夢 ゲーセン。 【夢占い】ゲームセンターの夢に関する23の意味とは

「夢で見た…」続出 奇妙な動画のゲーセン訪ねてみると:朝日新聞デジタル

夢 ゲーセン

私は、70年代から80年代にかけてのアーケードゲームや ゲームセンターに格別の思い入れがあります。 かつては、街の中の至る所にあった小さなゲーセン。 いわゆる駄菓子屋ゲーセンで遊んだ日々の事が、 心に深く刻まれています。 新しいゲームが登場した時のワクワクした気持ち、 激ムズのゲームをクリアした時の達成感、 ゲームをしていなくてもデモ画面を眺めているだけで、 幸せを感じていた、あの時間あの場所。 そんな駄菓子屋ゲーセンも時代の流れと共に、 消えて行ってしまいました。 駄菓子屋ゲーセンが無くなっても、 あの頃の思い出は、無くなることはありません。 それどころか、年を経るごとに駄菓子屋ゲーセンを再現したいという 思いは募るばかりでした。 どこかに店舗を借りて、駄菓子屋ゲーセンを再現したいとは、 ずいぶん長い事心の中でくすぶっていましたが、 店舗を借りてゲーセンをやるというのは、 やはり非常にハードルが高く、行動に踏み切れませんでした。 そこで思いついたのが、ゲーム筐体を積んだゲーセンカーで、 各地に出向いて、駄菓子屋ゲーセンをやるという事です。 大人には、かつての駄菓子屋ゲーセンを懐かしがってもらい、 子供には、駄菓子屋ゲーセンの思い出作りをしてもらいたい。 今は無くなってしまった駄菓子屋ゲーセンを体験してもらうために、 移動するゲーセン・ゲーセンカーを実現したいと思っています。 すでにレトロゲームのイベントをやっている方とのコラボや 各地のイベント会場、ご希望の場所へ出向く等を考えています。 宅配便やケータリングカーに使われている、 トヨタクイックデリバリーという車を改造して、 ゲーセンカーにします。 ゲーセンカーのイメージは、荷台の中にテーブル筐体を 数台とアップライト筐体を1~2台積む事を想定しています。 また、ポスターを貼ったりして80年代のゲーセンの雰囲気を、 演出したいと思います。 ゲーセンカーが実現したら、各地域別(関東・中部・関西など)に、 移動しながら、駐車できる場所やフリマなどのイベントで、 ゲーセン体験をしていただく予定です。 往年の名作ゲームで、得点を競ったりゲーム談義をする場所としての 役割も担います。 アーケードコントローラー工房というサイトで、 オリジナルのコントローラー製作・販売をやっていました。 主にレトロゲームマニアのための、 ツインレバーコントローラーを作っていました。 こんなツインレバーコントローラーや トラックボールやパドルがついている、 豪華バージョンを制作していました。 こちらは、現在諸事情により一時閉店していますが、 クラウドファンディングの結果次第で、再開を検討しています。 走るショールームとしてゲーセンカーに見本品を積んで、 実際に触れるようにしたいと思ってます。 また、イベント会場で、オリジナルコントローラー、簡易筐体を 使ってのミニゲーセンをやったりしました。 筐体を置いたとたんに群がる子供たち 駄菓子屋ゲーセンってこんな雰囲気でしたよね? 