思いがけない 意味。 ビジネスでの「思いがけない」の意味と類語・使い方と例文

「思いがけず」の正しい意味と使い方を徹底解説!よく使う文例付き

思いがけない 意味

「僥倖」の由来 「僥倖」の由来について説明します。 「僥」の語源は「願うこと、望むこと」です。 「僥」の字は「人」と「堯」という字から成っています。 「堯」の意味は「気高い」となり、徳の高いことを指し示します。 また、土が3つ並んでいることは高く土が盛られている様子や土器が積み重ねっている様子を表しています。 そこに「人」が足され、高く盛った土を担ぐ背の高い人物や崇高な巨人などを指すことから「気高い」や「「偉大」などといった意味を持つようになりました。 「倖」の語源は「幸い、願い望む」です。 「倖」という字は「人」と「幸」という字から成っています。 元々「幸」という字は、「罪人の手にはめる手械(てかせ)」を表す漢字でした。 罪人が捕まることが「幸い」であるために、そういった意味になりました。 こうして「僥」「倖」が合わさり 「気高き幸せ」という意味であることから「なかなか手に入らない幸せ」「思うままには訪れない幸せ=思いがけない幸せ」となりました。 「僥倖」の使い方 上でも説明したとおり、まず「突然、幸せが舞い込んできたとき」や、「思いがけずに喜ばしいことがあったとき」に使います。 藤井四段も20連勝目のインタビューで「僥倖」という言葉を使いました。 これは自分の実力では難しいとされていた勝利を得たことから、思いがけない喜びであったことを「僥倖」と表しました。 また一獲千金した場合などにも使えます。 宝くじが当たったり、持っていた物が思っていたより価値があったときは「僥倖だ!」と言えます。 大人気漫画「賭博黙示録カイジ」の主人公・カイジも、努力したわけではなく思いもよらずにお金を手にできた時に使っています。 このように、 本来得るはずもない喜びことなども「僥倖」と表すことができます。 そして「幸せを願い望むこと」といった意味では、あとは幸運を願うほかできない時など、「何かを達成し叶えたいことがあるが自分自身ではこれ以上何も出来ず、あとは祈るのみ」といった時に使います。 またそれがとても深刻な状況であることが伺えます。 ただ幸せを願っているだけであったり、ラッキーであっただけであれば「たなぼた」などの言葉も使用できますが、とても軽い感じがしますよね。 それに対して 「僥倖」という言葉は印象も重く畏まった印象があるので、ビジネスシーンなどでも使うことができます。 通るはずのなった企画が通った時など、「たなぼたでしたね!」というより「僥倖でしたね!」と言う方が、社会人として上品であり知的な印象を与えます。 また、鰯網で鯨が捕れるはずがないことから、あり得ないことのたとえ。

