瞬間 ピアッサー。 【セルフ必読】ピアスを開けるためにやるべき7つのこと

【セルフ必読】ピアスを開けるためにやるべき7つのこと

瞬間 ピアッサー

スポンサーリンク ピアッサーを再利用する危険性は? ピアッサーを再利用した場合、次の 危険性が待っています。 ぜひ 再利用しないよう思いとどまってくださいね。 滅菌されておらず化膿する可能性が高い ピアッサーはきちんと 滅菌処理された清潔なファーストピアスが内蔵されています。 使用後は皮膚や血液などが付着したり、指で触ってしまったりすると、衛生的な状態ではなくなります。 知らないうちについてしまった細菌がピアスホール内側の傷口から侵入して、 炎症・化膿などの トラブルを引き起こす危険性が非常に高くなります。 トラブルが悪化したら病院に行って治療するハメに… コストを抑えるために再利用したい人は、ピアッサーを熱して殺菌したり消毒したりしているようですが、 個人的にはおすすめできません。 不具合が起きる可能性がある 一度使ったピアッサーは強度が落ちた 粗悪品に成り下がります。 内蔵されていたバネが弱くなったりして、製品の強度が落ちてしまうことも! 再利用したピアッサーで打ち込むと、ピアッサーが耳に挟まったまま取れなくなったり、ずれて斜めに打ち込んでしまったりといった 不具合が生じます。 挟まったまま取れない場合、自分で外すことは難しいですし痛みも伴う危険性を含んでいます。 不具合が起きても保証はない ピアッサーの利用は「 1回限り」と謳っているので、自己判断で再利用し 不具合が起きてもメーカーの保証外です。 新しいものを購入せずにピアッサーを再利用で安く済ませようとしても、結果として 病院代がかかってしまった、痛かったし怖かった、となっては本末転倒ですよね。 失敗したら迷わず廃棄して、新しいピアッサーを購入することをおすすめします。 一応貫通はしているのですが、ピアスの先端の細い部分は抜け切り、テーパ部(だんだん太くなっていくところ)は穴の外には出ていません(穴の中にある)。 軟骨用のピアッサーで開けたので14Gです。 先ほど、力づくで押してみたのですが出てきませんでした。 痛かった・・・・ スライドもできない状態です。 耳たぶの下の方にし過ぎてしまったから重いピアスをするとちぎれそうです。 とまで記載されています。 ためらわずに一気にバッチン!と思いっきりよく打ちましょう! 福耳でファーストピアスの長さが短い 福耳というか 耳たぶが分厚い人は、貫通しなくて失敗したり、貫通してもヘッドとキャッチに挟まれてキツキツで痛い思いをします。 実は、 一般的なピアッサーのキャッチはきつめにはまるようになっています。 ファーストピアスのキャッチを指でつまんで、 ポスト(軸)の外側にある溝の部分まで引き戻して緩めてください。 緩めに装着することで、お手入れもしやすく、雑菌の繁殖も防げますよ。 耳たぶが分厚い方は、キャッチを緩めてもまだキツイ!痛い!と場合があります。 福耳で耳たぶが厚めの方は、 ポストが8mmで軸が長めのピアッサーを選びましょう。 位置決めをしっかりする・両肘とピアッサーをしっかり固定する マーキングする際に、耳たぶの下になり過ぎになっていないか、左右対称かをしっかり鏡で確認しましょう。 位置が気に入らなかったら、やり直しですが、 傷が塞がるまで待たねばなりません。 傷があるところに再度ピアッシングすると炎症・化膿等のトラブルの元に。 鏡を置いて、手がぶれないように両肘を机に置いて固定してマーキングするといいですよ。 斜めに打ってしまわないように、 ピアッサーをしっかり固定してからまっすぐ一気に打ちましょう。 スポンサーリンク ピアッサーを失敗した時の対処法は? ではピアッサーで失敗したらどうしたらよいのでしょうか。 貫通しなくて 無理矢理押し込むと、うまくいく場合もありますが、 白い膿のようなしこりができる場合もあります。 膿が出る以外にも肉芽ができるなどトラブルを招きますので、一生残る痕は残したくないですよね。 おしゃれなピアスライフを送るためにも、ピアッシングに 失敗したら潔く諦めてゆっくりと引き抜くことをおすすめします。 そして傷があったり穴が開いているなら、 傷がしっかり癒えてからもう一度チャレンジしましょう。 繰り返しになりますが、 ピアッサーの再利用はせず、新しいものをご準備くださいね。 ピアッサーのおすすめをご紹介 初心者でも失敗しにくいおすすめのピアッサーを紹介しますね。 おすすめのピアッサー1.