子供にとって初めて見るようなレトロゲームでも、 あっという間に遊び方をマスターして、嬉々としてプレイします。 ゲーセンカーで各地に出かけて、 このようなかつての駄菓子屋ゲーセンの雰囲気を体験してもらいたいと、 思っています。 それから、各地に現存している昭和の香りの残るゲーセンを訪問して、 ブログに記録するという活動などもやっています。 こんなレトロ感があるゲーセンも非常に少なくなっているので、 出来る限り訪問して、記録に残すつもりです。 〇ゲーセンカーベース車の購入費 中古約100~150万円(トヨタクイックデリバリー) 〇改造・塗装費用、約50~100万円 〇設置するゲーム筐体とゲーム基板費用約100万円 〇リターン製作費・送料 〇手数料17パーセント オリジナルのミニテーブル筐体、アップライト筐体を設置予定。 車内設置筐体3台~4台プラス車外持ち出し用筐体2台を積む予定です。 ゲーム基板は、80年代~90年代前半頃までの シューティングやアクションゲームを選ぶ予定です。 目標金額は380万ですが、手数料・リターン費用等を差し引くと、 なんとかゲーセンカーを実現させる金額が残ります。 モノより思い出重視という事で、 費用を出来る限り各地を巡る事に使いたいと思います。 パトロン様には、SNSグループにて現在地をお知らせいたします。 また、活動記録の動画等もシェアしたいと思います。 連続でも別々の日でも使えます。 デザイン等は、現在検討中です。 デザイン等は、現在検討中です。 デザイン等は、現在検討中です。 クラウドファンディングを利用させてもらってまで、 ゲーセンカープロジェクトをやりたいと思ったのは、 最近身近な人が突然亡くなったのを目の当たりにして、 今やらないと後悔すると思ったからです。 ぜひ実現させて、全国巡業を果たしたいと思います。 ご支援をよろしくお願いいたします。 デザイン等は、現在検討中です。 デザイン等は、現在検討中です。 支援者:1人 お届け予定:2019年10月 このプロジェクトは、All-or-Nothing方式です。 FAQ Q. 支払い方法は何がありますか? A. クレジットカードの決済はいつ行われますか? A. 「All-or-Nothing」では募集期間中に目標金額を達成した場合、「All-In」では目標金額の達成・未達成に関わらず、プロジェクトは成立となります。 募集期間内にプロジェクトが成立した場合のみ、支援金の決済が実行されます。 募集期間内にプロジェクトが成立しない場合は、支援金の決済は実行されません。 その場合はプロジェクトオーナーに支援金は支払われず、選択したリターンの発送(履行)もありません。 プロジェクトに関する質問はどうすればいいですか? A. プロジェクト内容に関するご質問やご意見は、プロジェクトオーナーへCAMPFIREのメッセージ機能をご利用ください。 間違って支援した場合はどうなりますか? A. 選択したリターンの変更・キャンセル・返金は一切受け付けておりません。 リターンの変更・キャンセル・返金については、各プロジェクトオーナーへ直接お問い合わせください。

