まな は る と。 まな歯科クリニック│富山県南砺市城端 地域密着型の歯医者

紗倉まな

まな は る と

こんにちは、院長まなです。 今回のコロナ騒動で、私の価値観も色々変わりました。 そして、出勤日数を減らし別の仕事を増やしていくこととしました。 〇今回も当院は多少影響が出ておりました。 施術のみに依存すると、当院の存続するら危なくなるのではという危機感がありました。 〇即時常識が変わる中、立ち止まってしまう鍼灸師が増えた事 〇遠方の患者さんからのお問合せが増えている事 〇静岡大学と愛知医科大学との人工知能の共同研究が良い方へ進んでいる事 以上を踏まえ、オンラインで各地の鍼灸師をメンタル疾患が診れるよう教育し、より多くの患者さんの救済、および安定的なまな鍼灸堂運営を考え、週1程度出勤が減ります。 原則木曜日としますが、他セミナー等があるときには曜日が変わる場合もございますのでご了承ください。 また、ご予約は何回分でも取っていただけるので毎週〇曜日の〇時からというお取り方でも大丈夫です。 みのり先生も当院にいてくれるので、安心して任せられます。 どうぞ彼女の施術もご利用くださいね。

次の

まなぽーと大原(大原生涯学習センター)のご案内|板橋区公式ホームページ

まな は る と

緊急事態宣言が解除されました。 医療従事者の献身的な治療看護や国民の外出自粛の努力の賜物だと思います。 とはいえ、まだまだ油断できない状況で、第二波第三波に備えていかなければなりませんし、経済的な苦境を乗り越えていかなければなりません。 多くの大学生がアルバイトができなくなったり、家庭からの仕送りが減って、学費が賄えず退学を考えているという報道もありました。 そんなニュースに触れていた折、以下の記事を人に教えられて読みました。 記事中に、拙著『今こその本当の話をしよう。 』のことが言及されていて、記事のメッセージにも深く共感し、自分に何かできないかと考えていました。 私個人では、政府のようにお金を支給することはできませんが、『今こそ』をプレゼントして、必要な情報や考え方、情熱を届けることはできないかという考えに至りました。 価格としては一人1000円弱のプレゼントですが、もしかしたら、本に触れたことにより大学進学・卒業の力や資金を得ることにつながるかもしれないという想いからです。 魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教える。 そして、魚を釣りたいという情熱と好奇心の火を灯すことが大切だと考えています。 そこで、学生さん(対象者は限定しません)など希望者に、『今こそ「」の本当の話をしよう。 』(筆者サイン入り)を100名にプレゼントするキャンペーンをしたいと思います! 希望される方は、以下のに関するアンケートにご回答ください。 100名分用意いたしますが、応募多数の場合は抽選とさせていただきます。 今すぐに学費の足しになるような支援ではありませんが、に関する情報や考え方、学びに対する情熱など、少しでもお力になれればうれしいです。 突破口は必ずある! theternal 世界は新型コロナウィルス一色になってますね。 この危機が早く収束し、一人でも犠牲者が少なくなることを心から祈ってやみません。 日本でも臨時休校によって、子どもたちの居場所がなくなり、家庭でも時間の過ごし方に苦労されていらっしゃるかと思います。 感染のリスクにも不安になりながら、友達や同僚と会話したり、遊びに出かけたりする機会が減り、子どもも大人もストレスを抱えて過ごしているのではないでしょうか。 我が家も五人の子どもたちがいますが、毎日どう過ごすのか苦労しています。 社会が難しい課題に直面し、暗いニュースばかりですが、子どもたちには少しでも明るく楽しく過ごし、そしてたとえ活動に制限があったとしても、子どもらしい豊かな想像力を思う存分発揮してもらいたいなあと思っています。 そして、家にいる時間、家族と過ごす時間が長い今だからこそ、親子でじっくりコミュニケーションをとりながら普段できないようなことにもチャレンジできたらよいのではと思います。 そんな想いから、私が主宰するオンラインサロン塾で「こども絵本づくりコンクール」を企画主催することに決めました。 