町山 広美。 町山智浩

町山智浩 レバノン映画『存在のない子供たち』を語る

町山 広美

さんがなぜかスプリットの超絶ネタバレツイートをぶっこんでいるので皆さまお気をつけて。 — ジェット・リョー ikazombie これは超絶ネタバレにはならないんですか?— TomoMachi サブカルは50歳過ぎるとインターネットの使い方がダサくなるという説、本当かもしれないな。 やはりインターネットは勉強になりますね。 これが編集部へのハガキとかなら脇に積んでおけばいいけど、PCだといやでも目に入るし。 — kemta そういう意識はなくとも、消費する側から消費される側になった瞬間まともではいられなくなるというか。 ま、器用にプロレス(とあえて言います)出来る人もいるけども。 おれはむりだなー。 — kemta が一般人を相手に発狂。 またかよ……とウンザリする気持ちもあるし、元気いっぱいでよろしい!と喜ぶ気持ちもある。 そうゆう人だからしょうがないよなあ。 星野陽平さんではないけれど、町山が日本一の映画評論家であることに異論はない。 しかし、こんな下らないことで印象を悪くしてしまうのはいかがなものか? 以前のブログに書いた通り、の読者はが高い。 発狂した町山と、冷静な読者が議論した場合、町山読者のほうが勝ってしまう。 自分の読者を相手に、発狂した状態で議論を挑む町山は間違ってると言いたい。 こんな現状を見ている読者は怒るだろうし、何よりも出版ラジオ業界人もカチンときてしまう。 そういった人物が町山の愛人をしたり、あるいは愛人つれて嘘の取材したとネット公開して妻へのアリバイづくりをしてたことをしたりしているのではないかと。 妹のと一緒になって、意識まるだしでキレまくるのもいかがなものかと。 兄妹そろってむきだしというだけでどんびきだ。 韓国で言論圧力をかけまくる文在寅、の独裁者・、民主体制ではないは町山兄妹はシカトしつつ、日本のとは批判しまくる矛盾に対して、気づかないほど町山読者はマヌケではない。 だって頭いい読者たちなんだから。 前述した通り、は日本一の映画評論家だ。 読者はにしか書けない文章を求め、彼の書籍を購入するのである。 しかし町山兄妹が政治発言するとき、よくいる低能パヨクなみに馬鹿なことしか言えなくなってるのはいかがなものか。 あたりまえだが町山読者のほとんどは日本人だ。 兄妹そろって意識まるだしでは、ショックを受ける。 だからと言って読者をやめるほど幼稚ではないが、とはいえ匿名掲示板で愛人ネタを暴露する程度には「大人にはなれない」。 なのはしかたないけれども、だったらならではの違った切り口での発言や文章を読みたいのが町山読者の想いではないのか。 「さすが我らが町山は、やるにしても、そのへんの馬鹿パヨクとは一味も二味も違う。 内容はムカつくけれど、読者になって良かった。 次作もまた買いたい。 たとえ不愉快な内容でも、良質な書籍を読みたい」 ……と、このへんに落としてもらえれば、町山読者的にはウェルカムなはずなのである。 私はが好きだけれども、どうもやることが性急にすぎる。 危なっかしいのである。 日本警察は組織として信用できるとこと、信用できないところがある。 ゆわれると、なんだか不安だ。 安倍ちゃんは好きだが、は不安なの。 ちょっと乙女な心理状態なわけだが、この弱い不安な気持ちをパヨク様は上手くすくい取ってくれないのである。 いきなり「合コンやっただけで逮捕される!」などと極論でキレまくるだけなのだ。 にぼんやりとした不安や恐怖を抱いてるのに、合コンで逮捕などと炎上されると、さすがにノレない。 この種のミスをパヨク様たちはやりがちで、「もしかして町山兄妹も、低能パヨクと同レベルなのかな……」などと、ぼんやりした不安を抱きつつあるのが町山読者の現状ではないのか。 はボンヤリと不安だが、発狂しまくる馬鹿パヨクはボンヤリとではなく、明らかに駄目なので、どうしていいのか困惑してる間にが成立してしまった。 安倍ちゃんは好きだし信頼してるが、100%の信頼などできるはずもない。 安倍ちゃんが間違ってることしてたら、マスコミに批判してもらって修正してもらいたい。 しかしパヨクは発狂するだけで、その様子を見てると「パヨクに政権とらしたらアカンで」としか思えなくなるのである。 安倍ちゃんは色々と問題あるけど、発狂して粛清などしそうにない。 だけどパヨクの発狂ぶりを見てると、パヨク様のほうがよりも危険なシロモノで「」にしか見えないのである。 安倍ちゃんよりもパヨクが危険に見える。 そして困ったことにとも、その種の狂ったパヨクに属する人種なのかなあ……と、に対して感じるような「ぼんやりした不安」を、町山兄妹に感じてしまうのである。 町山兄妹に感じるボンヤリした不安。 なんだか微妙である。 penpower.

