二字熟語とは。 二字熟語の構成(組み立て)一覧表【漢検・テスト・入試対策】

前向きな二字熟語!部活やクラスの目標におすすめの二字熟語

二字熟語とは

1つ目は「慧眼」(けいがん)です。 物事の本質を見抜く研ぎ澄まされた眼力のことで、誤魔化しを見逃さない鋭い洞察力を意味します。 慧眼は、「えげん」と読む仏教の言葉に由来します。 「慧」の字が彗星の「彗」に「心」と書く字面から鋭い眼光が想起され、インパクトのある言葉となっています。 星霜は、歳月のことです。 見かけの星の周期と、季節がめぐれば降りる霜で一年を表した言葉です。 「幾星霜」「30年の星霜を重ねて」などと用います。 ロマンチックな字面ですが語感には落ち着きがあり、年月を積み重ねた人が言うと浮いた感じはしません。 「怪傑」は「並外れた力を備えた人物」を表現する言葉です。 「怪」の字の成り立ちは、神聖な「土」に「手」が触れた時の「心」の高揚感を表します。 「あやしい」「信用できない」などよくない意味がありますが、「不思議なほどの」「説明できない」の意味もあります。 「快傑」と書かれることもあり、「怪」よりも「快」の方が素性がいいイメージですね。 字面は「怪傑」の方がインパクトが強く、「快傑」よりも桁外れ感が増します。 「怪傑」には、得たいの知れないかっこよさがあります。 「怪傑ゾロ」「快傑ゾロ」、どちらがお好みですか?どちらもかっこいいですよね。 蒼穹は青空のことですが、「青空」よりも立体的な空を感じさせる2文字です。 「蒼」は青色、「穹」は字面からわかるように、穴冠に弓です。 アーチ型のくぼみを表します。 地球が丸いことを実感させ、青空の奥行や広がりを表現している二字熟語です。 字面がかっこいい二文字(2文字)漢字一覧 上記でご紹介した4種類の二字熟語の他にも、字面がかっこいい二字熟語・2文字漢字はたくさんあります。 以下は8種類の一覧です。 極限(きょくげん)• 森羅(しんら)• 群青(ぐんじょう)• 光芒(こうぼう)• 流転(るてん)• 躍動(やくどう)• 開闢(かいびゃく)• 1つ目は、荘厳(そうごん)です。 厳かで立派なことを意味します。 大きな教会や寺院などの形容によく使われますが、建物だけでなく儀式の様や読経、パイプオルガンの響きを表現することもあります。 また、「荘厳な夕焼雲」など大自然の印象に使われたりもする二字熟語です。 「厳」を「ごん」と読むことで音の奥行が広がり、音響の良い空間に響くような語感となっています。 「悠久」は、果てしなく続くことを意味する二字熟語です。 「悠」は身を浄めて心がゆったり落ち着いている様を表します。 その穏やかな状態が「久」しく続くのが「悠久」です。 自然や大きな事物の歩みを表したり、長い時間の表現に使われます。 例には「悠久の歴史」「悠久の時間が」などがあります。 「ゆうきゅう」の語感が心地よいですね。 文字通り、1万の丈(1丈は10尺)の意味で、とても高いこと、または極めて深いことを表す言葉です。 「気炎万丈」など、意気を表現する時にも使われます。 語感は力強く、かっこよく響きますね。 さっぱりしてあか抜けている意味です。 「瀟」は清いこと、「洒」はすすぐ意味があります。 センスある事物を誉める時に使う形容ですが、飾り立てていないのに洗練されているイメージです。 流れるような響きですね。 響きが格好いい二文字(2文字)の漢字一覧 響きがかっこいい二字熟語・2文字漢字は、上記でご紹介した4種類の二字熟語の他にもたくさんあります。 以下は8種類の一覧です。 降臨(こうりん)• 飛翔(ひしょう)• 黎明(れいめい)• 極光(きょっこう)• 来歴(らいれき)• 王道(おうどう)• 閃光(せんこう)• 1つ目は「先駆」(せんく)です。 