シングル マザー 収入。 シングルマザーの手当は年収でいくら違う?実家暮らしの時や計算方法は?

シングルマザーの手当の手続き:母子家庭の所得制限・収入制限は?

シングル マザー 収入

シングルマザーの生活費はどのくらいかかるのか?今離婚を考えているあなたは、お金の不安で一歩を踏み切れずにいるかもしれません。 離婚、死別、未婚、シングルマザーになる理由は様々ですが、シングルマザーになったらまず考えるのは生活費、お金のことでしょう。 お金がないと、自分と子供が今日、明日にでも住む場所、食べるものに困りますから、 必要なだけお金を稼ぐのは急務ですよね。 特に予期せずシングルになったあなたは、これからどのくらいお金があれば大丈夫なのか、どのくらいの収入があれば子供を育て上げられるのかと、不安になるはず。 そして、すぐにお金を稼ぐ必要がありますよね。 シングルマザーになって、子供を育てながらあなた自身もお金に困らないで幸せな人生を送るためには、まず お金の知識が必要。 お金についての知識は知っているか知らないかだけで人生が大きく変わります。 この記事では、これから離婚しようと考えているあなたにも、旦那さんの急死など、収入が途絶えるリスクがある全ての女性にとっても、 知っておいて損はないお金の知識と、どうやってシングルマザーが生活費を稼いでいくべきかをお伝えします。 シングルマザーの生活費はどのくらいかかるのか? まず、シングルマザーの生活費はどのくらい必要なのでしょうか。 たとえば、5歳の子供が一人いるシングルマザーの場合、具体的に毎月かかる費用は、• 家賃6万円(住む地域によって幅があります)• 光熱費2万円• 通信費1万円• 日用品1万円• 食費3万円• 交際費1万円• その他1万円 さらに、幼稚園または保育園、習い事などの教育費がかかるので、最低でも17,8万円は毎月必要ということになりますね。 これが、子供が二人いれば、生活費は2倍にはならなくても、習い事や学費は2倍になるので、毎月20万円は生活費としてかかるのは確実でしょう。 実際のシングルマザーの平均支出は月当たり19万円程度なので、ほぼこのくらいの生活水準で暮らしているのが一般的とわかります。 つまり、旅行などのレジャー費、冠婚葬祭などの臨時出費がなくても、日々暮らしていくだけで 年間で200万円以上は必要ということ。 ここに、老後のための貯蓄、住宅資金、予期せぬ出費に備えて、もっと収入は必要。 一般的に、ひとりで子供を育てながら、自分の老後の生計も立てて行かないといけないシングルマザーの場合、 手取りで年収400万円は最低でも欲しいと言われています。 ひとり親になった方はもちろん、まだ離婚をしていない方でも、お住いの自治体の子育て支援課(同じ機能を果たす窓口があります)に行くと、保険料や医療費、助成金についての情報を教えてもらえますので、今離婚を検討しているあなたや、ひとり親になったあなたも一度足を運んでみましょう。 中には、「役所でそんなこと聞くのが気が引ける。 」「聞きにくい。 」と思う方もいるかもしれませんが、幸せになるために、頑張っているあなたを責めたり、変な目で見たりする人がいるなら、そんな人こそ問題があります。 シングルマザーであることに負い目を感じたり、離婚を考えていると知られたくない、なんて思わないようにしましょう。 参考: シングルマザーの収入はどのくらい? 総務省の発表しているデータによると、 シングルマザーの世帯収入は平均で月に21. 5万円、可処分所得は約19万円となっています。 つまり、手当など、労働から得られる収入以外も合わせた、シングルマザーの手取り収入の平均は240万円ということ。 一方で、シングルファザーの平均収入は30万円なので、 シングルマザーと比べると、結構な格差があることがわかります。 その原因は、シングルマザーの場合には、ひとり親になった時点で、 仕事をしていなかったり、正社員でない働き方をしているケースが多いから。 特に、小さな子供を連れて、ひとり親になると、日中だけしか働けなかったり、ひとり親で小さな子供がいるということで、 採用する側から敬遠されることもあります。 しかも、養育費がもらえていないケースが多く、生活ギリギリの収入でやりくりするしかないという状況になっている世帯も少なくありません。 