次の

【夢占い】ゲームの夢の意味31選!ゲーセン/ゲームの世界/景品

夢 ゲーセン

昭和後期のゲーセンで一世風靡した「スペースインベーダー」や「パックマン」などの名作ビデオゲームたちが、当時のアーケード筐体スタイルで平成最後の冬に大復活。 約6万円という価格ながら、品薄状態が続くヒット商品となっている。 自宅にゲーセンのゲーム機を置くという、ゲーマー世代なら誰もが憧れた夢を実現する「Arcade1Up(アーケードワンアップ)」シリーズの魅力を、体験レポートで紹介しよう。 サイズは実機の4分の3。 名作ゲームの筐体を忠実に再現 1978年のリリース直後から、社会現象となるほどの大ブームを巻き起こし、本格的なビデオゲーム時代到来のシンボルとなった「スペースインベーダー」(タイトー)。 30代後半から40代くらいのオッサンなら、ゲーセンや駄菓子屋で、夢中になって遊んだ記憶を持つ人も多いだろう。 当時のゲームで遊べるという意味では、これまでにも家庭用ゲーム機や携帯ゲームとして、これらのタイトルは何度もリバイバルされているが、「アーケードワンアップ」シリーズが一線を画しているのは、当時の筐体まで復刻している点にある。 サイズこそ実機の4分の3だが、その再現度はかなり忠実。 ジョイスティックやボタンの感触も含め、まさにゲーセンで遊んだ感覚を自宅で味わえるのは、当時の少年たちにとって、大げさでなく革命的な事件といえるのではないだろうか。 予備知識を仕入れず、単に「懐かしのゲーム機で遊べる!」という興奮だけで手配をしてしまったのだが、商品が手元に届いてビックリ。 なんとこちら、組み立てキットだったのである。 とはいえ、組み立てはドライバー1本でできる程度の簡単な工程で完了する。 拝借したパッケージは説明書も英語だったが、図を見れば十分理解できる内容だ(日本仕様電源版の場合、電源回りのパーツが説明書と異なる点に、少しだけ注意が必要)。 感覚的にはイケアやニトリの組み立て式家具くらいの難易度といったところか。 パーツが大きいため、ひとりで組み立てるには少ししんどい工程もあったが、ゆっくり組み立てても60分くらいあれば完成できるはずだ。 組み立ての工程も、DIY感覚で結構楽しめた。 ちなみに重量は約20kg。 そこまで重たいとは感じなかったが、気軽に移動できるほどではないので、置き場所を決めてから組み立てたほうが良いだろう。 アメリカンな音量設定には要注意。 環境によっては消音対策が必要かも 組み立てが完了したら、待望の電源オン! 家庭用ということで、当然ながら電源スイッチを入れるだけで、コインを投入しなくても遊べるようになっているのがうれしいところ。 さぁ、思う存分インベーダーでフィーバーするぞ!! と筐体の前に陣取ったのだが、ここで大きな問題に行き当たった。 ゲーセンの雰囲気を忠実に再現しているということなのか、それともアメリカ製品ならではのダイナミックさ故なのか、とにかく音が大きいのである。 音量調整は無音を含め3段階の調整ができるのだが、小さな音のほうでもかなりのボリューム。 夜間のプレイは正直厳しい感じだ。 本体側でこれ以上の調整ができないため、あれこれ試行錯誤をした結果、たどり着いたのがスピーカー部分に物を置く物理的な消音措置である。 ハンドタオルを被せる程度でも、まぁまぁの効果があった。 おそらく「スペースインベーダー SPACE INVADERS」以外でも同様かと思われるので、音量が気になるならこうした対策をとってみると良いだろう。 子供時代に戻れるタイムスリップ装置として、6万円はかなりお値打ち!? 音量の問題を除けば、プレイ体験は心から感動の一言。 ジョイスティックやボタンを操りインベーダーゲームに興じていると、見事に子供時代の想い出が蘇る。 さらに雰囲気を出すため、コントロールパネルまわりに駄菓子の類を並べてみれば、まさにゲーセンが自宅に再現された感じだ。 「スペースインベーダー SPACE INVADERS」の場合、モノクロ版とカラー版の種類がプレイ可能になっている。 その他のシリーズも同様に、ひとつの筐体で2種類のゲームが楽しめる。 本体価格が約6万円なので、単純に割り算をすれば1ゲームあたり3万円。 この数字だけをみれば、今どきの家庭用ゲーム機を買ったほうが、はるかにお得な印象を受けるかもしれないが、その比較はあまり意味がない。 なぜなら、この「アーケードワンアップ」シリーズの価値は、あくまでもアーケード筐体を再現したハードウェアにあるからだ。 ゲームをプレイする感覚ひとつとっても、当時を再現した筐体やコントロールパネルと家庭用ゲーム機とでは、楽しさの種類がまったく異なるといっても過言ではなかった。 特に30代後半から40代のオッサンたちにとって「アーケードワンアップ」シリーズは、ゲーム機というより、子供時代へタイムスリップするための装置といえるのかもしれない。 そう思えば、6万円というお値段はかなり魅力的。 2019年初頭以降なら、比較的容易に入手できるようになりそうなので、平成最後の「自分へのご褒美」としてみてはいかがだろう? 石井名人=取材・文.

