鬼怒川 温泉 ライン 下り。 鬼怒川について教えてください。

鬼怒川ライン下りで四季折々の渓谷美を堪能!ゆったり漂う舟に身をまかせて森林浴も│観光・旅行ガイド

鬼怒川 温泉 ライン 下り

Contents• ライン下りってどんな体験ができるの? まず鬼怒川ライン下りはどんな体験ができるのか説明していきますね。 スリル満点の川下り 鬼怒川の渓谷を定員20〜30人ほどの乗合船を船頭さんが操って、鬼怒川を南下していくのがライン下りです。 水しぶきが飛んできたり、時にはキャーーとか、ワーーーなんて声を上げながら川下りが楽しめますよ。 約40分で全長約6キロのスリル溢れる船旅を味わう事ができます。 大自然が創造した渓谷美を眺めながら、鬼怒川の素晴らしさを満喫できる最高の体験ができます。 危険はない? 1人1個ずつ救命胴衣の準備もあり説明もしてくれます。 船頭さんが安全に楽しいライン下りを体験させてくれるので、安心して船に乗ってられますよ。 事故とかは大丈夫なのかなって、思う人もいるかもしれませんが大丈夫です。 急な流れの所もあるけど乗合船の船頭が、安全に楽しませてくれますよ。 ライン下りができる期間、雨天や悪天候の時は? ライン下りは一年中できるのではなく、 4月中旬から11月下旬(期間中無休)の期間だけになります。 また、天候にも左右されるので、 大雨、雷雨、強風、または河川の増減水により予告なく運休することがあるようなので要注意ですよ。 小雨程度ならカッパを貸し出してくれるので、それを着用して乗船できるみたいです。 雨が振りそうな時は、電話で乗船できるか確認してみるのをオススメします。 鬼怒川ライン下り 【電話番号】 0288-77-0531 スポンサーリンク 濡れるの?ライン下りを楽しむ為の最適な服装、荷物、持ち物 どんな服装で行けばいいの? どんな服装、靴でもOKです。 船の両側に水よけのビニールがあるんですけど、座る位置によっては水しぶきで多少濡れる事があります。 といってもビショビショになる訳ではありませんよ。 本当にかるーく水しぶきが飛んでくる程度です。 水よけのビニールを上げる練習も事前にするので、あまり濡れる心配はあまりないと思います。 必要な持ち物はある?着替えは必要? 船には屋根がないので夏場や日差しが強い日は、日焼け防止のため、 長袖の服もしくは日焼け止めクリームを持って行きましょう。 女性は特に日焼け対策は欠かせませんからね。 あと水しぶきで軽く濡れる事もあるので、 心配な方はタオルを持って行きましょう。 鬼怒川は渓谷になっているのでずっと日差しを受ける訳ではないですけど、屋根がないので夏は特に日焼け対策はしておいた方がいいですよ。 雨の日は 雨の日は着替え、タオルを持って行った方がいいかもしれません。 カッパを貸出してくれるのですが、それでも多少濡れる場合があると思います。 受付、ロッカー、休憩所もある乗り場を紹介 では次に乗り場を紹介していきますね。 受付はここの1階にになるので場所も覚えておいてくださいね。 東武鬼怒川温泉駅からライン下り乗り場へのアクセス 東武鬼怒川温泉駅を出て、駅前にある通りを渡り、まっすぐ進むと下の画像の看板が見えてきます。 乗り場はこの看板に書いてある、 階段の下の建物になります。 鬼怒川温泉駅から徒歩5分なのでアクセスが良くて行きやすいですよね。 ただ 階段が急なので降りる時は注意してくださいね。 乗り場内を紹介 入り口を入ると受付があります。 こちらで乗船の手続きをしてください。 2階は休憩所になっていて自販機やトイレ等があります。 大きな荷物がある人も安心! 入り口を入って左手にコインロッカーがあります。 料金は 乗船場では着替えもできるようになっています。 乗り場と終点の降りる場所は違います 川を下って行くので乗り降りする場所が違うんです。 ではどうやって戻ってくるのかも含めて説明していきますね。 降りた場所から戻ってくる方法は? 降りた場所から無料シャトルバスで戻ってくる事ができます。 鬼怒川温泉駅とライン下り乗り場の駐車場で下車できるので、荷物をロッカーに預けてない方はそのまま駅で降りるのもありですね。 バスでの移動は下船場から10〜15分ぐらいです。 スポンサーリンク 鬼怒川ライン下り情報 楽天たびノートで、鬼怒川ライン下りの電話番号や営業時間などの基本情報、周辺の宿やホテル情報が詳しく書かれてます。 鬼怒川ライン下り基本情報 鬼怒川ライン下り周辺の宿、ホテル情報 まとめ 鬼怒川ライン下りに行くなら持ち物や準備はしっかりしていきたいところです。 天候が悪くない限りビショビショになる事はないですが、 不安な方は一応タオル、着替えを持って行くのがオススメです。 それと日差しが強い日は、 日焼け対策で帽子、日焼け止めクリームなども持参した方が良いですよ。 乗船場もとても使いやすくなっているし、スタッフの方の対応もとても親切なのでわからない事があったら聞いてみてくださいね。 鬼怒川ライン下りは鬼怒川名物です。 楽しい思い出を作って観光を楽しんでくださいね。