なぜこんなに家計が苦しいシングルマザーがたくさんいるのか、 その原因はシングルになった理由にもあるよう。 シングルになった理由によって、収入に格差があることも統計から分かっています。 参考: シングルマザーの収入はひとり親になった理由によって差がある シングルマザーの平均収入を、ひとり親になった理由別に見てみると、格差があることがわかります。 参考: 離婚によってシングルマザーになった シングルマザーのうち、離婚によってひとり親になった、シングルマザーは 全体の約8割以上。 その場合の、 平均収入は約175万円で、母子家庭の平均収入よりも少なくなっています。 この原因としては、収入をしっかり安定させる前に、旦那さんの暴力などから逃げるように離婚した、夫婦仲が悪く、養育費の取り決めが出来ないまま離婚をしたままになっている、などの事情があり、• 正規職員として働いていないこと• 養育費がもらえていないこと が重なっているケースが多いためです。 この場合の 平均収入は約260万円となっており、母子家庭の平均収入よりもかなり多いことがわかります。 これは、旦那さんの亡くなった場合に出る、の影響だと思われます。 また、旦那さんが生命保険に加入していた場合には、保険金が一括や毎月支払いでもらえます。 この世帯の 平均収入は約160万円でもっとも低いという結果になっていました。 この理由は、未成年で学生の間に子供を出産したケースが多いことが考えられます。 参考: 平均年収くらい収入があっても将来は安心できない これらのデータを見ると、最も多い離婚によってシングルマザーになった母子家庭では、 一か月に約14. 5万円しか収入がないので、生活費から考えると、赤字になってしまいます。 子供が二人以上いる場合には、もっと不足することになりますので、もっと生活レベルを下げるか、収入を増やしていかなくてはいけません。 そもそも、 シングルマザーの平均年収240万円を稼げていても、家計はぎりぎりのはず。 「今の家計の状況では一向に貯金が出来ない。 」「将来のことを考えるとお金に不安がある。 」 そんなシングルマザーのあなたが今の生活を変えるためには、 しっかりもらえるお金について知り、さらに収入を増やす方法を学ぶことが必要。 まずは、シングルマザーのあなたが申請すれば国から貰える手当を確認してみましょう。 参考: シングルマザーがもらえる手当金と助成制度 シングルマザーで一定収入以下の場合には、貰える手当があります。 でも、あくまで手当は応急処置。 子供を一人で育てるには経済的に自分一人で生活費も学費も賄いながら、貯金を出来る体制を作らなくてはいけません。 ですので、あなたがやるべきことは、まず公的なサポートでいくらもらえるのかを把握し、支給対象に該当する場合には、 必ず申請をすること。 そして、手当を受けられる場合には、手当を受けながら、 一日も早く安定した収入のある仕事に就くことを目指しましょう。 役所は納めるものは請求してきますが、申請すればもらえるお金については親切に向こうからは教えてくれませんので、もらえるものは漏れなくもらうよう、確認していきましょう。 参考: 児童手当 これはシングルマザー(母子家庭、父子家庭)に関わらず、15歳までの子供がいる家庭すべてに支給されるもの。 出生届を出していれば、申請しなくてももらえるお金です。 ただし、離婚後に扶養者が父親から母親に変わった場合には、振込先の口座の変更、扶養者の変更などを手続しなくてはいけませんので、必ず離婚時に役所で詳細を確認しましょう。 参考: 児童扶養手当 一定所得に満たないひとり親を対象に、18歳になってはじめての3月まで、ひと月42500円を上限に支給されます。 児童扶養手当がもらえる収入制限の一覧は以下の表の通り。 (厚生労働省ホームページより引用) たとえば、一人の子供を養っている場合、(控除額を引いた)所得で年間87万円に満たないシングルの親に対しては上限の満額が支給され、収入が増えるごとに段階的に支給額が減っていきます。 参考: 就学援助制度 小学生、中学生を養育しているひとり親、経済的に困難な親を対象に、 学校教育にかかる費用をお住いの自治体が一部負担してくれるというもの。 条件を満たしている場合には、申請をすると、学用品、入学準備金、修学旅行費、給食費、クラブ費などを補填してもらえます。 必ず申請が必要なので、時期や条件などを役所に問合せしてみましょう。 