先程は 英語。 英語で伝える「ありがとう」

英語で「〜についてですが」「〜の件ですが」と切り出す|英文メール例文とサンプル

先程は 英語

よって、ここでは、日常やビジネスの場面でのパターン化した英語での電話の対応フレーズをご紹介しています。 基本を習得することが英語での電話対応をマスターする近道です。 目次: 1-1.電話のかけ方|「挨拶」の決まり文句 1-2.電話のかけ方|「本人以外が電話に出た時」の決まり文句 1-3.電話のかけ方|「相手が不在の時」の決まり文句 1-4.電話のかけ方|「レストランやホテルを予約する時」の決まり文句 2-1.英語の受け方|最初の電話の受け方での決まり文句 2-2.英語の受け方|担当者が電話に出れない場合の決まり文句 2-3.英語の受け方|伝言を承る時の決まり文句 2-4.英語の受け方|あなたが担当者で電話を受けた場合の決まり文句 3-1.電話の切り方|カジュアルでの電話を切る際の決まり文句 3-2.電話の切り方|ビジネス(フォーマル)での電話を切る際の決まり文句 1.英語で電話対応!「電話をかける」際のフレーズ集(カジュアル・ビジネス編) 「電話をかける」という英語には、主に次の表現が使われます。 「call」(コール)/例:I will call you. (私はあなたに電話します)• 「give someone a call」/例:I will give you a call. 「make a phone call to someone. 」/例:I make a phone call to him yesterday. 」でも同様です。 (私は彼に電話しました)」という表現もありますが、日常英会話ではほぼ使わないので、知識として知っているだけでOKです。 自分で電話をかける際に、決まり文句や基本のフレーズがあります。 英語での電話のかけ方をしっかりマスターしましょう! 1-1.電話のかけ方|「挨拶」の決まり文句(カジュアル・ビジネス) 友達に電話する時やビジネスで会社に電話する時も先ずは、挨拶から入りますね。 1-1-1.電話での「もしもし」の英語 日本語で 「もしもし」にあたる相手が電話に出た時の最初の挨拶ですが、「Hello. 」を使います。 これはビジネスでも同様です。 朝でも夜でも時間に関係なく「Hello」を使います。 更に友達同士でカジュアルになると、「Hi」などでも構いません。 友達が直接電話に出た時、またビジネスで担当者と話す時は、「元気?(How are you? )」など、『』にあるような挨拶パターンでOKです。 1-1-2.「今、(電話)大丈夫ですか?」の英語 また、 「今、(電話)大丈夫ですか?」という場合もありますね。 カジュアル・ビジネス両方のシーンでも最低のマナーとして聞く方がいいでしょう。 『』の記事でもご紹介してる、下記のようなフレーズが使えます。 Can we talk now? (今、私たち話すことが出来ますか?)• Is it a good time to talk now? (今、話すのにいいタイミングですか?) 1-1-3.「はじめまして」の英語 また、特にビジネスでは、 「はじめまして」という挨拶をする場合もあるかと思います。 Nice to talk to you. 『』では、実際に会った時の「はじめまして」で、「Nice to meet you. 」など、「meet(会う)」を使っていますが、電話では「talk(話す)」という動詞に代えています。 」でも問題ありません。 直接会う、会わないに関わらず電話をかけた時はしっかりと挨拶をしましょう。 それと、初めての場合は、自己紹介をすることもあるでしょう。 そのような時は、『』の記事をご参考下さい。 1-2.電話のかけ方|「本人以外が電話に出た時」の決まり文句 友達同士とカジュアルな場面で分けてみてみましょう。 1-2-1.カジュアルな電話の場合 友達の家に電話をして、本人以外が電話に出た時には、「~に代わって下さい」、「~と話したいのですが」、「~いますか?」などの表現がそのまま使えます。 Can I talk to ~? 」よりカジュアルな言い方です。 I want to take to ~. (~と話したいのですが・・・。 」の方が丁寧な言い方となります。 Is ~ there? 」でも構いません。 1-2-2.ビジネス電話の場合 ビジネスの場合は、先ず「自分が誰なのか」を言ってから、「~さんとお話をしたいのですが」、「~さんに代わって頂けますか?」、「~さんいらっしゃいますか?」などのフレーズを言うのが一般的です。 先ずは、自分が誰なのかを言う場合は、下記のようなフレーズを使います。 Hello. I am(名前・苗字)from(会社名). (もしもし、私は~会社の~と申します)• Hello. This is(名前・苗字)calling from(会社名). (もしもし、私は~会社から電話を差し上げています、~というものです) そして、その次に担当者につないでほしい旨を伝えます。 先ほどカジュアルの場合の表現の丁寧な言い方をそのまま使えます。 May I talk to ~? 」でも同様です。 I would like to talk to ~. 」でも同様。 (男の場合)」か「Ms. (女性の場合)」を付けて言います。 また、部署名が分かっていれば、部署名を付け加えるといいでしょう。 「May I speak with Mr. Yamada in the Sales Department? (営業部の山田さんとお話ししたいのですが・・・)」となります。 基本的に役職名は言いません。 名刺やメールに記載されている部署名も電話をかける前に確認しておきましょう! 1-3.