アマツ 様。 アマツ株式会社

天津神(アマツカミ)とは?国津神との違いや気になる由来・様々な説を解説

アマツ 様

門番に話しかける [内容] 門番と話てお婆さんのことを聞く [クエスト内容] 両サイドにいる門番と会話するだけです 会話を終えると次に城の城主に会いに行きます 2. 城主に会う [内容] 城主にお婆さんの病を治してほしいと頼まれる [クエスト内容] 話しかけると 「何じゃ!異邦人が何用で訪ねてまいった?」 「急ぎ用でなくば後ほどあらためてまいれ!」 選択肢が3つ出ます 1. 「御母上のお体が悪いと伺って・・・」 2. 「ここはりっぱなお城ですね」 3. 「あなたはどなたですか?」 選択肢の1を選んでください 「ふむ・・・・・・もしやそち、病について詳しい者か?」 「そうか!ふむ、大陸からまいったならばさぞ 知識豊富であろう。 」 「よしよし・・・・・・」 「近うよれ。 」 「余はこの東湖城の城主である吉長と申す。 」 「そちに会えて嬉しいぞ。 」 「さて、ほかでもない、余の母上のことなのじゃが、 ずっと病床に伏せてしまっておる・・・・・・」 「して、そちに母上の病を治してもらいたい のじゃが・・・・・・・」 「今まで名医と言われた数多の者等に診せたが、 治るどころかますます悪くなる一方なのじゃ・・・・・・」 「であるから、こうして困っていたというわけである・・」 「異邦人であるそちならば、母上の病を治せる かもしれぬ。 」 「もちろん礼ははずむつもりじゃ。 」 「母上は場外の家で休まれておる。 」 「良い知らせを待っておるぞ。 」 「それでは頼む。 」 っと会話が進みます 頼まれた後浩次に会いに行きます 3. 浩次に会う [内容] 浩次に会いお婆さんの病気について聞く [クエスト内容] 浩次はお婆さんの家の外にいます 話しかけると 「ララララララララララララ〜」 「ララララララララララララ〜」 「祈祷師様、狐が付いています。 」 「狐が好きな物を持ってるから。 」 「きつねうどんは私が一番好きです。 」 「一日三度でも食べられます。 」 「ララララララララララララ〜」 「ララララララララララララ〜」 もう1度話しかけると台詞が変わります 「祈祷師様、狐が付いています。 」 「大きい声でおどかしてみよう。 」 「声が小さくて逃げないよ。 」 「奥の神社まで付いてきちゃったよ。 狐仮面に会う [内容] 狐仮面に会い病気の治し方を聞く [クエスト内容] 狐仮面に話しかけると 「やぁ、外国人だね。 」 「ここまでボクを訪ねてきたのは狐のせいで 苦労してるからでしょう?」 「本当なら祈祷師様にお祓いしてもらわなければ ならないのにこの社はずいぶん前からこのとうり もぬけの殻なんだ・・・・・・」 「人の体にはいった狐はなかなか追い出すことが できないんだ。 」 「お酒ときつねうどんがあったら少しは楽に なるんだろうけど・・・・・・」 「でも、僕が狐についてちょっと知ってることがある から教えてあげるよ」」 「狐ってのはいたずら好きで人を威かそうとするけ ど・・・・・・恨みを持つことは珍しいんだ。 」 「恨まれたっていうことは何か人が過ちをおかした んだろう。 」 「自分が苦しむこともあるけど。 」 「近くにいる家族他友達に辛いことが起こることもあ るらしい・・・・・・」 「そこで、狐より強い動物の気配を見せれば、 怖がって人から離れることがある。 」 「うん、一度気合を入れる練習をしてみようよ。 」 ここで 「ハアアアアッ!! 」 っと選択肢が出るので OKを押します 「よし、そんなふうにこちらが強いと思わせるんだ。 」 「もちろん狐が人に憑くようになった原因を見つける のが一番だけど・・・・・・」 っと会話が進みます それが終わったら再びおばあさんに会います 5. 再びお婆さんに会う [内容] お婆さんに会い狐を退治する [クエスト内容] おばあさんに話しかけると 「クケケケケ・・・・・・・愚かな人間が また来よったな!」 