次の

「思いがけない」の類義語や言い換え

思いがけない 意味

では、「思いがけない」と上述の類義語の意味の違い、使い分けはどのようになるのでしょうか。 まず、類義語ですので、これら4語は、結果が予想した程度よりも良い場合にも悪い場合にも使うという共通点があります。 その中でも、「案外」は、漠然とした想像であったり、常識と思われる範囲に出た様子のときに使われます。 例えば、「案外できる奴だ」「今回のテストは案外上手くいった」などの使い方になります。 「意外」は、自分で予想したり、考えていた範囲ではなかったことを示します。 もっと砕けた話言葉では、「意外と」という形で使われます。 例えば、「意外に強い相手だった」「意外な場所で友達に会った」などの使い方になります。 「思いのほか」は、思ったほどではないという意味で、会話の中で使うというよりは文章語的に使うことが多い言葉です。 例えば、「沖縄はおもいのほかに寒かった」などの使い方になります。 そして、「思いがけない」は、全く予想していない様子をいいます。 例えば、「思いがけない贈り物をもらい、大変嬉しい」などの使い方になります。 「思いがけない」の類語の対比 「思いがけない」の類語の「思いのほか」「案外」「意外」の意味と例文を見てきましたが、では、同じような言い回しで違いはあるのでしょうか。 例えば、「~早く着いた」という場合の「~」部分にこれらの言葉を当てはめます。 「思いがけなく早く着いた」これは、このままでOKですし違和感はありません。 他にも「思いのほか早く着いた」「意外に早く着いた」「案外早く着いた」どれも、使うことができます。 一方、「~成績をとる」という場合は、「思いがけない成績をとる」は、OKですが、「思いのほかの成績をとる」これは、ほぼ使わない言い回しになります。 「意外な成績をとる」これは言いますが、「案外な成績をとる」は、あまり使いません。 「思いがけない」の類語のニュアンスや文法上の違い このように見ていくと、「思いがけない」の類語である「案外」「意外」「思いのほか」などの言葉は、予想していたことと実情が違っている様子であるという共通の意味ですが、ニュアンスや文法上に違いがあることがわかります。 「案外寒かった」という場合は、「思っていたよりも寒かった」という軽い意味合いで使われ、想像や常識を少し超えた程度であることを表します。 一方、「思いのほか寒かった」となると、案外よりも予想を超えていた度合いが強くなり、使う場面によっては大げさ過ぎて使えないこともあります。 そして、「案外」「思いのほか」と少し異なるのが「意外」です。 「案外」「思いのほか」は、そのままの形で副詞として使われることが多いです。 一方で、「意外」は、「意外に寒い」「意外と寒い」などのように、「意外に」「意外と」の形にしないと不自然になるからです。 「意外なところで会った」「それは意外だ」などのように、「意外」は、「~な」「~だ」の形でも使えますが、「案外」を当てはめると不自然で、「思いのほか」は文章語的になるため、会話では使いにくいのです。 また、「意外」は、予想と違っていただけでなく、予想もしていなかった事態であることを表し、驚きの感情も込めた表現となります。 そして、これらの使い方の違いに対して、万能に使える言葉として「思いがけない」があります。 類語と同様の意味を持つのですが、丁寧な言い回しであるので手紙やメール、ビジネス上でもよく使われる言葉ですし、使う上でもこの言い方だと不自然になるということが少ない言葉です。 例えば、先ほどの例文で言うと、「意外に寒い」という表現は、「思いがけず寒い」と表現しても不自然ではありませんし、「意外な成績をとる」は、「思いがけない成績をとる」と表現した方が失礼な感じがないニュアンスになります。 このように見ていくと、「思いがけず」は、意味合い的にもやさしいニュアンスで、丁寧な印象にもかかわらず、「思いのほか」のように文語的でもないので、日常的な色々な場面で使える言葉なのです。 思いがけないの類義語をみてきましたが、関連語はどういったものがあるのでしょうか。 思いがけないの関連語は、以下になります。 ・[慮外]・・・思いがけないことの意の文章語。 (例文)「これは、慮外なことを承ります」 ・[存外]・・・物事の程度などが予想と食い違うさまの文章語。 (例文)「存外にやさしい問題だった」 ・[望外]望んでいた以上であること。 (例文)「望外の幸せを感じる」 ・[予想外]ある事柄、なりゆきなどを意識的に検討して、予想していた結果と実際が違っていること。 (例文)「これほどの反響があるとは、予想外だった」 ・[意表]考えを入れないこと。 (例文)「敵の意表をつく」「相手の意表をつく」.

次の

「滅相もない」の意味とは?正しい使い方をわかりやすく解説!