次の

映画『20センチュリー・ウーマン』監督マイク・ミルズにインタビュー【後編】

町山 広美

この にはなが不足しています。 の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 『最も危険な刑事まつり』()• 『』()• 『』(脚本) 書籍• 『アメリカ横断TVガイド』(著)• 『ファビュラス・バーカー・ボーイズの映画欠席裁判』(共著)• 『』(訳)• 『』(共著) 目次• 概要 [ ] 生まれ 、出身のである。 1世の父親と、の母親との間に生まれる。 のは実。 としてに勤務し、のちに出向してにて『』を創刊後、退社しに渡米。 のに在住。 その後は映画評論家やとして活動する。 なお、『最も危険な刑事まつり』ではメガホンを執っており、『』などではを手掛けている。 また、『』や『』といったの日本語字幕監修も務めている。 「ガース柳下」こととの対談コンビ「ファビュラス・バーカー・ボーイズ」では「ウェイン町山」を名乗っているが、ウェインとガースは『』のボンクラ・コンビの名前であり、コンビ名は映画『』のもじりである。 来歴 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2011年7月) 出生から大学卒業まで [ ] 韓国人の父と日本人の母を持つ。 両親が離婚した後、日本に帰化した。 、 、 、卒。 在学中は早稲田大学漫画研究会に在籍。 同期にがいた。 最初のは高校卒業直前から大学1年まで早稲田大学正門前の深夜担当。 思春期は、マニアとして過ごす。 出版との関わり [ ] 学生時代からアルバイトで出入りしていた編集、(漫研の先輩のが創設)での大百科シリーズ(『怪獣ものしり大百科』)ほか多くのアニメ書籍を執筆。 そこで紹介されたJICC出版局(現)において学生バイト兼編集デスクとして任された「宣言」が早々に、その評価により入社が決定する。 学生バイト時代は、SF『』などの科学考証にも参加。 また、「」などのも編集している。 、JICC出版局(現宝島社)に入社。 当時パンク雑誌だった頃の『』本誌編集部に入る。 担当は、、、、など。 宝島では「 バカの町山」で通っており、当時みうらじゅんが担当していたのコーナーにも、「 町山智浩 ( バ カ )」との投稿も掲載されている。 1989年に『別冊宝島』に異動。 12月、らを起用した『おたくの本』を企画編集。 同書がになったことや、同年の7月にが起きていたことなどが相まって「おたく」という言葉が一般に認知される。 『別冊宝島』ではほかに、『裸の! 』『いまどきの神サマ』などのベストセラーを企画編集。 『裸の自衛隊! 』ではと元()が指導することが売りの訓練に、と共に自ら参加している。 また、後の『』の流れにつながる『映画宝島』シリーズを企画、自ら取材執筆している。 、『映画宝島・』はスターをという視点から読み解いた研究書で、自ら父方の姓(柳)を名乗った。 宝島社の・に出向。 『トンデモ本の世界』をベストセラーにして、を売り出した。 また『映画秘宝』シリーズを創刊した。 、第3回受賞。 1996年、『映画秘宝・底抜け超大作』に載ったの原稿の事実関係の間違いを、老舗の映画雑誌『』の副編集長が「こんな映画いじめの本はダメだ」と批判した。 これに激昂した町山はキネ旬編集部に乗り込み、という暴挙に出た。 キネマ旬報はを通じて洋泉社に抗議文を送り、町山はキネマ旬報に謝罪するとともにし、アメリカので勉強し直したいという妻とともに渡米した。 渡米後 [ ] ではを学ぶとともに、にも通う。 現地の大学院進学後に就職した妻の仕事の関係で、などアメリカのあちこちをた後、よりカリフォルニア州に在住(ベイエリア内ではから2007年にに転居)。 その後、日本人のあまり知らないの動向やアメリカの人気、B級文化、状況などを、『映画秘宝』『』『』『』『』など、日本の・・・などで紹介している。 2004年、アメリカで、友人のマニアとの共著『Cruising the Anime City: An Otaku Guide to Neo Tokyo』を出版(英語)。 また、に監督が制作した、政権の政策を批判するドキュメンタリー作品『』を、「アメリカで暮らし、税金を払っている者」として支持し、自身のやさまざまなで発言。 、日本でがつかなかった映画『』の日本公開を求めてや雑誌で訴え、これに呼応して有志が運動を起こし、1月に日本公開が実現した。 同様の経緯で、2008年には『』が公開された。 の人気番組『』『』『』の3番組連続でレギュラーを務めており、仕事でたまにへ渡航している。 映画評論 [ ] 『映画秘宝』誌に連載された『〈映画の見方〉がわかる本』シリーズは、70年代編・80年代編・90年代編とあるが(90年代編は単行本が未刊行)、ハリウッドでは1970年代・1980年代は「映画作家」たちが自分たちの表現欲をもとに面白い映画をとっていたが、1990年代以降は主導の「ビッグバジェット・ムービー」が主流となってしまい映画が面白くなくなったとしている。 