羞恥心 曲。 【ボカロ】『れるりり』10周年記念アルバムのタイトル曲 “羞恥心に殺される” MV公開

羞恥心の楽曲一覧

羞恥心 曲

この項目ではを扱っています。 閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。 「 泣かないで」 の 初出アルバム『』 リリース 規格 録音 2008年 時間 7分44秒 カシアス島田• プラチナ(、)• ダブル・プラチナ(、日本レコード協会)• プラチナ(、日本レコード協会) チャート最高順位• 週間2位 ()• 2008年7月度月間2位 (オリコン)• 2008年度年間16位 (オリコン)• 登場回数30回 (オリコン)• 2008年度年間14位 ( )• 2位 ()• 2位 ()• 登場回数17回 (CDTV) シングル 年表 (2008年) 泣かないで (2008年) 名義 () 名義 (2008年) 目次• 解説 [ ] 6月から系『』のとして、1stシングル「」に代わりオンエアされた楽曲。 「羞恥心」に続き、作詞・プロデュース、作曲で制作された。 振り付け担当も前作に続いて。 振りの特徴の1つとして、のところで手を頭上で回転させる振りが前作から継承されている点が挙げられる。 楽曲は、裾の長い背広と白いシルクハットの紳士的な服装が特徴となっている。 失恋した女性を慰めてあげようとする男性を描いた歌詞。 歌詞にある「TEQUIERO」(読み:テ・キエロ)は、で「あなたを愛しています」であるが、楽曲中では「テキューロ」と歌われている。 これについてリーダーのは「本当は好きな彼女に愛してると言いたいけど、うまく言えそうにないからあえてスペイン語で言ったけど、俺たち3人みたいなおバカな男の子が結局間違えて言ってしまった」という裏テーマがあると語っている。 のが系『』に出演した際、「泣かないで」の歌詞を絶賛していた。 上地が歌う「約束だよ」という最後の部分は当初はメロディが存在しCDでも普通に歌っていたものの、実際に歌を披露する際に「歌いにくい」という理由で上地がセリフ化させた。 以降のPVも一部の部分に差異が出ている歌唱版(めったに見ることが出来ない)とセリフ版の2種類作られている。 パッケージは、初回盤・通常盤ともに付。 ほか、初回生産分のみの特典として、がランダムで1枚封入された(下記「」参照)。 裏には、封入トレーディングカード全種が抽選でプレゼントされる応募券が付いていた。 発売日である6月25日に()、()、()にて発売記念イベントを行った。 観客動員数は大阪・名古屋では6000人、川崎では12000人 と、それぞれの会場での観客動員数記録を更新した(2008年夏当時)。 にで行われた『ドリームジャンボつるの祭り』で、リーダーのつるのがこの楽曲をソロでカバーしている。 その音源はでダウンロードできる。 オリコンチャート [ ] デイリーチャート初登場となった2008年6月24日付では、前作を大きく上回る指数で好発進したものの、同日発売の「」に倍以上の大差をつけられ2位となった。 しかしその後、6月26日付では指数差約100にまで縮まり、6月27日付では指数差約5000でデイリーチャート1位を記録した。 その後29日付まで3日連続1位を獲得した。 その結果、週間2位であったものの、初動は前作を大幅に上回り、初動のみで20万枚を突破した。 当シングルの発売直後に1stシングル「羞恥心」の売上げも伸び、デイリーチャート7位・週間チャート9位にまで再浮上し、累積売上が40万枚を超えた。 その後2008年11月24日付週間チャートまで21週連続200位以内にランクインした。 年間ランキングでは、15位のの「」にごく僅かの差で16位となった。 収録曲 [ ] CD [ ]• 泣かないで [3:52] 作詞:、作曲:、編曲:斎藤文護、岩室晶子 CX系『クイズ! ヘキサゴンII』• 泣かないで() DVD [ ]• 泣かないで 振り付け映像(マルチアングル)• 収録アルバム [ ]• (2008年10月22日) - DVDにPVも収録されている 脚注 [ ].