参考: その他の助成制度 児童扶養手当を受けられるシングルマザー(母子家庭、父子家庭)の場合には、以下の助成も受けられます。 医療費助成 これも児童扶養手当をもらえるひとり親に対して、 医療費を全額負担してくれるというもの。 子供が18歳になるまでずっと親の医療費が無料になるということです。 交通費の一部負担 一世帯につき一名(子供が小さいうちは親)について、住んでいる自治体内のバス、電車の利用運賃分が無料になることがあります。 水道代金の補助 上下水道の基本料金が免除になることがあります。 粗大ごみの処理手数料の減免 一年に3回までなど、粗大ごみを出すときに支払う手数料が無料になることがあります。 この他に、保育料、私立の幼稚園に通う際に支給される私学助成金についても低所得でひとり親ということで、ひとり親でない世帯よりも優遇してもらえます。 児童手当以外は自分から自治体に申請をしなくては手当を受けることが出来ないので、必ず申請条件に該当する場合には申請をしましょう。 参考: シングルマザーが生活費を稼ぐ シングルマザーが子供と幸せに生きるためには、手当を受けながらでも、 必要なだけ生活費を稼ぐ準備をしていきましょう。 そして、長期的にしっかりお金を稼ぐ方法としておすすめなのが、 資格を取る、正社員を目指す、在宅ワークをするという3つの方法。 その中でも、時間的場所的、経済的にもメリットがある方法として、在宅ワークは特におすすめです。 参考: 在宅ワークをおすすめする理由 一人で収入を得ながら子育てをしなくてはいけないシングルマザーにとって、• 子供を定時までにお迎えにいかなくてはいけない• 子供との時間を大切にしたい• 必要なだけ収入を得たい といったすべての望みをかなえるのは正直難しいというのが現実。 それが、私自身取り組んでいる在宅ワークで生計を立てることが出来れば、 これらの希望をすべて満たすことが出来ます。 保育園に子供を迎えに行く時間のために、仕事を制限して収入を上げられないという悩まなくて済みますし、 自分や子供との時間も今より多くとることが出きます。 シングルマザーが仕事として在宅ワークがおすすめな理由としては、• 在宅で仕事ができる• 出社する必要がない• 時間的な拘束がない• 人間関係の悩みがほぼない といったものがあります。 職種によって、稼げる金額はまったく変わってきますが、月に5万円程度のクラウドソーシングの仕事から、本格的にビジネスをして月に20万、50万、100万、200万という金額を目指せるものもあります。 参考: 在宅起業のメリット 在宅で稼げるといっても、子供を育てながら生活費をまかない、将来のための学費や老後の資金も積み立てをしなくてはいけないとなると、月に10万、20万という金額ではこころもとないですよね。 そこで、月に30万、でも50万でも100万でも稼いでいきたい、というあなたには、 在宅で起業してビジネス収入を得ることも出来ます。 在宅起業するメリットとしては、• 初期費用がほとんどかからない• かなりローリスクで稼げる• 完全在宅で出来る• 時間的な制約がない• 上限なく収入アップを目指せる ということ。 しかも私も今でもパソコンスキルはさほど高い方ではありませんし、 特別なパソコンスキルがなくても、ビジネス未経験でも全く支障なく始められます。 子供との時間を大切にしながら収入を得て、子供と気持ちにも余裕を持った毎日を送れる起業という選択。 楽して稼げる甘いものではないですが、正しい方法で正しい方向に努力をすれば、まっとうに成果が出て幸せな毎日を送ることができますので、あなたの人生をより幸せにするために、在宅で起業してビジネス収入を得るという道も検討してみてください。 参考: まとめ シングルマザーの生活費は、子供が一人で小さいうちは、おおよそ20万円あれば生活は回りますが、 成長に伴って、生活費がもっとかかるようになります。 学費もかさんでくる中学生までには、安定した収入源を作り、しっかり貯金をしていきましょう。 長期的に役立つスキルを習得できる仕事ができるよう、 資格をとる、正社員として働く、起業してビジネス収入を得るなど、 自分にあった働き方、理想のライフスタイルを実現していきましょう。

次の

シングルマザーの生活費は最低いくら必要?母子家庭の収入や公的支援も紹介!