町山が影響を受けた映画評論家としては、、、、、、、らの名前を挙げている。 蓮實について、「1970年代に雑誌『』でを褒めていたころは好きだったが、映画『』に対する「下品だ」との評を見てはらわたが煮えくりかえった」と語っている。 映画における他映画とのシーンやテーマの類似に関しては肯定的である。 どんな作品も他から何かしらの影響を受けたものであり、その事実を無理に隠す必要はないとしている。 映画監督の『』を自身のベスト1映画に選ぶことが多く、「『戦争のはらわた』は封切り日、朝から晩まで4回連続で観て、翌日も同じことをしました。 それからずっと生涯最高の映画です」と思い入れを語っている。 政治 [ ] が学生に武力行使を行い、多数の死傷者が出たについて、町山はブログにて論評しており、学生側指導者であるについては、彼女自身の1995年製作のアメリカ製ドキュメンタリー映画「 ()」での発言を根拠に「死者300人について最も責任を負うべき者は、学生のリーダー」としている。 一方、「柴玲たちの冷酷な企みにも負けずに無血撤収を成功させた学生たち」と、「柴玲たちが期待していたような最悪の事態を食い止めた軍側の指揮者たち」は評価すべきとしている。 エピソード [ ]• 月刊誌『』編集部にいた頃には、当時は政府も認めていなかったのスパイ行為や、をいちはやく追及し、やを名指しで攻撃、送られてきたを誌上で公開するなどした事がある。 について、2004年に自身のブログで、「村上がアニメ絵を描き始めたとき、どうしてもアニメ絵がうまく描けなかった、というのもムカつく。 要するに好きでもないのに、先に『これがウケるから』マネしただけなのだ。 方法論としてはのアニメ絵と同じで内側からこみあげる『萌え』で描かれたわけではなく、あくまで的の要求に答えてマネしたわけだ」 、「『自分には表現すべきものがない』と言っているそうだが、本当は『自分は偉い』ということだけがテーマなのだ」 と述べた。 一方、のは、批判者の言説は「村上隆は日本のオタク文化のいいとこどりをしただけ」との単純な論理に依ると捉え、そのような論理は根本的に誤解であり不当な批判を行っていると述べている。 また、村上の作品はオタク文化から影響を受けているだけでなく、それを昇華させてオタク文化に影響を与えてもいると述べている。 の『新・入門』盗用事件以来、ブログでたびたび唐沢を非難している。 また、盗用を事実上黙認しているに対しても同様である。 と学会初期の『本の世界』と『トンデモ本の逆襲』は町山の手による編集で責任を感じているという。 監督の『』の評価をめぐって、のと論争をした。 監督作品の評の中でメルヴィルを詳しく知りたい人にとの『映画伝説 ジャン=ピエール・メルヴィル』を推薦している。 評論家の投票で年間ワースト映画を決定する雑誌『』の『』で、共同脚本が同誌の創刊者の町山であるにもかかわらず、『』が1位、『』が4位に選出された。 2018年にオウム幹部の死刑執行に日刊ゲンダイを引用して安倍政権とマスコミに陰謀論を唱えた際に、から安倍政権の支持率は回復しないとの予言を外したことと共に「オウムの死刑執行は、政局的文脈で読み解かない方がいいと思います。 」と指摘された。 死刑執行に関する報道は政権がマスコミに流したからと返答したが、「7人も執行して、それが途中で漏れない鉄壁の情報管理、メディアにも報道統制、みたいな状態の方が、私は怖いと思います。 」と指摘された。 監督作品『』の声優キャスティングについて、かつては「糸井重里さんをトトロで使ってるじゃないですか。 あれはよかったでしょ?明らかにヘタなんですよ、糸井さん。 でも棒読みなんだけどお父さんの朴訥なキャラとマッチしてるからありなんですよ」と評していたが 、に関する糸井のツイートに対する批判 をきっかけに「『となりのトトロ』、お父さんの声だけ新録にしてほしい。 」 「よくない吹き替えを変えて欲しいと要望するのは誰でも自由だし、ミスキャストを指摘するのは映画評論家の仕事です。 」 と自らの評価を一変させた。 受賞 [ ]• 第3回 1996年 著書 [ ] 雑誌連載 [ ]• 『町山智浩のUSニュースの番犬』()• 』 2017年1月 『「最前線の映画」を読む 』 2018年2月 共著(ムック含む) [ ]• 『』毎日新聞社、2006年3月。 ・・との共著• 『オバマ・ショック』集英社新書、2008年10月。 との共著• 『オバマの英語 徹底トレーニングブック』アルク、2009年4月。 『イングロリアス・バスターズ』映画大作戦! 洋泉社MOOK 別冊映画秘宝 』、2009年11月。 との共著• 6 』、2010年2月。 『70年代アメリカ映画100 アメリカ映画100シリーズ 』芸術新聞社。 『80年代アメリカ映画100 アメリカ映画100シリーズ 』芸術新聞社。 『90年代アメリカ映画100 アメリカ映画100シリーズ 』芸術新聞社。 『ゼロ年代アメリカ映画100 アメリカ映画100シリーズ 』芸術新聞社、2010年12月。 