テルミドール の クーデター。 Vol.7 フランス革命④~テルミドールのクーデター|tkの歴史部屋|note

ブリュメール18日のクーデタ

テルミドール の クーデター

@ちなみに、グレゴリオ暦は、日本では明治5年(1872年)に採用され、明治5年12月2日の翌日を明治6年1月1日(グレゴリオ暦の1873年1月1日)とした。 また、ロシア正教のロシアではカソリック教の暦は嫌われ、ロシア革命後の1918年2月14日にグレゴリオ暦が導入されたみたいですが、その後も二転三転あってややこしい。 このクーデターの起こった1794年7月27日(テルミドール9日)は、フランス革命政府がつくった革命暦の11番目の月(7月~8月にまたがる)にあたる。 テルミドール〈フランス〉「thermidor」は「熱月」の意らしい。 11番目とは。 フランス革命暦ではフランス共和紀元は、フランス革命により王政が廃止された翌日のグレゴリオ暦1792年9月22日(秋分)の日を共和暦元年元日としている。 「市民よ、武器をとれ!」と、ジャーナリストで編集者でもあった青年弁護士カミュ・デムーランのアジテートに煽動され堰を切ったように、その後7月14日のバスチューユ襲撃へと市民革命暴動が始まったわけですが、その数年後1794年、カミュ・デムーランは裁判よって、クーデターより先立って4月5日に処刑されている。 驚くことに、一旦罷免された財務長官ネッケルですが、7月16日、バスティーユ襲撃を受けて再び財務長官に就任している。。 ロベスピエールらが逃げ込んだパリ市庁舎 2012. 7 撮影 約220年前の1794年7月27日(テルミドール9日) テルミドールのクーデターのパリ市庁舎前様子 偶然だけどアングルが似ているのでリアルに感じます。。 Wikiより引用 革命というのは、やっぱり大変なことになっていたのですね! @次々と革命政府の公安委員会らによって、つぎつぎとギロチンにかけ粛清し恐怖政治を行っていた急進的なジャこパン派ですが、その首班ロベスピエールは元祖テロリストといわれている。 ですが、この流れって、ロシア革命と似ているんじゃないでしょうか!?と思うのですが。 フランス革命ではブルボン王朝、ロシア革命ではロマノフ王朝が打倒され王や皇帝一家は処刑されてしまう。 絶対王政崩壊というのは、ホントに一般市民にとってはありがたい話ですが、何かそれを仕掛けていた人たちがいて、ロベスピエールら彼らこそうまく煽動され使い捨てにされたような気もする。 万国共通でないと不都合ですし。 一日も、10時間~! フランス革命時に使用された十時間時計。 この暦法では、1年は365日で、革命政府が指定した年が別に閏年となった。 1年は12か月、すべての月は30日で、あまった5日(閏年は6日)は年の終わりに置いて休日とした。 週・旬とも訳す)に分け、従来の週 semaine と七曜を廃止した。 さらに混乱を生じたのは、年数を共和制宣言の行われた1792年9月22日から数え、さらに年初もこの日(グレゴリオ暦で9月22日に相当する日)にしたことである。 革命暦が失敗に終わった理由として必ず挙げられることに、暦だけでなく時間の単位も変更したことがある。 フランス革命暦では、1週は10日、1日は10時間、1時間は100分、1分は100秒とすべて十進法が使われた(十進化時間)。 合理性を追求したためだがこれまでの生活習慣と大きく異なるものであった(同時期に考案されたメートル法は十進法を採用しているものの、正式な単位として普及した)。 時計に至ってはあまりにも性急に導入されたために一部を除いて普及することはなかった(ブレゲらによる十時間時計が残されている)。 この暦は七曜に慣れた国民の間では不評であったため、1802年3月31日より七曜が復活した。 さらにナポレオンが皇帝となった2年後、共和暦14年雪月10日の翌日を1806年1月1日として革命暦は廃止され、元のグレゴリオ暦に戻った。 これにはカトリック教会との和解という目的もあった。 原則として十進法を用いていて、各月を平等としたのが特徴。 フランス革命暦を用いた紀年法をフランス共和紀元といい、これは遡ってフランス革命により王政が廃止された翌日のグレゴリオ暦1792年9月22日(秋分)の日を共和暦元年元日とし、これに基づいて加算する紀年法である。 暦が採用された日はグレゴリオ暦で1793年11月24日だが、これは革命暦では共和暦2年フリメール4日と表記された[1]。 革命暦(共和暦)は後述の問題点により、グレゴリオ暦で1805年12月31日までの12年間余りしか使用されずに廃止された。 1871年のパリ・コミューンではごく短期間復活している。 年数の方は第一共和政および第一帝政の期間で使用された。 フランス革命暦の各月には、詩人ファーブル・デグランティーヌ(英語版)[2]によって創案された文学的な月名が付けられている。 [秋] Brumaire ブリュメール(霧月):10月22,23,24日~ 3. [秋] Frimaire フリメール(霜月):11月21,22,23日~ 4. [春] Germinal ジェルミナル(芽月):3月20,21日~ 8. [春] Prairial プレリアル(牧草月):5月20,21日~ 10. [夏] Messidor メスィドール(収穫月):6月19,20日~ 11. [夏] Thermidor テルミドール(熱月):7月19,20日~ 12. [夏] Fructidor フリュクティドール(果実月):8月18,19日~ 末尾は、該当月1日のグレゴリオ暦でのおおよその日付を示している。 葡萄月1日は、グレゴリオ暦では9月22日か23日か24日にあたる。 フランス革命暦では、すべての日付に名がついていた。 各日につけられた名称は、五曜日は家畜、十曜日は農機具、そのほかの曜日は植物の名にちなむ。 Raisin(ブドウ) 2. Safran(サフラン) 3. Colchique(イヌサフラン) 5. Cheval(ウマ) 6. Balsamine(ツリフネソウ) 7. Carotte(ニンジン) 8. Amaranthe(アマランサス) 9. Panais(パースニップ) 10. Cuve(桶) 11. Pomme de terre(ジャガイモ) 12. Immortelle(ムギワラギク) 13. Potiron(バタースカッシュ) 14. Belle de nuit(オシロイバナ) 17. Citrouille(カボチャ) 18. Sarrasin(ソバ) 19. Tournesol(ヒマワリ) 20. Pressoir(ワインプレス) 21. Chanvre(アサ) 22. Navet(カブ) 24. Amarillis(アマリリス) 25. Aubergine(ナス) 27. Piment(唐辛子) 28. Tomate(トマト) 29. Orge(オオムギ) 30. Tonneau(ワイン樽).

