リゾートマンション 口コミ。 沖縄の長期滞在、コンドミニアムやリゾートマンションでロングステイ

【ホームズ】越後湯沢駅(新潟県)の中古マンション物件一覧・購入情報

リゾートマンション 口コミ

苗場のリゾートマンション不動産売却 日本がバブル絶頂期に作られたリゾートマンションが苗場と湯沢には沢山ある。 略してリゾマンって言われたりする。 恥ずかしくて口ではリゾマンって言えない。。 リゾマン。。 売出し当時、三千万円代だったこの苗場のリゾートマンションを 10万円で売り抜け出来た話~。 親から相続してリゾートマンションを持っている人、結構いると思うんですよね。 今、不動産売らないと苗場のリゾートマンションは売れないです。 ババ抜きのババ状態で手放せません。 ところでバブル絶頂期っていつ? ウィキペディアによると1986年から1991年までのことを差すことが主であると。 資産価値がどんどん上昇していたので資産を持っている人はどんどんお金が増えていく。 (不動産関係の社長さんは凄かったみたい) それが永遠に続くと思い込んでいるのでどんどんお金が使われるそんな時代。 私の親はバブルの時に好景気がこのままずっと続くと(多分)思い込み(実際は聞いていないのでわからない)3000万円台のリゾートマンションを買ってしまったのだ。 当時のパンフレットはやたら「ザナドゥ、ザナドゥ・・」と。 そこには、聖なる河がゆったりと流れ、樹々は繁り、峡谷は美しく、さまざまな草花が咲き乱れていた。 Xanadu(ザナドゥ)壮麗な宮園はフビライ・ハーン(1215~1294)が建設したと言われるプライベートリゾート。 イギリスのロマン派詩人サミュエル・テイラー・コールリッジ(1772~1834)も夢幻性豊かな詩作「クラブカーン」によって美しきザナドゥへの思いを魅せた。 ザナドゥ それは私たちが気軽に出かけることができる。 まさしく現実の理想郷である。 ザナドゥってなんだよ、、 凄い謳い文句、これが苗場のリゾマンってやつだ。 バブルが崩壊してから管理費等を払うのが厳しくなり知り合いの会社の人に代りに払ってもらいその会社の保養所として使っていたみたいだ。 当時学生だった私は冬に行くときはその会社の人に使用予約をしてから行かしてもらうって感じで1年に多くて2回行っていた。 当時は苗場スキー場浅貝ゲレンデがオープンしていて歩いていけるスキー場激近物件だった。 苗場プリンススキー場への車で10分位。 リゾートマンション前から送迎バスまでついている。 一番お気に入りだったのが大浴場。 広くて解放感があってサウナもジャグジーも付いている。 ビリヤードもあって卓球も。 小さいけどちょっとしたジムも。 部屋から苗場プリンスのスキー場の景色も見ることができる。 平成に入って建てられたリゾートマンションだから建物自体もそれなりにいい。 このリゾマンに友人を連れていくとそれなりに喜ぶ。 苗場に別荘(リゾマン)があるって。 スキー場で滑ってから大浴場で温まって部屋で宴会。 ホテルに宿泊ではない楽しさが苗場のリゾートマンションがあった。 苗場リゾートマンション「未来永劫続く負の遺産」売れない 私が社会人になってから、管理費等を払っていた会社が廃業をしたのと同時期に200万円で売りにだす。 冬に数回しか使わない贅沢なリゾートマンションの維持費に管理費と固定資産税で年間60万円。 夏は一回も使わない。 このリゾートマンションの維持費で結構贅沢な旅行が行けてしまうって考える。 越後湯沢駅前のこのあたりでは一番大きな不動産会社リゾートマンションを多く扱う、ひまわり不動産に売却のお願いをする。 200万円で暫く掲示してもらっても内覧の問い合わせの一つもない。。 ちょうどこのあたりからメディアで湯沢や苗場のリゾートマンション特集がされ「未来永劫続く負の遺産」やら「負動産」とやら言われ始めた。 学生時代はリゾートマンション内の同じ階では賑やかな声が廊下まで響いていたが今やハイシーズンでもひっそり静まり返っている。 当時は大浴場も混雑していて時間をずらして入ってたりしていたが、近年はほとんどいない。 いたとしても年配の方ばかり。 