ごちそうさま です。 【ごちそうさま株式会社】の採用サイト

「ごちそうさまでした」の意味と使い方・お礼・メール・返し

ごちそうさま です

「ごちそうさま」は漢字で「ご馳走様」と書きます。 「馳走」とは、「走りまわる」「馬を駆って走らせる」「奔走する」ことを意味します。 古くは『史記』にもみられる語です。 これが、日本に入ったのちに、世話するためにかけまわるので、世話すること、面倒見ることといった意味が生まれました。 さらに、用意するためにかけまわることから、心を込めた食事のもてなしや、そのためのおいしい食べ物といった意味が、中世末から近世始めにかけて、生まれました。 今は豊かな時代になり、食材などすぐ調達できます。 昔は食材を育てるために走りまわる人、食材をお店に並べる人、調理するために食材を買い集める人がいました。 大変な思いをして、料理が並んでました。 「馳走」に敬意をもって「御」「様」という字をつけて、「御馳走様」とういう字になりました。 感謝の気持ちを表す言葉が「ごちそうさまでした」です。 「ごちそうさまでした」の使い方 社会人になれば、上司との食事、取引先の相手との食事、同僚と飲み会と付き合いが増えてきます。 上司からご馳走になることもあるでしょう。 上司との食事は気を使い、終わるまで、ずっと緊張することもあるでしょう。 そんなとき、うまくお礼が言えないこともあります。 しかし、お礼はとても大事なことです。 今後の仕事の付き合いもあるので、しっかり伝えましょう。 上司との食事や取引先の方にご馳走になったときは、その場でも「ごちそうさまでした」と言って帰りますが、翌日に顔を合わせる時があれば、「昨日はごちそうさまでした。 」と伝えると良いでしょう。 言われて不快な気持ちになる方はいないですし、しょっちゅう、誘われることがあっても、お礼だけは忘れないでおきましょう。 友人でも家族でもご馳走してもらった時は、その場だけでなく、次の日にでもお礼も伝えましょう。 上司は奢られることを嫌う方もいますので、お返しとして、ご馳走しようと誘っても、またご馳走になることも多々あります。 そんなときは、仕事で成果をみせて、頑張ってる姿をみせましょう。 きっと、あなたの評価はあがるでしょう。 家族や友人にお返しする場合は、ご馳走されたら、次回はこちらからご馳走してあげるとよいでしょう。 お互い、良い関係でいれるでしょう。 ご馳走になったあとにお礼のメールを送ることは、基本的なマナーで、自分のイメージアップにも繋がります。 食事の度にお礼メールが必要なのかと感じる方もいるでしょう。 例えば、相手が上司であれば、良好な信頼関係を気づければ、仕事もしやすくなり、また、取引相手であれば、その後のビジネスにつながる可能性もあります。 メールのお礼は当日、遅くても翌日には送ったほうがよいでしょう。 内容は特に凝った文でなくていいでしょう。 お礼の分と一緒にお店や料理の感想、食事の時の会話の内容を少しでも書いて送るのがよいでしょう。 ご馳走してくれる方も、お礼が聞きたくてしているわけではありませんが、おごってもらって当然という態度にならないためにも、お礼メールをして、勘違いが生まれないようにしましょう。 礼儀正しいと相手にいい印象を与えることができます。 丁寧に感謝の気持ちを伝えましょう。 メールの例文 「今日はお食事に誘ってくださり、ありがとうございました。 ごちそうさまでした。 」 「昨日は飲み会に連れて行ってくださり、ありがとうございました。 ごちそうさまでした。 おいしい食事やお酒を飲みながら、楽しい時間が過ごせました。 」 「今日はお食事にお誘いいただき、ありがとうございました。 ごちそうさまでした。 仕事の相談ができて本当によかったです。 アドバイスいただき気持ちが晴れました。 」 「昨日はお食事に誘っていただき、ありがとうございました。 ごちそうさまでした。 いろいろお話ができて、ためになりました。 まだまだ、私自身未熟で、今後もご迷惑おかけすることもありますが、何卒ご指導のほどよろしくお願いいたします。 」 メールは参考にしてみてください。 上司や先輩にお礼メールをするときは、少しかしこまった文で送るのをおすすめします。 今は、海外の方と一緒に仕事をされる方も増えてきてます。 仕事上、海外の方と食事する事もあるでしょう。 海外では上下関係や上の人が下の人に食事をおごる習慣は日本ほどはないです。 無言で食べ始めて、何も言わずに食べ終わることもあります。 何も言わずに食べるのも味気ないです。 日本では言うのがお決まりの「ごちそうさまでした」は英語で何というか、感謝の言葉なので知っておくと良いでしょう。 「ごちそうさまでした」 Thanks for the meal. より丁寧に表現した場合。 Thank you so much for the splendid meal. That was a wonderful meal. Thank you so much. 他にもいろいろ言い方がありますが、一般的な英文です。

次の

「ごちそうさま」の意味と返事の仕方、ビジネスでの使い方、英語・中国語・韓国語では?