次の

Vol.7 フランス革命④~テルミドールのクーデター|tkの歴史部屋|note

テルミドール の クーデター

恐怖政治 恐怖政治というのは逮捕や投獄、殺害などの過激な手段によって反対者を弾圧する政治のことを指します。 暗黒政治と言われることもあり、国民に恐怖心を持たせ、強引に自分の権力を維持する政治全般のことを指すのです。 8月10日事件によって王権が停止され、王政は共和政に変わりました。 それによってジャコバン派が台頭し、ロベスピエールが力を持つようになっていたのです。 特に1794年、ジャコバンはがフランスの洗顔などを納めますが、その後国民たちは恐怖政治に嫌悪感を持つようになりました。 1794年春、ダントンらが処刑されたことを受け、ロベスピエール率いるジャコバン派に対し、反発が大きくなっていくのです。 1794年7月26日はテルミドール8日とも呼ばれており、この日はのロベスピエールが「粛清されなければいけない議員がいる」という演説をした日でした。 誰のことかわからないため人々は震え上がりましたが、ロベスピエールに対する反発はこれで決定的なものとなってしまったのです。 テルミドール9日の始まり 翌日7月27日、ロベスピエールは国民公開に臨みました。 しかし彼は発言することができず、その日の午後、ロベスピエールらの逮捕が決まったのです。 7月28日、ロベスピエールらに死刑判決が下り、その日の午後彼らはギロチンに出処刑されました。 その日には22人が革命広場で処刑され、翌日には70人、その次の日には12人が処刑されたと考えられています。 これによって恐怖政治が集結しました。 つまり、テルミドール派の働きによって恐怖政治が終わったのです。 まとめ いかがでしょうか。 フランス革命はルイ16世とマリーアントワネットが処刑されて終わったものではありません。 この後も政治的には様々な考え方が出現し、分裂が起こっていきます。 テルミドール派はジャコバン派の恐怖政治を終わらせたという役割を持っているのです。

次の

【完結版】フランス革命をわかりやすく説明※革命前夜から終焉までスッキリ解説!

テルミドール の クーデター

、の過程で独裁権力を握っていたのが、穏健共和派などによって倒されたクーデタ。 「テルミドール9日の反動」ともいう。 テルミドール9日は革命暦の熱月で、7月27日にあたる。 クーデタとは、正常な手続きによらずに、武力の行使などを伴って行われた政権の交替をいう。 その日、の開会中、「暴君を倒せ!」の叫び声と共にロベスピエール逮捕の採決がなされ、多数で可決された。 弟や サン=ジュストらと共にその場で逮捕され、一瞬自殺を試みたようだが失敗し、28日革命広場(現コンコルド広場)でギロチンにかけられた。 ロベスピエール独裁の行き詰まり 彼は国土が解放され、勝利を占めた後には恐怖政治など必要なかった事を理解できなかった。 また彼の政策は時間がたたないと効果が現れないもの(封建制度の無償廃止)だったので大衆的支持を集められず、農民は土地所有者となるにつれて保守化し、で農産物価格が抑えられていることに不満を持つようになった。 らの下層市民は最高賃金法に激しい怒りを覚えていた。 また6月の「」の強行も独裁者ロベスピエールという印象を強め、国民公会も独裁者排除に急速に動くこととなった。

次の