも思い切った設計がなされていますので、スライス気味の人、ではなく、スライスで悩む人を意識して開発されている思いが感じられるドライバーです! 2018年10月に発売されていますので、最近では展示品や良質な中古クラブも市場に出てきていて、状態の良いもので4万円台で入手できるようです。 第2位 G410 SFTドライバー から発売のG410 SFTドライバー。 G410シリーズは、G410PLUSとG410SFTの二つのモデルがありますが、 スライサーの方にお勧めのモデルはG410 SFT ドライバーとなります。 SFTはStraight Flight Technologyの略で、この表現だとメイドのツイストフェースのようにどちらの曲がりにも対応するように感じる方もいると思いますが、 完全にドロー仕様に設計されています。 での評論動画の中で、 G410 PLUSのドロー設定よりも、G410SFTの方がドロー仕様になっているという説明がありましたので、スライスを改善したいと強く願っている方は、SFTを試してみてください。 第3位 メイド M6 ドライバー M6 と聞いて、「えっ?」と思われた方もいるかもしれません。 ご存知の方にはお馴染みのUSモデルです。 M6ドライバーはスタンダードタイプの他に、というモデルが正式に存在しますが、日本では投入されていません。 理由は不明ですが、スライサーはカだけでなく日本でも多いので、 は名前から推測できるようにドロー仕様モデルですので、日本のゴルファーの間でも割と注目されているモデルです。 USモデルですが、日本でも流通していますので、ゴルフショップで入手することができます。 USモデル専門店や中古ショップなどで取り扱われることが多く、探すと直ぐに情報が見つかりますのでご安心ください。 注意点はシャフトです。 USモデルのシャフトは同じフレックスでも硬さが異なりますので、必ず普段より柔らかめを選択してください。 おすすめの関連記事 golf-driver.

次の

スライスに悩むゴルファーが選ぶべきドライバー7つのポイント|初心者ゴルフナビ

ドライバー おすすめ スライサー

飛距離性能抜群• コスパ最高 左方向へのミスに悩んでいる方にはおすすめの中古ドライバーとなっております。 どちらかというと捕まりにくいヘッドとなっておりますので、 持ち玉がスライス系の方はやめたほうがいいと思います。 ウェイトも自分で調整できるタイプにはなっておりますが、それでもやはりスライス系が持ち玉の方はやめておいたほうがいいでしょう。 そしてこの中古ドライバーは非常にコスパがいいです。 高くても中古相場で2万円半ばで間違いなく購入できると思います。 もちろん状態いいものを探せば高くなりますが、特に外観気にしなければ1万円前半でも見つけることができますので、そう言った意味でもおすすめです。 飛距離性能抜群• 方向性良し• ミスの許容範囲が広い このブリヂストンの中古ドライバーは捕まりやすいヘッドですので、 スライサーの方におすすめとなっております。 ミスにも非常に強く、方向性も抜群なのでドライバーが苦手な初心者ゴルファーの方には ぜひ一度試していただきたいドライバーです。 ただし、この中古ドライバーは冒頭でお話しした通り「捕まりやすい」ドライバーですので、 捕まりすぎて困っている上級者の方はシャフト選びに注意したほうがいいかと思います。 方向性抜群• 飛距離性能良し• ミスの許容範囲が広い• 直進性能良し 低スピン中弾道でボールを飛ばすドライバーですので飛距離性能抜群です。 なおかつ捕まりやすいので、今までスライスに悩んでいた方はこのドライバーを使うことで ストレートに近い弾道になるかと思います。 打感は非常に硬いですが扱いやすい中古ドライバーですので、 アベレージゴルファーにはおすすめとなっております。 実際私も試打してきておりますので、気になった方は以下の試打記事もぜひご覧ください。

次の

スライサーにおすすめのシャフト(ドライバー)

