ゆで 卵 殻 剥け ない。 絶対に失敗しない半熟ゆで卵の作り方

ゆで卵の殻がむきやすい作り方!簡単で時短でも失敗しない方法

ゆで 卵 殻 剥け ない

ゆで卵って、簡単なようでいて、じつは難しい料理だと思いませんか。 何よりも、きれいに剥くのが。 というか、きれいに剥くのが。 ひどいときは白身の半分ぐらいが殻にくっついて持っていかれてしまった、ぼろぼろのゆで卵は本当にしょんぼりしますよね。 よほどとろっとろのギリギリな半熟卵をめざしているのでない限り、ゆで卵の苦労の大部分はきれいに剥けるかどうかに集約されています。 ゆで卵がきれいに剥けない理由と、簡単で完璧なゆで方をご紹介しましょう。 ゆで卵がきれいに剥けない理由 ゆで卵がきれいに剥けない理由はなんでしょうか。 端的に言えば殻の内側に白身がくっついてしまっているからですよね。 白身が殻にくっついてしまわないように、みんな知恵を絞っているわけです。 少し時間のたった卵がいいと言われる理由 よく、卵が新鮮だと殻がうまく剥けない、少し時間のたった卵のほうがゆで卵には向いている、と言われます。 これは事実で、その理由は、二酸化炭素にあります。 卵の白身には、二酸化炭素が含まれています。 卵の殻には微細な穴がたくさんあいていますので時間が経つと抜けていくのですが、産卵からあまり時間がたっていない卵にはまだ二酸化炭素が多めに含まれています。 この二酸化炭素が膨張して、白身を殻に押しつけてしまい、白身が殻からはがれなくなってしまうのです。 また、二酸化炭素の膨張によって白身にスポンジのような小さな穴が無数にあいてしまい、ぼそぼそした食感の白身になってしまう可能性もあります。 二酸化炭素が抜けたあとのほうが白身のアルカリ性が強まり、白身が固まった時ぷりんぷりんになります。 二酸化炭素が抜けるには、冷蔵庫で5日程度、常温なら3日程度といわれています。 卵の消費期限は2週間程度。 これは、生食可能な期間ですので、火を通すゆで卵ならさらに何日かは大丈夫。 買ってきたばかりの卵も、十分おいしいうちに剥きやすい状態の卵になります。 殻を剥く前にゆで卵作り とはいえ、ゆで卵を食べたい、と思った時に買ってから数日経った卵があればいいですが、買ってきてから卵がゆでられるようになるまで5日も待ってはいられません。 毎日食べる人は別として、食べたくなるかもしれないから、とゆで卵を作りおきしておくのも、あまり現実的ではありません。 卵の賞味期限は2週間程度ありますが、ゆで卵は4日程度しかもちません。 大量に作りおきしてしまうのは不安です。 新しくても絶対にきれいに剥けない、ということはありませんので、やはり食べたい時にゆでるのが一番ですね。 簡単完璧なゆで卵の作り方 水からゆでる、お湯がぐらぐらにわいてから卵を入れる、お湯にお酢を入れる、塩を入れる、先に卵にひびを入れる(尖ったほうと丸いほう両方の意見があるようです)、室温に戻してからゆでたほうがいい、冷蔵庫から出してすぐゆでるのがいい。 ゆでる時間は水から12分、沸騰してから6分、ゆで終わったら流水にさらす、氷水につける、など、ゆで卵をじょうずにゆでるコツはレシピによってじつにさまざまです。 ですが、私としては、どうもどれもこれだ、とは思えませんでした。 お湯が沸くまで台所で待っているのは手間だし、 待ってる間に忘れてしまって空焚きしかねないし(かなり近いところまでやったことがあります)、 冷蔵庫から出した卵がどのくらいで常温に戻るか知らないし。 常温に戻そうとしているのを忘れてしまいそうだし。 あと、私はついついお湯をたっぷり入れてしまうので、ゆでている途中でお湯が吹きこぼれてしまうのもひそかな悩みでした。 そんなこんなでいろんなレシピを探しては試した結果、このレシピにたどりつきました。 冷蔵庫から卵を出す• 水深1~2センチ水を入れたフライパンに入れてフタをする。 (レシピにある水大さじ5では、うちではすこし水が足りませんでした)• 強火にかけて3分• 3分たったら弱火にして3分。 弱火で3分たったら火をとめて、3分~6分放置でゆで具合を調節 冷蔵庫から出してすぐゆでられる、水もそんなに使わず、途中で弱火にするのでちょっぴりエコ。 黄身のゆで具合もある程度自分で調節可能。 強火にかけたあとタイマーかけて3分で一度台所へ戻らないといけないのがちょっとだけ手間ですが、その程度ならあまり障害には感じません。 私は一人暮らしで、多くてせいぜい3つぐらいまでしかゆでないので、フライパンではなく小さな片手鍋を使っています。 また、ヒビも入れていません。 (面倒) (ほぼ)完璧な剥き方 さて、卵がゆであがりました。 フタをずらしてお湯を捨て、水道水を少しだけ入れて、軽くなべを振って、卵同士をお互いと鍋のふちにぶつけて、殻にひびを入れます。 有名な伊東家の裏ワザの応用です。 強く振り回すと卵までへこんでしまって、きれいに剥けません。 そっと、でもしっかり殻にひびや穴があいているのがわかるぐらいには振ってください。 穴があいたら、たっぷりの流水にさらします。 卵をつるんときれいに剥くためには、殻と白身の間に空間を作ることが大事です。 そのために殻に穴をあけ、水で内側の白身をきゅっと締めるというわけです。 しっかりと、最低1分以上流水で冷やし、水を流したまま、殻の破れ目からそっと殻を剥いていきましょう。 この時期水が冷たいので流水ではなく水をためた中に漬けて剥けばいいのではと思ったのですが、あまりうまく剥けませんでした。 直接卵に流水があたっていなくても、水流が殻を剥きやすくしてくれるのかもしれません。