『別冊映画秘宝 ゾンビ映画大マガジン 洋泉社MOOK 』、2011年7月。 『教科書に載ってないUSA語録』文藝春秋、2012年10月。 『映画秘宝EX最強アクション・ムービー決定戦 洋泉社MOOK 』、2012年11月。 『雑食映画ガイド』双葉社、2013年4月。 , との共著• 『まんが秘宝 男のための青春まんがクロニクル 洋泉社MOOK まんが秘宝 』洋泉社、2013年7月。 柳下毅一郎との共著 [ ]• ちくま文庫• 『ファビュラス・バーカー・ボーイズの映画欠席裁判』洋泉社、2002年5月。 『ファビュラス・バーカー・ボーイズの映画欠席裁判2』洋泉社、2004年9月。 『ファビュラス・バーカー・ボーイズの映画欠席裁判3』洋泉社、2007年2月。 3冊からセレクトして『ベスト・オブ・映画欠席裁判』文春文庫 2012年3月 パトリック・マシアスとの共著 [ ]• Cruising the Anime City: An Otaku Guide to Neo Tokyo. Stone Bridge Press. 2004-11-01. 翻訳 [ ]• 『』幻冬舎、2004年8月。 『オタク・イン・USA〜愛と誤解のAnime輸入史』太田出版、2006年8月。 編集も 映画脚本 [ ]• (2015年) - と共同 映画字幕 [ ]• リバイバル公開 2003年 およびDVD 日本語字幕翻訳• 2010年 日本語字幕監修• 2010年 日本語字幕監修• 2011年 日本語字幕監修• 2012年 日本語字幕監修• 2013年 日本語字幕監修• (2013年) - 日本語版字幕監修• 2014年 日本語字幕監修• 2015年 日本語字幕監修• (2017年)日本語字幕監修 DVD [ ]• 監督・出演『ウェイン町山のLA秘宝』 ニューズベース、2003年6月 出演 [ ] ラジオ [ ]• 『』(、4月 - 3月、「コラムの花道」にレギュラー出演())• 『』(TBSラジオ、2009年4月 - 3月、「コラムニスト」でレギュラー出演(金曜日))• 『』(TBSラジオ、2012年4月 - 、「アメリカ流れ者」でレギュラー出演(火曜日)) テレビ [ ]• 『』(、4月 - 5月)• 町山は日本未公開の海外ドキュメンタリー映画のセレクト及び紹介を担当。 『町山智浩の映画塾! 』(、2月 - )• 『』(、9月 - ) - 不定期• 『』(、9月13日 - )MC• 『』 映画解説 ポッドキャスト [ ]• 『町山智浩のモンドUSA』(2002年-2003年)• 『』(、9月 - 、、4月 - 不定期更新) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• いしかわじゅん「カーツの夜」『フロムK』2巻、双葉社〈アクションコミックス〉、1989年、96頁。 2010年11月27日時点の [ ]よりアーカイブ。 町山智浩・ 『ベスト・オブ・映画欠席裁判』 文藝春秋〈文春文庫〉、2012年3月、pp. 23-52。 映画評論家町山智浩アメリカ日記 2004年3月13日. 2019年6月6日閲覧。 町山智浩. 2017年1月31日閲覧。 町山智浩. 2017年1月31日閲覧。 『キャラクター精神分析 マンガ・文学・日本人』 、2011年、148-149頁。。 町山智浩. 2018年10月19日閲覧。 町山智浩. 2018年10月19日閲覧。 町山智浩. 2018年10月19日閲覧。 町山智浩. 2018年10月19日閲覧。 町山智浩. 2018年10月19日閲覧。 町山智浩. 2018年10月19日閲覧。 町山智浩. 2018年10月19日閲覧。 町山智浩. 2017年1月31日閲覧。 菊地成孔. 2017年1月31日閲覧。 「男の子映画道場」 『』8月号、、2013年での『』『』『』『』の評。 2016年2月9日閲覧。 TBSラジオ『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』特集コーナー『サタデーナイトラボ特別編「ザ・邦画ハスラー」』、2008年7月26日放送。 AOLニュース. オンライン・ジャパン 2014年1月24日. 2014年3月1日閲覧。 参考文献 [ ]• サブカルチャー世界遺産選定委員会 編 『サブカルチャー世界遺産』 扶桑社、2001年2月 - 所収された町山のインタビューは、宝島社・洋泉社勤務時代の「宝島サブカルチャー黄金期」について詳しい。 町山智浩『〈映画の見方〉がわかる本 80年代アメリカ映画カルトムービー篇 ブレードランナーの未来世紀』 洋泉社、2005年12月 外部リンク [ ]• - 公式ブログ• TomoMachi -• - (英語)• - 日本映画情報システム• - 『町山智浩の映画塾! 』の公式ウェブサイト• - 『町山智浩のVIDEO SHOP UFO』の公式ウェブサイト• - Stores. jp - MP3ダウンロードサイト.