電話のかけ方|「相手が不在の時」の決まり文句 それぞれのパターンに分けて見てみましょう。 1-3-1.「相手に伝言を残したい」場合の英語 「伝言をお願いできますか?」というフレーズになります。 Can I leave a message? 」、「May I leave a message? 」などでも同様です。 Please tell him that I called. (私から電話があったことを彼に伝えて下さい) 1-3-2.相手から「折り返しの電話が欲しい」場合の英語 「May I leave a message? 」のフレーズの後に言うのがいいでしょう。 Please tell her to call me back. (彼女に、私に電話を折り返すように伝えて下さい)• Could you ask her to call me back later? 上記の例文のように丁寧な英語でお願いするように心がけましょう。 1-3-3.こちらから「再度電話をかけ直す場合」の英語 電話に出た相手に再度かけ直すことを伝えるフレーズもみてみましょう。 「call back」を使う簡単な英語を使います。 I see, I will call back later. Thank you very much. (分かりました。 後でかけ直します。 I will call back at 3. 1-4.電話のかけ方|「レストランやホテルを予約する時」の決まり文句 海外旅行や海外出張の時など、電話でレストランへの予約、またホテルの予約や確認などするケースの場合も、英語での決まり文句があります。 知っているだけでも、実際に電話で話す時に役立ちます。 そんな時に役立つフレーズなどは、『』の記事をご参考下さい。 2.英語で電話対応!「電話を受ける」際の対応フレーズ集(ビジネス編) 「電話を受ける」という英語には、主に次の表現が使われます。 「receive a call」/例:I received a call. 「call」が「phone call」でも同様です。 例えば、「友達の電話を受けました」は「I received a call from my friend. 」や「I received his call. 」でも同じです。 「get a call」/I got a call. カジュアルの場面で電話を受ける時は、かける時と同様で、「もしもし(Hello. )」のみ問題ありません。 ビジネスのように相手にこちらの名前を告げる必要もなく、カジュアルに電話を受けましょう! しかし、ビジネスの場合はそうはいきません。 電話を受けた際のフォーマルな英語フレーズが大切になります。 自分から英語で電話をかけることはなくても、電話を英語で受けることはビジネス社会では一般化しています。 さあ、これからは主にビジネスでの電話対応の英語表現をみてみましょう! 2-1.英語の受け方|最初の電話の受け方での決まり文句 あなたが最初に電話を受け取ったのですが、相手は別の担当者につないでほしいという場合の英語での受け答え方を確認しましょう。 2-1-1.「はい、こちら~会社です」の英語は? 先ず、受話器をとり、「Hello」や「Good morning」などの挨拶の後に、会社名を言います。 これがビジネスでの電話の受け取りの基本となります。 下記がその例です。 英語: Hello、this is Yamada Corporation. How can I help you? 日本語:はい、こちらは株式会社山田です。 2-1-2.「どちら様ですか?」の英語 電話で「相手の名前を聞く」場合は、「May I 〜? 」(〜してもよろしいでしょうか?)という丁寧な英語を使います。 日本語:どちら様でしょうか?(どなた様でしょうか?) 2-1-3.「もう一度宜しいでしょうか?」の英語 電話で「うまく聞き取れずに聞き返す」場合は、失礼のないような英語を使います。 電波が悪かったり、後ろでうるさかったり、早口だったりと色んな場面で使えます。 日本語:失礼ですが、もう一度言っていただけますか? または、下記のようなフレーズでもOKです。 Could you speak more slowly, please? (もっとゆっくり言っていただけますか?)• Could you speak a little bit louder? 「電波が悪くて聞こえずらい」とハッキリ伝える時に使える英語フレーズは下記です。 I think we have a bad connection. The reception is not good. 因みに、「電話が(途中で)切れる」の英語は主に次が使われます。 The line was cut off. I got cut off. 参考までに覚えておきましょう。 2-1-4.「英語が出来る人に代わります」の英語 「あなたが英語で電話対応できない場合」は、一度少々待ってもらいます。 英語: Hold the line, please. I will get an English speaker. 日本語:そのままでいて下さい。 英語を話せる人に代わります。 「Hold the line. 」は「(電話で)少々お待ちください。 」の表現です。 2-1-5.「間違い電話だと思います」の英語 「相手が電話番号を間違えている」場合は、間違っていますよ!と強く英語にならないように注意します。 日本語:恐らく、電話番号が違うと思います(間違い電話です)。 これは日常会話でも使える表現ですね。 2-1-6.「電話をつなぎます」の英語 先ずは、「少々お待ちください(しばらくお待ちください)」という英語を使います。 英語: OK, just a moment, please. 