次の

【セルフ必読】ピアスを開けるためにやるべき7つのこと

瞬間 ピアッサー

ピアスの穴は皮膚科か自分で開けるかの2種類の方法があります。 皮膚科で開ける場合は診察費用がかかり、病院にいく手間もかかります。 一方 自分で開ける場合は、ピアッサーという機械を使うかニードルという針を使います。 自分で開ければ、好きなときに好きな場所に開けることができるので、手軽にピアスにチャレンジすることができます。 ピアッサーとはホッチキスのようにピアスを開ける部位を挟んで、瞬間でピアスを装着するものです。 ピアッサー自体にファーストピアス(穴を開けた後最初につけるピアス)が装着されているので、簡単で痛みも少なくおすすめです。 ニードルを使った場合は、穴が綺麗ですが、自分の手で針を刺す必要があるので、耳に針を刺す恐怖心を克服する必要があります。 ネット上では、病院でピアスを開ければ痛くないという噂が流れているようです。 結論からいうと、 痛みはあります。 痛みの大小はさまざまですが、自身で開けても医療機関で開けても、 方法や処置は変わりません。 しかし、医療機関で開けるメリットも存在しています。 それは、 まっすぐに穴を開けられること。 素人にあけてもらうよりも、 看護師さんに開けてもらった方がキレイに開けられるという点です。 また、 医療機関であれば術後のケアも適切におこなってくれます。 一方、デメリットはというと、 施術金額がセルフの倍近くなってしまうことがあるという点です。 ピアッサーを両耳1つずつ用意して3000円程度ですが、 病院によっては倍以上の費用がかかってしまうということを覚えておきましょう。 ピアッサーに付属しているファーストピアスが 純チタンもしくはチタン合金のものは、金属アレルギーになりにくいのでおすすめです。 純チタンもチタン合金も、金属アレルギーには非常になりにくくファーストピアスとして使うことのできる材質です。 2つの違いは硬さですが、 純チタンでも鉄よりは硬いので、ピアスに使う分には全く問題ない硬さです。 もちろんチタン合金でも問題ありません。 純チタンやチタンを使ったファーストピアスが付属しているピアッサーは多く、クリスタルの飾りがついたものもあるので、 デザイン的にも満足できるものが見つかりやすくおすすめです。 サージカルステンレスのピアスが付いたピアッサーは金属アレルギーがおきにくく、サビにくいので、おすすめです。 サージカルステンレスとは医療用に使われるステンレスのことで、手術用のメスや、骨折した骨を固定するプレートなどに使われています。 また、時計やネックレス、指輪などの肌に直接触れるアクセサリーにも使われています。 サージカルステンレスは サビがでにくいのも特徴です。 長期間はずすことのできないファーストピアスが、お風呂やプールで濡れてサビがでることを気にしなくていいのでおすすめの材質です。 また、サージカルステンレスは非常に硬いので、ピアスに傷がつくことを気にせずに生活をおくることができ精神的にもストレスが少なくおすすめです。 金属の王様とも言える金のファーストピアスがつけたいなら、 24金のピアスが付属しているピアッサーがおすすめです。 18金のピアスも多く販売されていますが、ファーストピアスとしては24金がおすすめです。 18金は硬く耐久性がありますが、金に銀と銅を混ぜて作られています。 銅は金属アレルギーが起きることがある材質なので、安心して使えるのは24金のピアスです。 ただし、18金は全ての人にアレルギーが起きる材質ではないので、ファーストピアスには他の素材を使い、 穴が完全にできあがってから18金のピアスに変えればアレルギーは起きにくいのでおすすめです。 ピアスの太さの単位である G(ゲージ)は数字が大きいほど細く、小さいほど太くなります。 18Gや19Gの太さはもっとも細いサイズになり、ピアッサーで使われている場合は極細ピアッサーと呼ばれます。 このサイズの特徴はピアッサーで穴を開けるときの痛みが少ないことで、 ほとんど痛みを感じずに穴を開けることができます。 しかし、穴が小さいのでふさがりやすく、穴の安定性が弱いデメリットもあります。 また、できあがった穴が小さいため、16Gや14Gなどのピアスが入らないのもデメリットです。 小さな穴に無理やり 太いピアスを入れると、ピアスの穴の内側を傷つけるのでおすすめしません。 いろんな種類のピアスをつけたい方は16Gのピアスが付属しているピアッサーを選びましょう。 ピアスである以上デザインは重要事項です。 瞬間ピアッサーで装着する ファーストピアスは、1か月以上つけておく必要があります。 未熟な状態で外してしまうと、 ピアスホールの安定にさらに時間がかかってしまいます。 1か月以上つけておくということを考慮して、デザインを選ぶようにしましょう。 といっても ファーストピアスのデザインはほとんど変わり映えしません。 商品によっては、 誕生石を模した色つきの石にバリエーションがあるだけです。 仕事やアルバイトなど、 ピアスの着用が推奨されていない場所につけていくことを想定する場合は、 透明の樹脂タイプをおすすめします。 透明なので 目立ちにくいというメリットはありますが、 注意しなくてはならない点もあります。 透明ピアスは、樹脂という材質の都合上 とても柔らかいピアスです。 