次の

ゆで卵の殻が剥きにくい原因とは?簡単にむく裏ワザとむきやすい作り方

ゆで 卵 殻 剥け ない

同じ悩みを抱えていました。 ですがある方法を試してからは全く問題なく殻を剥けるようになりました。 キーワードは「温度差」です。 まず冷蔵庫で卵を保管します。 卵を茹でるときは水からでなく熱湯から茹でます。 割れないようにお玉やトングで静かに鍋に入れましょう。 冷たい冷蔵庫から熱い湯に急に入れることで内部が膨張し、白身と殻の間の膜が弱まります。 茹で上がったらすぐに流水で冷まします。 水を入れるとすぐにお湯になりますから、何度も水を替えつつ、一気に急激に冷まします。 そうすることで、殻とさっきまで膨張していた膜、膜と一気に収縮した白身との間にそれぞれ空隙が生じ、きれいに剥けるようになります。 飲食店を経営する知人から教わった方法です。 仕事で卵を茹でているプロの人に、古い卵を選んでいるヒマも、1個ずつ穴を開けているヒマもありはしません。 是非お試しください。 茹で玉子の剥き方について「NHKのためしてガッテン」で見た記憶があります。 検索してみて下さい。 パソコンの最初のペ-ジの窓に「瞬殺玉子剥き」と言葉を入れ、検索して下さい。 ユ-チュ-ブ等に色々と「玉子の剥き方」の動画が出てきます。 私のPCは、アドビ・フラッシュプレ-ヤ-の調子が悪く「動画」が現在は見られませんが、10秒間に1ヶの割合で玉子を剥く秘法が紹介されています。 それと、ご存じかとは思いますが、玉子の茹で方にも色々あり、上手な茹で加減は、玉子を常温に戻してから、沸騰したお湯に入れ、4分間。 タイマ-が鳴って、即火を消し、又、4分間経ったなら、お湯を捨て水で冷やします。 これで、白身は固茹でになり、黄身は半熟よりは堅く、真っ黄色になり、流れ出ない程度の固さになります。 そして、殻を剥くのはほんのり暖かい状態が剥きやすいと思います。 殻の剥き方は、前述の「ユ-チュ-ブ」をご覧下さい。 急冷すると良いと昔から言われましたがやってみると効果がありません。 新しくない卵を使うのは効果があります。 白身が殻に癒着するのは卵の中のガスが過熱により殻の外に出ようとするため張り付いてしまうのだそうで、最近新しい発見がありテレビ番組で紹介されたそうです。 それは卵の楕円の大きいほうのお尻の殻に小さな穴を開けてから茹でることです。 大きいお尻の内側には薄皮と殻の間に空気室がありますから殻に上手に穴を開けると卵の中身は薄皮に支えられるので外に流れ出すということはありません。 この状態で茹でると卵の中のガスは抵抗なく外に逃げることが出来るので、薄皮を殻に貼り付けることが無いというわけなんです。 私は1mmほどのドリルや小さなニッパー(針金のようなやわらかい金属を切る工具です)の刃先で卵の大きいほうの尻に穴を開けて試しましたがたいへん効果があります。 また100円ショップにこの穴を開ける専用の道具も売っています。 上記の理屈を考えるとゆっくりゆっくり加熱することは効果があるかと思い、電気ポットを低温にして試しましたが、白身が不気味な色に変色するだけで効果がありませんでした。 新しくない卵を使うことと、卵の大きいほうの尻に1mmほどの穴を開けてからゆでること。 この二つが実際に効果があります。 A ベストアンサー 茹でたまごのプロでした。 一日に茹でるたまご、9トン。 ひとつひとつ手作業で殻に穴開けるんですよ、日々9トンも。 慣れているので超高速ですが。 じゃないとね、異物混入のクレーム多発で保証金わんさか払うことになって大変なんです。 殻は異物じゃないのにね・・・。 そして殻に穴を開けちゃうのが科学的にも裏付けられた、最もキレイに殻を剥く方法です。 