ドライバー おすすめ スライサー

曲がらないドライバー、スライサーにオススメ• 追加更新• 追加更新• 追加しました• 曲がらないドライバー、スライスしないドライバー 曲がらないドライバー、スライスしないドライバーというのは、残念ながら存在しません。 ただし、曲がってしまう、スライスしてしまうことを減らしてくる要素を持ったドライバーはあります。 捉まり重視のドライバー、自然とフックが打てるドライバーを紹介します。 自分にピッタリな、スライスを減らせるドライバーを見つけてください。 曲がらないドライバー、スライサー向けドライバーの特長 右利きのゴルファーの殆どは、スライスに悩んでいます。 手で振ったりすると、フェース面が開いたままインパクトしてしまうので、スライスしやすくなります。 スポンサー広告 重心距離よりも、重心角(重心アングル)が重要 最近は、重心距離が短くても、捉まりを抑えられているドライバーもあります。 ですので、重心距離が短いのか、長いのかを確認するよりも、重心角(重心アングル)が大きく入っているかどうかを確認されると良いです。 ゴルフのドライバーで捉まるの意味 よく捉まる、ボールが捉まると言います。 その意味は、インパクトに向かってドライバーヘッドが閉じるようなローテーションをするという意味です。 ヘッドローテーションすることで、ボールがフェース面で滑って右方向に抜けずに、ターゲット方向に向けて弾き飛ばすことができます。 スライス回転を減らせますし、真っ直ぐ飛ばせます。 捉まったボールが打てればミート率が上がる スライスを打っているということは、ドライバーのフェース面が開いている状態となっており、フェースの弾きが弱いです。 捉まったボールが打てるようになれば、フェース面でボールを強く弾くことができるようになるので、ミート率が上がります。 スライスを減らすと得られる効果 重心距離が短いドライバーで、捉まったドライバーを使って、スライスを減らすことができたときのメリットを紹介します。 OBを減らす・OBをしない 重心距離が短くて、捉まるボールが打てるようになると、スライスを減らすことができますから、OBを減らすということになります。 OB=OutofBounds(アウト・オブ・バウンズ)のことです。 意味としては、指定された区域外です。 ゴルフでいうところの、フェアウェイじゃないところ、コース外にボールが飛んで行ってしまったということです。 スライスボールを打つということは、フェースが開いている また、スライスというのは、基本的には、ボールが右に曲がってしまう状態でインパクトを迎えているということです。 すなわち、フェースが開いているということです。 フェースが開ているということは、飛球線に対して、フェースが右に向いていますから、ボールが右に曲がってしまうのです。 ですから、フェースを開いてインパクトして、スライスするということは、正しいということです。 そして、フェースが開いたまま打ってしまうと、ボールが高く上がり、右に曲がってしまい、OBになってしまいます。 OBは、いっきにダメージを受けてしまいますので、絶対にOBを打たないというのが大切です。 重心距離が短いドライバーは、ヘッドが返りやすくなりますので、フェースの開きを抑えて、インパクトすることができます。 ですから、スライスを減らして、OBを減らすことができます。 捕まるドライバーのメリット ボールが捕まるドライバーのメリットは、大きく2つありますので、紹介します。 メリット1 スライスしない 重心角(純真アングル)が大きくて、ドライバーヘッドが返りやすくて、ボールが捕まるドライバーの最大のメリットはスライスしないということです。 そして、もうひとつメリットがあります。 それは、フェース面の反発力を活かすことができます。 メリット2 フェース面の反発力を活かせる 最近のドライバーは、ルール適合範囲内でフェース面の反発力が高めています。 ボールが捕まえると、そのフェース面の反発力を最大限に活かすことができます。 簡単にいってしまえば、ミート率が上がって、飛距離アップが望めます。 スライス減らしたいゴルファー向けのドライバー 最近、打ってみたドライバーの中でスライスし難いと感じたのは、テーラーメイド Mグローレ ドライバーとプロギア RS RED ドライバーです。 どちらもボールが捕まるし、フェースの弾きが良いので、当たり損ないの打ち方でも、けっこう飛ばせます。 テーラーメイド Mグローレ ドライバー 特徴 テーラーメイドの中でもボールが捕まりやすくて、誰でも簡単にドローボールが打てるドライバーです。 テーラーメイド側としては、重心角(重心アングル)を公表してませんが、重心角(重心アングル)がとても大きく入っています。 30度くらいは入っていると感じます。 プロギア RS RED ドライバー 特徴 クラブ総重量が軽くて、振りやすくて、ボールが捕まりやすいです。 スライスを減らして、弾いて飛ばせるドライバーです。 もともと高反発ドライバーを作ったりすることも得意なメーカーですので、ルール適合内でフェースの反発性能も高いドライバーとなっています。 テーラーメイド Mグローレ ドライバー テーラーメイド公式ネットショップ 価格が安くなってます。 