ジャンル イト ランティ ニャン。 映画「激しい季節」(1959)エレオノーラ・ロッシ・ドラゴの知的な美貌!

『メフィストーフェレ』全曲 ランツァーニ&パレルモ・マッシモ劇場、フルラネット、テオドッシュウ、フィリアノーティ、他(2008 ステレオ)(2CD) : ボーイト (1842

ジャンル イト ランティ ニャン

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2017年7月)• が含まれているおそれがあります。 マリー・トランティニャンの墓 郊外の生まれ。 父は俳優の、母はの。 4歳の頃に母親の作品に出演し映画デビューした。 子役時代を経験しているものの、学業などの理由でブランク期間があり、本格的な女優活動は10代の半ばから始めた。 学生の頃は演劇科で学びながら女優の仕事をこなしていた。 卒業後は映画、舞台、テレビのミニシリーズで活躍した。 に5度ノミネートされている。 2003年、滞在中に、当時のボーイフレンドであったフランスのロック・ミュージシャン、と口論になり、殴打された上で倒れたまま放置され、搬送されたの病院でにより死亡した。 らが参列した葬儀の後、に埋葬された。 遺作はコメディ映画『』。 カンタはリトアニア地方裁判所により、過失致死罪で2004年3月29日に懲役8年の刑を受けたが、2007年に仮出所した。 この決定に対しては、母ナディーヌ・トランティニャンやフランスのフェミニストたちから反発の声が上がった。 役柄と傾向 [ ] 他の女優があまりやりたがらない役を好んで演じる傾向があり、特にエキセントリックな女性のキャラクターが得意であった。 役と同一視されて色眼鏡で見られても、本人は全く気にはしなかった。 あくまで役は役、自分は自分と本人的には切り離しているところもあり、素の自分と役柄のギャップで女優という職業を愉しんでいた。 しかし、『』は一度出演を断っており、共演者のに説得され翻意した。 家族関係 [ ] 小学生の時に両親が離婚しており、思春期にはが義父になったこともあった。 自身も結婚(事実婚を含む)と離婚を繰り返したが、離婚してからも前夫たちとの関係も友好で本当の兄弟のようになっていった。 『歌え! 受賞歴 [ ]• 1991年 ジョルジュ・ド・ボールガール賞のマダム・ボールガール賞『真夜中の恋愛論』• 1992年 タオルミナ映画祭主演女優賞 Betty(日本未公開) ノミネート• Betty はアルレッティ賞 映画部門にもノミネート。 1989年 『主婦マリーのしたこと』のクールな娼婦役でセザール賞助演女優賞にノミネート。

次の

マリー・トランティニャンに似てる顔

ジャンル イト ランティ ニャン

恋愛映画の金字塔『男と女』の スタッフ&キャストが再び集結! 運命の恋が またはじまる…。 あれから50年以上の時を経て、同じキャスト・スタッフが再集結するという奇跡が実現。 前作でゴールデングローブ賞の主演女優賞を受賞し、類まれなる美貌と変わらぬ気品でスクリーンに華やかさを加える名女優アヌーク・エーメ、 『愛、アムール』(12)でセザール賞の主演男優賞に輝き、『ハッピーエンド』(17)でも健在ぶりをアピールした名優ジャン=ルイ・トランティニャン、 さらには彼らの息子と娘を演じた俳優も同じ役で続投している。 オリジナル フランス語 /5. 1ch ドルビーデジタル 2. 日本語吹替/2. 0ch ドルビーデジタル 字幕:1. 日本語字幕 2. <スタッフ> 監督:クロード・ルルーシュ 音楽:カロジェロ、フランシス・レイ <キャスト>(声の出演) アンヌ:アヌーク・エーメ(沢田敏子) ジャン・ルイ:ジャン=ルイ・トランティニャン(小林清志) エレナ:モニカ・ベルッチ(今泉葉子) フランソワーズ:スアド・アミドゥ(今泉葉子) アントワーヌ:アントワーヌ・シレ(上別府 仁資) テス:テス・ローヴェルニュ(松本沙羅) <ストーリー> いまや記憶を失いかけている元レーシング・ドライバーの男ジャン・ルイ。 過去と現在が混濁するなかでも、かつて愛した女性アンヌのことだけを追い求めていた。 そんな父親の姿を見た息子は、アンヌのことを探し出す決心をする。 そしてついに、別々の道を歩んでいた2人は再会を果たすことに。 長い年月が過ぎたいま、アンヌとジャン・ルイの物語がまたあの場所から始まろうとしていた……。 ジャン=ルイ・トランティニャンとアヌーク・エーメが同じ役で出演し、老境を迎えた男女の新たな物語が紡がれる。 CDジャーナル データベースより.

次の

男と女 人生最良の日々 [DVD]

ジャンル イト ランティ ニャン

「アブリル・ラビーン」と表記されることもある。 アメリカ合衆国に拠点を置いている。 1970年代から1980年代半ばにかけて数多くのヒット曲を放ち、世界的な人気を博した。 現在もレコーディング、コンサート、自社ブランドのオーナーなど、多方面で活躍する。 本来はオリヴィア・ニュートン=ジョンだが、日本では通常オリビア・ニュートン・ジョンと表記している。 公称身長167. 5 cm(5フィート6インチ)。 アメリカの人気オーディション番組『アメリカン・アイドル』(2006年)で準優勝。 2007年にリリースされたデビューアルバム『Katharine McPhee』は全米アルバムチャートで第2位を記録した。 また、テレビドラマ『SMASH』でのカレン・カートライト役でも知られている。 身長173cm。 主演作にはコメディ映画が多いが、シリアスな映画にも出演している。 パリ出身。 MySpaceで今日まで曲が700万回以上視聴されるなど、インターネットをきっかけにして人気を獲得する。

次の