ピアスに傷が付きやすく、 細かな傷からピアスホールに雑菌が入ってしまう恐れがあります。 基本的に透明の樹脂ピアスは使い捨てです。 化膿してしまう場合もあるので、細心の注意を払ってください。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. 付属しているピアスは金属アレルギーがでにくい医療用ステンレスなので安心して使えます。 ポストは長さ8mmで太さ16Gという一番使いやすいタイプのものです。 本体が樹脂製なので触り心地が柔らかく、装着するときに握り心地がいいのでおすすめです。 また、 ピアスには誕生石の色にちなんだ12色の石がついています。 自分の誕生月に合わせて石を選べるのでおすすめです。 例えば石は、4月はダイヤモンドの透明カラー、9月はサファイアのブルーカラーなどと選ぶことができます。 誰かにピアスのことをきかれたときに話のネタにもなります。 ファーストピアスでもおしゃれを楽しみましょう。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. 一台で両耳を開けられるので2台ピアッサーを購入する必要がなく便利でおすすめです。 ピアスの材質は医療用サージカルステンレスなので、金属アレルギーの心配もありません。 ポストの長さは誰でも使いやすい長めの8mmです。 太さは極細の19Gを使っています。 細いほど開けたときの痛みが少ないので、両耳に楽にファーストピアスをつけることができます。 石つきのものは、石の周りにベゼルという淵がついています。 ベゼルがついていると服などに引っかかることがなく安心してピアスをつけていられます。 両耳にピアスをつける方や、片耳に2箇所つけたい方などにおすすめのピアッサーです。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. 純チタンとチタン合金は非常に金属アレルギーになりにくい材質です。 ステンレスと純チタンはどちらも金属アレルギーになりにくいので、長期間つけるファーストピアスとして非常に安全なピアスとなりおすすめです。 ポストの長さは8mmなので日本人太めの耳たぶには丁度いいサイズです。 太さは16Gで一番一般的な太さなので 細すぎず太すぎずに使えておすすめです。 シルバーのポストに3mmのボールがついたデザインは万人向けで、長期間つけるファーストピアスとしておすすめのものです。 最初につけるピアス用のピアッサーとしてこれを選べば、ストレスなくピアスを装着できます。 ピアスホールを確実に完成させるためにおすすめにピアッサーです。 確実にピアスの穴を作って 自由なピアスのファッションを楽しみましょう。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. 軟骨は硬いので太めのポストでないと穴が開きません。 このピアッサーなら トラガスやヘリックスなどの耳の軟骨でもピアスを装着することができおすすめです。 耳の軟骨は耳たぶと違い硬いので、ピアッサーで穴を開けるときに痛みが伴います。 ポストも太くなるのでさらに痛みがあります。 慣れている方ならニードル(針)の方が簡単に穴が開きます。 しかしニードルは慣れが必用なので、初めて軟骨にピアスをする方はこのピアッサーを使うのがおすすめです。 なるべく 痛みを抑えて楽に軟骨ピアスをしましょう。 ピアスの材質は医療用のサージカルステンレスを採用しているので、金属アレルギーも出にくく安心して使えます。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. チタン製ピアスのポストは細めの18Gなのでつけたときの痛みが少なくおすすめです。 ポストの長さも長めの8mmなので日本人の耳の厚さに最適です。 誤作動防止システムがついているのも安心できるポイントです。 青色のスライダーで本体を開き耳たぶにしっかりと固定しないと、ピアス装着用のピンクのスライダーが動きません。 この機能により、初めてピアッサーを使う方でも安心して使うことができます。 アメジストやエメラルド、ルビーなど 12色あるスワロフスキーのカラーストーンがおしゃれ度をアップするポイントです。 自分の好みの色を選んで装着することができます。 ファーストピアスでもおしゃれを楽しみたい方にもおすすめです。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. yahoo. 付属しているのは 樹脂製のファーストピアスで、真ん中に穴が開いています。 その穴に市販されているピアスを入れることで、ピアスホールが完成する前でも、自分の気に入ったピアスをすることができます。 ぷりぴあに付属のピアスは樹脂なので金属アレルギーの心配がありません。 さらに、 半透明なので目立ちません。 人に気づかれずにピアスの穴を作りたい方にもおすすめです。 また、 ピアスの取り付けは2段階になっています。 まず青色のスライダーで耳にピアッサーを固定し、その後、赤色のスライダーで耳に穴を開けます。 ピアッサーが耳に固定されていないと赤色のスライダーが動かない仕組みなので、 正確な位置に安全にファーストピアスを装着することができおすすめです。