次の

鬼怒川ライン下り|観光情報検索

鬼怒川 温泉 ライン 下り

鬼怒川について教えてください。 来週、鬼怒川に行きます。 当日は鬼怒川温泉駅に昼12時半に到着でして着いてから近場で昼ごはんを食べて、その後なんですがライン下りに行こうかと考えています。 その際、手荷物を宿泊先に置きに行ってホテルからライン下りに向かうか、それとも先に鬼怒川温泉駅のコインロッカーにでも荷物を預けて駅から向かうかで迷っているところなんです。 ちなみに宿泊先は「あさや」です。 駅からとホテルからと、どちらが近いんでしょうか?たいして変わらない距離なんでしょうか?ホテルから徒歩で行ける距離なんでしょうか?ライン下りは一応予約するつもりでいます。 皆さんの意見?知恵?を教えてください。 ちなみに鬼怒川は生まれて初めてなんで、おすすめの店や観光地、あさやホテルのことや何か詳しい方がいらっしゃいましたら、その辺も教えて頂けると嬉しいです。 次の日に江戸村も行く予定です。 駅からホテルまで車で10分くらいで、徒歩ですと20~30分くらいかかると思います。 鬼怒川温泉駅から各ホテルを循環する『ダイヤルバス』が運行されていますが、 このバスの最終出発時間は駅を10時40分(午後はない?)となっていますのでホテルに確認してください。 タクシーでは1000円以内で行けると思います。 ・ライン下りは駅から徒歩5分くらいで行けますのでホテルに行く前にライン下りを楽しんだほうがよいと思います。 ・つり橋のある『盾岩』が駅から徒歩で15分のところにあります。 (駐車場有) つり橋を渡ると二人で鳴らす『愛の鐘』もあり、さらに盾岩に行く散歩コースもありますが4月のときはがけ崩れで通行止めになっていました。 ・日光江戸村は駅からバスで20分くらいで行けます。 ・東武ワールドスクエアには日光江戸村行きと同じバスで15分くらいで行けます。 ・鬼怒川温泉駅より先に龍王峡駅がありますがここは鬼怒川沿いをハイキングできるところで階段を下りるときれいな滝や橋からは鬼怒川の断崖、岩場が見えます。 ホテルについて ・あさやホテルは入り口(フロント)が6階で部屋には建物内のシースルーエレベーターで行きます ・風呂は地下1階に男女とも2箇所の大風呂があり、屋上に船型の露天風呂もあります。 ・夕食は80種類のバイキングでしたが目の前で料理してくれる肉、魚などや生湯葉があり満足できました。 ・朝食もバイキングで種類も多く満足できます。 翌日の駅までのダイヤルバス(循環バス)を利用する場合はホテルに出発時間を確認してください。 (仲居の安部さんも同様です) お店について お勧めの店は駅周辺では情報をもっていませんのでほかの方の情報に期待してください。 楽しい旅行になりますように!.

次の

【鬼怒川ライン下り】アクセス・営業時間・料金情報

鬼怒川 温泉 ライン 下り

栃木県益子町在住の陶壁作家・藤原郁三氏による「邪鬼(じゃき)」をモチーフとした作品で、計7体が鬼怒川の温泉街や橋のたもとなどに点在する 「鬼怒川」の地名の由来には諸説ありますが、一説には文字通り、鬼が怒ったように荒々しく流れる川を表しているともいわれています。 そんな鬼怒川の人気アクティビティが、渓谷美を最も近い目線で楽しめる「鬼怒川ライン下り」(営業期間:4月中旬~11月下旬)。 ゆっくりした川下りなので、老若男女そろって楽しめるのも魅力です。 料金は、中学生以上2,800円、4歳から小学生まで1,800円、1歳から3歳まで600円。 乗船時間は約40分ですが、下船場から無料シャトルバスで戻る時間を含めると、全行程の所要時間は約1時間10分になります。 太陽の光の加減によって虹が見えることがあるのが由来だそう 「ほら、あそこにセキレイがいるよ!」と船頭さん。 目を移すと3~4羽が水辺に近い岩場でうれしそうに戯れています。 このあたりは他にも、カワガラスやカワセミ、サルや鹿などが姿を現すこともあるそう。 「先輩たちのやり方を見ながら、自分なりのスタイルを確立していけばいいと思ってる」と話すのは、2018年でこの道26年の永山さん。 約3年間の船頭の修業を経たあと、舵取りの修業を5年ほど積み、ようやく一人前になれるとのこと。 渓谷内を知り尽くした船頭さんとのコミュニケーションもぜひ楽しんでみてくださいね。 2018年は創業50周年の記念として、天候などの条件が揃えば、特別に舟の先頭と後ろで櫂さばきの体験をさせてくれます。 筆者もさっそく、後ろで舵取りにチャレンジです。 ほかに「あゆの塩焼き(500円)」もあり、おいしく食べる方法や味の違いも教えてくれる もうひとつのおすすめは、日光の天然氷の蔵元のひとつ「」から取り寄せた天然氷を使ったかき氷です。 ゴールデンウィーク前から10月中旬くらい(その年の天候による)まで楽しめます。 日光の天然氷といえば、山間の池に引いた湧き水が自然に凍るのを待ち、切り出したあとに氷室に積み上げ、おがくずで封じ込める昔ながらの製法で作られています。 ここでも食べられるとは、感動です。 全部で18種類もあるなかで、やはりここ栃木ならではの味「果肉入りとちおとめ」を試してみないわけにはいきません。

次の