「次は」どんな法で我を追い出そうと 考えているのやら・・・・・・・」 「見たところ、何処ぞで何かを学んできた様子。 」 「だが我を追い出すことはかなわぬ!キヒヒヒ!」 「ハァァァ!! 」っと言う選択肢がでてokを押します この後で 「ケケ・・・・・・・ケケケ・・・・・・」 「それでも我を追い出そうとしているつもりか?」 「クキキ・・・・・・・消えろ!! やめろ・・・ヤメロ!! 」 「このような目に遭わせた石田一門を 我が生涯かけて呪うぞ・・・・・・・!! 」 「人間よ、お前も気をつけることだな!」 「吉長に関わったお前にもいつか大きな 不幸が訪れるだろう・・・・・・・かならず・・・な」 「ギィィィィィィィ・・・・・・・」 っという会話が出た場合成功です この会話が失敗しても再びここからできますので 何度でもこのお婆さんに話しかけましょう ここで成功すると狐の尻尾を獲得します それをもって三度城主に会いに行きます 6. 三度城主に会う [内容] 城主に話しかけて通行手形をもらう [クエスト内容] 城主に話しかけると 「おお、そち!やってくれたな!」 「今しがた、母上が快気されたとの報を受けた!」 「一体何の病かと分かりあぐねていたが・・・・・・」 「まさか狐憑きだったとはの・・・・・・」 「病にかかったわけではなかったのじゃな。 」 「なぜそのような考えをせなんだか・・・・・・・」 「またいつ復讐を企むやわからぬが、とりあえず これで安心じゃ!」 「ハハハ!ハハハハハ!」 「うむうむ・・・・・・」 「とにかく、手を貸してくれたことには礼を言うぞ!」 「母上もすっかり良くなられた。 」 「して、そちに何か褒美をとらせたい。 」 「何が良いか・・・・・・」 「そうじゃ、余からそちに通行手形をやろう。 」 「これがあれば、このアマツの何処にでも 自由に出入りできるぞ。 」 「大した物ではないが、何かに役立つこともあろう。 」 「詳しいことは部下の「十郎」に尋ねてみるがよい。 」 この会話終了後通行手形を貰えます 最上階の十郎に会えばダンジョンにいけます 7. 十郎に会う [内容] 十郎に会いダンジョンへ入れてもらう [クエスト内容] 十郎に話しかけると 「何の用だ?ここには何も見るものはないぞ。 」 1. 「そうですね」 2. 「門を開けてください」 っと選択肢が出てきます 1を選択した場合 「うむ、城下のほうが見所は多い。 」 「良い時を過ごされよ。 」 っとでて普通に会話が終了します 2を選択した場合 「通行手形はお持ちか。 」 「ではすぐにご案内する。 」 「それとも説明が要るか?」 ここで再び選択肢がでます 1. 「いえ、すぐいきます」 2. 「説明をください」 1を選択した場合 「それでは門を開けよう。 」 「くれぐれも気をつけるよう。 」 っとメッセージが出てアマツDに入ることができます 2を選択した場合 「この内部は、特別な呪いによって空間が閉ざされ ている。 」 「知らずに入って迷ったが最後何者かの襲撃に遭い 命を落とすこともあろう。 」 「拙者から申せることはあまり多くない。 」 「拙者も奥深くまでは立ち入ったことが無いゆえ・・・ ・・・かろうじて生きて出た者の証言しか教えることが できぬ。 」 「一つ、目に見える物を信ずるべからず」 「よくわからぬかもしれぬが、見えたものがすべて 存在する物と思ってはならんということだろうな。 」 「二つ、呪いにはある決まった法則がある」 「全ての物事は、その存在に理由がある。 」 「呪いも例外ではないということだろうか・・・・・・」 「この程度しか助言できぬがそろそろ門を開ける。 」 「くれぐれも身の安全には気をつけることだ。 」 この説明の後強制的にアマツDへ飛ばされます 手形は消えませんので何度でも入ることができます ただし手形がないと入ることはできません 注意点: 他人にもらった通行書は没収されます! 通行書を没収されたキャラ人は 城の1Fにいる次郎から10kzで再発行可能です.