茹でたまごのプロは、家庭よりずっと必死にキレイな茹でたまごを研究しています。 スプーンで殻にクラックだけいれるのも何トンもテストしましたが、やはり穴です。 穴の場所は大丈夫ですね。 卵は産卵日から3日間以上経ったもの(プロは5日間は待ちます)を、 穴開けにはアイスピックでなく、画鋲を使いましょう。 あ、たまごに画鋲を刺そうとしてもうまくいきません。 画鋲にたまごを刺すんです。 たまごの鈍端に鋲の先を当てがったまま、台や壁に画鋲側からトン!と打ちつけます (力加減は一度やればわかります)。 これを簡単にした道具が¥100ショップにあるらしいですが。 鋲が卵殻膜を突破してしまっても、茹でるうえでは全く問題ありません。 ただ、お玉を使おうがなんだろうが、 いきなり熱湯に入れると、いろいろ追いつかなくって卵白がもれます。 火にかけたお鍋に、水のうちから入れてください。 たまごの保存方法も、鈍端が上というのがポピュラーですが 逆に置いたからって気室が移動することはありません、静置ならですが (無駄に揺すったり転がしたり振りまわしたりしなですよね?)。 実際、9トンのたまごは鋭端を上にして保管、 穴開けの直前に一気に全部ひっくり返します。 保管期間は5日間~4ヶ月間ですが気室の移動していたたまごはひとつもないですよ。 ちなみに9トンのたまごは真空釜と呼ばれる真空でもない釜で、スチームで茹でます。 これを家庭で再現するには、水深2cm弱で水から茹でます。 小鍋でもフライパンでも良いですが、必ず蓋を使って、蒸気がまわるようにします。 好みの分数加熱したら火を止めて、そのまま2分間ほど蒸らしてから水にとり、 粗熱が取れてから水の中で殻を剥きます。 画鋲とこの茹で方で、剥けないゆでたまごとは永遠にサヨナラですよ。 茹でたまごのプロでした。 一日に茹でるたまご、9トン。 ひとつひとつ手作業で殻に穴開けるんですよ、日々9トンも。 慣れているので超高速ですが。 じゃないとね、異物混入のクレーム多発で保証金わんさか払うことになって大変なんです。 殻は異物じゃないのにね・・・。 そして殻に穴を開けちゃうのが科学的にも裏付けられた、最もキレイに殻を剥く方法です。 茹でたまごのプロは、家庭よりずっと必死にキレイな茹でたまごを研究しています。 スプーンで殻にクラックだけいれるのも何トンもテストしましたが、やは... Q 器の上でひしゃげてしまうくらいの固さの半熟卵を作るのですが、白身に薄い膜がくっついて、うまくむくことができません。 ネットなどの情報を参考にいろいろと試しているのですが、効果がありません。 1 卵の気室に針で穴を開ける 2 卵の殻にひびを入れる 3 ゆで上がったらすぐに、氷水で冷やす 卵の殻のひびは色々試してみたのですが、入れすぎてもかえって、殻が粉々になってむけにくくなります。 また、殻をむく際にちょっとでも乱暴に扱うと白身が割れてしまい、たとえば、流水にさらしながらむくことなどはできません。 ということで、現在は冷蔵庫から出した卵の殻に1ヶ所だけひびを入れ、水からゆで、煮たってから3分ほどで取りだし、氷水で冷やしてからむいています。 ちなみに、白身が完全に固まっている半熟卵や固ゆで卵ならば、この方法で、大体きれいにむくことができます。 卵を赤玉に変えたところ、殻と膜が厚くなったように感じ、それ以来うまくむけなくなりました。 卵の鮮度については、採卵日はわかりませんが、購入(採卵数日後?)してから品質保証期限内では、むけにくさに大きな変化は感じられません。 なにか方法がありましたら、ぜひ教えてください。 殻と膜の間ではなく、膜と白身の間にすき間を作ることはできないのでしょうか?白身も膜もほぼ同じ成分だとすると、今の方法の急激な温度変化は効果がなさそうですし、ゆでる前に膜を破れば、白身が流れ出してしまいます。 