先駆とは、真っ先に一歩を駆け出した人、その分野の開拓者・パイオニアを意味する2字熟語です。 またその第一歩、さきがけを表します。 「先駆となる」「先駆をなす」「先駆として」などの用い方をします。 かっこいい二字熟語です。 「独尊」は、仏教の「天上天下唯我独尊」の省略で、この宇宙の中で、私たちは地位や財産など自分を取り巻くものに寄らず、ただ自分であること自体が何にも増して等しく尊いというお釈迦様の教えです。 俺様だけが偉いと威張る2文字ではないのですね。 「矜持」は自分の力にプライドを持ち、あるべき態度を保つ意味の二字熟語です。 矜持の「矜」は、「つつしむ」「うやまう」と読みます。 部首の矛(ほこ)に意味があり、武器(能力)ある自分の誇りと慎みのバランスを「持つ」こと、それが矜持です。 時間と空間を意味します。 三次元に時間を加えた四次元空間です。 空間と時間の関係を表す概念は理解も実感もしづらいですが、何となくわかった気になり、かっこよく響きます。 意味が格好いい二文字(2文字)漢字一覧 上記4種類の二字熟語の他にも、意味がかっこいい二文字漢字はたくさんありますので、以下にご紹介します。 8種類の漢字一覧です。 叡智(えいち)• 窮理(きゅうり)• 覚醒(かくせい)• 琢磨(たくま)• 無双(むそう)• 躍動(やくどう)• 刻印(こくいん)• 1つ目は「如月」(きさらぎ)です。 2月のことで「如」は中国の2月の異名をそのまま使っています。 「きさらぎ」の音の語源は諸説ありますが、この季節に更に衣を着た「衣更着」や、木々が更新する季節から来ている説が有力です。 響きが美しいので、少し気取って使ってみたい言葉ですね。 刹那は仏教において、時間の最小単位を表す単語です。 また「分」「厘」「毛」以下のさらに少ない数を表す単位です。 「その刹那」など、目の離せない一瞬を文学的に表現します。 「せつない」に語感が似ているので、かけがえのない瞬間のように感じさせます。 瑠璃は、仏教で貴重とされた美しい青い石のことで、ラピスラズリのことだと言われています。 また、ガラス細工のことを指すこともあります。 「るり」の透明感ある響きがよく合っています。 洗練された、みやびな美しさを表す二字熟語です。 同じ意味を持っていた「風流」がシンプルで粋なイメージの言葉になったのに対し、「風雅」には華やいだ雰囲気が残ります。 音が楽曲形式の「フーガ」と同じで、かっこいい二字熟語です。 響きが美しい二文字(2文字)漢字一覧 上記でご紹介した4種類の二字熟語の他にも、響きが美しい二文字の漢字・日本語はたくさんあります。 以下は8種類の漢字一覧です。 夕星(ゆうずつ)• 久遠(くおん)• 綺羅(きら)• 玉響(たまゆら)• 空蝉(うつせみ)• 東雲(しののめ)• 泡沫(うたかた)• 1つ目は「薫風」(くんぷう)です。 「風薫る五月」と言うように、薫風は初夏の風のことで、夏の季語です。 「薫」は香りのあるハーブのような草を意味します。 昨今は真夏が長くなりました。 初夏の清涼剤のような薫風は、青葉の香りと爽やかなエネルギーを運びます。 名月を待ち望む前夜のことです。 その日の月を「待宵の月」と言い、秋の季語です。 転じて、来る人を待つ夜の意味で使われたりもします。 「待つ」状態のゆかしさを秘めた言葉ですね。 満月よりも待宵の月の方が好きだと言う人も多いです。 たとえようのない美しさを意味します。 「玲」「瓏」2文字共に、玉の輝きや音の美しさを表す文字です。 玉や宝石の織りなす光や、触れ合う音が研ぎ澄まされて届くさまを視覚的、聴覚的に表現します。 使用例は「玲瓏な月」「玲瓏たる富士」などです。 調和は、物事の均整の取れた状態をいいます。 