メルカリ 値段 交渉 コメント。 メルカリの値下げ交渉コメントがウザくて仕方がない

メルカリの値下げ交渉で好印象を与えて商品が売れるコツ

メルカリ 値段 交渉 コメント

フリマアプリ「メルカリ」で商品の購入を希望する際、商品の値下げ交渉をしたい場合に出品者さん側に送るコメントやメッセージのテンプレート例文です。 メルカリでは、場合によって商品の値下げ交渉が可能です。 例えば、同じ出品者さんから複数の商品を同時に購入する場合などは、商品をまとめて発送してもらうことで送料分の値下げをして貰えたりします。 出品者さん側が不愉快な気持ちにならないよう注意をしながら、上手に値下げ交渉をしてお得に買い物を楽しむのがオススメです。 値下げ交渉は、購入前のコメント欄で行います。 出品者さん側との値下げ交渉が成立したら、出品者さん側が商品の値段を変更してくれるまで待機します。 出品者さん側の値下げ設定が完了したら、即購入をしましょう。 また、値下げ交渉をしている商品についている「いいね!」の数が多い場合、それだけ多くの人が購入を希望しているということになります。 値下げ交渉をしている間に、他の人に元の値段で即購入をされてしまうリスクもあることを覚えておきましょう。 コメント欄に値下げ交渉の書き込みをすると、「いいね!」をつけている他の購入希望者さんにも通知が届きます。 コメント欄は他の購入希望者さんも見ることができるので、交渉はなるべく簡潔に行うようにします。 どのような内容を書けば良いのか分からない方や他の方の内容が気になる方はこのページの情報を参考にしてみてください。 はじめまして、こちらの商品を購入したいと考えております。 プロフィール欄を拝見しましたが、お値下げ不可という表記がありませんでした。 こちらの商品を、お気持ち分お値下げしていただくことは可能でしょうか? 値下げ交渉は、商品購入前にしか出来ません。 商品を購入する前に、出品者さん側に丁寧なお願いをして、値下げをしてもらうようにしましょう。 出品者さん側にも「値下げして良かったな」と思って貰えるような取り引きにすることが大切です。 取り引きが終了した後にも、きちんと値下げに対するお礼のメッセージを送ると良いでしょう。 複数商品を同時購入する時の例文 はじめまして。 こちらの商品の購入を考えております。 出品者さん側から考えても、発送の手間が減るので、まとめての購入の際は値下げ交渉が成立する可能性が高いです。 しかし、出品者さん側が商品の発送にメルカリ便を選択している場合は、複数商品の同梱が禁止されているため、まとめて発送をしてもらうことは出来ないので注意しましょう。 即購入をする時の例文 こんにちは。 こちらの商品の購入を考えているのですが少しお値下げをしていただくことは可能でしょうか?お値下げをしていただけるのであれば、即決で購入させていただきたいと思います。 ご検討のほど、どうぞよろしくお願いいたします。 出品者さん側に値下げの交渉をする際は、値下げ後にその商品を即購入するのが基本です。 出品者さん側にも「値下げをしてもらえればすぐに買います」ということを伝えておくのが良いでしょう。 また、即購入後の支払い方法や支払い日程なども詳細に伝えると、値下げ交渉が成立する確率が高いです。 しかし、「〇〇円ならすぐ買います」など購入者さん側がいきなり希望金額を書いてしまうと、出品者さんによっては不快に思う人もいます。 最初のコメントでは、商品の値下げが可能なのかどうかを必ず確認するようにしましょう。 他の出品者さんの値段を提示する時の例文 はじめまして。 ご質問がありコメントさせていただきました。 お気持ち分だけでも、お値下げをしていただけませんでしょうか?ご検討のほど、お願いいたします。 メルカリでは、まったく同じ商品をそれぞれの出品者さんが違う値段で出品していることも多くあります。 値段の付け方は出品者さん側のさじ加減なので差額が生じるのは当然のことです。 値下げの交渉をする際に、他にも同じ商品を安く出している出品者さんがいることを伝え、それを踏まえた上で「他の購入者さんからの評価が良いあなたから買いたい」「少しだけ高いので安くなりませんか?」と交渉するのもひとつの手段です。 出品者さん側も売れ残るよりは、買ってもらったほうが都合が良いので、交渉成立の可能性が高いです。 商品の掲載日が古いことを伝える時の例文 はじめまして。 こちらの商品の購入を考えております。 こちらの商品ですが、商品ページの掲載日が少し古いように感じます。 大変失礼ですが、現在の商品の状態なども考慮した上で、少しばかりお値下げをしていただくことは可能でしょうか?ご検討いただけますと幸いです。 商品ページの掲載日が古いということは、それだけ長い間その商品が売れ残っているということです。 そういった商品の場合は、出品者さん側も「売れ残るくらいだったら値引きしてでも売りたい」という気持ちが強くある場合が多いです。 「大変失礼ですが」「不躾な質問になりますが」など丁寧な前置きをした上で、商品の現状などを確認しつつ値下げ交渉をするのが良いでしょう。 自分の金銭事情を説明する時の例文 はじめまして。 こちらの商品を購入希望です。 本当は即購入をしたいのですが、まだ学生のためお小遣いが少なく、予算をオーバーしていて購入を悩んでいます。 こちらの商品を、少しお値下げしていただくことはできないでしょうか?お返事をいただけますと幸いです。 出品者さん側に値下げの交渉をする際、購入者さん側の金銭事情を説明するのもひとつの手段です。 出品者さんによっては、購入者さん側の状況を考慮して値下げ交渉に対応してくれる人もいます。 その際「そちらが希望する価格を教えて下さい」「いくらくらいなら買えますか?」などの返信をくれる人もいます。 また、値下げ対応をしてもらっても購入が難しい場合もあります。 そういった場合は「すみません、もう少し検討します」「もう少し考えてみます」などのコメントを入れて、冷やかしだと思われないよう最後まで丁寧に返信をすることが大切です。

