ルート コーズ。 GMP・英雄度・資源稼ぎ

Episode27 ルートコーズ

ルート コーズ

ミッション内容 マザーベースで発生した伝染病(エピデミック)に関する情報を掴んだ諜報班スタッフを救出せよ。 クンゲンガ採掘場 西監視所の黄色の小屋に入るとイベント発生。 諜報班スタッフは脱出していることが判明する。 一定時間経過するとすると諜報班スタッフが自力で車輌を運転し脱出を試みる。 諜報班スタッフが車輌で脱出後、しばらくすると事故を起こし、敵兵士が捜索を開始する。 敵兵士が諜報班スタッフを発見して一定時間経過すると、諜報班スタッフは始末されてしまうので、 それまでに敵兵士を無力化、諜報班スタッフの回収が必要。 諜報班スタッフを、事故を起こさせずに回収 スタート地点からクンゲンガ採掘場 西監視所に停車しているトラック付近まで移動、 諜報班スタッフと合流し回収すればクリア。 諜報班スタッフと共に、陸路でホットゾーンを離脱 諜報班スタッフと合流後、車輌に載せるか背負った状態でホットゾーンから離脱するとクリア。 北側へ走り抜けてホットゾーンを脱出する方法がお勧め。 報酬一覧.

次の

ルートとは

ルート コーズ

経緯 [ ] ノリエガ独裁体制 [ ] 1983年以来、最高司令官()は、パナマにおける事実上の最高権力者となっていた。 しかしノリエガ体制のパナマは、非民主的なが原因での中でも孤立していただけでなく、中南米におけるルートの温床となっているとされていた。 ノリエガは、下のから(CIA)のために働いていたことも明らかになっている。 ノリエガはブッシュ大統領がCIA長官時代にその手先となり、の政権やの政権など、中南米やのの攪乱に協力していた。 アメリカの麻薬対策にも協力していると考えられており、1978年から1987年まではアメリカの(DEA)から毎年感謝状が贈られていた。 麻薬戦争と反ノリエガ運動 [ ] ところが1986年に税関主導によって行われた「Cチェイス作戦」により、ノリエガがアメリカへの麻薬の輸出ならびにに関与しているという疑いが浮上してきた。 さらに1987年6月には1981年の大統領にノリエガが関与したという疑惑が持ち上がり、反ノリエガ派がノリエガ排除に動き出すという事態となった。 1988年2月には ()パナマ大統領はアメリカの支援を受けてノリエガ解任を発表したが、かえってノリエガ派の国会議員によって解任され、教育相が大統領代行となった。 これをうけて3月にはクーデター未遂事件が発生している。 また3月にはのがノリエガをし 、大統領は「パナマにが建設されるまでは制裁を続ける」とし、パナマの在米と使用料支払い停止を発表した。 パナマはこれに対抗してすべての在パナマ外国資産凍結を発表したが、これにより脆弱なパナマのシステムは大混乱に陥り、産業稼働率が40パーセントに落ち込んだ。 アメリカは裏面でノリエガの引退によって訴追を免除するというを持ちかけたが、ノリエガは受けなかった。 またCIAの工作も行われたがノリエガの権力は影響を受けなかった。 このためレーガン政権末期の段階で「エラボレート・メイズ」作戦などのパナマ侵攻作戦が策定されている。 1989年1月にに就任したは、麻薬撲滅のために「」と呼ばれる麻薬撲滅政策を掲げた。 ノリエガは5月に行われたに自派の ()を出馬させたが、当選したのは反ノリエガ派の ()であった。 しかしノリエガはアメリカの干渉があったとして軍をあげて選挙の無効を宣言し、 ()会計院長を大統領とし、権力の保持を図った。 この動きをうけて5月にはが発生しただけでなく、9月30日には再びクーデター未遂事件が発生した。 12月15日、ノリエガは議会によって「最高の政治指導者」としての地位を承認させ、の継続を誇示した。 またこの間、ノリエガ派の「」による反対派への暴行が横行していた。 ブッシュ大統領は5月の大統領選挙直後からのパナマ派遣を極秘裏に承認した。 12月16日頃からアメリカ軍人に対する殺害や暴行事件が発生しているという報告が伝えられるようになった。 リチャード・ブラウン国防次官の報告によると米軍施設への武装侵入が数十回、そのうちの一件で2人のアメリカ軍兵士が殺害されたとしている。 12月20日午前0時45分、ブッシュ大統領はパナマ在住アメリカ人の保護、の保全、ノリエガの拘束を主目的とする「 ジャスト・コーズ作戦」( Operation Just Cause)の発動を命令した。 15分前にはエンダラを大統領として宣誓させている。 ブッシュ大統領はこの侵攻をノリエガの煽動に対するアメリカの発動であると主張している。 侵攻 [ ] アメリカ軍の侵攻の経緯 「ジャスト・コーズ作戦」は当初「ブルー・スプーン」と名付けられていたが、リンゼイ陸軍大将から「奇妙な作戦名だ」と評されたのをきっかけに作戦名は「ジャスト・コーズ」と改められた。 ブッシュは未明にパナマに駐留していたなど、とからなる5万7,384人のをパナマに侵攻させ、ノリエガの率いるパナマ国家防衛軍との間で激しい戦闘が行われた。 アメリカ製の旧式の武器を中心としたパナマ国家防衛軍に対して、やなどの最新鋭機を中心とした300機を超えるを投入するなど、圧倒的な軍事力を持ったアメリカ軍は間もなくのを占領した。 なお、ノリエガはアメリカ軍による拘束を逃れてに逃れたものの、その後ノリエガを大使館より退去させ、にアメリカ軍に拘束された。 , pp. 165. , pp. 157-158. 158. 159. , pp. 127. , pp. 141. (日本語). 2010年7月7日. 2010年7月7日閲覧。 参考文献 [ ]• 「麻薬対策とテロ対策における米国の対非国家主体外交 : パナマ侵攻とアフガニスタン戦争の比較を中心に」 『四日市大学論集』16 1 、四日市大学、2003年、 pp. 155-172、。 「 」 『国士舘大学政経論叢』第81号、国士舘大学政経学会、1992年、 pp. 85-109、。 関連項目 [ ]•

次の

Episode27「ルートコーズ」攻略チャート

ルート コーズ

ミッション内容 マザーベースで発生した伝染病(エピデミック)に関する情報を掴んだ諜報班スタッフを救出せよ。 クンゲンガ採掘場 西監視所の黄色の小屋に入るとイベント発生。 諜報班スタッフは脱出していることが判明する。 一定時間経過するとすると諜報班スタッフが自力で車輌を運転し脱出を試みる。 諜報班スタッフが車輌で脱出後、しばらくすると事故を起こし、敵兵士が捜索を開始する。 敵兵士が諜報班スタッフを発見して一定時間経過すると、諜報班スタッフは始末されてしまうので、 それまでに敵兵士を無力化、諜報班スタッフの回収が必要。 諜報班スタッフを、事故を起こさせずに回収 スタート地点からクンゲンガ採掘場 西監視所に停車しているトラック付近まで移動、 諜報班スタッフと合流し回収すればクリア。 諜報班スタッフと共に、陸路でホットゾーンを離脱 諜報班スタッフと合流後、車輌に載せるか背負った状態でホットゾーンから離脱するとクリア。 北側へ走り抜けてホットゾーンを脱出する方法がお勧め。 報酬一覧.

次の