次の

天津神(アマツカミ)とは?国津神との違いや気になる由来・様々な説を解説

アマツ 様

概要 [ ] 天津神はにいる神々、または高天原から神々の総称、それに対して国津神は地に現れた神々の総称とされている。 ただし、高天原から天降ったや、その子孫であるなどは国津神とされている。 日本神話において、国津神がを筆頭とする天津神に対して国土()の移譲を受け入れたことをとして描かれている。 によって平定された地域の人々(、など)が信仰していた神が国津神に、ヤマト王権の皇族や有力な氏族が信仰していた神が天津神になったものと考えられる。 国津神については、記紀に取り入れられる際に変容し、本来の伝承が残っていないものも多い。 日本書紀ではしきりにある文として伝承等を引用している点から、その記録文書は後世では失われてしまった。 「つ」は現代語の「の」のことで、天の神・国の神という意味であり 、「天つ神」、「国つ神」と表記することもある。 漢字二字で天津神を「天神」(てんじん)、国津神を「地祇」(ちぎ)とも言い、併せて「 天神地祇」「神祇」と言う。 「天神地祇」「神祇」という呼称は中国の古典に見えそれが出典という説も存在するが 、日本のものとは概念が全く異なる別ものである。 主要な神々 [ ] 天津神 [ ]• …、、• 、、・、・、・、・、・• 主宰神• その他• 、、、、、、、、、、など 国津神 [ ]• 主宰神• 大国主の御子神• 、、、、、• 大国主の配偶神• 、、、、、• その他• 、、、、、、、、、、、、、、、、、、など 脚注 [ ]• 『面白いほどよくわかる神道のすべて』• 、田中治郎 『面白いほどよくわかる日本の神様 古事記を彩る神々の物語を楽しむ』 日本文芸社• 山北篤 『東洋神名事典』 新紀元社• 窪徳忠『庚申信仰の研究-日中宗教文化交渉史』 日本学術振興会 昭和36年 26頁 関連項目 [ ]•

次の

アマツツミ

アマツ 様

『 アマツツミ』とは、より発売されたである。 は購入・不可。 概要 の第20作の作品(再発売、を除く)。 , 7, 8, 10に対応している。 同の製品では初めてにに対応する。 は「言葉が紡ぐ、の」となっている。 原画はと尋、原画はが担当する。 標準価格(税別)。 に発売された。 最初のはに開されている。 ゲーア6において、 賞を受賞した。 あらすじ の は、言葉で人を操るという特殊「」をもつ一族の末裔。 長く里での生活を送っていた彼だったが、世俗に疎いままで里を飛び出した結果、行き倒れてしまう。 そこで彼を救ったのは、地元のの。 はのを使い、のの一員となってので生活を始める。 そしてと共に通うことになる学園で、それぞれの想いを抱えるたちと出会うことになる。 登場人物 主人公 (おりべ ) 使いの一族の末裔。 のを使い、のとなる。 性格は基本的にお人よし。 長く里から出ることがなかったために疎く、旺盛。 が好き。 メインキャラクター (おりべ ) - : 健気で素直な。 となったを「」と慕う。 「」のだが、はとても下手。 子(な ) - :夕季 の。 ので霊感がある。 本人く「に片足をつっこんで」いるらしい。 いわゆるであり、人付き合いがやや苦手。 塚(こいづか まな) - :ゆな と同郷ので、彼を好いている。 彼の許婚(いいなずけ)でもある。 Sな性格で、彼のが好物。 またと同じように使いの末裔で、そのはかなり強いようだ。 (みなづき ) - : 明るいムード。 とは反対にがありとでも仲良くできる。 にはなぜか「」のが通じない。 主題歌 『 に く 』 :泰 ・:宝野聡史 歌: 主なスタッフ• 原画:、尋• 原画:• : 他• : 関連動画 関連商品 関連項目• 外部リンク•

次の