次の

羞恥心の楽曲一覧

羞恥心 曲

フジテレビ系バラエティ番組『クイズ!ヘキサゴンII』から生まれたイケメン三銃士、つるの剛士、上地雄輔、野久保直樹で結成された3人組ユニット。 同番組内のクイズで、上地雄輔が「羞恥心」を「さじしん」と答え、その場にいた3人のことを司会・島田紳助が「お前らは、今日から羞恥心(しゅうちしん)と名乗りなさい」と命名。 おバカ解答を連発していた番組の人気者3人組が集結した。 番組内では島田紳助に、「歌詞は間違いなく覚えられない」「歌詞の漢字を読めないのでは」「振りを覚えたら歌詞を忘れる」「完成までに1年かかる」などとユーモラスに語られていたが、作詞・島田紳助/作曲・高原兄というゴールデン・コンビのもと、08年4月に、晴れて1stシングル「羞恥心」でCDデビューを果たし、パッケージやデジタル配信を合計すると100万ユニットを突破する大ヒットを記録した。 80年代王道アイドルを彷彿とさせるお揃いの白銀の襟高コートに、超ロング・マフラーを風に靡かせ、ドリーミーで華麗な振り付け、まるで08年度の「ニューアイドル歌謡」とでも呼べるような、キラキラ輝く斬新なパフォーマンスを披露。 100%完璧ではないけれど、ガムシャラな勢いは超一級。 キャラクターも相まって その荒削りな感じも魅力的で、誰もが驚く、眩しいほどのカタルシスを感じさせる素晴らしいパフォーマンス。 まさに新しい国民的アイドル・グループが誕生した。 そんな絶大な人気を誇るなか、年末には『日本レコード大賞』特別賞受賞、『NHK紅白歌合戦』初出場を果たした。 次の日、『ヘキサゴンII 超クイズパレード新春3時間スペシャル!! 』を最後に歌手としての活動を休止。

次の

羞恥心の楽曲一覧

羞恥心 曲

この項目ではを扱っています。 閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。 「 羞恥心」(しゅうちしん)は、の1枚目の。 にのレーベル・から発売された。 ダブル・プラチナ(、)• ミリオン(、日本レコード協会)• トリプル・プラチナ(、日本レコード協会)• ゴールド(PC配信、日本レコード協会)• ミリオン(シングルトラック、日本レコード協会) チャート最高順位• 週間2位 (4週連続、)• 2008年4月度月間1位 (オリコン)• 2008年5月度月間3位 (オリコン)• 2008年度上半期4位 (オリコン)• 2008年度年間5位 (オリコン)• 登場回数50回 (オリコン)• 1位 (プラネット )• 1位 ( )• 1位 ( )• 2位 (4週連続、 )• 登場回数37回 (CDTV)• 2008年度年間7位(着うたフル) シングル 年表 - 羞恥心 (2008年) (2008年) 解説 系『』出演者の ・ ・ の3人によるのデビュー曲(グループに関する詳細は「 」参照)。 本グループ以前に同番組からデビューした3人組ユニット「」がリリースした「」に続いて、作詞・プロデュース、作曲で制作された。 楽曲のテーマは、に流行したユニット(紳助曰くイメージは)をモチーフとされ、歌を披露する際の楽曲は長く幅のあるマフラーが特徴。 ただし、同曲のみの披露でない場合は他の楽曲の衣装で歌う場合もある。 『』から生まれた羞恥心のパロディユニット「」の解散ライブにゲスト出演した際(2008年9月20日放送分)はマフラーの色が少々濃くなってほかいくつかの変化が加えられた新しい衣装で登場、10月4日のではこの時の衣装を着用し、2009年1月2日の羞恥心ラストステージでは当初の衣装を着用している。 での発売を前に先行配信された「」による件数は、配信開始4時間で4万、2日で6万、3週間で11万件 を超すなど、フジテレビ配信始まって以来の記録を樹立した。 CD発売から2週間でCD出荷枚数と着うた・着うたフルによるダウンロード件数の合計が100万ユニットを達成。 2008年夏開催のでは、いくつかの出場校や地方予選でのが同曲をで使用していた。 また2008年11月、による英語カバーが発売された。 2011年8月6日放送の『』内で発表された「日本を勇気づける名曲200曲」の中で66位にランクインした。 2018年5月30日に発売された遊助(上地雄輔)のアルバム『』で「羞恥心」をサンプリングした「羞恥心の心」が収録されている。 羞恥心デビューから10年という節目にカバーしようと決めていたと自身のブログで綴っている。 オリコンチャート デイリーチャートの時点から、この前日に発売となったの「」と1位を分け合う事態が発生した。 デイリーチャート初登場となった2008年4月8日付の順位は2位となったものの、翌9日付から12日付まで4日間連続で1位を獲得した。 しかし21日付週間チャートでは同作に及ばず初登場2位となった。 また28日付週間チャートでは、の「」に及ばなかったものの、2週連続で2位を獲得し、同時に累計20万枚を突破した(この結果、Paboのセカンドシングルとして予定されていた「」をアルバム収録へ追い込むという事態を招いている)。 この結果4月の月間ランキングは、これらの曲を抑えて初登場1位を獲得した。 これらの記録は、テレビ番組の企画から生まれたユニットの中でも数少ない。 週間チャート初登場順位では、『』からでたと同位である(同番組のの最高位は1位)。 また『』から出た、のデビューシングル「」は初登場1位であったが、初動売上は「羞恥心」が上回った。 この影響で、同じくヘキサゴンから生まれたユニットPaboの「恋のヘキサゴン」もチャート20位台に再上昇する現象が見られた。 さらに、「」が発売された際には、デイリーチャート7位・週間チャート9位に再浮上することが起こった。 その後、2009年3月30日付週間チャートまで50週連続で200位以内にランクインした。

次の