新品、ヘッドカバー有、送料無料です。 スライスしないドライバーを探してる人におすすめです!税込価格 42,900円となってます。 テーラーメイドの最新モデルのドライバーです。 最新モデルのドライバーが登場してますが、かなりボールが捕まるドライバーです。 真っ直ぐ飛ばすドライバーといえば、エムグローレです。 ボールが捕まるだけではなく、ツイストフェース、ハンマーヘッドが搭載されており、テーラーメイドの最新テクノロジーを搭載した、優しく飛ばせるドライバーです。 軽量で振りやすい 純正装着シャフトのフレックスSでも、クラブ総重量が281グラムとなっており、超軽量です。 軽いといっても、ヘッドが効いているので、無駄に速く振ることはできませんので、バランス良く振れます。 実際に打ちましたが、軽量なので速く振ることができるので、ヘッドスピードが速くなります。 とにかくスライスが打てません スライスが多いゴルファーに朗報です。 Mグローレ ドライバーは、スライスが打てません。 フェースを開いて打っても、真っ直ぐ飛びます。 フェースをスクエアにして打てば、自然とドローボールが打てるというほどに、捉まりが良いです。 スライスが減らせれば、飛距離アップを望めます。 Mグローレ ドライバーは、テーラーメイドの曲がらないドライバーです。 スライサーがドローを打てるドライバーとして人気があります。 日本未発売のD-TYPEドライバーに似てる 日本国内では販売されませんでしたが、テーラーメイドの捉まり重視の、ドローが打てる、D-TYPEドライバーがあります。 その、D-TYPEドライバーに似たような、捉まりの良さです。 テーラーメイドのドライバーの中でも捉まりが良いドライバーです。 Mグローレドライバーは最新モデルで値段も高いですが、今までのテーラーメイドのドライバーの中でも本当に捉まり重視で飛び性能も高くなっています。 飛んで+曲がらない+高弾道 という3つの要素が手に入るドライバーです。 そして優しく飛ばせるドライバーです。 実際に打ってみた感想も紹介してますので、ドライバー選びの参考にしてください。 テーラーメイドの2020年モデルとなります。 アスリート向けのラインナップで、これほどにスライスし難いドライバーは初めてかと思います。 ドローバイヤスは入ってないようですが、かなり低スピンなボールが打てます。 スピン量が少ないので、ボールが曲がる要素となる、スライス回転も少なくなって、曲がり幅が減ってます。 つまり、飛んで曲がらないドライバーということです。 今までのM4ドライバー、M6ドライバーと打ち比べてみても、あまり曲がりませんし、直進性が高くなってます。 従来のドライバーならば、ブーメランのようなスライスボールで右の林に飛び込んでしまう感じの打ち方をしても、それほど大きなスライスになりません。 もちろん、わざとスライスさせればできるかと思いますが、OBにならない程度の曲り幅でおさまるので、ティーショットが安定します。 実際に試打をしたところ、意外にもボールが捕まって飛びます。 ゼクシオイレブンドライバーの特徴としては、手元側に重心を置いており、特殊な専用シャフトを装着してます。 また、ドライバーヘッドは今までとはデザイン的にも構造的にも一新されており、とても弾きが良くてボールが捕まってくれます。 ゼクシオイレブンドライバーの特徴3つ ゼクシオイレブンドライバーには以下の3つの特徴があります。 手元重心でカウンターバランスで打てる• ボールが捕まる• フェースの弾きが良い もっとも効果を感じるのは、手元重心でカウンターバランスで打てるという点です。 はじめはカウンターバランスが打ち難く感じしてミスショット連発しますが、慣れてくると自然とヘッドが加速してくれるので、強いインパクトで打てます。 これが最も飛距離アップさせてくれる要因になってると感じました。 スライスしないドライバーランキングでも上位に入ってくるドライバーです。 捉まり抜群、アップライト、進化したスピードポケットで弾きも良くなっています。 曲がらない、飛ばせる、スライスを減らせるドライバーです。 優しく高弾道が打てますし、確実に飛距離アップできるドライバーです。 基本的にテーラーメイドのドライバーは、フェースの弾きが良くて、飛ばせます。 グローレF2ドライバーは、捉まりが良くなっており、ストレートボールが打ちやすいです。 スライスが減らせる構造となっていますので、100切り目指すゴルファー、それ以上のスコアを目指すゴルファーにピッタリなドライバーです。 テーラーメイドのスライスしないドライバー M2ドライバーでスライスが増えた、M4ドライバーもイマイチ、スライスが多いと感じている人は、グローレF2ドライバーがオススメです。 捉まって、弾くので、平均ミート率が高くなります。 グローレF2ドライバーは、テーラーメイドのドライバーの中でも、捉まり重視のモデルとなっており、スライスを減らすことができる構造を取り入れたドライバーです。 OB+前進4打を減らせます! また、ボールスピードが速くなり、平均飛距離アップを体感できます。 頑固なスライスをやっつけてくれる、スライス撲滅できる、捉まるドライバーです。 スライスを減らすドライバーの打ち方 スライスしてしまう場合は、打ち方が悪い訳です。 