思いがけない 意味

棚から牡丹餅 たなからぼたもち : 思いがけない幸運が舞い込んでくること 「棚から牡丹餅」の意味を詳しく 「棚から牡丹餅」とは、 思いがけない幸運が舞い込んでくることを意味することわざです。 「牡丹餅」は、おはぎのことです。 このことわざのポイントは、訪れた幸運が、「予想外」「計算外」「思いがけないこと」であったことです。 まったく準備もしておらず、期待もしていなかったのに、突然訪れた幸運にのみ、「棚から牡丹餅」と使います。 反対に言えば、 予期していた幸運に対して「棚から牡丹餅」を使うことはできないのです。 たとえば、親戚のおじさんの家に遊びに行ったとしましょう。 そのおじさんはお小遣いをいつもくれるとします。 この状況下で、今日もお小遣いをくれるかもしれないと期待して家に行き、実際にお小遣いをもらった場合、それは「棚から牡丹餅」ではありません。 なぜなら、おじさんからお小遣いをもらえることは、ある程度予想がついているためです。 逆に、その親戚のおじさんに街中でばったり会って、お小遣いをもらった場合に「棚から牡丹餅」と言うことができます。 幸運は幸運でも、「予想外」「計算外」の時のみに「棚から牡丹餅」を使いましょう。 憧れの選手に街で出くわし、握手までしてもらった。 まさに 棚から牡丹餅だ。 北海道に旅行をしている友達が、頼んでもいないのに蟹 かに を突然送ってきてくれた。 これは 棚から牡丹餅だ。 今や日本を代表する大女優となった彼女だが、地元で遊んでいる時に偶然スカウトされたのはまさに 棚から牡丹餅だった。 ちなみに、「棚から牡丹餅」を省略した「棚ぼた」を用いた「 棚ぼた式」という表現もあります。 幸運とされるものを修飾する言葉として機能します。 たとえば「棚ぼた式の利益」といった表現があります。 「棚から牡丹餅」の由来 棚の近くで寝ていた時に、棚の上に置いていた牡丹餅がたまたま開いた口の中に入ってきたことに由来があります。 現代だと、これが幸運にあたるのかという疑問が浮かぶかもしれません。 しかし、昔は砂糖などの甘いものは入手しづらく、保存もしづらいという背景もあり、牡丹餅は高価なものでした。 そのため、 寝ている状態、すなわち何も構えていない状態で口に高価な牡丹餅が落ちてくるのは、非常に幸運な出来事と考えられていました。 現代であれば、他の高価な食べものが、寝ている時に思いがけず口の中に入ってくるのをイメージするとよいかもしれません。 開いた口へ牡丹餅:「棚から牡丹餅」と同義。 鰯網で鯨を捕る いわしあみでくじらとる :思いがけない幸運や収穫を得ること。 鰯網へ鯛がかかる いわしあみへたいがかかる :思いがけない幸運や収穫を得ること。 鴨が葱を背負ってくる かもがねぎをしょってくる :都合がいいことが重なり、ますます好都合だということ。 勿怪の幸い もっけのさいわい :思いがけない幸運が舞い込んでくること。 天然礫 つぶて のまぐれ当たり:思いがけない幸運が舞い込んでくること。 「鰯網で鯨を取る」や「鰯網へ鯛がかかる」は、鰯を捕るための網で鯨や鯛を捕らえることを言っています。 思いがけない幸運を意味しますが、ありえないことのたとえとして使われる表現でもあります。 「鴨が葱を背負ってくる」は、鴨鍋を作る際に必要な葱を鴨が自ら背負ってやってきたとしたら、鴨肉と葱が同時に揃って好都合であるということから来ています。 「勿怪の幸い」の「勿怪」とは、物の怪、つまり妖怪のことです。 妖怪が現れることは思いがけないことであるため、「勿怪の幸い」で思いもよらない幸運を意味します。 「棚から牡丹餅」の対義語 「棚から牡丹餅」には以下のような対義語があります。 He thinks that roasted larks will fall into his mouth. あぶられたヒバリの肉が、口の中に落ちてこないかと思っている。 pennies from heaven. 天から降ってきたちょっとした幸せ。 ~の膝の上に転がり込む。 あり得ないことですが、あぶられた状態で口の中に落ちてこないかとの期待から、「棚から牡丹餅」と同じような意味で使われています。 これが、ちょっとした幸運を意味します。 まとめ 以上、この記事では「棚から牡丹餅」について解説しました。 読み方 棚から牡丹餅 たなからぼたもち 意味 思いがけない幸運が舞い込んでくること。 由来 棚の近くで寝ていた時に、棚の上に置いていた牡丹餅がたまたま開いた口の中に入ってきたことから。 類義語 開いた口へ牡丹餅、鰯網で鯨を捕る、勿怪の幸いなど 対義語 虎穴に入らずんば虎子を得ず、棚から牡丹餅は落ちてこない、蒔かぬ種は生えぬ 英語訳 He thinks that roasted larks will fall into his mouth. あぶられたヒバリの肉が、口の中に落ちてこないかと思っている。 「棚から牡丹餅」の意味や使い方を理解することはできたでしょうか。 「棚ぼた」と略して使うこともあり、多くの人にとって聞き馴染みのあることわざでしょう。 思いがけない幸運は意外と舞い込んでくるものです。 しかし、対義語が多く存在するように、自分から動かないと幸運を得られない場合が多いことも事実です。 どちらのことわざも心得ておきたいものですね。

次の