シングル マザー 収入

シングルマザーが賃貸住宅を借りて、子どもと生活にするにはどのくらいの収入が必要なのでしょうか?? 今回は、シングルマザーの平均的な家賃や家計に占める割合を確認しながら、住宅支援などのシングルマザーが頼れる支援制度についてもご紹介します。 シングルマザーの平均賃料 平成23年における厚生労働省の資料によると、母子家庭の住居状況は、借家などに住んでいる世帯が全体の70%と大部分を占めています。 借家などに住んでいる世帯のうち、公営住宅や公団住宅はあわせて約20%、借家は32. 6%の割合を示しています。 では、平均的な家賃はいくらなのでしょうか? 収入との関係もあわせてみていきましょう。 不動産情報会社の調査によると、シングルマザーの家賃平均は5. 2万円(首都圏では7. 0万円)となっています。 適正とされる収入における家賃の割合は? 収入における適正な家賃の割合は、以前は月収の3分の1と言われていましたが、現在は月収の20%とされています。 厚労省の資料によると、シングルマザーの平均年収は223万円です。 月収に換算すると18. 5万円、適正家賃は3. 7万円ということになります。 今回の調査結果、5. 2万円は適正とされる割合よりも高くなります。 athome. mhlw. 特に「家賃が家計の負担になっている」と感じている方は、是非チェックしてください。 住宅助成(住宅補助)制度 下記すべてに当てはまる場合は、住宅助成(住宅補助)制度を利用できる可能性があります。 お住まいの自治体で確認してください。 ひとり親家庭であり、18歳未満(または20歳未満)の児童を養育していること• 民間の賃貸住宅に実際に住んでおり、住民票の住所と同じであること• 助成を申請する自治体に6ヶ月以上(または1年以上)住んでいること• 所得が一定額以下であること• 東京都東久留米市 月額3,500円• 千葉県君津市 1万円を超えた額に対し、上限5,000円• 千葉県浦安市 1万円を超えた額に対し、上限15,000円• また、一般向けの抽選会においても、シングルマザーの当選確率が高くなるように配慮している自治体もあります。 住宅あっせん 東京都中央区など、一定の条件を満たすひとり親世帯に民間賃貸住宅のあっせんを行っている自治体もあります。 ひとり親住宅 東京都中央区など、ひとり親世帯住宅を提供している自治体もあります。 1年以上居住していること、18歳未満の児童を扶養しているなど申込条件は自治体によって異なりますが、空き家が発生した場合に募集を行うケースが多いようです。 母子父子寡婦福祉資金貸付金 母子父子寡婦福祉資金貸付金制度は、ひとり親で20歳未満の子どもを扶養している人や、寡婦に対して資金の貸し付けを行うものです。 子どもの教育、父母が就職するための技能修得、住居の移転や改築などの目的でお金を借りることができます。 「母子父子寡婦祉資金貸付金」の貸付可能金額は自治体によって異なります。 詳細に関しては、お住まいの保健福祉事務所で確認してください。 住宅確保給付金 2015年から生活困窮者自立支援制度を利用して「住宅確保給付金の支給」も利用できるようになりました。 対象者は「生活保護に至る可能性はあるけれども自立が見込まれる人」とされていますが、他にもさまざまな条件あります。 詳細はお住まいの自治体窓口で確認してください。 mhlw. html シングルマザーが賃貸契約をする時の注意点 新しく物件を借りる際には、毎月支払う家賃の他にも、初期費用としてある程度まとまったお金も必要になります。 また、賃貸契約するには収入審査や保証人も必要な場合があることを忘れないようにしましょう。 