日本語:分かりました。 少々お待ちください。 自分以外(担当者など)の電話に取り次ぐ場合もありますね。 その場合は「transfer」(トランスファー)という単語を使います。 「transfer」は、「〜を移動する」や「(飛行機や電車を)乗り継ぐ」などの英語としても使われます。 英語: Please hold, I will transfer your call to Mr. Tanaka. 日本語:少々お待ちください。 田中に取り次ぎます(電話をつなぎます)。 2-2.英語の受け方|担当者が電話に出れない場合の決まり文句 電話最初に出たけど、担当者が電話に出れないケースは多々あります。 色んな場面でのお決まり英語フレーズを見てみましょう。 担当者が電話に出れるのか確認する場合は、「Please hold. 」や「Hold the line, please」の英語を使って、少々お待ちくださいと相手に伝えてることは忘れないようにして下さい。 2-2-1.話し中の場合 担当者が「他の電話に出て話し中」場合、基本表現は、 「The line is busy」という英語の表現で対応します。 I am sorry, the line is busy right now. (申し訳ございません。 只今、話し中です)• (申し訳ございません。 彼(彼女)は他の電話に出ております) 2-2-2.席を外している場合 担当者が、デスク(席)にいない・離席の場合に使える例文です。 He is not at his desk. (彼は今、机にいません・席を外しています)• 2-2-3.外出中で不在の場合 担当者が営業などで外出中の時に使える英語フレーズです。 She is out of office right now and will be back at 2. 2-2-4.出張中で不在の場合 担当者が出張中のケースもありますね。 He is on a business trip now and He will be back tomorrow. She is currently on a business trip. 日付けが分かっていたら、相手にも教えてあげましょう。 口頭での日付の言い方は、『』を参考にしてみて下さい。 2-2-5.来客中の場合 担当者が他のお客さんに対応している時もありますよね。 「席を外しています」という表現でも問題ありません。 She is not availalbe at this moment. She is with a visitor/She has a guest. 2-2-6.ミーティング(会議)中の場合 打ち合わせやミーティング中を伝える時も、来客中にも使える「He is not available right now. 」などでも構いません。 He is in a meeting now. (彼は今、会議中です)• He is in the middle of a meeting. 2-2-7.既に退社していた・休み場合 担当者が既に帰宅、またはお休みの時もありますね。 He is off today. (彼は今日、お休みをいただいております)• 」でもOKです。 2-2-8.既に退職していた場合 退職している、在籍していない社員に電話がかかってくることもあります。 そんな時に役立つ例文です。 (彼は既に弊社を退いています)• He is no longer working here. (彼はもうここで働いていません) 退職は「retire(リタイア)」という単語を使いがちですが、そのような言い方はしません。 2-3.英語の受け方|伝言を承る時の決まり文句 担当者が電話に出れないことを伝えた後は、必ず相手に伝言があるかを尋ねるのがマナーです。 2-3-1.「伝言(用件)を承ります」の英語 不在を伝えて「伝言を受ける」場合、「message」という単語を使います。 これは日常会話でもビジネスでも両方使えます。 May I take your message? (あなたの伝言を承って宜しいでしょうか?)• Would you like to leave a message? (伝言を残しになりたいですか?) 2-3-2.「お名前を頂けますか?」の英語 確認のために、再度名前を頂戴しましょう! こちらも日常会話でもビジネスの場面でも丁寧な英語を使います。 May I have your name, please? (あなたのお名前を頂いても宜しいでしょうか?)• How do you spell your name? 2-3-3.「電話番号を頂けますか?」の英語 相手の「電話番号を確認する」場合、名前を聞いた後は、決まった英語の表現で番号を再確認して下さい。 May I have your phone number,please? (あなたの電話番号を頂けますでしょうか?)• Could you tell me your phone number, please? 090-xxxx-xxxx)と再確認したほうがベターです。 電話番号を口頭で言う、『』の記事を参考にしてみて下さい。 伝言を残す場合と、相手の番号を再確認する場合の両方に使えます。 2-4.英語の受け方|あなたが担当者で電話を受けた場合の決まり文句 実際にあなたが担当者で電話に出た・つないでもらった時の最初の決まり文句ががあります。 日常会話でも、ビジネスでも受けた電話が自分あてだった場合は、最初に「自分です」という英語の表現で対応します。 英語: This is Takeda speaking. 日本語:私は武田と申します。 または、「 This is he. (あなたが男性の場合)」、「 This is she. (女性の場合)」などが、更にカジュアルな表現です。 