あいりん地区 怖い話。 【日本のスラム街】あいりん地区ってホントにヤバいの?大阪・釜ヶ崎を歩いて撮影して感じたこと

【恐怖】間違って大阪西成のドヤ街「あいりん地区」の格安ホテルに泊まってしまった話。

あいりん地区 怖い話

日雇い労働者の街として知られる大阪市西成区の「あいりん地区」にある簡易宿泊所で昨年9月、身元不明の男性が自殺しているのが見つかった。 全国からあいりん地区に集まる人には「ワケあり」の人も多く、死後も身元が判明しないケースは珍しくないが、男性は2千万円もの現金を所持していたことが判明、一躍注目を集めた。 身元を示す持ち物は一切なく、発見から4カ月以上が過ぎても、男性が何者だったのかは分かっていない。 一体、どうやって大金を手に入れたのか。 そもそも、これだけの金を持ちながら、なぜ自ら命を絶たなくてはならなかったのか。 謎は深まるばかりだ。 一人寂しく…異臭で発覚 男性の遺体が見つかったのは昨年9月18日。 大阪市西成区萩之茶屋の簡易宿泊所の4階にある一室で、首をつって死亡していた。 遺体は腐敗が進んでおり、異臭に気づいた利用者からの指摘を受けた管理人が発見した。 大阪府警西成署は自殺の可能性が高いと判断。 室内を調べたところ、現金2095万4577円もの大金が残されていたことも分かった。 男性は40歳ぐらいで、身長168センチの痩せ型。 黒い短パンを身につけており、所持品は財布2個、黒い小銭入れ、プリペイドカードなど。 身分を示すものはなく、結局、男性が誰なのかは分からなかった。 関係者や西成署によると、見つかった現金は新札ではなかった。 紙幣番号を調べた結果、事件性は確認されなかった。 少なくとも銀行や郵便局から奪ったような〝犯罪収益〟ではないようだ。

次の

大阪西成区あいりん地区出身の芸能人・有名人15選!治安がやばい?

あいりん地区 怖い話

あいりん地区は日本三大ドヤ街の1つ あいりん地区は大阪府大阪市西成区にあるドヤ街の通称であり、本来の名称は釜ヶ崎でした。 釜ヶ崎の字は現在消失していますが、今でも周辺一帯を釜ヶ崎と呼ぶ人もいます。 あいりん地区は西成区の凡そ8. 因みにあいりん地区のあいりんとは漢字で愛隣であり、60年代から使用が開始されました。 漢字で書くと読めない人がいる為ひらがな表記になったとの噂もあります。 しかし、とあるルポライターの取材によると警察は薬物中毒者の逮捕どころではないと語っていたそうです。 というのも、立ちんぼと呼ばれる売人を捕まえてもまた新たな立ちんぼが出て来るいたちごっこ。 更にあいりん地区では貧困ビジネスが横行しており手が回らないそうです。 また怖い話ですが、貧困ビジネスの中には入念なシナリオを準備し書類も揃えた上で被害者の指を切断。 労働上の事故で処理し金銭を奪われた人もいます。 指名手配犯も滞在? あいりん地区における怖い話の1つにあいりん地区には数多くの手配中の人が流れ着いているというものがあります。 イギリス人女性を殺害した市橋達也も逃走中、あいりん地区に滞在していました。 ここでいう指名手配とは警察から身を追われている人のみではありません。 かつては暴力団に在籍し、失態を犯したが為あいりん地区に逃れた人もいます。 彼らは警察や暴力団に自身の所在を発覚することを恐れ路上で静かに暮らしています。 その為、亡くなった場合は残された家族は行方を追うことが出来なくなります。 ライターがそれは覚せい剤かと尋ねたところ、バイアグラの代用品だとの答えが返ってきます。 しかし、やばいことに男性の口振りからは覚せい剤も準備が可能である事が付け加えられました。 尚やばいことに尋ねられた場所はあいりん地区を管轄する西成警察署の裏の路上だったそうです。 盗品から薬まで売っている闇市の存在 禁止されて尚あいりん地区では泥棒市場と呼ばれる闇市が開催されています。 闇市では盗品から違法コピーしたDVDまで様々なものが販売されており、中には薬品を売る店もあります。 それらは生活保護受給者から仕入れたものであり、通常医師の処方箋がないものまで売られています。 中には片方の靴を盗られ、闇市で販売していたので買い直したなどの笑い話もあります。 しかし、前述の薬や違法コピーしたDVDの他にも児童ポルノまで販売されていると言われており、警察も対策を講じているもののいたちごっこのようです。 真偽の程は不明ですが、幾つものやばい話がまことしやに囁かれています。 アメトークでも話題になった西成高校 2019年2月14日に放映されたアメトーク、高校中退芸人内で西成高校について、窓ガラスは割られるからガラス素材ではないなど言及する場面がありました。 しかし、この放送を受けて抗議の声が殺到。 西成高校や西成地区に対し差別的な表現があったとアメトークサイドも後に謝罪を行っています。 また実際はそこまで荒れていなかったとの声がある一方、確かに荒れていた時期はあったと言及するネットの声も存在しています。 またかつては子供が通る通学路上に注射器が落ちているのが普通だったとの報告もなされていました。 尚この注射器については、覚せい剤などの危ない薬ではなく糖尿病患者が使用するインスリン注射の注射器を指すのではないかと指摘されています。 完全防備の要塞警察署 あいりん地区を管轄している西成警察署は高い柵と鉄格子が設けられており、厳重且つ物々しいその出で立ちからしばしば要塞に例えられます。 更に建物に使用されるガラスは通常のガラスではなく強化ガラスが用いられ、正面の扉は鉄製の物が使用されています。 また24時間体制で周囲の巡回も行われています。 その知名度故に創作の題材として取り扱われることもありますので、幾つかあいりん地区を題材にした作品を紹介いたします。 子供の里を取り扱った「さとにきたらええやん」 あいりん地区にある子供たちの憩いの場「子供の里」、通称さとと呼ばれるその施設は国籍などに関係無くどんな子供でもいつでも受け入れてくれます。 1977年に設立されたさとのドキュメンタリー映画であり、見た人が元気になれるドキュメンタリー映画として非常に高い評価を獲得しています。 一方で子供たちのプライバシーなどの問題から映像ソフト化することが難しい作品であり、ソフト化を望む声は少なくありません。 完成から5年後に公開「解放区」 2014年に完成していた解放区はあいりん地区のリアルを描いた作品です。 しかしながら、完成後大阪市より内容修正が求められました。 これは異例の事態でもあります。 当時大阪府はあいりん地区の再開発を行う西成特区構想を打ち出しており、それ故の修正指示でしたが監督は修正を拒否。 助成金も返還しました。 そして、2019年に5年の歳月を経てようやく公開に至りましたが、あまりにリアルなあいりん地区の描写に視聴した人からは驚きの声があがっています。 長編ドキュメント「未来都市ニシナリ」.