賃貸物件を借りる際に必要な初期費用 住まいを借りる際に必要な初期費用の中で、一番大きな金額になるのが「敷金」「礼金」です。 敷金は家賃滞納や物件の破損時のための保証金のようなもので退去時に差し引かれたものが返ってきます。 礼金は貸主に対してお礼として支払うもので退去する際に返金されません。 家賃は月初めもしくは、前月末までに支払う場合がほとんどです。 一般的には、入居時には翌月1ヶ月分の家賃と入居する月の日割り額をあわせた金額に加え、敷金や礼金、保証金なども払うことになります。 また、火災保険や損害保険の加入が義務付けられている場合が多く、鍵の交換費用、不動産会社への「仲介手数料」も考慮に入れておく必要があります。 前述の初期費用の合計額は、家賃の5〜6ヶ月分が相場のようです。 支払い能力(収入) 入居審査では「支払い能力」もチェックされます。 この場合• 家賃5万円:月収15万円、年収180万円以上• 家賃7万円:月収21万円、年収252万円以上• 家賃10万円:月収30万円、年収360万円以上 が目安になります。 家賃の低い物件で探しなおさなくてはならないこともあると思いますが、審査では人柄もチェックされます。 また、不動産会社には親身になって対応してくれる担当者もいます。 「信頼できそう」と思ったら相談しましょう。 なお、契約者名を親族にするという方法もあるようです。 連帯保証人 物件を借りる場合は、連帯保証人が必要となることが一般的です。 通常は親、祖父母、兄弟を連帯保証人として立てることが多く、友人や上司を連帯保証人に立てた場合は、家主や不動産会社から断わられてしまうこともあるようです。 また、両親や祖父母に支払い能力が認められない場合も審査に通らないことがあります。 連帯保証人が立てられない場合の対処法 連帯保証人が立てられない場合に使用できる方法は、主に以下の二つがあります。 家賃をクレジットカードで支払う• 保証人代行会社を利用する 連帯保証人がどうしても立てられない場合は、家賃をクレジットカード払いにするという方法があります。 この場合は連帯保証人は不要です。 このシステムを導入している不動産会社を探してみましょう。 また、保証人代行会社を利用できる物件も増えているようです。 一定の保証料を支払うことで、連帯保証人を立てる必要がなくパート勤務や就職活動中であっても物件を借りることができます。 ただし、不動産会社や貸主によって保証人代行会社の利用可否は異なります。 きちんとチェックしましょう。 ひとり親支援相談窓口 住居に関することで困りごとがある場合は、お住まいの自治体の「ひとり親支援相談窓口」へ相談してみましょう。 困っているのが収入なのか、保証人のことなのか、引っ越しや初期費用が用意できないのかなど、内容に適したアドバイスを受けることができます。 また、必要に応じて相談内容に詳しい適切な窓口を紹介してもらえます。 役立つ情報を見逃さないためにも、自治体のひとり親支援相談窓口はぜひ活用しましょう。 引っ越し先を決める時の注意事項 シングルマザーが引っ越し先を決める時、まず考えなければならないことは何でしょうか? 子どもの進学、勤務先、自治体のひとり親支援制度や子育て支援制度などを考慮して、最適な住居を見つけましょう。 子どもの通学 公立の学校には校区が存在します。 引っ越し先のエリアがどの校区にあたるのか、将来にわたって通学がしやすいかなどを考えて引っ越し先を決めるとよいでしょう。 また、転校が伴う場合は、引越し時期についても考慮する必要があります。 最近は、3学期制だけではなく、2学期制の学校も増えているため、注意してください。 通勤のしやすさ 職場に毎日通うのが苦痛となってしまうと仕事に行くことがつらくなってしまいます。 なるべく負担なく通勤できるエリアがよいでしょう。 