これが基本となり、「How are you? 」などのフレーズが使えます。 3.英語で電話対応!「電話を切る」際のフレーズ集(カジュアル・ビジネス編) 電話を切る際も無言にならずにしっかりとした英語で表現しましょう! 因みに、「電話を切る」の英語は、主に次が表現が使われます。 「hang up the phone」/例:I hang up the phone. 「get off the line. 」/「line(ライン)」は「telephone line」の意味で、「the phone」に代えても同じ意味になります。 「end the call」/「finish」より、電話では「end」が一般的に使われます。 3-1.電話の切り方|カジュアルでの電話を切る際の決まり文句 自分が電話をかけた際、受けた際でも同じような英語フレーズが使えます。 下記は友達との会話の後をイメージしてみて下さい。 See you. 」など明日会う場合、「See you later. 」などもOKですね。 Take care. Thank you. などの他に、「お疲れ様!」や「頑張ってね!」というパターンもあるでしょう。 『』の記事も参考にしてみましょう。 因みに、「Good bye. 」はあなたにいつ会うか分からない「さようなら」というニュアンスが含まれるので、「See you. 」などの表現がベターです。 また、スラングで「Catch you later. 」というのがありますが、「See you later. 」と同様の意味です。 3-2.電話の切り方|ビジネス(フォーマル)での電話を切る際の決まり文句 カジュアルとは違い多少フォーマルな言い方とお勧めします。 Thank you for calling. Have a nice day. 」や「Have a nice weekend. 」などとして使えます。 Nice talking to with you. または、丁寧に「It was nice speaking with you. 」も同様です。 ビジネスで電話を切る際は、電話をかけた時と同様に、「今後ともよろしくお願いいたします」、「ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いします」などで締めくくるのもいいですね。 『』の記事も参考にしてみて下さい。 まとめ:英語の電話は短くテキパキと! 英会話やビジネスでの電話の応対は長くならないことがポイントです。 不在の時は、伝言を残すのか、かけ直すのかが基本的にやり取りの2つだと思ってください。 とにかく、長くダラダラとならずに、とにかく、パッ、パッと!が理想です。 チャレンジしながら慣れていきましょう!•

次の

「さっき」の英語|メールやありがとう・ごめんなど5場面で使える例文

先程は 英語

電話で相手が不在なので、メールで要件を伝えたい! 相手に電話をしたけれども、つながらない場合がありますね。 電話だとお互いのタイミングが合致しなければならないため、スムーズに連絡が取り合えないことも・・。 そんな場合に便利なのが メール。 ただし、「電話が繋がらなかったから、メールしました。 」という内容をメールで上手く伝えるのは、意外と難しいもの。 「折角電話したのにいなかった。 だから仕方なくメールした。 メールで伝えることも可能な内容である• メールを送ることで、次回の電話の際にスムーズに話ができる• 大まかな内容だけ先にメールをしておこう このように、電話とメールを上手に併用するとよいですね! 「不在だったので、メールを送りました」という内容を上手に伝えるには、どのような文言を使うのがいいのでしょうか? 社内の方へ送る場合と 社外へ送る場合について、それぞれご紹介していきます! まずは、社内の方へ送る例文から見ていきましょう。 山田です。 先程お電話をさせていただきましたが、お忙しいようですので、取り急ぎメールにて失礼いたします。 商品の仕様の箇所について、記載すべきか否か判断に迷っているため、ご相談させていただきたいと思います。 本件につきまして、改めてお電話させていただきます。 よろしくお願いいたします。 山田 一郎 改めて電話をする場合、もしくはメールで用件を全て伝える場合があると思います。 いずれの場合も、 どんな用件なのかを伝えることが大切。 相手が理解しやすいように、要点を端的に述べるようにしましょう! 件名:打ち合わせ日程の件(株式会社ビジマナねっと 山田) 〇〇株式会社 営業部 〇〇 〇〇 様 平素より大変お世話になっております。 株式会社ビジマナねっとの山田でございます。 打ち合わせの件で、先程お電話をさせていただきましたが、ご不在でしたのでメールにて失礼いたします。 次回の日程の件ですが、来月の半ば頃はいかがでしょうか。 ご都合のよろしい日時について、2〜3の候補日を挙げていただければ幸いです。 お手数をお掛けしますが、よろしくお願い申し上げます。 jp 一度電話をしたけれどもつながらず、メールで連絡した旨を伝えましょう。 そして、• お忙しいようですので• ご不在でしたので のように 相手の状況を考慮した文言を入れてくださいね! 続いては、こんなフレーズを入れるとNGという内容も頭に入れておきましょう。 あなたがマナー違反にならないよう、 NGフレーズも把握してくださいね。 次の見出しでお伝えしていきます。 スポンサーリンク こんなフレーズはNG! どんなフレーズが入ると、マナーとしてよくないのでしょうか? 具体的には、次のようなフレーズ。 それが・・・• 電話に出なかったので• つながらなかったので これらのフレーズを入れてみたのが下記の文章です。 