全国、全世界の子どもたちから、オリジナル絵本作品を募集し、表彰させていただきます。 賞品として図書カード2万円分なども用意いたしました。 詳しくは、以下の「こども絵本コンクール2020」のウェブサイトをご参照ください。 おもしろきこともなき世をおもしろく 暗い社会に少しでも明るい話題を こどもたちに不安ではなく希望を 活動に制限はあっても想像に限りはない ピンチを創造のチャンスに変える ぜひコンクール企画の拡散とご応募よろしくお願いします! エコチル新聞に『そうゾウくんとえほんづくり』 みなさん、子ども新聞って知っていますか? 有名なところでは、や、など全国紙の子ども版があります。 それら全国紙の子ども新聞よりも、東京や横浜、北海道など一部地域では大きな存在感のある子ども新聞があります。 エコチル新聞です。 うちも親子で愛読しているのですが、学校で無料配布され、定期的に子どもが持って帰ってくるので、家庭でもかなり定着しているわけです。 都内23区と内18区、そして北海道内になんと76万部が無料配布されているとのことです! 中身も子どもが関心を持ちそうな話題や、親が子どもに行かせたいようなプログラムの紹介などが毎回掲載されています。 実はうちの息子は、このエコチル新聞に自分が描いたポスターを何度も投稿して、遂に表紙に掲載してもらったという経験もさせてもらいました。 () この度、そのエコチル新聞の北海道版の一面に『そうゾウくんとえほんづくり』が大きく掲載されました! 子どもたちに楽しながら創造性や発想力を伸ばす機会を提供したいというワークブックの企画趣旨にご賛同いただき、ご協力いただきました。 小学生に無料の子ども新聞を配布するというエコチル新聞の企画そのものが前々から素晴らしい取り組みだなと感じていたのですが、今回こうしてコラボできてとても嬉しいです。 ぜひ小学生のみなさんに「そうゾウくん」をチャレンジしてもらいたいです! 僕が20歳の頃。 地元に帰省するお金もなく、成人式には参加しなかった。 僕が20歳の頃。 昼飯代がなかったので、友だちとランチもできず、100円のみたらし団子3本をよく噛んで味わった。 僕が20歳の頃。 夜勤のバイトの後にそのまま大学に行っては、授業中に睡眠時間を確保した。 僕が20歳の頃。 大学の授業がつまらなくて、講義は聞かずに哲学の本ばかり読んでいた。 僕が20歳の頃。 官僚も大学教授も大企業も、敷かれたレールを進むのはどこかつまらないと感じていた。 僕が20歳の頃。 初めて南米にボランティアに行って、何か世界のために自分が貢献できることをしたいと思うようになった。 僕が20歳の頃。 何も持たず、何者でもなかった。 僕が20歳の頃。 歴史に名を残す何者かになりたくて、 飢え、乾いていた。 theternal 2020年を迎えました。 新年あけましておめでとうございます! さて、毎年恒例で続けている年頭の目標設定と標語を今年も定めました。 協和創像 2020年はまさにオリンピック・の年です。 この2020に向けて5年前から仕掛け、準備し、見守り、遂にその年を迎えました。 特にに対する思い入れは人一倍強く、この夏を思いっ切り楽しみたいです。 のビジョンは、インクルーシブな社会。 2020をきっかけに、障がいの有無や立場の違いを超えて誰もが輝ける社会、共生社会へと日本がアップデートされることを願ってやみません。 共生という言葉がまずはじめに思い浮かんだのですが、ただ共に生きるだけでなく、一人一人が個性や強みを活かしあいながら、チームとして和を為し、協働していけるように周囲の人たちの魅力を引き出したいと思っています。 2019年は人を育てることを強くて意識しましたが、その土台の上に2020年はチームをつくることを意識し実践していきたいです。 そして、2020を一つの目標として日本社会は突き進んできましたが、次の10年、20年に向けて2030へのビジョン、2040へのグランドデザインを描き始める年だとも感じています。 これまで自分が個として描いてきた夢や目標を、2020からはチームとして描き、未来を想像しながら、新しいセカイを創造していきたいです。 協和創像。 和を為して協働し、 想像し、創造する。 SOZO2020 そんな2020年にしていけたらと思います。 みなさんとも積極的に協和創像していきたいので、今年もよろしくお願いします! 