味が気に入っているので、卵を変えるという選択肢は考えていません。 ぜひ、お知恵をお貸しください。 よろしくお願いします。 器の上でひしゃげてしまうくらいの固さの半熟卵を作るのですが、白身に薄い膜がくっついて、うまくむくことができません。 ネットなどの情報を参考にいろいろと試しているのですが、効果がありません。 1 卵の気室に針で穴を開ける 2 卵の殻にひびを入れる 3 ゆで上がったらすぐに、氷水で冷やす 卵の殻のひびは色々試してみたのですが、入れすぎてもかえって、殻が粉々になってむけにくくなります。 また、殻をむく際にちょっとでも乱暴に扱うと白身が割れてしまい、たとえば、流水にさらしながらむく... A ベストアンサー 米国に「ゆで卵は10日経ってから作れ」ということわざがあります。 産卵したては中性ですが、日にちが経つにつれ二酸化炭素が抜け、アルカリ性になってから作ります。 fujitv. htm 購入までの輸送状況やスーパーでの保存状況を考えると、 すでに常温での日にちが経っていると考えられる場合は、 すぐ作ってもいいですが、下記やり方で作ってみてください。 水からゆでると全体的に膨張してしまうので殻と白身の密着度が増します。 熱湯を注ぎ、すぐに殻に近い白身部分を固めてしまい、 膨張を最小限にします。 shufutomo. fujitv. shufutomo. html 米国に「ゆで卵は10日経ってから作れ」ということわざがあります。 産卵したては中性ですが、日にちが経つにつれ二酸化炭素が抜け、アルカリ性になってから作ります。 fujitv. htm 購入までの輸送状況やスーパーでの保存状況を考えると、 すでに常温での日にちが経っていると考えられる場合は、 すぐ作ってもいいですが、下記やり方で作ってみてください。 A ベストアンサー こんにちは。 以下,書かせていただくことは既に実践なされているみたいなのですが,何故綺麗に剥けないのか不思議ですねー。 実家が田舎なもので,鶏を飼っていたんですが,やっぱり「鮮度」の問題だと思いますよ。 間違い無く,新鮮な卵つは剥きにくく,日にちが経った卵は剥きやすいです。 鶏を50年間飼ってきた母がそう言ってますから,間違い無いです。 あと,コツとしては,すぐに水につける(冷ます)ことと,皮の剥き方ですね。 (我が家のゆで方) 1 いきなり熱湯に入れるとヒビが入るので、水から茹でます。 2 それでもヒビが入ってしまうのが不安なら、酢を少し加えてみたら安心です。 3 真ん中に黄身を寄せるには、鍋が沸騰するまで時々卵をコロコロと転がせてあげましょう。 4 出来上がりの目安は10分。 八分茹でなら8分。 固茹でなら12分 5 茹で上がった卵は、スグにっ!!氷水へ。 そのまま放置していたら確実に剥けにくくなります。 6 数分放置して、卵が冷たくなったら、氷水から出して、しばらく常温で置いておく。 7 卵の胴と頭とお尻の部分を叩いてヒビを入れ、胴まわりに細かくヒビを入れる。 (中身がつぶれない程度に,殻をぐちゃぐちゃに割っちゃって下さい。 ) 8 古い卵を使えば直良しです。 何か参考になることは無かったですか? こんにちは。 以下,書かせていただくことは既に実践なされているみたいなのですが,何故綺麗に剥けないのか不思議ですねー。 実家が田舎なもので,鶏を飼っていたんですが,やっぱり「鮮度」の問題だと思いますよ。 間違い無く,新鮮な卵つは剥きにくく,日にちが経った卵は剥きやすいです。 鶏を50年間飼ってきた母がそう言ってますから,間違い無いです。 あと,コツとしては,すぐに水につける(冷ます)ことと,皮の剥き方ですね。 (我が家のゆで方) 1 いきなり熱湯に入れるとヒ...