調は「ととのう」と読み、言葉に神経が行き届きひろく伝わることを意味します。 「調子」「調律」など、音楽に関係する語彙が多いですね。 「調」が「和」する時、綺麗なハーモニーになります。 自然界も世の中も調和が大切ですね。 意味が綺麗な二文字(2文字)漢字一覧 上記でご紹介した4種類の二字熟語の他にも、意味が綺麗な二文字の漢字はたくさんあります。 以下は8種類の二字熟語の一覧です。 月影(つきかげ)• 福音(ふくいん)• 白夜(びゃくや)• 琥珀(こはく)• 天弓(てんきゅう)• 黄昏(たそがれ)• 草枕(くさまくら)• 翡翠(ひすい) かっこいい二字熟語を参考にした男の子の名前は? かっこいい二字熟語・単語に由来する男の子の名前|崇高 かっこいい二字熟語を使った男の子の名前をご紹介します。 崇高と書いて「むねたか」と読む名前です。 「崇高」(すうこう)は、気高くて尊いことです。 また、そのようなものに接した時の気持ちを表現する言葉です。 「崇高な精神」などと使われます。 かっこいい二字熟語・単語に由来する男の子の名前一覧 かっこいい二字熟語を使った男の子の名前一覧です。 2文字をそのまま使って同じ読みの名前があれば、訓読みなど別の読み方にする名前もありますね。 「琢磨」は石などを磨く意味で心身の向上を願います。 名前一覧• 飛翔(ひしょう):「つばさ」「あずと」• 悠久(ゆうきゅう):「はるひさ」「はるき」• 琢磨(たくま):「たくま」 かっこいい二字熟語を参考にした女の子の名前は? かっこいい二字熟語・単語に由来する女の子の名前|未来 かっこいい二字熟語を使った女の子の名前もご紹介しましょう。 「未来」を使った名前です。 「未来」と書いて、「みらい」「みく」「みき」などの読みになります。 「未来子」(みきこ)もあります。 可能性を託す名前となっていますね。 かっこいい二字熟語・単語に由来する女の子の名前一覧 かっこいい二字熟語を使った女の子の名前一覧です。 「風花」は花びらのようにちらちら降る小雪です。 「葉月」は旧暦8月のことです。 弥生(やよい)や皐月(さつき)も名前に使われていますね。 名前一覧• 翡翠(ひすい):「みどり」• 風花(かざはな):「ふうか」• 蒼穹(そうきゅう):「そら」 名付けの他にかっこいい二字熟語を使える場面と使用例は? かっこいい二字熟語を自己紹介などに使う かっこいい二字熟語を使える場面は、自己アピールの場やプロフィールを書く時です。 目標に向かって鼓舞する時などにも使えます。 二字熟語は四字熟語ほど堅苦しさがないので、実用的です。 心に響く2文字の熟語を使ってみましょう。 使用例• 「飛翔」「躍動」:「好きな言葉は「飛翔」と「躍動」です」(自己紹介)• 「矜持」:「~としての矜持を貫きたいと思います」(自己アピール)• 「先駆」:「~の先駆となりましょう!」(目標) かっこいい二字熟語を会話の言葉として使う かっこいい二字熟語は、挨拶や会話に使うこともできます。 また、SNSなどで使ってみるのもおすすめです。 さりげなく取り入れてみましょう。 使う時の注意点は、その場にあった二字熟語を適切に選んで使うことです。 使用例• 「眼福」:「眼福にあずかりました」(美術品や美しい画像を見た時)• 「慧眼」:「慧眼をお持ちですね」(相手の言った通りになった時)• 「光芒」:「光芒を見事に捉えましたね!」(インスタグラムのコメントなど) かっこいい二字熟語を日常的に使ってみよう! かっこいい二字熟語を集めてみましたがいかがでしたか?二字熟語の成り立ちや由来を知るとかっこよさが更にわかり、使ってみたくなりますね。 下記のリンク先には、面白い四字熟語などが紹介されています。 よろしかったらぜひご覧ください。

