もち米 レシピ。 もち米から作る桜餅

もち米で簡単!おはぎ・ぼたもちの作り方【レシピ付き】

もち米 レシピ

まずは計量です。 もち米は正確に計量してください。 乾いた手でおこなうのがポイントです。 1.洗米 洗米は計4回で、1分程度で終わらせましょう。 手早く洗米すると、お米がとぎ汁を吸ってヌカ臭くなるのを防ぎます。 2.水の量、漬け方 浸漬は不要です。 もち米は浸漬せずに炊きます。 もち米は吸水率がいいので、浸漬すると炊くときに炊き水がない状態になってしまいます。 3.炊飯 お米をならして、できるだけ平らにしてからスイッチを入れてください。 4.ほぐし 蒸らしが終わったらすぐにほぐしましょう!! 釜の周りからごはんをはがすように、しゃもじを1周させます。 そして、十文字に4等分し、釜底からまんべんなく空気を入れるようにほぐします。 余分な水分をとばすことで、透明感と光沢のあるごはんになりますよ。

次の

もち米から作る桜餅

もち米 レシピ

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。

次の

炊飯器で手間いらず!もち米の作り方と人気レシピ13選

もち米 レシピ

「おはぎ」と「ぼたもち」どちらが好きですか? お彼岸に供えられる「おはぎ」と「ぼたもち」は、一体なにがどう違うのでしょうか? 諸説いろいろありますが・・・• 秋のお彼岸が「おはぎ」で、春のお彼岸が「ぼたもち」• 粒あんが「おはぎ」で、こしあんが「ぼたもち」• うるち米が「おはぎ」でもち米が「ぼたもち」• 小さいのが「おはぎ」で大きいのが「ぼたもち」• きな粉が「おはぎ」で、小豆が「ぼたもち」 「ぼたもち」は、牡丹の季節、春のお彼岸に食べるもののことで、あずきの粒をその季節に咲く牡丹に見立てたもの。 「おはぎ」は、その昔、萩の花とも萩の餅とも言われていたものが「おはぎ」と呼ばれるようになりました。 小豆の粒あんで包んだ表面に、小豆の皮の部分が散っている様子が小さな萩の花が咲いているように見えるということから名付けられたそうです。 春には「ぼたもち」、秋には「おはぎ」という説もありますが、根拠ははっきりとしていません。 最近では、小豆の粒あん、こしあんに限らず、きな粉、ごま、青のりなどをまぶしたものなど、多様な「おはぎ」がありますね。 結局、おはぎもぼたもちも同じということですね! おはぎ・ぼたもちのレシピ もち米は吸水率が高いので水加減に気をつけましょう。 簡単にできるおはぎ・ぼたもちの作り方をご紹介します。 炊飯器の目盛りより3mmほど少なく水を加え、2時間ほど浸水して炊く。 (すり鉢がなければボウルを使用)• 水で手を濡らし16個に丸める。 (3)の回りにあんをまぶす。 忙しい朝でも食べやすいおにぎり 忙しい朝でも簡単に食べられる「ネギ味噌マヨの香ばしおにぎり」をご紹介します。 お米の他にもち米を入れてもいつも通り炊くことが出来ます。 ねぎは、みじん切りにする。 ツナはしっかり油をきる。 (1)と味噌、マヨネーズ、しょうゆを合わせてよく混ぜる。 ごはんは4等分し、丸く握って軽くつぶし、表面に(2)を塗り広げる。 白ゴマをちらしトースターで4~5分焼く。 出典: <ポイント> ごはんを3合炊くときに、うるち米2. 5合ともち米0. 5合にしても水加減も必要なく、もちもちなご飯を炊くことができます。

次の