交通の利便性や自転車の利用、子どもの学校との距離などから考えてみてください。 自治体の支援制度 首都圏や地方都市ではひとり親家庭への支援が手厚いところもあります。 自治体の支援内容も考慮に入れるとよいでしょう。 引っ越しの費用 引っ越し費用は、時期や間取り、移動距離、家族の人数などによって大幅に変動します。 以下に、注意すべき点を挙げてみます。 引っ越す時期• 移動距離• 荷物の多さ• 引っ越し業者による差 引っ越し費用が高い時期は3〜4月の繁忙期で、通常の1. 5倍近く値段がはね上がります。 可能ならば3〜4月は避けた方がいいでしょう。 また、距離や家族の人数、荷物の量によっても、数万円単位で費用に差が出てきます。 業者によっても金額に差があるため、数社から見積もりをとるようにしましょう。 荷物は少ない方が安くなります。 冷蔵庫や洗濯機、家具など引っ越しを機に買い換えるものがあれば、引っ越し先で揃えるようにしましょう。 家電や家具は、購入したお店が搬送や設置を無料で行ってくれるサービスなどを利用するとお得です。 まとめ 今回ご紹介したシングルマザーの平均賃料やシングルマザーが頼れる支援制度、賃貸契約を行う際の注意点などを参考に、自治体の制度なども活用して、住まいの不安を少なくしていただければと思います。 「この記事が参考になった!」という方は、シェアしていただければ嬉しいです。

次の

【シングルマザー】自立して収入を上げる!年収600万までの道は案外近い

シングル マザー 収入

シングルマザーの生活費:離婚したら自分と子供でどれくらい生活費がかかる? 離婚すると家族構成が変わるので、毎月かかる生活費も変わってきます。 シングルマザーになる前に、自分と子供の生活でどれくらいのお金がかかるのかを計算しておきましょう。 母子家庭で1か月に必要なお金の内訳 母子家庭でかかる生活費について、何がどれくらいかかるのかを費目別に見てみます。 住居費• 光熱費• 日用品費・雑費• 教育費• 通信費• その他 住居費 離婚後、実家に帰るようなケースを除き、住居費が発生します。 シングルマザーの中には住宅ローンを払う人もいますが、賃貸住宅を借りて家賃を払うケースが大部分でしょう。 家賃は、住む地域や間取りによってかなり幅がありますが、 平均的で5~8万円程度といったところです。 公営住宅(市営住宅・県営住宅など)に入ると、2~3万円で抑えられることもあります。 なお、自治体によっては、母子世帯向けの家賃補助制度が設けられているところもあります。 家賃補助などシングルマザーが受けられる補助制度については、以下の記事をご参照ください。 光熱費 光熱費は地域や住宅事情によっても変わりますが、季節によっても変動があります。 平均すると、 電気、ガス、水道合わせて月1万5000円~2万円程度はかかるでしょう。 食費 食費は、子供の人数や年齢によって差が出ます。 幼い子供1人なら月3万円程度でも何とかなるかもしれませんが、 育ち盛りの子供2人いれば 月4~5万程度にはなります。 日用品費・雑費 洗剤やトイレットペーパーなどの消耗品のほか、日常生活に必要な雑貨類も買わなければなりません。 日用品費や雑費で月5000円~1万円程度はかかります。 教育費 給食費や授業料など学校に払う費用、習い事や塾費用などがかかります。 公立の小・中学校の場合、自治体の就学援助が利用できるケースが多く、学校に払う費用は軽減されます。 高校受験のために塾に通わせるとなると、 塾費用として月1~2万円以上はかかるでしょう。 高校、大学と進学すると、さらに負担が大きくなります。 通信費 固定電話やインターネット、携帯電話、NHKなどの料金も払わなければなりません。 