次の

「夢で見た…」続出 奇妙な動画のゲーセン訪ねてみると:朝日新聞デジタル

夢 ゲーセン

私は、70年代から80年代にかけてのアーケードゲームや ゲームセンターに格別の思い入れがあります。 かつては、街の中の至る所にあった小さなゲーセン。 いわゆる駄菓子屋ゲーセンで遊んだ日々の事が、 心に深く刻まれています。 新しいゲームが登場した時のワクワクした気持ち、 激ムズのゲームをクリアした時の達成感、 ゲームをしていなくてもデモ画面を眺めているだけで、 幸せを感じていた、あの時間あの場所。 そんな駄菓子屋ゲーセンも時代の流れと共に、 消えて行ってしまいました。 駄菓子屋ゲーセンが無くなっても、 あの頃の思い出は、無くなることはありません。 それどころか、年を経るごとに駄菓子屋ゲーセンを再現したいという 思いは募るばかりでした。 どこかに店舗を借りて、駄菓子屋ゲーセンを再現したいとは、 ずいぶん長い事心の中でくすぶっていましたが、 店舗を借りてゲーセンをやるというのは、 やはり非常にハードルが高く、行動に踏み切れませんでした。 そこで思いついたのが、ゲーム筐体を積んだゲーセンカーで、 各地に出向いて、駄菓子屋ゲーセンをやるという事です。 大人には、かつての駄菓子屋ゲーセンを懐かしがってもらい、 子供には、駄菓子屋ゲーセンの思い出作りをしてもらいたい。 今は無くなってしまった駄菓子屋ゲーセンを体験してもらうために、 移動するゲーセン・ゲーセンカーを実現したいと思っています。 すでにレトロゲームのイベントをやっている方とのコラボや 各地のイベント会場、ご希望の場所へ出向く等を考えています。 宅配便やケータリングカーに使われている、 トヨタクイックデリバリーという車を改造して、 ゲーセンカーにします。 ゲーセンカーのイメージは、荷台の中にテーブル筐体を 数台とアップライト筐体を1~2台積む事を想定しています。 また、ポスターを貼ったりして80年代のゲーセンの雰囲気を、 演出したいと思います。 ゲーセンカーが実現したら、各地域別(関東・中部・関西など)に、 移動しながら、駐車できる場所やフリマなどのイベントで、 ゲーセン体験をしていただく予定です。 往年の名作ゲームで、得点を競ったりゲーム談義をする場所としての 役割も担います。 アーケードコントローラー工房というサイトで、 オリジナルのコントローラー製作・販売をやっていました。 主にレトロゲームマニアのための、 ツインレバーコントローラーを作っていました。 こんなツインレバーコントローラーや トラックボールやパドルがついている、 豪華バージョンを制作していました。 こちらは、現在諸事情により一時閉店していますが、 クラウドファンディングの結果次第で、再開を検討しています。 走るショールームとしてゲーセンカーに見本品を積んで、 実際に触れるようにしたいと思ってます。 また、イベント会場で、オリジナルコントローラー、簡易筐体を 使ってのミニゲーセンをやったりしました。 筐体を置いたとたんに群がる子供たち 駄菓子屋ゲーセンってこんな雰囲気でしたよね? 子供にとって初めて見るようなレトロゲームでも、 あっという間に遊び方をマスターして、嬉々としてプレイします。 ゲーセンカーで各地に出かけて、 このようなかつての駄菓子屋ゲーセンの雰囲気を体験してもらいたいと、 思っています。 それから、各地に現存している昭和の香りの残るゲーセンを訪問して、 ブログに記録するという活動などもやっています。 こんなレトロ感があるゲーセンも非常に少なくなっているので、 出来る限り訪問して、記録に残すつもりです。 〇ゲーセンカーベース車の購入費 中古約100~150万円(トヨタクイックデリバリー) 〇改造・塗装費用、約50~100万円 〇設置するゲーム筐体とゲーム基板費用約100万円 〇リターン製作費・送料 〇手数料17パーセント オリジナルのミニテーブル筐体、アップライト筐体を設置予定。 車内設置筐体3台~4台プラス車外持ち出し用筐体2台を積む予定です。 ゲーム基板は、80年代~90年代前半頃までの シューティングやアクションゲームを選ぶ予定です。 目標金額は380万ですが、手数料・リターン費用等を差し引くと、 なんとかゲーセンカーを実現させる金額が残ります。 モノより思い出重視という事で、 費用を出来る限り各地を巡る事に使いたいと思います。 パトロン様には、SNSグループにて現在地をお知らせいたします。 また、活動記録の動画等もシェアしたいと思います。 連続でも別々の日でも使えます。 デザイン等は、現在検討中です。 デザイン等は、現在検討中です。 デザイン等は、現在検討中です。 クラウドファンディングを利用させてもらってまで、 ゲーセンカープロジェクトをやりたいと思ったのは、 最近身近な人が突然亡くなったのを目の当たりにして、 今やらないと後悔すると思ったからです。 ぜひ実現させて、全国巡業を果たしたいと思います。 ご支援をよろしくお願いいたします。 デザイン等は、現在検討中です。 デザイン等は、現在検討中です。 支援者:1人 お届け予定:2019年10月 このプロジェクトは、All-or-Nothing方式です。 FAQ Q. 支払い方法は何がありますか? A. クレジットカードの決済はいつ行われますか? A. 「All-or-Nothing」では募集期間中に目標金額を達成した場合、「All-In」では目標金額の達成・未達成に関わらず、プロジェクトは成立となります。 募集期間内にプロジェクトが成立した場合のみ、支援金の決済が実行されます。 募集期間内にプロジェクトが成立しない場合は、支援金の決済は実行されません。 その場合はプロジェクトオーナーに支援金は支払われず、選択したリターンの発送(履行)もありません。 プロジェクトに関する質問はどうすればいいですか? A. プロジェクト内容に関するご質問やご意見は、プロジェクトオーナーへCAMPFIREのメッセージ機能をご利用ください。 間違って支援した場合はどうなりますか? A. 選択したリターンの変更・キャンセル・返金は一切受け付けておりません。 リターンの変更・キャンセル・返金については、各プロジェクトオーナーへ直接お問い合わせください。

次の