次の

映画『20センチュリー・ウーマン』監督マイク・ミルズにインタビュー【後編】

町山 広美

略歴 [ ]• 、卒業。 卒業後は文学部哲学科に進むが中退。 テレビ制作会社で2年程、業務を経験。 バイトでをしていたことも。 、放送作家に。 とも仕事をしていた。 、コラム執筆を開始。 最初の連載は『』のコラム。 担当番組 [ ]• (、- )• 過去に手掛けた番組 [ ]• (を担当。 その前身コーナー「あなたにも音楽を」第1回放送(1992年4月)では、の前任で「テーマミュージック評論家」(現:ソラミミスト)を担当)• 地球は女で回ってる? ALL THAT JAPAN〜日本まる見えTV〜 フジテレビ、2003年9月28日放送• (「構成」ではなく「トランキライザー」としてクレジットされている)• 、ダーツの旅的インタビューなど構成• (ブレーンとして参加) ドラマ• ナツのツボミ(脚本)• (構成・リサーチ)• (シリーズ構成)• (アドバイザー)• (アドバイザー)• (アドバイザー) など コラム連載 [ ]• InRed• Meets• など 著書 [ ]• イヤモスキー• 怪しいTV欄 ナンシー関と共著 [ ]• 隣家全焼()• 堤防決壊(文春文庫) メディア出演等 [ ]• BS-TBS, 2018年8月10日- 関連書籍 [ ]• 放送作家になろう! (佐竹大心とポトマックス・著、) - インタビュー収録 脚注 [ ].

次の