一発目の SOZOであるそうゾウくんもよろしくお願いします! の本はこれまでも何度も読んできましたが、そもそもどんな生涯を生きてきたのか気になり初めて自伝を読みました。 戦前の記者時代から、を研究調査し、その経験から企業研究、、マネジメントの大家としての道を開拓していった道筋が興味深かったです。 やはり、理論的書籍を立体的に読むには、著者自身の生涯や時代と合わせて読み解かなければならないと改めて感じました。 以下、2019年に読んだ102冊のリストです。 1『考具』CCCメディアハウス 2『「本の読み方」で学力は決まる』 3『「非認知能力」の育て方』ボーク重子 4『ワーク・ルールズ!』ラズロ・ボック 5『How Works』 6『隠れた人材価値』チャールズ・ 7『ビジョナリー・カンパニー2』ジェームズ・c・コリンズ 社 8『ビジョナリー・カンパニー【特別編】』ジェームズ・c・コリンズ 社 9『チームのことだけ、考えた。 』青野慶久 10『複業の教科書』西村創一郎 ディスカバー・トゥエンティワン 11『これからの「できる課長」の条件』坂尾晃司 明日香出版社 12『伸びてる会社がやっている新卒を即戦力化する方法』近藤悦康 ・パブリッシング 13『採用基準』伊賀泰代 14『ソーシャル・チェンジ』 15『ルポ』慎泰俊 16『僕はで世界を救うことに決めました。 』出雲充 17『新世界』 18『まんがでわかる』フランクリン・コヴィー・ジャパン 宝島社 19『非営利組織の経営』P. 45『学校に行きたくない君へ』全国新聞社 46『と企業家精神』P. 47『貧困を救えない国日本』阿部彩, 48『社員の力で最高のチームをつくる』ケン・ブランチャード 49『の一魚一会』 50『こんな夜更けにバナナかよ』 51『なぜ人と人は支え合うのか』 52『経営者の条件』P. 53『でよかった』立入勝義 54『』 55『ガキのためいき1~3』 56『うちの子は字が書けない』千葉リョウコ 57『の小学校社会科の教科書を読む』 ヨーラン スバネリッド 鈴木 賢志 58『人事と採用のセオリー』曽和 ソシム 59『世界でいちばん働きがいのある会社』マイケル C. ブッシュ 60『とともに』アッド・P・スローンJr 61『日本の財団』林雄二郎 62『 家族の幸せの経済学』山口慎太郎 63『ファンベース』 64『絵本をつくりたい!』成美堂出版編集部 成美堂出版 65『絵本のつくりかた1』 美術出版社 66『絵本のつくりかた2』貴田奈津子 美術出版社 67『夢をかなえるゾウ2』 68『成功物語』 日経BP社 69『妻のトリセツ』 70『老人の取扱説明書』平松類 新書 71『式アイディア・ブックフ』レドリック・ヘレーン 72『』森本俊司 文春文庫 73『150の言葉』ジェリー・メイヤー ディスカバー・トゥエンティワン 74『ア大全』読書猿 75『うちの子もいじめられました』鈴木真治 WAVE出版 76『の教育はなぜ世界一なのか』 岩竹美加子 77『の組織・人事戦略』 行政 78『』 79『破天荒フェニックス』 田中修治 80『の物語』 81『企業の人材育成入門』 82『さあ、才能に目覚めよう』 ドナルド・ O. クリフトン 83 『3000 万語の格差』 ダナ・サスキンド 84『教育格差』 松岡 亮二 85『最強のポジティブチーム』 ジョン・ゴードン 日経 BP 86『なぜ会社は変われないのか』 柴田昌治 87『なんとか会社を変えてやろう』 柴田昌治 88『カ問題児再生教室』 林壮一 89『世界を変える偉大な の条件』 ヘザー・マグラント 90 『1 兆ドルコーチ』 アラン・イーグル 91『エディ・ジョーンズとの対話』 生島 淳 92『自分で伸びる小学生の育て方』 沼田晶弘 93『あなたのチームは機能してますか?』 パトリック・レンシオーニ 94『』 ジェフリー・ムーア 95『経営者の役割』C. バーナード 96『に学べ』 97『日本一働きたい会社のつくりかた』 羽田幸広 98『個性はどう育つか』 菅原ますみ 大修館書店 99『世界標準の子育て』 船津徹 100『クリエイティブ・』 トム・ケリー 101『ケーキを切れない非行少年たち』宮口幸治 102『自分をコンする力 非認知スキルの心理学』森口佑介 最後に2019年に出版した本も。