次の

メルカリで売れる値段のつけ方はコレ!3ステップで希望の金額に!

メルカリ 値段 交渉 コメント

フリマアプリのメルカリでは、値段交渉(価格交渉)をすることが当たり前のようになっています。 そんな価格交渉では、ユーザーから様々な質問や要求をされることがあり、中には「こんな値段交渉困る・・・」と思ってしまうような謎の値引き交渉をされるケースもあります。 あまり出品者を困らせるような値段交渉は価格交渉を断られてしまったり、場合によっては出品者からブロックをされてしまうこともあるので、購入者は注意です。 そんな実際にあった、出品者が困る値段交渉のコメント例についてご紹介します。 実際にあったメルカリで値段交渉を断られるコメント例とは? メルカリはフリマアプリであるため、購入者が気軽に出品者に値段の交渉ができるようになっています。 またこの値段交渉はメルカリのルールでも認められているため、特にがあるわけではありません。 ですが、メルカリではこの値段交渉が当たり前となっていることから、「この人からの価格交渉は絶対に受けたくない・・・」と思ってしまうような、謎の値引き交渉が来ることがあります。 これは実際に私が体験した値段交渉の例ですので、他にも経験したことのある出品者も多いかもしれません。 そんな実際にあった、出品者が困る値引き交渉のコメント例をご紹介します。 例えば、1000円で販売している商品に対して「700円なら即決します」「700円なら買います」などと言われるパターンです。 そしてその後に「値引きは可能でしょうか?」「お願いできますか?」などの言葉もなく、その一言だけなのです。 このようなコメントが来た場合、出品者側としては「上からだな・・・」と思ってしまうのが本音です。 値段交渉はあくまで交渉です。 出品者にも値段交渉を引き受けるか受けないかを選ぶ権利があり、あまりにも態度が悪い・上から物を言われてしまうと、やはり引き受けたくはありません。 もちろん出品者も購入者に対して低姿勢で接するべきですが、このような値引き交渉をする場合は 「700円への値引きは可能でしょうか?」「700円でお願いできないでしょうか?」など、購入者側も値引きをお願いしている立場であることは忘れてはいけません。 amazonと同じ価格にして欲しい 以前メルカリで商品を出品・販売していたところ、ある男性ユーザーから謎の値引き交渉コメントが入りました。 それと同じ価格にしてください」 「こんな人本当にいるの?」と思うかもしれませんが、本当にいます。 実際に私は、このような「amazonと同じ価格にして」というコメントを3人くらいから言われたことがありますし、しかもそれは全て別のユーザーでした。 家電量販店での買い物でネットの最安値を提示して値段交渉をする人がいるのと同じで、メルカリでもネットの最安値を提示して値下げ交渉しようという考えなのでしょうか・・・ もちろんこの謎の値段交渉は断りましたが、出品者側からすれば「・・・じゃあAmazonでご購入ください」と思うしかありませんでした。 2段階で値引き交渉をされる また、以前メルカリで出品している商品に対して、このようなコメントが入ったこともあります。 この軽い感じの「あともう一息!」はかなりイラっとしました・・・ しかもこの場合は、最初にユーザーが値引きの希望額を提示しておいて、出品者がOKを出したらさらにそこから値下げ交渉をしてくるパターンなのです。 つまり、2段階で値引き交渉をしてきたのです。 恐らくこのユーザーの場合は、一度値引き交渉をして出品者のコメントの反応を見て「まだイケる!」