先程お電話(ご連絡)をさせていただきましたが、電話に出なかったので(電話がつながらなかったので)、メールにて失礼いたします。 いかがですか? 先程の例文と、かなり印象が違うのがわかりますね・・。 上記のような言い回しは、「電話に出なかった」 相手に非があるような印象を与えます。 これだと相手に失礼になるので、気を付けましょう。 確かに出なかったのは事実ですが、 相手に気遣いをするのがマナー。 前章で使った「お忙しいようですので」「ご不在でしたので」という文言で、文章を作成してくださいね。 ここまでメールの例文とNGフレーズについて見てきました。 それが・・・• メールでの連絡になったことを伝える• 相手に非がある伝え方はNG• 電話で事前に伝言を残すこと それぞれについて、詳しく見ていきましょう! メールでの連絡になったことを伝える メールよりも電話で直接用件を伝えた方が、誤解が生じにくいです。 お互いにコミュニケーションが取れるので。 以上のことを踏まえた上で、 メールで連絡しましたという旨を入れましょう。 「先程お電話しましたが、お忙しいようですので(ご不在でしたので)、メールにて失礼いたします。 」 などの文言ですね。 相手に非がある伝え方はNG 前章でもお伝えしたように、「電話に出なかった」「つながらなかった」といった、いかにも相手に非があるような文言はNG。 相手が電話に出られなかった状況であったことを考慮しましょう。 あなたも、電話に出られない状況であることがありますよね。 相手のことを気遣いできるのが、デキる社会人のマナーですよ! 電話で事前に伝言を残すこと 個人の携帯電話に連絡した場合は、 留守番電話に「メールで連絡する」旨のメッセージを残しておきましょう。 また、会社に電話した場合は、 電話の受け手の方に対して「メールでご連絡する旨をお伝えください」と伝言を残します。 どうして伝言を残しておくべきなのでしょうか? それは、 メールを読む前に折り返しの電話がかかってくることを防ぐため。 「電話に出なかったので」「つながらなかったので」など、相手に非があるような文言で記載するのは、やめましょう。 あなたが忙しい中時間を作って電話をしたとしても、相手も似たような状況かもしれません。 個人の携帯電話の場合は留守番電話に、会社の場合は電話を受けてくれた人に伝言をしておきましょう。 本業と副業の 二刀流スタイルを確立しています。 二刀流スタイルを確立することで、• 金銭的なゆとり• 精神的なゆとり を手に入れることができました! 例えば、 ・毎日4桁円のランチを余裕で食べられる ・会社の人との付き合いの飲み会をキッパリ断れる ・大切な人に多くのお金を使える などです。 現在の社会情勢を考えると、いきなり独立・起業はリスクが大きいです… リスクを極力抑えてメリットを最大限享受するためにも、まずは会社員をしながら副業をすべきと強く感じています。 現役会社員である強みを活かし、会社員目線で悩み解消やスキル構築のお手伝いをしていきますね!.

次の

英語で「さっきぶり♪」ってなんて言いますか?

先程は 英語

よって、ここでは、日常やビジネスの場面でのパターン化した英語での電話の対応フレーズをご紹介しています。 基本を習得することが英語での電話対応をマスターする近道です。 目次: 1-1.電話のかけ方|「挨拶」の決まり文句 1-2.電話のかけ方|「本人以外が電話に出た時」の決まり文句 1-3.電話のかけ方|「相手が不在の時」の決まり文句 1-4.電話のかけ方|「レストランやホテルを予約する時」の決まり文句 2-1.英語の受け方|最初の電話の受け方での決まり文句 2-2.英語の受け方|担当者が電話に出れない場合の決まり文句 2-3.英語の受け方|伝言を承る時の決まり文句 2-4.英語の受け方|あなたが担当者で電話を受けた場合の決まり文句 3-1.電話の切り方|カジュアルでの電話を切る際の決まり文句 3-2.電話の切り方|ビジネス(フォーマル)での電話を切る際の決まり文句 1.英語で電話対応!「電話をかける」際のフレーズ集(カジュアル・ビジネス編) 「電話をかける」という英語には、主に次の表現が使われます。 「call」(コール)/例:I will call you. (私はあなたに電話します)• 「give someone a call」/例:I will give you a call. 「make a phone call to someone. 」/例:I make a phone call to him yesterday. 」でも同様です。 (私は彼に電話しました)」という表現もありますが、日常英会話ではほぼ使わないので、知識として知っているだけでOKです。 自分で電話をかける際に、決まり文句や基本のフレーズがあります。 英語での電話のかけ方をしっかりマスターしましょう! 1-1.電話のかけ方|「挨拶」の決まり文句(カジュアル・ビジネス) 友達に電話する時やビジネスで会社に電話する時も先ずは、挨拶から入りますね。 1-1-1.電話での「もしもし」の英語 日本語で 「もしもし」にあたる相手が電話に出た時の最初の挨拶ですが、「Hello. 」を使います。 これはビジネスでも同様です。 朝でも夜でも時間に関係なく「Hello」を使います。 更に友達同士でカジュアルになると、「Hi」などでも構いません。 友達が直接電話に出た時、またビジネスで担当者と話す時は、「元気?(How are you? )」など、『』にあるような挨拶パターンでOKです。 1-1-2.「今、(電話)大丈夫ですか?」の英語 また、 「今、(電話)大丈夫ですか?」という場合もありますね。 カジュアル・ビジネス両方のシーンでも最低のマナーとして聞く方がいいでしょう。 