夕方、外から見る明かりもまばら。 静まり返って逆に怖いくらいだ。 苗場の前の通り、国道353号で買い出しできるところはほぼ無くなり、湯沢のスーパーのぐちまで買い出しにいかなくてはならない。 重たいビニール袋を抱えリゾートマンションのエレベーターに乗ると内にずらーと張り出されている〇〇〇号室の〇〇〇管理費滞納3年、別の〇〇〇管理費滞納6ヶ月という警告書。 この張り紙をリゾートマンションのエレベーターを見るたびに売却への焦りを感じた。 早く手放さないと子、孫の代まで未来永劫払い続けなければいけない管理費、共益費、修繕積立費と固定資産税。 ゴミと違い捨てようにも捨てられない。 苗場のリゾートマンションが出来た当時は数千万円したマンション、このリゾートマンションを手放したいと思っても簡単に手放せない。 いってみればババ抜きと同じだ。 湯沢に来るスキー来場者がピーク時の1992年、800万人だったのに対し2018年は230万人。 バブル崩壊から今なお減り続けている。 苗場のリゾートマンションのスキーロッカーの上からはもうスキーの板の先っちょがほとんど見えなくなった。 当時はタケノコのようにスキーの板がロッカーの上から出ていたのに。。 誰もスキーの板は置いていないのだろうか。 苗場がもっと賑わっていたころはロッカーの端にあるワックスかけるところは渋滞。 ワックスがけ待ちができていた。 しかし近年はロッカーは全ての電気が消され静まりかえり怖い。 もう、今を逃したららリゾートマンションを売却出来るチャンスは巡って来ない。 そう感じたりもした。 ついに苗場リゾートマンション10万円で売却 今、この時期に売らないでいつ売るの、いや売れるの?!って事で苗場のリゾートマンションを200万円から10万円に下げて売りに出した。 同じリゾートマンションの相場を見て10万円で売りにだすのは少し安すぎだからもう少し高く設定しようかなと何回も思った。 1人2人位しか寝れない1Kのリゾマンじゃないので100万、いや60万位かな?って感じで。 シーズン前に売却出来ないといつになるかわからないので最後は覚悟を決めて10万円で掲載してもらった。 すると早速問い合わせがあってトントン拍子に話が進み、リゾートマンションを売却する事ができた。 外国の方が購入し、引き渡しの時は高級リゾートマンションが10万円で買えるなんて夢の様だ、今さら売らないなんて言わないでよ。 っていうくらい喜んでいた。 私もこの一生逃れる事の出来ない呪縛と思っていたが売却出来て夢の様だった。 リゾートマンションの今後は? もう間違いなく最後はゴーストタウンになると確信した。 実際に数十年の間、苗場スキー場&苗場プリンス、苗場浅貝スキー場、苗場のリゾートマンションを見て感じた実体験から感じる。 リフト、ゴンドラの待ち時間、ゲレ食、街、明かり、年齢層から。 湯沢や苗場にリゾートマンションを所有している方で「最近行ってないな~」と思う人は生活スタイルも変わったので今後もあまり行かない可能性が高い。 1万円でも売れない可能性があるので早く売りに出したほうがいい。 タワーマンションも暫くしたら売却したほうがいい。 湾岸のタワーマンションも苗場のリゾートマンションと同じで必ず同じ道をたどると思う。 立地は良いので金額を下げればすぐ売れるけど。 湾岸エリアは行くたびに新しいタワーマンションがニョキニョキ建っている。 ステータスと流行りもあって凄い量のタワマン。 首都高を夜走ると何十年もの前、人々が描いていた未来の都市のような感じにも思える。 昔のリゾマンの様だ。 リゾートマンションにはゲストルーム、温水プール、スポーツジム、ビリヤードだってある。 現代のタワーマンションは昔のリゾートマンションだ。 30年前バブル期に建てられた苗場のリゾートマンションが現状の姿。 リゾートマンションがブームだったバブルの頃は誰が将来価値が暴落すると予想できただろうか。。 東京都の人口は23年連続で増え続けてきているけど30年後の事は誰にもわからない。 湾岸エリアのタワーマンションに住む人は、なぜか東京出身の人が多くはない。。 これが全てを物語っている・・・.