今は子供も携帯を持っているので、 トータルすれば1万5000円~2万円くらい にはなります。 その他 被服費、美容院代、化粧品代、レジャー費などにも、全くお金をかけないわけにはいかないでしょう。 医療費については自治体の医療費助成制度があるため、それほどかかりません。 パートやアルバイト、フリーランスなどで社会保険に加入できない人は、自分で国民健康保険料・国民年金保険料を払わなければならないので、その分の負担が大きくなります。 母子家庭で1か月にかかる金額の合計 母子家庭で1か月に必要な生活費は、 少なく見積もった場合には12~13万円くらいです。 しかし、最初は少なめの生活費で何とかなっても、子供の年齢が上がるにつれてかかる金額は大きくなってきます。 そのほかに想定外の出費が発生することもあるでしょう。 急に何かあったときのために、最低限の貯蓄もしておかなければなりません。 将来かかる進学費用なども貯金して準備しておいた方が安心です。 貯金に回す額も考慮すると、 生活費として少なくとも月20万程度は確保する必要があります。 シングルマザーが必要な貯金額、収入については、以下の記事をご参照ください。 母子家庭のシングルマザーの平均的な収入はどれくらい? シングルマザーも生活費として毎月20万円程度は必要なことがわかりました。 では、シングルマザーの収入は、実際にはどの程度なのでしょうか?厚生労働省が行った調査結果を見てみましょう。 シングルマザーの平均年収は243万円 厚生労働省の「平成28年度全国ひとり親世帯等調査」によると、ひとり親世帯のうち 母子世帯の平均年間収入は243万円となっています。 なお、ここでいう年間収入には、 養育費、児童扶養手当、生活保護費、親からの仕送りなども含まれます。 出典: シングルマザー自身の労働による年収は平均200万円 母子世帯の母の平均年間就労収入は200万円となっています。 ちなみに、父子世帯の父の平均年間就労収入は398万円なので、シングルマザーが働いて得られる年収はシングルファーザーのほぼ半分ということです。 シングルマザーの約半数は非正規雇用 働いているシングルマザーのうち、正規の職員・従業員である人は44. 2%、自営業の人は3. 4%、パート・アルバイト等の人は43. 8%です。 約半数は非正規雇用と考えられるので、年収が少ないのもやむを得ないと言えます。 実家暮らしでも「児童のいる世帯」の年収の約半分 同居親族の収入を含めたシングルマザーの平均年間収入は348万円となっています。 同居親族がいるシングルマザーのほとんどは、実家暮らしと考えられます。 ちなみに、厚生労働省の「平成28年度国民生活基礎調査」によると、児童のいる世帯の平均年間所得は707. 6万円です。 実家暮らしのシングルマザーでも、 子供のいる標準的な世帯の約半分の年収しかないことがわかります。 シングルマザーの月収の内訳 上記の調査結果から、 シングルマザーの月収は約20万円、うち働いて得られる収入は約16万円と考えられます。 シングルマザーの標準的な月収の内訳は、給料が16万円程度、養育費や手当が4万円程度ということです。 養育費をもらっていても、生活していくにはギリギリの収入です。 養育費が途絶えるようなことがあれば、直ちに生活が困窮することにもなってしまうでしょう。 シングルマザーの貧困は社会問題にもなっています。 離婚する前に、生活費を確保する手段については十分考えておきましょう。 シングルマザーの貧困問題については、以下の記事をご参照ください。 養育費の取り決めをして確実に受け取れるようにする シングルマザーは、離婚しても元夫に養育費を請求できます。 養育費をもらえば毎月の収入を増やせます。 