『』の記事でもご紹介してる、下記のようなフレーズが使えます。 Can we talk now? (今、私たち話すことが出来ますか?)• Is it a good time to talk now? (今、話すのにいいタイミングですか?) 1-1-3.「はじめまして」の英語 また、特にビジネスでは、 「はじめまして」という挨拶をする場合もあるかと思います。 Nice to talk to you. 『』では、実際に会った時の「はじめまして」で、「Nice to meet you. 」など、「meet(会う)」を使っていますが、電話では「talk(話す)」という動詞に代えています。 」でも問題ありません。 直接会う、会わないに関わらず電話をかけた時はしっかりと挨拶をしましょう。 それと、初めての場合は、自己紹介をすることもあるでしょう。 そのような時は、『』の記事をご参考下さい。 1-2.電話のかけ方|「本人以外が電話に出た時」の決まり文句 友達同士とカジュアルな場面で分けてみてみましょう。 1-2-1.カジュアルな電話の場合 友達の家に電話をして、本人以外が電話に出た時には、「~に代わって下さい」、「~と話したいのですが」、「~いますか?」などの表現がそのまま使えます。 Can I talk to ~? 」よりカジュアルな言い方です。 I want to take to ~. (~と話したいのですが・・・。 」の方が丁寧な言い方となります。 Is ~ there? 」でも構いません。 1-2-2.ビジネス電話の場合 ビジネスの場合は、先ず「自分が誰なのか」を言ってから、「~さんとお話をしたいのですが」、「~さんに代わって頂けますか?」、「~さんいらっしゃいますか?」などのフレーズを言うのが一般的です。 先ずは、自分が誰なのかを言う場合は、下記のようなフレーズを使います。 Hello. I am(名前・苗字)from(会社名). (もしもし、私は~会社の~と申します)• Hello. This is(名前・苗字)calling from(会社名). (もしもし、私は~会社から電話を差し上げています、~というものです) そして、その次に担当者につないでほしい旨を伝えます。 先ほどカジュアルの場合の表現の丁寧な言い方をそのまま使えます。 May I talk to ~? 」でも同様です。 I would like to talk to ~. 」でも同様。 (男の場合)」か「Ms. (女性の場合)」を付けて言います。 また、部署名が分かっていれば、部署名を付け加えるといいでしょう。 「May I speak with Mr. Yamada in the Sales Department? (営業部の山田さんとお話ししたいのですが・・・)」となります。 基本的に役職名は言いません。 名刺やメールに記載されている部署名も電話をかける前に確認しておきましょう! 1-3.電話のかけ方|「相手が不在の時」の決まり文句 それぞれのパターンに分けて見てみましょう。 1-3-1.「相手に伝言を残したい」場合の英語 「伝言をお願いできますか?」というフレーズになります。 Can I leave a message? 」、「May I leave a message? 」などでも同様です。 Please tell him that I called. (私から電話があったことを彼に伝えて下さい) 1-3-2.相手から「折り返しの電話が欲しい」場合の英語 「May I leave a message? 」のフレーズの後に言うのがいいでしょう。 Please tell her to call me back. (彼女に、私に電話を折り返すように伝えて下さい)• Could you ask her to call me back later? 上記の例文のように丁寧な英語でお願いするように心がけましょう。 1-3-3.こちらから「再度電話をかけ直す場合」の英語 電話に出た相手に再度かけ直すことを伝えるフレーズもみてみましょう。 「call back」を使う簡単な英語を使います。 I see, I will call back later. Thank you very much. (分かりました。 後でかけ直します。 I will call back at 3. 1-4.電話のかけ方|「レストランやホテルを予約する時」の決まり文句 海外旅行や海外出張の時など、電話でレストランへの予約、またホテルの予約や確認などするケースの場合も、英語での決まり文句があります。 知っているだけでも、実際に電話で話す時に役立ちます。 そんな時に役立つフレーズなどは、『』の記事をご参考下さい。 2.英語で電話対応!「電話を受ける」際の対応フレーズ集(ビジネス編) 「電話を受ける」という英語には、主に次の表現が使われます。 「receive a call」/例:I received a call. 「call」が「phone call」でも同様です。 例えば、「友達の電話を受けました」は「I received a call from my friend. 」や「I received his call. 」でも同じです。 「get a call」/I got a call. カジュアルの場面で電話を受ける時は、かける時と同様で、「もしもし(Hello. )」のみ問題ありません。 ビジネスのように相手にこちらの名前を告げる必要もなく、カジュアルに電話を受けましょう! しかし、ビジネスの場合はそうはいきません。 電話を受けた際のフォーマルな英語フレーズが大切になります。 自分から英語で電話をかけることはなくても、電話を英語で受けることはビジネス社会では一般化しています。 