次の

【衝撃事件の核心】「あいりん地区」自殺男性が残した大金2千万円のナゾ なぜ「日本最大のドヤ街」に住んでいたのか(1/4ページ)

あいりん地区 怖い話

こんにちは! 個人でWEBサイトをつくりながら世界を旅している、阪口といいます。 僕は今の仕事をはじめてまだ稼げなかったとき、2011年9月~2012年4月まで、 大阪・あいりん地区のドヤ街で暮らしていたことがあります。 (詳しい経緯は「」で書いてます) そのとき、同じアパートで暮らしていた、 とあるヤクザの元幹部である「中條さん(仮名)」という方にお世話になり、「仕事」というものについて、人生の指針となるアドバイスをいただきました。 今日は、そのときのお話をシェアさせていただきます。 1泊1200円、三畳一間の部屋に籠城し、成果の出ない仕事に励む日々。 当時、僕は1泊1200円・三畳一間のカビ臭い部屋に籠城しながら、延々とWEBサイトを作り続ける生活を送っていた。 写真のとおり、机を買うお金もなかったので、BOOK-OFFで買ってきた本を積み重ねて台座とし、そのうえにノートパソコンを広げての仕事。 当然ながら稼ぎも0に等しくて、そんな経済状態であいりん地区に住んでいるものだから、もう自分が ほんとうにどうしようもない人間に思えてきて仕方がない。 「ここに俺も混じってるんだよな... 」と思うと、もう心臓が、ギリギリと音を立てて削れていくような気持ちがした。 余所者の僕は、アパート内でも居心地が悪かった。 外はもちろんのこと、アパートの中も居心地もなかなかに悪い。 特に風呂! 風呂は共同で、17時から23時までの間に、好き勝手入っていいのだけど、 一度、人が多い8時くらいに行ったとき、 般若や鬼や孔雀や、今からどこ飛んでくの?ってくらい立派な翼や、 そんな禍々しい刺青のおっちゃんらに囲まれたときはもう喰われるかと思った。 なので僕はいつも、みんなが上がった後、風呂が閉まるギリギリの23時近くにやってきて、シャワーだけ浴びてさっさと部屋に引き上げる、借りぐらしのアリエッティのような生活を続けていた。 でもここはジブリの世界じゃない。 僕が出会ったのは、 元ヤクザの豪傑幹部・中條さんだった。 この人には隠し事は通用しないなと思った僕は、思い切って、 全部話してみることにした。 去年、鬱病になって仕事を辞めなければならなくなったこと。 「企業ではもう働けない」と思ったから、自分一人でもできるビジネスを立ち上げようと思ったこと。 お金はないものの、誰にも頼らず0から這い上がりたいと思ったから、誰でも受け入れてくれるあいりん地区のドヤ街を選んだこと。 お金はまだ全然稼げていないけど、近い将来は海外で生活をしたいこと。 そんなことをぜんぶ話してみた。 おっちゃんは楽しそうに僕の話を聞いて、ガハハ!と野太い声で笑った。 そうかそうか、そりゃ頑張りや。 最初は誰でも失敗するし、金も回らん。 そこを乗り越えて一人前になるんやで。 ここに来て、はじめて聞いた優しい言葉に、なんだか泣きそうになった。 風呂場で「人生」について教わる日々。 おっちゃんのは中條さんといって、半年前からあいりんに越して仕事をしていると言った。

次の