ごちそうさま です

ご馳走さま(ごちそうさま)は、に言うのである。 くだけてともいう。 発声の際に、手を合わせたり、軽くお辞儀することもある。 「馳走(ちそう)」とは、元来、「走りまわる」「馬を駆って走らせる」「奔走(ほんそう)する」ことを意味する。 古くは『』(項羽本紀)にもみられる語である。 これが日本にはいったのち、(世話をするためにかけまわるので)世話をすること、面倒をみることといった意味が生まれた。 さらに、用意するためにかけまわることから、心をこめた(食事の)もてなしや、そのためのおいしい食物といった意味が、中世末から近世始めにかけて生まれた。 これに「御」付けられてとなり、接尾語「様」がついて挨拶語となった。 では初出として『』(1809-1813年)の一節「其節はいろいろ御馳走さまになりまして」を挙げている。 食事前の挨拶は「」。 脚注 [ ]• 鎌田正・ 米山寅太郎 (2011), 『新漢語林』 第2版, 大修館書店• 小学館国語辞典編集部(編)(2006), 『精選版 日本国語大辞典』, 小学館. 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• [日本食品薬化/食育大事典].

次の

「ごちそうさまでした」の意味と使い方・お礼・メール・返し

ごちそうさま です

「ごちそうさま」の意味と語源 「ごちそうさま」の意味は「日本の食後に言う挨拶」 「ごちそうさま」は、 日本の食後に言う挨拶です。 食事をしたあとに、食事を用意してくれた人に対して感謝の気持ちを表す言葉が「ごちそうさま」という言葉です。 家族間など親しい間柄では「ごちそうさん」と軽めに言い表すこともあります。 「ごちそうさま」は漢字で「御馳走様」 「ごちそうさま」は、感じで表記すると「 御馳走様」となります。 「御馳走様」は、「馳走」という言葉に接頭語の「ご」をつけた丁寧語です。 「馳走」は、 客のために奔走して材料を集め、食事をもてなすことをいいます。 食べ物が豊富ではなかった時代、食事を用意することはとても大変なことで、他右折な客人をもてなすためには走り回って準備を整えなければなりませんでした。 このことから「はしる」という意味のある漢字を2つ重ねて「馳走」と表現し、「奔走」を意味する言葉として使用されていました。 そこから「馳走」という言葉に「様」という丁寧語をつけて「食事を用意してくれた人に対してのお礼の言葉」として使われるようになったのが「ごちそうさま」という言葉です。 「様」は、「ご苦労様」「お疲れ様」とおなじように「ご〜さま」という丁寧語の言い回しとして使用されています。 「ごちそうさま」の語源は仏教の「馳走」 「ごちそうさま」の語源は仏教の「 馳走」という言葉です。 仏教では、 食事だけではなく他人の為に奔走して、神から報いを与えられるようなよい行いをし、苦しんでいる人を助けることを「馳走」といいます。 今現代も「仏教」という教えが伝わっているのも、「馳走される」仏教の先生方のお陰であるという考えが言い伝えられています。 したがって、現代では「ごちそうさま」は食後のお礼の気持ちとして使用される言葉ですが、「馳走」は本来 物事がうまく運ぶように駆け回ってくれる様々な人に対して使用できる言葉であったと言えます。 「ごちそうさま」と「韋駄天」の関係 「韋駄天(いだてん)」とは、 仏教や仏教徒を守護する神のことで、「韋駄天が駆け回って仏陀び食材を集めていた」とされることから「馳走」という言葉の由来は「韋駄天が食事を集めるために奔走したことにある」とも言われています。 「韋駄天」は足が早いことで有名な神様で、仏舎利を盗んだ盗人を走って追いかけて取り返したという逸話があり、足の早い人を「韋駄天」と表現することがあります。 このことから韋駄天は足のはやさを利用して「修行中の僧侶や人々のために食べ物を走ってかき集めていた」とし、韋駄天は食卓の神様として慕われるようになり、やがて食事の後に感謝の気持ちを込めて「ごちそうさま」と使用するようになりました。 「ごちそうさま」は食べ物を頂いた時のお礼でも使う 「ごちそうさま」は、食後のお礼としてだけではなく、 お土産やプレゼントなどで食べものを頂いたときのお礼でも使用することができます。 基本的に食後の後に「ごちそうさまでした」と使用する「ごちそうさま」ですが、食べ物を頂いたときのお礼として使用する場合は、その場で食べて食べ終わるわけではありませんので、「です」を使用して「ごちそうさまです」と言います。 