次の

短くてかっこいい熟語一覧|二文字/三文字/四文字/五文字

二字熟語とは

複合語と同義に用いられることが多い。 とくに語が複合することによって、もとの語の意味だけでなく、新しい語義が生ずるものをさすことが多い。 「月日 つきひ 」「とまり木」「年忘れ」などである。 また、とくに漢字を構成要素とする漢語をさすことも多い(「努力」「登場」「宿場」など)。 この場合は、漢字一字ごとを形態素とみれば複合語であるが、現代語ではすでにその必要はなく、一語の単純語と考えるほうが自然である。 なお、英文法などにおいては、「熟語」の語を慣用句・慣用語(イディオム)の意味で用いる。 この場合はかならずしも単語だけをさすのではなく、複合語(lakeside湖畔)や慣用語(give-and-take)や慣用句(rain cats and dogs激しく雨が降る)などを含めて用いられる。 [近藤泰弘] … 2 見出し語と説明語とが, a 同一の言語であるもの, b 異なった言語であるもの 対訳辞典,方言辞典など に二分できる。 3 収録語の性格によって, a 普通辞典 一般辞典,一般の語を扱うもの と b 特殊辞典とに分かれ,さらに b は品詞辞典,語源辞典,古語辞典,現代語辞典,発音辞典,アクセント辞典,文法辞典,外来語辞典,標準語辞典,方言辞典,難訓辞典,類語辞典,熟語辞典など,また特殊な分野ごとに言語学辞典,文学辞典,歴史辞典,宗教辞典,地名辞典,民俗語彙(ごい),隠語辞典などがある。 [効用] 文字や発音や意味や用法などが不明な場合,そのうちの一つを知るだけで,他を知るのに役だつ。 出典| 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について.