と判断して、さらに値引きを要求するのだと思われます。 半額以上の値引きを要求する これも意外と多いですが、驚くほどの額の値引きを要求されるケースもあります。 例えば10,000円で出品しているものに対して「5,000円になりますか?」「3,000円になりますか?」などの要求です。 もはや現在の販売価格があってないようなものになってしまうほど、ユーザーが勝手に決めた金額を提示されることもあります。 もちろんこのような度が過ぎている値段交渉は断るべきですし、 出品者が納得できない金額では絶対に取引はしない方が良いです。 また、私の経験上あまり度が過ぎている値段交渉をする人は、評価を見てみると悪い評価が多くついていたり、プロフィール文の内容が信用できなかったりと、やはりどこか引っかかる部分がある人は多いです。 非常識な額を提示する・大きな値引きを要求するユーザーには、注意した方が良いでしょう。 出品者によっては値引き交渉の内容でブロックも メルカリで頻繁に行われる値引き交渉ですが、出品者によっては値段交渉のコメント内容によっては取引を断るだけでなく、ブロックまでしてしまう人も多くいます。 メルカリのブロック機能とは「取引をしたくない」「関わりたくない」「購入されたくない」「もうコメントが来ないようにしたい」などの理由から、そのユーザーとの接触を拒否できる機能です。 ブロックをするとそのユーザーからのいいね・購入・コメントなどができないようにできるため、予め取引がしたくないユーザーは購入をされる前にブロックしておくこともできます。 もし出品者からブロックをされてしまうと、出品者が自分をブロック解除するまでその出品者の商品を購入ができなくなってしまうため、購入者側は値段交渉のコメントの内容には気をつけるようにしましょう。 ・ ・ 値引きコメントではなくオファー機能もおすすめ メルカリで値下げ交渉が当たり前になってから、やはり値引きコメントが来ることへのストレスや手間から「値引きコメントがいちいち来るのが嫌」と思う出品者は多くいます。 そのため、今ではメルカリにはオファー機能が使えるようになっています。 (ただし現在は 「インテリア・住まい・小物」「家電・スマホ・カメラ」「スポーツ・レジャー」カテゴリー商品のみです) このオファー機能とは、値引きができるかを聞きたい商品に対して、自分が希望する価格を入力するだけで出品者に価格交渉をするができます。 これを使うことで、出品者とわざわざコメント欄で文章のやり取りをしなくても良くなり、ユーザーにとっても希望金額を入力するだけで後は値下げの可否を待てば良いので、お互いにとって楽になっています。 値引きコメントを嫌がる出品者も多いので、その場合はオファー機能も活用してみましょう。 メルカリの値引き交渉は内容が大事!出品者に承諾されるコメントを 以上が、私が実際に言われて困ったメルカリでの値引き交渉ついてでした。 このような出品者が不快に思い、結果値切り交渉を断られてしまうケースのコメントは多いです。 本当にその商品を欲しいと思うのなら、 購入者側はやはり丁寧な言葉遣いで低姿勢でコメントをすることが大事です。 また、出品者も「自分は売ってあげている側」とは思わずに、納得ができる場合は値下げにも対応しましょう。 ですが中には「この人とは取引したくない」と思ったら、きちんと断ることが大事です。 中にはトラブルに発展しやすい人もいるので、怪しい人・取引したくないと少しでも思う人の交渉には乗らないのが無難です。 購入者・出品者ともに気持ちの良い取引ができるように、お互いが納得できる値引き交渉を行うようにしましょう。