次の

まなブロ by 教育イノベーター本山勝寛

まな は る と

2020 年 ねん、みなさんの、 障害 しょうがいのある 子 こどもたちの、そして 私 わたしたち 全 すべての「 学 まなび」は、 一番 いちばん 最初 ( さいしょ )に「 奪 うばわれ」ました。 長期化 ちょうきかする 休校 きゅうこう、 郵送 ゆうそうされる 自習 じしゅうプリント、 急速 きゅうそくに進むオンライン 化 か……。 みなさんは、「 学 まなぶこと」に 不安 ふあんや 疑問 ぎもんをもってはいませんか? 学校 がっこうはいずれ 再開 さいかいするでしょう。 しかし、その 不安 ふあんや 疑問 ぎもんが 解消 かいしょうされないままで、みんな、 再 ふたたびび 真剣 しんけんに「 学 まなぶ」ことに 向 むき 合 あうことができるのでしょうか。 本当 ほんとうに「 学 まなび」を 取 とり 戻 もどすことができるのでしょうか。 「 学 まなぶこと」は、そんなに、 最初 さいしょに 奪 うばわわれたり、 軽 かろんじられたりするようなものではないはずです。 そこで 津田塾大学 つだじゅくだいがくの 大学生 だいがくせい・ 大学院生 だいがくいんせいの 先輩方 せんぱいがたが 集 あつまって、「 学 まなび」たい 児童 じどう・ 生徒 せいとたち、さらに 障害 しょうがいがあったり、 事情 じじょうがあって 学 まなびにくい 子 こどもたちも、「 好奇心 こうきしんをもって 自主的 じしゅてきに 学 まなぶこと」に 役立 やくだてられる 情報 じょうほうを、みなさんと 共有 きょうゆうできるサイトを 運営 うんえいしています。 ぜひこのサイトの 情報 じょうほうを 活用 かつようして、 楽 たのしく 真剣 しんけんに「 学 まなぶ」ことに 挑戦 ちょうせんしてみてください。 この 社会 しゃかいの 未来 みらいは、みなさんの「 学 まなび」にこそかかっています。 まなキキ 更新情報 ( こうしんじょうほう ) サイト上部に検索エリアを設けています。 ご活用ください。 以下は記事カテゴリの説明です。 各カテゴリへのリンクはサイトマップを参照してください。 「メッセージ」 私 わたし たち、 津田塾大学 つだじゅくだいがく 「 学 まな びの 危機 きき プロジェクト Counter Learning Crisis Project 」からのメッセージです。 このサイトの 方針 ほうしん や 詳 くわ しい 使 つか い 方 かた についても 書 か いてあります。 「 英語 えいご ・ 国語 こくご ・ 算数 さんすう / 数学 すうがく ・ 理科 りか ・ 社会 しゃかい 」 自分 じぶん が 学 まな んでみたい 教科 きょうか に 分類 ぶんるい されて、 役 やく に 立 た つサイトが 紹介 しょうかい されています。 「おすすめリンク 集 しゅう 」 好奇心 こうきしん を 刺激 しげき してくれる、 一風変 いっぷうか わったリンク 集 しゅう です。 おすすめの 理由 りゆう とともに、 障害 しょうがい や 事情 じじょう がある 人 ひと が 活用 かつよう するさいのアドバイスもあります。 「 学 まな びのナビゲーター」 今 いま だからこそ、この 教科 きょうか だからこそ、こうやって 学 まな んでみよう!という、 大学生 だいがくせい からのユニークな「 学 まな び 方提案 かたていあん 」ページです。 「エッセンシャルワーカーありがとう 特集 とくしゅう 」 「 社会 しゃかい の 学 まな び」では、 今 いま 、 私 わたし たちの 社会 しゃかい のために 闘 たたか っている 人 ひと たちを 知 し り、 応援 おうえん するページを 開設 かいせつ しています。 