手打ちとなっていて、フェース面が開いてインパクトすると、スライスが出やすくなりますし、プッシュアウトしてしまいます。 そして、手で打っていると、スイング軌道は、アウトサイドイン軌道になりやすくなりますから、ドライバーヘッドが外側から入ってきて、左方向へ抜けていきます。 ボールは少し左方向へ飛び出して、スライスしてきます。 これが、捉まりの良いドライバーを使うと、スライスせずに、ボールが左方向へ飛び出して、 さらにフックするというチーピンに なってしまう可能性がありますので、注意してください。 スライサー向けドライバーの打ち方 スライサー向けドライバーの打ち方は、従来のドライバーと打ち方は同じです。 打ち方を変える必要はありません。 また、ボールの置く位置も、今まで通りで問題ありません。 いつも通りにスイングをしてもらえれば、ボールが捉まって、スライスを減らして飛ばすことができます。 ドライバーを速く振ろうとか、飛ばそうとか思わなくても大丈夫です。 初めは、スリークォーターショットくらいの感じでドライバーを打ってみて、ドライバーのフェース面が確実にボールにヒットして、フェース面でボールを弾き飛ばす感覚を養いながら練習をすると、ヘッドスピードが遅くてもの威力を武器にできます。 捉まり過ぎるというデメリットがあるかも 曲がらないドライバーというのは、スライスが多くて悩んでるゴルファー、スライスが多くてOBに悩んでいるゴルファー向けのドライバーです。 ですから、従来のドライバーよりも捉まりが良くなっています。 捉まりが良いのですが、捉まり過ぎてしまってフック系のミス、左方向へのミスが増えることがあります。 曲がらないドライバーというのは、従来のドライバーに比べて、ヘッドローテーションしやすくなっています。 インパクト瞬間にヘッドが閉じて、ボールを捉まえることができます。 ですから、スライス回転を減らすことができるのですが、もともとインサイドから打ちやすいゴルファーの場合、捉まり過ぎてしまって、打ち出し方向がはじめから左方向となってしまうこともあります。 この場合、フック系のミスが出ることがあります。 このような場合は、ボールを直接狙って打つというよりは、ボールの少し手前を狙って打つイメージを持つと良いです。 ボールの少し手前にスイングの最下点があると仮定し、ボールの手前で手首のコックを解放してしまうイメージです。 すると、捉まりを少しだけ抑えられます。 最初から少しフェースを開いておく 捉まりが良すぎると感じた場合、アドレスで少しだけフェースを開いて構えて、フェースが少し開いている状態で打つという方法もあります。 どれくらいフェースを開くのかは実際に練習場で打ちながら自分の感覚で試してみると良いです。 テーラーメイドMグローレドライバー、テーラーメイドグローレF2ドライバーは、少しフェースが開いていてもストレートボールが打ててしまうほどに捉まりが良いです。 自分の感覚でフェースの開き具合を調整すると良いです。 弾道調整機能を活用する 弾道調整機能が設けてあるドライバーの場合、フェース向きを少しだけオープンにしてあげると、捉まりを抑えて、ストレートボールが打ちやすくなります。 テーラーメイドグローレF2ドライバーは、弾道調整機能が付いているので、フェースを少しだけ開くように調整してあげると、意外とストレートボールが打ちやすくなります。 スライスを減らすと飛距離が伸びる? スライスを減らすことができれば、飛距離が伸びます。 理由としては、スライスというのは、ボールが右に曲がってしまうからです。 曲がった分だけ、直進性を 失ってしまい、飛距離が落ちます。 ですから、出来る限り曲がらないボールを打つことが大切ですし、スライスを減らせるドライバーを使うことが大切です。 また、スライスを減らすドライバーだけに頼らずに、適切な打ち方を覚えるということも必要となります。 スライスを減らすと飛ぶ! スライスを減らすことができれば、飛距離アップできます。 スライスボールというのは、ボールが右に曲がっていきます。 曲がった分だけ、飛距離を損してしまいますから、飛びません。 有名メーカーやプロゴルファーが使ってるドライバーなど 有名メーカー、プロゴルファーが使っているドライバーなどは、捉まりを抑えたモデルが多いです。 ヘッドスピードが速いことと、自分でヘッドターンをしながら、ドローボールを打つことができるので、むしろフェースがオープンになっているようなモデルもあります。 オープンフェースの方が、捉まりをコントロールすることができるので、ドローを打ったり、フェードを打ったりすることができるからです。 有名メーカーのドライバーは、人気がありますし、革新的なアイデアが詰め込まれているのは、事実です。 ですが、本当に自分が使いこなせるのかどうかを冷静に考えることも大切です。 マイナーなメーカーでも、本当に良いドライバーは多いです。 また、捉まりが良くて、自然とドローボールを打てるようなドライバーもあります。 ブランド力を持った、知名度の高いメーカーのドライバーは、魅力的です。 見た目の良さとか、知名度とかよりも、本当にスコアアップにつながるようなドライバーを使ってほしいのです。 関連記事• 関連コンテンツ記事.

次の