次の

1戸1万円!? 越後湯沢発、リゾートマンション価格暴落という大問題

リゾートマンション 口コミ

私がご相談を頂いているお客様の中にも愛犬や愛猫と一緒に過ごせることを第一条件に希望される方も多くいらっしゃいます。 そこで、今回はペットにとっての熱海・湯河原エリアの魅力をあわせて、ペットと過ごせるリゾートマンションを比較しながらご紹介させて頂きます。 【熱海・湯河原エリアの魅力】 ・アクセス ペットにとって移動のストレスはリゾートを愉しむ上でオーナー様が最も懸念されることかもしれません。 まず、アクセスの良いエリアというのがペットと過ごすには条件の一つになるかと思います。 熱海駅だと新幹線で東京から39分、お車でも約1時間半で到着するので、安心して連れて行くことができるのではないでしょうか。 そんな背景もあり、熱海・湯河原エリアは、ペットと一緒に過ごすための環境も整い、最近では一緒にお散歩やドライブを楽しんでいる方をよくお見かけします。 ・周辺環境 テラス席から海を一望できるお洒落なドッグカフェもございます。 愛犬や愛猫と一緒に海を見ながらゆったりと過ごす時間は格別です。 また、熱海・湯河原エリアは海と山に囲まれているため、お散歩コースのバリエーションも豊富です。 サンビーチで海を眺めながらのお散歩や、熱海梅園や姫の沢公園で四季の移ろいを肌で感じながらのお散歩もおすすめです。 その他、なかなか旅行にペットをお連れしたことがないと、オーナー様はいつもとは違った環境の中で愛犬や愛猫の体調も心配されます。 その点熱海駅近辺には動物病院もあるので急にペットの体調が悪くなった際も安心かと思います。 【熱海・湯河原エリアのペットと過ごせるリゾートマンション比較】 そんな、オーナー様にとっても、ペットにとっても魅力満載の熱海・湯河原エリアにはペットホテルや、一緒に宿泊できるホテルもあります。 ただ、頻繁にペットと一緒に訪れているうちに、せっかく一緒に旅行に来たのなら、お部屋の中でも一緒に過ごしたり、時間を気にせずゆっくりと過ごしたいと思うようになる方も多いようです。 ペットと過ごせるリゾートマンションなら、愛犬や愛猫を知らない土地でお預けする必要はありません。 もちろんチェックインやチェックアウト、また予約も必要ないので思い立った時に好きなだけゆっくりと過ごすことができます。 今回は熱海・湯河原エリアのペットと一緒に過ごせる物件の中でも、最寄駅別に駅から徒歩15分以内のリゾートマンションを一覧にしました。 各マンションの雰囲気や規模感がイメージできるよう、建築年と総戸数、そして特長をまとめましたのでぜひご確認いただき、ご検討の参考にしてくださいね。 熱海エリア 新幹線の停車する熱海駅。 徒歩圏内のペットと楽しめるリゾートマンションは9棟。 総戸数14戸から299戸まで幅広い規模の物件があるのが特徴です。 最寄駅 徒歩 物件名 建築年月 総戸数 特徴 熱海駅 2分 平成18年1月 46 熱海駅より徒歩2分で、全戸南向きの開放感とプライバシーに満ちた快適な居住空間 2分 平成19年6月 25 「温泉大浴場」「屋上スカイテラス」「ペット専用温泉コーナー」のある、全戸海の見えるマンションです。 3分 平成21年6月 71 熱海駅と海岸からの程よい距離感が魅力。 趣の異なる秘湯のような温泉をお愉しみ頂けます。 5分 平成15年2月 69 熱海駅徒歩5分、相模湾を一望する地に建つ貸切家族露天風呂付マンションです。 9分 平成2年3月 14 重厚感溢れる豪壮な造りのマンションです。 全14邸のプライベート空間です! 9分 平成14年10月 141 熱海駅徒歩9分(約720m)の好立地!貸切家族風呂や多彩な共有施設も魅力です。 10分 平成23年9月 115 大海原を眼下に見下す雄大な眺望、四季折々の彩で愉しませてくれます。 12分 昭和50年2月 299 熱海駅徒歩約12分(約960m)熱海では数少ないレストラン・室内プール保有の相模湾一望のマンションです。 来宮駅 9分 平成4年9月 113 緑豊な西山地区に建つ三井不動産 株 分譲のハイグレードマンション 14分 平成3年7月 40 熱海梅園まで徒歩圏内 熱海の高台より市街地を望む 湯河原・真鶴エリア 温泉自慢の物件から海を間近に見る物件まで。 ペットにもオーナー様にも満足いただける物件がございます。 最寄駅 徒歩 物件名 建築年月 総戸数 特徴 湯河原駅 2分 平成17年1月 61 由緒ある温泉地・湯河原の風情と街の利便性を享受できる立地。 街並みが見える露天風呂付展望温泉大浴場もあります。 2分 平成21年3月 170 「湯河原」駅に隣接という立地と、充実した共用施設が魅力。 また温泉は天然の良質な敷地内温泉、戸別温泉引き込み住戸もあります。 3分 平成19年5月 100 四季折々の豊かな自然に囲まれ駅前の利便性に良い場所に位置し定住・リゾートとしてもご利用可能。 上層階に眺望大浴場有り。 3分 平成20年7月 103 正面に広がる「御庭公園」の緑に調和する佇まい。 東には相模湾が広がり、歴史ある名湯・湯河原温泉が愉しめます。 14分 平成24年2月 221 ダイナミックな眺めの全室オーシャンビューのマンションです。 真鶴駅 8分 平成19年8月 17 真鶴の高台に佇むドッグラン付きマンション。 15分 平成21年1月 120 大海原を堪能する全戸オーシャンビューのマンションです。 真鶴半島の豊潤な緑、太陽のきらめきを愉しめます。 規約によって各マンションごとにサイズや頭数が定められています。 物件の詳細につきましては にお問い合わせください。 また、その他のご要望がございましたら別荘コンシェルジュ編集部、吉岡までお問い合わせください。