次の

ゆで卵の薄皮が剥けないという人が最後に試すとっておきの方法

ゆで 卵 殻 剥け ない

生卵は茹でる30分ほど前に冷蔵庫から出し、常温にする。 鍋に卵を入れ、卵が隠れるほどの量の水と塩をひとつまみ入れる• 鍋に火をつけ、卵の表面に泡が出始めたら菜箸などで優しく卵を転がす。 沸騰したら弱火にし、 1分ほどしたら菜箸で転がすのをやめる。 そのまま 3分茹でると黄身がとろとろ、 5分で半熟卵、 12分で固茹で卵となる。 希望の固さになる時間まで茹でたら、冷水でしっかり冷やして完成。 塩をひとつまみ入れるのは、カラが割れてしまっても白身が外に出るのを防ぐため。 また 菜箸(さいばし)などで1分間転がすのは、黄身を卵の中心部に寄せるためです。 ゆで卵のカラのきれいな剥き方のコツ 卵のおしりに軽くひびを入れる 茹でる前に卵のカラに 「ひび」を入れると、卵とカラの間に水が入るのでむけやすくなります。 ヒビを入れる部分は 卵の丸い方、いわゆる「おしりの部分」にヒビを入れます。 ポイントは スプーンなどを使い、軽くたたくこと。 後は普段通り茹でて冷水でしっかり冷やすと、つるんとカラが剥けますよ。 ? ゆで卵が一瞬にむける!? *ポイントは、しっかり振ること。 ヒビは入れても入れなくても構いません。 卵の数が多い時は、大きめの容器を使って思い切り振ると手間がかなり省けます。 新鮮な卵を使わない 最後にプロの料理人も採用する方法で、 「新鮮な卵を使わない」というものがあります。 実は卵はヒビが入っていなければ、常温保存が可能な食品。 風通しの良い冷暗所で保存すれば、夏場でも2週間前後の保存が可能です。 しかも産みたての新鮮な卵は、炭酸ガスを多く含んでいます。 この状態で茹でると、卵の中で閉じ込められた状態で炭酸ガスが膨張。 すると白身がカラに押し付けられてしまうため、上手く剥けない原因となるのです。 産んでから一週間程度経過した卵は、カラにある小さな穴から炭酸ガスが抜けていきます。 そのため普通に茹でても卵がカラにくっつかないという、料理人の知恵なんですよ。 これならするする剥けるかも! 【関連記事】• ゆで卵のカラがきれいに剥けないと、見た目も悪くなって料理の見栄えにも影響がありますよね。 また殻付きゆで卵をお弁当に持っていった場合、剥けなくてイライラすることも… しかし 少しの工夫をするだけで、驚くほど簡単に卵の殻はツルンと剥けてくれます。 前もって準備する方法や茹でてからひと工夫など、状況に合わせて選べるのもうれしいですね。 きれいに剥けたゆで卵で、美味しい料理をたくさん作りましょう!.

次の