「 学 まな びの 羅針盤 らしんばん 」 オンラインで、 在宅 ざいたく で 勉強 べんきょう するときに、 知 し っているとちょっと 便利 べんり な、テクニック 集 しゅう です。 障害 しょうがい や 事情 じじょう がある 子 こ どもに 便利 べんり なリンクもあります。 ご 機嫌 きげん な 勉強 べんきょう のススメ オンラインだから、 自宅学習 じたくがくしゅう だから、と 不安 ふあん に 思 おも っている 人向 ひとむ けの「ちょっといい 知識 ちしき 」 集 しゅう です。 デジタル 時代 じだいの「 生活 せいかつヒント」 障害者版 しょうがいしゃばん 障害 しょうがい のある 方々 かたがた を 中心 ちゅうしん に、PCやオンラインでの 学 まな び 方 かた に 役立 やくだ つ 情報 じょうほう を 集 あつ めています。 Counter Learning Crisis Projectについて Covid-19による 長期休校 ちょうききゅうこう は、 子 こ どもたち、 特 とく に 障害 しょうがい があったり 学 まな ぶことが 困難 こんなん だったりする 子 こ どもたちにとっての「 学習 がくしゅう 」の 意味 いみ 、それへの 意欲 いよく に、 大 おお きな 影響 えいきょう を 与 あた えているのではないか、と 私 わたし たちは 考 かんが えました。 本当 ほんとう にそうなら、この 影響 えいきょう は、 緊急事態 きんきゅうじたい がさり 学校 がっこう が 再開 さいかい されても、 残 のこ り 続 つづ けるでしょう。 Counter Learning Crisis Project( 学 まな びの 危機 きき :まなキキプロジェクト)は、 現在起 げんざいお こっているのは「 現在 げんざい の 社会危機 しゃかいきき 」 以上 いじょう に、 子 こ どもたちをめぐる「 未来 みらい の 危機 きき 」なのではないかと 考 かんが え、その 状況把握得 じょうきょうはあく ・ 分析 ぶんせき とともに、 大学生 だいがくせい ・ 大学院生 だいがくいんせい から 協力 きょうりょく を 得 え て、その 克服 こくふく に 挑戦 ちょうせん するプロジェクトです。 津田塾大学 つだじゅくだいがく インクルーシブ 教育支援室 きょういくしえんしつ の 有志 ゆうし が 開設 かいせつ した「Learning Crisis 研究会 けんきゅうかい 」によって 運営 うんえい されています。 注意事項 ちゅういじこう このサイトは、 現在 げんざい 、「まなキキ」プロジェクトによって 製作中 せいさくちゅう です。 まだ 未完成 みかんせい のところが 多 おお いのですが、 緊急事態宣言 きんきゅうじたいせんげん の 長期化 ちょうきか ・ 休校 きゅうこう の 長期化 ちょうきか にともない、 一部 いちぶ だけも 障害 しょうがい のある 子 こ どもたち、ご 家庭 かてい 、そしてすべての「この 危機 きき に 負 ま けず、 学 まな びを 取 と り 戻 もど したい」 子 こ どもたちに 届 とど けたいと、 部分公開 ぶぶんこうかい に 踏 ふ み 切 き っています。 不完全 ふかんぜん なところが 多々 たた ありますが、できるだけ 正確 せいかく な 情報更新 じょうほうこうしん につとめていきますので、なにとぞご 理解 りかい いただけますと 幸 さいわい いです。 緊急事態 きんきゅうじたい が 続 つづ く 限 かぎ り、サイトの 情報 じょうほう はどんどん 更新 こうしん されますので、ぜひご 都合 つごう のよい 時 とき にご 覧 らん ください。 