フェイス ブック カバー 写真 サイズ。 フェイスブックページのカバー写真をスライドショーに!作り方や枚数

【フェイスブック】カバー写真のサイズと変更方法、無料作成まで

フェイス ブック カバー 写真 サイズ

SPONSORED LINK プロフィール写真とカバー写真 「プロフィール写真」と「カバー写真」の位置を確認してみましょう。 パソコンで見たときがこちらです。 こちらがスマートフォンのFacebookアプリで確認したときです。 Twitterでいうところのプロフィール画像が、Facebookではプロフィール写真。 ヘッダー画像がカバー写真ということになります。 関連記事 : Facebookヘルプを確認 こういったWEBサービスやアプリは規定が修正されることがよくあります。 特にFacebookは仕様がコロコロ変更されます。 公式サイトの情報を見れば最新の情報を取得することができるので、まずはを確認してみましょう。 Facebookページのプロフィール写真やカバー写真のサイズはどのくらいですか。 ページのプロフィール写真:• 正方形になるようにトリミングされます。 ページのカバー写真:• コンピュータでは幅820ピクセルx高さ312ピクセル、スマートフォンでは幅640ピクセルx高さ360ピクセルの大きさでページに表示されます。 フィーチャーフォンでは表示されません。 元のサイズは少なくとも幅399ピクセルx高さ150ピクセルである必要があります。 幅851ピクセルx高さ315ピクセルで、100キロバイト未満のsRGB JPGファイルだと読み込み時間が短くなります。 まずはプロフィール写真。 こちらはパソコン表示、スマートフォン表示、ガラケー表示で表示されるサイズがそれぞれ違ってきます。 正方形ではない画像は自動でトリミング 切り取り されることになります。 最大サイズがパソコン表示の170pxですから、最低でも170pxはないとパソコンで見たときに画像がぼやけてしまうことになりますね。 続いてカバー写真。 こちらはパソコン表示とスマートフォン表示で幅と高さにバラつきがあます。 Facebookにログインします。 プロフィール写真の右下に小さい「カメラマーク」があるので選択すると、いくつかの項目が表示されます。 「写真をアップロード」を選択でローカル内の画像を使用してアップすることができます。 カバー写真も同じ手順です。 「この写真は小さすぎるため、プロフィール写真がぼやけてしまいます。 」という警告が表示されました。 画像が大きいほどピクセルが細かくなるので画像がキレイに表示されることとなります。 ただし、大きすぎるとページの読み込みに時間がかかってしまうのでほどほどの大きさでいいと思います。 カバー写真・最適サイズ もう1度、Facebookのヘルプを確認してみましょう。 ページのカバー写真:• コンピュータでは幅820ピクセルx高さ312ピクセル、スマートフォンでは幅640ピクセルx高さ360ピクセルの大きさでページに表示されます。 フィーチャーフォンでは表示されません。 元のサイズは少なくとも幅399ピクセルx高さ150ピクセルである必要があります。 幅851ピクセルx高さ315ピクセルで、100キロバイト未満のsRGB JPGファイルだと読み込み時間が短くなります。 こちらもプロフィール写真と同じく、仕様がコロコロ変更されます。 現時点での表示サイズはそれぞれこのようになります。 このサイズだと読み込み速度が速くなるとのこと。 まずはこのサイズでアップしてみて、パソコン表示とスマートフォン表示を比較。 画像が思い通りになるまで調整しながら作っていくのがいいのではないでしょうか。 ただし調整する場合の幅はパソコン表示に合わせて最低でも820px、高さは312pxは欲しいところです。