さあ、これからは主にビジネスでの電話対応の英語表現をみてみましょう! 2-1.英語の受け方|最初の電話の受け方での決まり文句 あなたが最初に電話を受け取ったのですが、相手は別の担当者につないでほしいという場合の英語での受け答え方を確認しましょう。 2-1-1.「はい、こちら~会社です」の英語は? 先ず、受話器をとり、「Hello」や「Good morning」などの挨拶の後に、会社名を言います。 これがビジネスでの電話の受け取りの基本となります。 下記がその例です。 英語: Hello、this is Yamada Corporation. How can I help you? 日本語:はい、こちらは株式会社山田です。 2-1-2.「どちら様ですか?」の英語 電話で「相手の名前を聞く」場合は、「May I 〜? 」(〜してもよろしいでしょうか?)という丁寧な英語を使います。 日本語:どちら様でしょうか?(どなた様でしょうか?) 2-1-3.「もう一度宜しいでしょうか?」の英語 電話で「うまく聞き取れずに聞き返す」場合は、失礼のないような英語を使います。 電波が悪かったり、後ろでうるさかったり、早口だったりと色んな場面で使えます。 日本語:失礼ですが、もう一度言っていただけますか? または、下記のようなフレーズでもOKです。 Could you speak more slowly, please? (もっとゆっくり言っていただけますか?)• Could you speak a little bit louder? 「電波が悪くて聞こえずらい」とハッキリ伝える時に使える英語フレーズは下記です。 I think we have a bad connection. The reception is not good. 因みに、「電話が(途中で)切れる」の英語は主に次が使われます。 The line was cut off. I got cut off. 参考までに覚えておきましょう。 2-1-4.「英語が出来る人に代わります」の英語 「あなたが英語で電話対応できない場合」は、一度少々待ってもらいます。 英語: Hold the line, please. I will get an English speaker. 日本語:そのままでいて下さい。 英語を話せる人に代わります。 「Hold the line. 」は「(電話で)少々お待ちください。 」の表現です。 2-1-5.「間違い電話だと思います」の英語 「相手が電話番号を間違えている」場合は、間違っていますよ!と強く英語にならないように注意します。 日本語:恐らく、電話番号が違うと思います(間違い電話です)。 これは日常会話でも使える表現ですね。 2-1-6.「電話をつなぎます」の英語 先ずは、「少々お待ちください(しばらくお待ちください)」という英語を使います。 英語: OK, just a moment, please. 日本語:分かりました。 少々お待ちください。 自分以外(担当者など)の電話に取り次ぐ場合もありますね。 その場合は「transfer」(トランスファー)という単語を使います。 「transfer」は、「〜を移動する」や「(飛行機や電車を)乗り継ぐ」などの英語としても使われます。 英語: Please hold, I will transfer your call to Mr. Tanaka. 日本語:少々お待ちください。 田中に取り次ぎます(電話をつなぎます)。 2-2.英語の受け方|担当者が電話に出れない場合の決まり文句 電話最初に出たけど、担当者が電話に出れないケースは多々あります。 色んな場面でのお決まり英語フレーズを見てみましょう。 担当者が電話に出れるのか確認する場合は、「Please hold. 」や「Hold the line, please」の英語を使って、少々お待ちくださいと相手に伝えてることは忘れないようにして下さい。 2-2-1.話し中の場合 担当者が「他の電話に出て話し中」場合、基本表現は、 「The line is busy」という英語の表現で対応します。 I am sorry, the line is busy right now. (申し訳ございません。 只今、話し中です)• (申し訳ございません。 彼(彼女)は他の電話に出ております) 2-2-2.席を外している場合 担当者が、デスク(席)にいない・離席の場合に使える例文です。 He is not at his desk. (彼は今、机にいません・席を外しています)• 2-2-3.外出中で不在の場合 担当者が営業などで外出中の時に使える英語フレーズです。 She is out of office right now and will be back at 2. 2-2-4.出張中で不在の場合 担当者が出張中のケースもありますね。 He is on a business trip now and He will be back tomorrow. She is currently on a business trip. 日付けが分かっていたら、相手にも教えてあげましょう。 口頭での日付の言い方は、『』を参考にしてみて下さい。 2-2-5.来客中の場合 担当者が他のお客さんに対応している時もありますよね。 「席を外しています」という表現でも問題ありません。 She is not availalbe at this moment. She is with a visitor/She has a guest. 2-2-6.ミーティング(会議)中の場合 打ち合わせやミーティング中を伝える時も、来客中にも使える「He is not available right now. 