次の

メルカリの値下げ交渉を成立させるコメントのコツ

メルカリ 値段 交渉 コメント

コメントありがとうございます。 〇〇円にお値下げいたしましたので、よろしければご購入にお進みくださいませ。 このようにコメント返信すると、相手が商品を購入してくれます。 そのまま取引を進めていきましょう。 礼儀正しくはないが、常識の範囲内での値下げ交渉だった ちょっと悩んでしまうのがこのパターン。 〇〇円に値下げできますか?• 〇〇円ならすぐ買います。 など、本題だけコメントされるケースです。 挨拶の一言もないのでちょっとムッとしてしまいますが、値下げ幅は想定の範囲内なので、どうしようかなと悩んでしまいます。 こんな時、私は相手の評価をチェックします。 礼儀正しくないユーザーの場合、過去の取引でトラブルを起こして『 悪い』の評価がついている可能性があるからです。 評価を見て問題がなさそうであれば、値下げ交渉に応じます。 値下げ交渉に応じる場合 値下げ交渉に応じる場合は、値下げしてこのようにコメントします。 コメントありがとうございます。 今のところは値下げを考えておりません。 ご期待に沿えず申し訳ありません。 このように、値下げはしないとはっきり書いてしまって大丈夫です。 しばらくしたら、このコメントは削除してしまいましょう。 後から見た人に『 ああ、値下げ交渉はできないんだな』と思われてしまい、売れるチャンスを逃してしまうかもしれません。 礼儀正しいが、大幅すぎる値下げ交渉だった これも対応が難しいケースですね。 購入を検討しているのですが、〇〇円にお値下げいただくことは可能でしょうか?• 難しいとは思いますが、〇〇円で購入させていただくことはできますか? など、きちんとした言葉遣いでの値引き交渉なのですが、値引き額が大きすぎて『ここまでの値下げはしたくないな』というパターンです。 こういう場合は、 ズバッと断ってしまうのはもったいありません。 相手方もダメ元で値段を提示している可能性がありますし、礼儀正しい方であれば取引自体はスムーズに進む可能性があるからです。 まずはこちらから納得できる金額を提示し、相手の反応をうかがいましょう。 コメントありがとうございます。 申し訳ありませんが、〇〇円までのお値下げは難しいです。 〇〇円まででしたらお値下げできますので、よろしければご検討ください。 このように、ここまでは値下げできますよという価格をはっきりコメントに書きます。 すると• ではその価格でお願いします。 予算オーバーなので、今回は諦めます。 のように、相手方から買うか買わないかの回答がきます。 相手と合意できたらそのままお取引を続ければいいですし、合意に至らなかったらご縁がなかったということで新しい買い手がつくのを待ちましょう。 礼儀正しくなく、大幅すぎる値下げ交渉だった メルカリで結構多いのがこのパターンです。 半額にしてください。 〇〇円なら買います。 など、いきなり常識外れの値下げ交渉を挨拶なしでコメントしてくる方が結構多いのです。 このような場合、私は以下の2つの理由からきっぱりと断っています。 値下げしすぎると手数料と送料だけで赤字になってしまう• 常識外れの提案をしてくる人や安く買いたたこうとしてくる人は、取引を進める上で何かしらのトラブルを起こすケースが多い メルカリは利用者が多いので、無茶な値下げ交渉を泣く泣く飲まなくても、待っていればまともな買い手が現れる可能性が非常に高いです! ですので無茶な値下げ交渉は断ってしまいましょう。 コメントありがとうございます。 今のところは値下げを考えておりません。 ご期待に沿えず申し訳ありません。 値下げしたくないなと思ったら、はっきり断りのコメントを入れましょう。 しばらくしたら、このコメントは削除してくださいね。 後から見た人に『ああ、値下げ交渉はできないんだな』と思われてしまい、売れるチャンスを逃してしまうかもしれません。 値下げに応じたのになかなか購入されない場合 コメントのやりとりで値下げ交渉に合意し、値下げ後の価格に変更して再出品したにもかかわらず、なぜかなかなか購入してもらえないことがあります。 こういった場合は• 専用出品にしているので、他の人に購入してもらえる可能性が限りなく低い• できれば値下げ前の価格で売りたいが、値下げ後の価格で長期間出品し続けることになる この2つの理由で困ってしまうことになります。 待つ期間は、最低でも値下げしてから24時間は設けましょう。 期限が短すぎると『これから手続きするつもりだったのに!』というクレームがつきます。 値下げ交渉中に第三者が横入りしてきた場合 値下げ交渉のやりとりをしている時に、別の第三者がコメントを入れてくることがあります。 