次の

Facebookページのカバー写真がスマホから見ると右端が見切れてしまう理由

フェイス ブック カバー 写真 サイズ

パソコンでは上手く表示されていたのに… まずカバー写真の見え方について知っておきたい。 Facebookが公式に発表している推奨サイズはこちらのページに記載されている。 【コンピュータでは幅820ピクセルx高さ312ピクセル、スマートフォンでは幅640ピクセルx高さ360ピクセルの大きさでページに表示されます。 】 しかし、このサイズではPCではきちんと表示される画像が、スマホでは両サイドが大きく欠けてしまう。 では最適なサイズはどれくらいなのか? まず、パソコンとスマホでの画像の見え方の違いだが 下の図のように推奨サイズで作ると、スマホで見た時には左右が切れてしまい、スマホに合わせるとパソコンでは上下が切れる。 これではロゴや、キャッチコピーが欠けてしまい、なんとも残念な結果になる。 これを防ぐためには、どちらもでも大丈夫なサイズの画像を用意し、どちらでも切れない部分(赤線と青線の重なるエリア)に文字などの大事な要素を配置する。 ただし、 フェイスブックユーザーの実に95%がスマホで見ているということを考えると、スマホを最重要視して作った方が良いのではないだろうか。 そしてパソコン表示されたときに文字などが切れないように縦は 312(ピクセル)内に収め、設定時にドラッグで高さを調節する。 イベントの画像は? もうひとつ問題になるのが、 イベントを作成したときの画像。 これもほぼ、スマホ用カバー写真と同じように思うが、実は 上下が約13ピクセルづつ欠けて表示されているようだ。 これくらいならほとんど関係ないとは思うが、気になる人は上下を少し空けて文字をなどを配置した方が良いだろう。 おさらい Facebookページのカバー写真はスマホで最適表示されるようにする。 その際、文字や重要な要素はパソコン表示されても書けない部分に配置する。 イベント作成の時は上下が少し欠ける。

次の

【2020年】Facebookページの適正カバー画像サイズはこちら!

フェイス ブック カバー 写真 サイズ

高価な画像処理ソフトがなくてもOK!ペイントで作るサイズぴったりなFacebookカバー写真。 ぴったりサイズの画像を作るには画像処理ソフトがいるんでしょ?PhotoshopとかIllustratorとかお高いんでしょ?と思っている方!Windowsに元から入ってるペイントでも作れますよ。 このサイズより小さいサイズの画像をアップロードした場合は拡大して表示されますが、元画像のサイズは幅399ピクセル以上である必要があります。 399ピクセル以上でも851ピクセルより小さい写真では拡大表示され画像が荒くなってしまうので出来るだけピッタリなサイズの画像を用意したほうがいいです。 ということでぴったりサイズなカバー写真をWindowsのペイントを使って作ってみましょう。 ペイントの起動 Windowsのスタートメニュー(左下のロゴマーク)をクリックします。 ペイントが起動しますので、「ファイル」メニューから「開く」をクリックし、使いたい画像を選択します。 OSのバージョンにより名称が異なる場合があります。 画像のサイズを変更 画像の選択画面で画像にマウスを乗っけるとサイズが表示されます。 少し画像が大きいのでまずは縮小します。 片方だけだと縦横の比率が変わるので同じ数値にします。 ここでは90%としてみます。 ちょっと小さくなりました。 使いたい部分をぴったりサイズで選択する ペイントでは画像の左上を頂点としてマウスカーソルの位置がピクセルで表示されているのをご存知ですか?右下のここに表示されています。 この数値を使ってFacebookページのカバー写真にぴったりなサイズの画像を作ります。 左のツールから「選択」を選択します。 画像部分をクリックしながらマウスを動かしていくと点線で四角が広がっていきます。 この時選択されている範囲のピクセル幅も表示されます。 これでピッタリなサイズです。 ぴったりサイズなカバー写真を作る 範囲を選択した状態で「Ctrl+C」で選択範囲をコピーします。 次に「ファイル」メニューから「新規」をクリックします。 新しく白い状態で画面が開きますので、まずは白い部分を小さくします。 この白い部分が大きいままだとはみ出します…のですごく小さくしておいてください。 白い部分を小さくしたら「Ctrl+V」で貼り付けます。 切り取った部分だけが貼れました。 「ファイル」メニューから「名前をつけて保存」をクリックします。 適当な名前を付けて保存してください。 ファイルの種類はJPEGのままとします。

次の