」などでも構いません。 He is in a meeting now. (彼は今、会議中です)• He is in the middle of a meeting. 2-2-7.既に退社していた・休み場合 担当者が既に帰宅、またはお休みの時もありますね。 He is off today. (彼は今日、お休みをいただいております)• 」でもOKです。 2-2-8.既に退職していた場合 退職している、在籍していない社員に電話がかかってくることもあります。 そんな時に役立つ例文です。 (彼は既に弊社を退いています)• He is no longer working here. (彼はもうここで働いていません) 退職は「retire(リタイア)」という単語を使いがちですが、そのような言い方はしません。 2-3.英語の受け方|伝言を承る時の決まり文句 担当者が電話に出れないことを伝えた後は、必ず相手に伝言があるかを尋ねるのがマナーです。 2-3-1.「伝言(用件)を承ります」の英語 不在を伝えて「伝言を受ける」場合、「message」という単語を使います。 これは日常会話でもビジネスでも両方使えます。 May I take your message? (あなたの伝言を承って宜しいでしょうか?)• Would you like to leave a message? (伝言を残しになりたいですか?) 2-3-2.「お名前を頂けますか?」の英語 確認のために、再度名前を頂戴しましょう! こちらも日常会話でもビジネスの場面でも丁寧な英語を使います。 May I have your name, please? (あなたのお名前を頂いても宜しいでしょうか?)• How do you spell your name? 2-3-3.「電話番号を頂けますか?」の英語 相手の「電話番号を確認する」場合、名前を聞いた後は、決まった英語の表現で番号を再確認して下さい。 May I have your phone number,please? (あなたの電話番号を頂けますでしょうか?)• Could you tell me your phone number, please? 090-xxxx-xxxx)と再確認したほうがベターです。 電話番号を口頭で言う、『』の記事を参考にしてみて下さい。 伝言を残す場合と、相手の番号を再確認する場合の両方に使えます。 2-4.英語の受け方|あなたが担当者で電話を受けた場合の決まり文句 実際にあなたが担当者で電話に出た・つないでもらった時の最初の決まり文句ががあります。 日常会話でも、ビジネスでも受けた電話が自分あてだった場合は、最初に「自分です」という英語の表現で対応します。 英語: This is Takeda speaking. 日本語:私は武田と申します。 または、「 This is he. (あなたが男性の場合)」、「 This is she. (女性の場合)」などが、更にカジュアルな表現です。 これが基本となり、「How are you? 」などのフレーズが使えます。 3.英語で電話対応!「電話を切る」際のフレーズ集(カジュアル・ビジネス編) 電話を切る際も無言にならずにしっかりとした英語で表現しましょう! 因みに、「電話を切る」の英語は、主に次が表現が使われます。 「hang up the phone」/例:I hang up the phone. 「get off the line. 」/「line(ライン)」は「telephone line」の意味で、「the phone」に代えても同じ意味になります。 「end the call」/「finish」より、電話では「end」が一般的に使われます。 3-1.電話の切り方|カジュアルでの電話を切る際の決まり文句 自分が電話をかけた際、受けた際でも同じような英語フレーズが使えます。 下記は友達との会話の後をイメージしてみて下さい。 See you. 」など明日会う場合、「See you later. 」などもOKですね。 Take care. Thank you. などの他に、「お疲れ様!」や「頑張ってね!」というパターンもあるでしょう。 『』の記事も参考にしてみましょう。 因みに、「Good bye. 」はあなたにいつ会うか分からない「さようなら」というニュアンスが含まれるので、「See you. 」などの表現がベターです。 また、スラングで「Catch you later. 」というのがありますが、「See you later. 」と同様の意味です。 3-2.電話の切り方|ビジネス(フォーマル)での電話を切る際の決まり文句 カジュアルとは違い多少フォーマルな言い方とお勧めします。 Thank you for calling. Have a nice day. 」や「Have a nice weekend. 」などとして使えます。 Nice talking to with you. または、丁寧に「It was nice speaking with you. 」も同様です。 ビジネスで電話を切る際は、電話をかけた時と同様に、「今後ともよろしくお願いいたします」、「ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いします」などで締めくくるのもいいですね。 『』の記事も参考にしてみて下さい。 まとめ:英語の電話は短くテキパキと! 英会話やビジネスでの電話の応対は長くならないことがポイントです。 不在の時は、伝言を残すのか、かけ直すのかが基本的にやり取りの2つだと思ってください。 とにかく、長くダラダラとならずに、とにかく、パッ、パッと!が理想です。 チャレンジしながら慣れていきましょう!•

次の