例 ・素敵な手土産をいただき、どうもごちそうさまです ・御土産をいただいたようで、ごちそうさまです ・ごちそうさまです、早速明日社内のみんなといただきます 「ごちそうさま」は「のろけ」を聞かされたときの返事にも 「ごちそうさま」は、 「のろけ」を聞かされたときの返事にも使用されます。 「のろけ」は、自分の恋人や配偶者との幸せなエピソードを人前で得意になって話すことをいいます。 相手に、のろけ話を聞かされたときに、「 幸せのおそそわけをいただきました」という意味で「ごちそうさまです」という返事をすることができます。 いい話だけではなく、「恋人と喧嘩した」など恋人とのエピソードは捉えようによっては「のろけ話」となるため、恋人の愚痴を聞かされた場合にも「ごちそうさまです」と答える場合があります。 しかし、「嫌味を言われた」と思われてしまう可能性があるので注意しましょう。 「いただきます」は食べる前の感謝の言葉 「いただきます」は食べる前の感謝の言葉として使用されます。 「いただきます」には、さまざまな説があり、主に ・肉や魚など、食材になっているものに対して「命をいただく」という意味 ・食事を用意してくれる人、食材を作ってくれた人など食材に携わった人への感謝の言葉 であるといわれています。 「ごちそうさま」のビジネスメールでの使い方と例文 飲み会で上司にご馳走になったらお礼のメールをするのがマナー 職場の方と食事に行き、上司にごちそうになった場合は 必ずお礼のメールを入れましょう。 まず、その場で「ごちそうさまでした」と直接伝えることも大切ですが、大勢の人がいる場合では上手く伝わらない場合もありますし、特にお互いにお酒を飲んでいるような場面では改めてきちんとした状態で丁寧にお礼の気持ちを伝えることはマナーであると言えます。 翌日に直接顔をあわせるような場合は「昨日はごちそうさまでした」と伝えましょう。 感謝の気持ちを伝えないと、「おごってもらえて当然だと思っている」と思われてしまう可能性がありますし、何よりお礼が言えない人にいい印象は持てませんよね。 しばらく直接会う予定がない場合は できれば当日中、遅くても翌日までは送ることを心がけましょう。 まず、一番大切なことはご馳走してもらことに対してのお礼の気持ちを述べることです。 そして、食事をご馳走してもらったので料理の感想をのべます。 「美味しかったです、ご馳走さまでした」でも感謝の気持ちは伝わりますが、会話の内容などにも触れることによって、「素敵な時間を過ごせた」という気持ちが伝わりさらに印象がいいと言えるでしょう。 先ほどは美味しいお食事をごちそうさまでした。 また、お忙しい中お時間を割いていただき恐縮しております。 改めてゆっくり橋本さんをお話ができて本当によかったです。 まだまだ未熟ですが、いち早く成長して皆様のお力になれるよう努力して参りますので、 今後共末永くよろしくお願いいたします。 はじめてタイ料理を口にしたのでが、とても美味しく感動しました。 ぜひ家族にもお店を紹介したいと思っております。 また、先輩方にアドバイスをいただくことができ、今後の改善点も見えてきました。 まだまだ未熟でご迷惑をおかけすることもあるかもしれませんが、いち早く成長できるよう、 日々邁進して参る所存ですので今後ともよろしくお願いいたします。 ごちそうさまでした。 杉田さんとゆっくりお話がげきて素敵な時間を過ごすことができました。 次回は私からも誘わせてください。 須藤 「ごちそうさま」への返事 「お粗末様でした」は謙遜して使う 「ごちそうさま」と自分は相手に言われたときは「 お粗末様でした」と謙遜した返事をしましょう。 「お粗末様でした」は「 他人に提供したものが、特に取り立てて言うほどではない」と謙遜して言う語です。 相手に与えたものについてのお礼を言われた際に、へりくだる気持ちを込めた表現となり、料理が粗末である、用意がしっかりとできてなくてもてなしが粗末だったというニュアンスが含まれます。 主に、自分が料理をしたものに対して「ごちそうさま」と言われたときの謙遜した返事となります。 自分がお店を選定し料金を出してふるまった料理に対する謙遜として使用する場合もありますが、自分は料理を作ったわけではないお店の料理に対して使用するのは不自然だと感じる人もいます。 したがって、「お粗末さまでした」は自分で料理を作ったときに限定しておくのが無難と言えるでしょう。

次の