次の

短くてかっこいい熟語一覧|二文字/三文字/四文字/五文字

二字熟語とは

言葉 2020. 08 ジーンと心に響くかっこいい二字熟語一覧!目標や名前にも使える粋な漢字・言葉は? いつも心に留めている言葉や、好きな単語はありますか?普段の生活の中で接することの多い二字熟語ですが、人生の目標にしたり、名前に付けたりすることで、より身近に感じられるようになります。 今回は、クールでかっこいい二字熟語をたっぷりご紹介します!• 普段の生活の中ではあまり使うことのない言葉ではありますが、ビジネスやスポーツ、学校生活などの場面で大切な心構えを示しています。 自分の利益や勝ち負けだけにこだわることなく、相手に敬意を払うという粋な姿勢は大切ですね。 1つずつの漢字が勇ましく、粋な雰囲気もあります。 試合などの前にチームで目標として共有すれば、士気が高まること間違いなしですよ。 漢字を見ただけで意味が伝わりやすいので、ビジネスシーンや学校のクラスなどでも共有しやすいです。 普段の生活の中で使う機会はあまり多くない単語ではありますが、だからこそ目標として心に留めておきたい心構えです。 座右の銘としても人気がありますよ。 サッカーやバスケットボールなどの瞬発力が求められるスポーツで、チーム全体の目標として使われることが多い言葉です。 発音が綺麗でクールな響きもあるので、スローガンにぴったりです。 受験や就活を控えた学校のクラス目標や、大会優勝を目標にするスポーツチームなどのスローガンとして使われることが多いですよ。 意味が分かりやすく、全体で共有しやすい点が魅力です。 こちらの記事では、勉強や受験にかかわる四字熟語についてまとめています。 モチベーションが高まるような言葉を多く紹介していますので、こちらも是非参考にしてくださいね。 威風堂々という四字熟語と同じ意味で、学校や会社での目標として使われることの多い言葉です。 風と言う漢字が入っていることでどことなくクールな雰囲気もあり、響きが綺麗な点が支持されています。 苦労を乗り越えた人がこの言葉を使うと、心に響くものがありますね。 壁にぶつかった時に思い出したい、かっこいい言葉です。 耳慣れない単語ではありますが、だからこそ座右の銘にして心に留めておきたいものです。 メジャーな単語を座右の銘にしたくないという人におすすめの、かっこいい二字熟語です。 立派で美しいことを意味する言葉で、座右の銘にぴったりですよ。 生き方そのものを正してくれるような、重みのある響きも素敵です。 そこから転じて、物事が良い方向へ動くことや、進段階が進むことも意味します。 日常生活の中で耳にすることが多い言葉ではありますが、意味をしっかり噛みしめることで深みが出る、かっこいい言葉ですよ。 座右の銘として使う人は多くはありませんが、だからこそかっこいいと感じる人も多いでしょう。 女性の座右の銘としてはもちろん、粋な男性の代名詞としても使われることもありますよ。 クールな響きとは対照的に、熱い心意気を示しています。 何歳になっても心に留めておきたい言葉と言えるでしょう。 スポーツやビジネスの場面で求められる心構えでもありますよ。 花の名前なので女の子のイメージもありますが、響きがクールで漢字が古風なので、男の子の名前としても人気があります。 どちらの性別でも付けられるような名前を考えているという人からも支持されています。 「しき」という響きの名前は男の子に使われることがありますが、四季という漢字を当てれば、すぐに覚えてもらうことができますよ。 四季折々の美しい自然に恵まれた日本に生まれたからこそ付けられる、粋な名前と言えるでしょう。 名前に付ける場合には、いつまでも元気でい続けてほしいという願いが込められていることが多いです。 アニメなどの登場人物にいそうな、かっこいい男の子を連想させる言葉ですね。 高尚で粋なイメージがあり、古風な名前として人気があります。 書道や茶道などのたしなみがある場合にも使われるため、伝統や芸術を大切にしてほしいという意味を込めることもあるようです。 読みやすく発音しやすい点も魅力ですね。 意味は、大きな志という漢字のまま、将来に対する遠大な希望を表しています。 誰でも簡単に読める漢字の名前を付けたいという人におすすめの、人気のある言葉ですよ。 どちらの漢字も、はねやはらいなどが適度に入っていてバランスが取りやすいです。 どことなくクールな響きで漢字も美しいので、完成した書を見ているだけで心が綺麗になりますよ。 書道では2文字から4文字を書くことが多いですが、5文字以上の書も趣があって素敵です。 書道におすすめのかっこいい五字熟語についてまとめたこちらの記事も、是非参考にしてみてくださいね。 どちらの漢字も画数が少ないので書きやすいですが、その分バランスを取るのが難しい二字熟語でもあります。 座右の銘としても使えるので、綺麗に書けたら壁に貼っておくのもおすすめですよ。 人間性が反映されるとも言われる書道にぴったりの、美しい印象の言葉と言えるでしょう。 神々しいと感じる時にも使用することがあるので、眺めているだけで美しい気持ちになれますよ。 はねやはらいが多いため、書道の練習にぴったりの漢字と言えるでしょう。 座右の銘やチームの目標として使われることもありますが、その場合には飛ぶように高い場所を目指していくという意味が込められている場合が多いです。 響きがクールで粋な雰囲気も漂うので、声に出して読みたくなりますね。 漢字を見ただけで単語の意味が分かりやすく、小学校で習う漢字が使われているので、書道初心者にもおすすめです。 縁起の良い単語なので、お店や商品の名前にもぴったりですよ。 粋な響きと勢いのある字体が魅力的で、書道の課題として使われることの多い言葉でもあります。 竜という漢字が入っていることで、かっこいい印象が強くなります。 はねやはらいが適度にあるため、書道の練習にぴったりですよ。 バレエやダンスなど、綺麗さを競うスポーツで使われることの多いスローガンでもありますよ。 クールで粋な女性像を連想させるので、女の子の名前に付けて「みれい」と読むこともあります。 クールな響きが人気で、男の子の名前としても好まれています。 新時代を築くような立派な人物になってほしいという願いが込められたり、新しく始まる人生をしっかり生きてほしいという意味が込められたりすることが多いですよ。 はらいが多く、綺麗に書きやすいた、書道の課題として使われることも多いですよ。 見る人に爽やかな印象を与えるという意味もあるため、単語の意味を意識して書くことで、より立派な仕上がりになるでしょう。 耳にも目にも美しい言葉です。 意味も素晴らしいですが、落ち着いた印象の響きも魅力的です。 心静かに生きることはなかなか難しいですが、人生の目標にしたいと考える人は多いです。 あまり有名な言葉ではないからこそ、座右の銘にすることでクールでかっこいい印象を持たれること間違いなしです。 古代から美しい装飾品として使われてきた歴史があり、多くの人々に愛されてきました。 見た目が美しいだけではなく、響きも綺麗なので、名前に使われることも多いですよ。 かっこいい二字熟語を使ってみよう 二字熟語は普段の生活の中にあふれています。 良く耳にする言葉でも、改めて響きや意味を考えると、素敵に感じる単語もあるでしょう。 自分の好きな言葉を目標や座右の銘に掲げて、いつもの生活をもっと豊かにしてくださいね。

次の