「平成28年度全国ひとり親世帯等調査」によると、養育費を「現在も受けている」と答えたシングルマザーは24. 3%となっており、 4人に1人しか養育費を受け取っていません。 養育費は離婚時に取り決めしていなくても請求できます。 家庭裁判所に養育費請求調停を申し立てることも可能なので、あきらめないで請求しましょう。 勤労収入を増やす 自分で働いて得られる収入を増やすことも大事です。 パートやアルバイトの場合には、正規雇用で働けないかを考えてみましょう。 手取りが減っても正社員の方がいい? 「社会保険料などで手取りが減るよりも、バイトをかけもちした方がいい」という人もいますが、正規雇用なら急に解雇になるようなリスクもなく、長く安定して働けます。 また、 社会保険に加入できれば、病気やケガで長期間仕事を休んでも傷病手当金が出ます。 こうした制度があることが、1人で子供を育てるシングルマザーにとって大きな安心感になります。 収入が増えて手当をもらえなくなったら困る? 年収が増えると児童扶養手当の金額は減ってしまい、ゼロになることもあります。 ですが、手当をもらうために収入調整をするのはあまりおすすめではありません。 児童扶養手当は子供が18歳までしかもらえないので、いずれはなくなります。 手当が出なくなってから給料の良い仕事を探そうとしても、年齢的に難しくなってしまうことがあります。 手当に頼らなくてもすむよう、早いうちに自分で稼げる手段を確保しておきましょう。 シングルマザーが生活費を上手にやりくりするコツは? 収入を増やしながら生活費を節約することで、生活に余裕が生まれます。 シングルマザーが生活費をやりくりするコツをご紹介します。 献立はシンプルに かかる生活費を抑えるために、節約を心がけることが大切です。 生活費の中で節約しやすいのが食費ですが、食費を節約するポイントは安い食材ばかりを買うことではなく、献立をシンプルにすることです。 毎日の献立をごはんとお味噌汁を基本に考えましょう。 ごはんは、まとめて炊いてから小分けして冷凍庫に保存しておくと便利です。 ごはんの友として漬物や常備菜も用意しておきましょう。 お味噌汁に旬の野菜を使えば、食材費も安く抑えられ、バランスのとれた食事ができます。 もう一品おかずを用意するなら、焼くだけの魚やお惣菜を活用すれば手間もかかりません。 家計簿をつけてお金を管理 お金の不安のほとんどは、お金が足りないのではなく、お金の管理ができていないことから生じます。 今月いくら入ってきていくら出て行くのか、今手元にいくらあるのか、こうしたことが常に目に見える形になっていれば、上手にやりくりして乗り切ることができます。 お金の管理をきちんとするためには、家計簿をつけることが必須です。 家計簿アプリを利用すれば、面倒な計算も不要で手軽に家計簿がつけられます。 自分の使いやすいものを探して試してみましょう。 母子家庭のシングルマザーに必要な生活費に関するまとめ シングルマザーになるなら、生活費を確保するために自分で働いて安定した収入を得ることを目指しましょう。 元夫と養育費の取り決めをしておくことも大事です。 生活費については、平均的な金額を基準に考えるのではなく、自分の家庭でどれだけ必要なのかを基準にするべきです。 支出を正確に把握するためにも家計簿をつけるようにしましょう。 お金について勉強しよう! 女性のためのマネーセミナー「スクロールマネーセミナー」はプロのファイナンシャルプランナーが無料でお金の基礎知識から増やし方や資産運用まで丁寧に教えてくれますので、貯金ができない方や経済力を養いたい方にはおすすめです。 以下の動画でセミナー風景や参加者の声が聞けますので気になる方はチェックしてみてください。

次の