次の

【初めてでも安心】ピアッサーおすすめ20選!耳たぶ・軟骨・鼻・口に使える人気のピアッサーランキング

瞬間 ピアッサー

はじめてピアスを開けるというあなたが疑問に思っていること。 それはピアスの開け方です。 まずはそのピアスの開け方について色々と調べていくと、ピアスを開けるには大きく分けて2種類の開け方があることが分かったと思います。 ピアッサーで開けるか それとも ニードルで開けるか それでは、ピアッサーとニードルのどちらで開けたらいいのでしょうか? それぞれのメリット・デメリットから、あなたに合っている開け方はどちらなのか、その決め手となる判断材料を探してみてください。 もうひとつ「おすすめする開け方はどちらか?」というアンケートを実施中です。 実際にピアスを開けた読者さんたちが投票してくれた結果なので、そちらも参考にしてみてくださいね。 スポンサーリンク ピアッサーとニードルの仕組み ピアッサー ピアッサーはファーストピアスが仕込まれたホッチキスの要領で耳たぶに挟んでパチンとピアス穴を開ける道具です。 開けると同時に一瞬で、ファーストピアスが装着されます。 ピアッサーにはじめからファーストピアスが仕込まれているので、わざわざ購入する必要がない。 耳に突き刺さるファーストピアスの先端部分はニードルに比べると鋭利さはなく、瞬間の押す力を借りて勢いで開けることとなるため、肉の部分を押し潰すように開けることになります。 そのため、ニードルに比べて、ピアス穴の形がきれいではない。 長い期間つけっぱなしになるピアスなので、通常のキャッチよりも固く外れにくくなっていることがある。 開ける瞬間の痛みは少ないですが、開けた穴は後から地味にじわじわと痛みを感じます。 メリット• ピアッサーで開けると同時にファーストピアスが装着される• ファーストピアスをわざわざ用意する必要がない• 開ける瞬間の痛みは少ない デメリット• ホールが潰れるように開くので、ホールの安定が遅い(ニードルと比較)• ピアスホールの形がきれいではない(ニードルと比較) ニードル ニードルは鋭利な刃物で、イメージ的には太い注射針を想像してもらえればいいでしょう。 ニードルで開けたホールに、用意したファーストピアスを入れます。 よってピアッサーとは違い、別にファーストピアスを用意する必要があるが、自分の好みのファーストピアスを選ぶことができる。 突き刺さる先端部分はとても鋭利で針の中が空洞なので、耳たぶにも負荷がかからずに綺麗にピアス穴を開ける事が出来ます。 自分のさじ加減で耳たぶに突き刺して開けるため、躊躇すればするほど痛みが伴います。 躊躇わずに開けられれば、痛みはそれほど感じないでしょう。 メリット• キレイなピアスホールができる• ホールの安定が早い• 好きなデザインのファーストピアスを付けることができる デメリット• ファーストピアスをわざわざ用意する必要がある•

次の