なお、 本 ほん サイトの 紹介 しょうかい ページからは、 有益 ゆうえき な 情報 じょうほう がある 外部 がいぶ にリンクさせていただいております。 リンク 先 さき での 閲覧利用条件 えつらんりようじょうけん などは、すべてリンク 先 さき に 従 したが います。 子 こ どもたちにできるだけ 安全 あんぜん なサイトのみを 掲載 けいさい していますが、 完全 かんぜん ではないことがありますので、 保護者 ほごしゃ ・ 責任者 せきにんしゃ の 監督 かんとく と 確認 かくにん をお 願 ねが いいたします。 リンク 先 さき のみなさま、および 本 ほん サイトご 利用 りよう のみなさまで、ご 質問 しつもん 、 改善提案 かいぜんていあん などがありましたら、 遠慮 えんりょ なくお 問 と い 合 あ わせください。 子 こ ども・ 保護者 ほごしゃ ・ 関係機関 かんけいきかん 臨時相談窓口 りんじそうだんまどぐち 「Learning Crisis」 研究会 けんきゅうかい では、 現在 げんざい の「 学 まな び」に 不安 ふあん をもっている 方 かた 、 子 こ ども、 保護者 ほごしゃ 、および 学校 がっこう の 先生方 せんせいがた など 教育機関 きょういくきかん 、 関係機関 かんけいきかん からの 個別相談 こべつそうだん を、 臨時 りんじ に 受 う け 付 つ けています。 対応 たいおう は、 津田塾大学 つだじゅくだいがく インクルーシブ 教育支援室 きょういくしえんしつ のスタッフが 輪番 りんばん で 務 つと めていますが、すぐに 対応 たいおう できない 場合 ばあい もありますので、ご 了承 りょうしょう ください。 電話番号 でんわばんごう :090ー5551ー9272 (ーを-にしてください。 jp ( 全角 ぜんかく @を 半角 はんかく に 変更 へんこう してください) Facebook: お 問 と い 合 あ わせ 先 さき (サイト 運営者 うんえいしゃ ほか) 「 学 まな びの 危機 きき 」(まなキキ) Counter Learning Crisis Project 「Learning Crisis」 研究会 けんきゅうかい 津田塾大学 つだじゅくだいがく インクルーシブ 教育支援室 きょういくしえんしつ 内 ない 連絡先 れんらくさき 〒 187-8577 東京都小平市津田町 とうきょうとこだいらしつだまち 2-1-1 津田塾大学 つだじゅくだいがく インクルーシブ 教育支援室 きょういくしえんしつ 電話 でんわ :042ー342ー5417( 本 ほん プロジェクト 専用 せんよう : 留守電対応中 るすでんたいおうちゅう。 ーを-に 変 か えてください。 お 急 いそ ぎの 方 かた はメールか、 上記 じょうき の「 子 こ ども・ 保護者 ほごしゃ ・ 関係者専用 かんけいしゃせんよう 相談窓口 そうだんまどぐち 」に 直接 ちょくせつ おかけください。 jp ( 全角 ぜんかく @を 半角 はんかく に 変更 へんこう してください) Facebook: このプロジェクトは、 上記 じょうき 「Learning Crisis」 研究会 けんきゅうかい によって 運営 うんえい されています。 また 同研究会 どうけんきゅうかい は、 津田塾大学 つだじゅくだいがく ・ 私学研究 しがくけんきゅう ブランディング 事業 じぎょう 「 社会的 しゃかいてき インクルージョン 基盤 きばん 」の 研究活動 けんきゅうかつどう の 一環 いっかん として 実施 じっし されています。 プロジェクト、 研究会 けんきゅうかい にご 関心 かんしん をお 持 も ちの 方 かた のお 問 と い 合 あ わせも、お 待 ま ちしております。

次の