第三者の主張や横入りのタイミングによって、対処法が異なります。 私は大体次のように対応しています。 値下げ前の価格でいいから買わせてほしい 他に同じ商品を出品している人がいない場合などに起こるパターンです。 値下げ交渉を申し入れてきたAさんと『 〇〇円までなら値下げできます』などのやりとりをしている最中に、Bさんから『 値下げ前の価格で買いたいです!』と言ってこられることがあります。 出品者としては、もちろん少しでも高く売れた方が嬉しいですよね! Bさん、コメントありがとうございます。 せっかくのお申し出ですが、今回は先にお声がけいただいたAさんとお取引をしたく思います。 またご縁がありましたら、よろしくお願いいたします。 このように、角が立たないコメントを入れておきましょう。 値下げ後になかなか購入されないようだから自分に買わせてほしい 値下げ交渉が成立して値下げをしたのに、なかなか購入されないパターンについて先述しました。 購入されるのを待っている間、第三者から• 値下げ交渉した方がなかなか買わないようだから、自分に買わせてもらえないでしょうか? というコメントがつくことがあります。 こういった場合、すぐにOKしてしまうと、元の購入希望者からクレームがつく可能性があります。 コメントありがとうございます。 Aさん(元の購入希望者)から本日中にご連絡をいただけない場合、Bさん(横入りしてきた方)にご購入をお願いしたく思います。 日付が変わっても購入されておらず、コメントもついていなければ、ご購入いただいて大丈夫です。 どうぞよろしくお願いいたします。 はっきり期限を設け、期限内にAさんからのアクションがなければ、Bさんが購入してもいいですよと明記しておきましょう。 こうしておけば、のちにAさんから何か言われても『 こちらはある程度の期限を設けて待ちました』という言い訳ができます。 コメントなしで値下げ前の価格で購入された 値下げの交渉中、何のコメントもなく元々の設定価格で購入されることがあります。 値下げ前の価格でいいからとにかく急いで買いたい!絶対買いたい!という方が購入してくれるケースです。 メルカリは一度購入されると、取引のキャンセルがとても面倒です。 それに元々の値段で購入されたのであれば、出品者としてはありがたいですよね。 ですので、こういった場合はそのまま取引を進めてしまいましょう。 値下げ交渉をしていた人から何かクレームがついた場合は 値下げ交渉中でも、最初の設定価格で購入してくださる方がいらっしゃった場合は、そちらを優先させていただきます。 ご了承ください。 と記載しておくといいですね。 値下げ交渉する人よりも、値下げ交渉せずに購入してくれる人を優先するのは当然のことですから、このようにはっきり記載しておけば責められることもなくなります。 出品時にしておくとよい値下げ交渉対策 ここまでは様々な値下げ交渉への対処法をお伝えしました。 ですができれば面倒な値下げ交渉は避けることができれば一番ありがたいですよね。 実は出品時にも、ある程度の 値下げ交渉対策をとっておくことができます。 プロフィールに値下げするかどうか記載しておく メルカリにもラクマにも、出品者のプロフィール欄がありますよね。 ここに値下げ交渉に対するスタンスをあらかじめ書き込んでおくことで、無茶な値下げ交渉をある程度は避けることができます。 値下げ交渉に応じるスタンスの場合は 説明にも書いてある通り、お値下げには応じられませんのでご了承ください。 と返信すればOKです。 あらかじめ値下げ交渉を想定して高めの価格で出品する これが私が一番よく実践している方法です。 商品の定価とメルカリやラクマでの売れ筋価格を踏まえ、『 この商品は1,200円で売りたい』と決めたとします。 そして、実際には 1,300円で出品するんです。 そうすると値下げ交渉が来た時に『 1,200円までは値下げ可能です』と気持ちよく値下げができますし、万が一1,300円で売れれば万々歳です! もちろん値下げ交渉してくる方にとっても、『 値下げしてもらえた!』という達成感があるので、お互いにメリットのある方法ですよね。 ギリギリの価格ではなく、ある程度高めに価格を設定しておくと、値下げ交渉が来た時に応じるかどうか悩まなくて済むのでラクですよ。 まとめ メルカリやラクマを利用していると、びっくりするようなコメントや値下げ交渉がくることがあります。 もちろん飲める条件であれば受け入れればいいですし、なんだか嫌だなあと思ったら断ってしまって問題ありません。 どう返答していいか迷った場合は、ぜひこの記事のコメント例を参考にしてみてくださいね。 上手に値下げ交渉に応じつつ、フリマアプリでのお小遣いを楽しんでみてください。

次の