次の

リゾートマンション

リゾートマンション 口コミ

2月上旬に4泊しました。 指宿は思っていたよりも風が強くて寒かったです。 特にマンションの駐車場からエレベーターに乗って部屋に入るまでが、ちょうど風の通り道にあたり身体が飛ばされそうになるほどでした。 部屋の中もエアコンは付いていますが夜になると冷えてきます。 上階(メゾネットなので)にあるルーフバルコニーは広くて景色も良さそうでしたが寒くてとても外に出る気にはなりませんでした。 気候の良い時期であれば気持ちが良いと思います。 台所の設備はかなり古びていて残念でした。 車で5分足らずのところにコンビニ(ローソン)と、ものすごく広くて大きな(アメリカ並み)スーパー「ニシムタ」・・・・こちらの口コミを読んで行きましたので助かりました・・・・があります。 スーパーは衣料品から食料品、日用品とにかくなんでもあります。 但し広すぎて品物を探すのに苦労しますが。 「砂楽」という砂蒸し風呂の施設がななめ前にあります。 滞在中 国民休暇村の砂蒸し風呂・山川温泉の砂蒸し風呂・「砂楽」と3か所に行きました。 お車がある方は「砂楽」以外のところをおすすめします。 「砂楽」は人が多く、お風呂もあまり清潔ではありませんでした。 ・・・・中国からの観光客が多く、お風呂に入るマナーを知らない人が多かったからかもしれません。 ありえないのは女性の風呂に砂蒸しに行くゆかたを着た男性が平気で入ってきてあわてもせずに出て行ったことです。 店の説明と管理が悪いようです。

次の