毛 玉取り。 これはすごい!買って良かった毛玉取り器の7つの秘密

毛玉の取り方、教えます!正しくラクにキレイに

毛 玉取り

毛玉取りの方法6選! 毛玉取りは毛玉をむしりとらずに切り取るのがベストです。 身近なものを使った毛玉取りと、毛玉取り専用グッズをご紹介したいと思います。 スポンジでなでる スポンジのざらざらしている面を毛玉にあてて優しくそっとなでるように動かします。 すると毛玉がざらざら面に絡まってきれいに毛玉取りしてくれます。 毛玉取りの仕上げはスチームアイロン 毛玉取りが完了したら仕上げにスチームアイロンの蒸気をあてると毛羽立ちが目立たなくなります。 注意点 ニットやセーターのように伸びやすい性質の繊維にスポンジを強くかけると繊維を引っ張ってしまい伸びてしまう可能性がありますので注意しましょう。 毛玉取りのスポンジでおすすめは3MのScotch Brite スコッチ ブライト です。 ざらざらが強度で毛玉取りに向いていると思います。 カミソリを使う際の注意点 カミソリを洋服の毛玉の部分に滑らすときは、「カミソリの刃を押し付けない」「力を入れて動かさない」「カミソリの刃を立てない」などに注意してください。 毛玉を剃り落とすのではなく、なでて切り離す感覚です。 毛玉取りが完了するとカミソリの刃の部分にたくさん毛玉が絡まっていますが、毛玉をカミソリの刃から取る時は皮膚を傷つけないよう十分注意してください。 洋服の縫い目部分やボタンやファスナー部分の使用はカミソリの刃がひっかかって生地が切れる可能性がありますので注意しましょう。 ハサミを生地と平行にして毛玉を一つ一つカットします。 コツコツ作業ですので毛玉が少ない洋服や、大きい毛玉ができている洋服などにおすすめです。 また、ハサミで洋服自体をカットしないよう十分注意しましょう。 やすりの部分を毛玉の上にあててやさしくそっと一方方向に滑らせます。 スポンジの毛玉取りと同じですね。 大型カッターだから大きなセーター・アウターウェアーもラクにお手入れでき、付属の風合いガードを付ければ、生地を傷めずに素材の風合いを守りながら毛玉取りをしてくれます。 洋服を着てから毛玉に気がつくことありますよね。 でも毛玉を取るために洋服を脱ぐのは面倒…「毛玉とるとる」は洋服を着たまま毛玉取りができるので、洋服を脱ぐことなく見つけた毛玉を取ることができます。 ふわふわガードで衣類の繊維の質感はそのままで毛玉だけをしっかりカットしてくれます。 100均「くるくる毛玉取り器」ダイソー 100円とは思えない高性能でコスパも満足な電池式毛玉取りです。 細かいびっしり毛玉もきれいにとってくれます。 生地が毛羽立っている衣類は毛玉取りブラシ、生地が毛羽立っていない衣類は毛玉取り機。 平面状のものや網目が大きい衣類の場合、ブラッシングすることで平らな面の生地を逆に毛羽立たせたり、ブラシがひっかかって網目を広げたりすることもあります。 毛玉を防ぐ方法 毛玉を防ぐための日ごろのケアをご紹介します。 着用後は洋服用ブラシをかける アクリルやウールなど毛玉ができやすい衣類を着た後は、洋服用のブラシでやさしくブラッシングしてください。 ブラッシングは一定方向にかけるのがきれいに繊維を整えるコツです。 方向をバラバラにブラッシングすると逆に毛玉ができやすくなりますので注意してくださいね。 衣類を裏返して洗濯ネットに入れる アクリル素材などの衣類を裏返し、洗濯ネットの大きさに合わせてふんわり軽くたたみ、洗濯ネットに入れてファスナーをしっかり閉めてください。 洗濯機は手洗コース、ドライコースなどで洗いましょう。 洗濯ネットから衣類が出てしまうと毛玉の原因になりますので気をつけてくださいね。 上着の素材と合わせる 異なる性質の繊維同士がこすられると毛玉ができる原因となりますので、重ね着や上着など同じ素材を組み合わせましょう。 例えばアクリル素材のニットの場合は同じアクリル素材の上着を着るなどです。 上着のサイズはゆったりしたものにする 毛玉は摩擦によってできますので、毛玉ができやすい服の上にぴったりした上着を着ると摩擦が置きやすくなります。 上着は摩擦がおきにくいようできるだけゆったりしたサイズを着ることをおすすめします。 毛玉取りでしてはいけないこと 毛玉取りのやりすぎ! そもそも毛玉は繊維が丸まってできたもので、衣類の繊維であることには変わりありません。 つまり毛玉取りは繊維そのものを切り取っているのと同じということですので何度も毛玉取りをすると繊維自体が薄れてきますので注意しましょう。

次の

毛玉の取り方、教えます!正しくラクにキレイに

毛 玉取り

ニットやスウェットなど、冬服のお手入れに役立つ毛玉取り。 テスコム・IZUMI(イズミ)・ティファールといった有名メーカーの商品だけでなく、毛玉取りブラシなどの電気を使わないタイプも販売されています。 最近ではダイソーやキャンドゥなどの100均にも数種類の毛玉クリーナーが並び、どのように選べばいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。 今回は Amazon・楽天・Yahoo! ショッピングなどで売れ筋上位の毛玉取り25商品を比較して、最もおすすめの毛玉取りを決定したいと思います。 比較検証は以下の4点について行いました。 仕上がり• スピード• 作業の快適さ• ゴミ処理のしやすさ 果たしてどの商品が最強のベストバイ商品なのでしょうか?毛玉取りの選び方のポイントもご説明しますので、ぜひ購入の際の参考にしてみてください。 充電式は使う場所を選ばないことがメリットで、作業台の近くにコンセントがない場合でも使用でき、 車のシートのお手入れなども可能です。 パワーよりも使い勝手の良さを重視する人にはこちらが向いています。 ほとんどの商品が交流式としても使用できるため大きな問題にはなりませんが、充電時間と使用可能時間について把握しておきましょう。 充電式毛玉取りはニカド電池やニッケル水素電池を使用した商品が多く、その場合は「30分の使用に8時間」など、長時間の充電が必要です。 一方リチウムイオン電池を搭載している商品は充電時間が短く使用時間が長いという特長がありますが、電池の種類が明記されていなかったり誤って記載されているページもありますので、あくまで 「充電時間と使用可能時間」の情報に注目しましょう。 毛玉を取ることによって 素材のふんわり感が損なわれるのを避けたい場合は、生地に優しい手動タイプを選びましょう。 繊維をカットしすぎる危険性がなく、生地本来の風合いを残しながら毛玉だけを取り去ることができます。 電源や電池は不要で手軽に使用でき、静電気除去の効果でホコリがつきにくくなるというメリットもあります。 ただし、手動タイプの毛玉取りは電動タイプのように 全ての毛玉を取り去ることを目的としたものではありません。 繊維の方向を整えながら目立つ毛玉を除去するためのアイテムだと理解しておきましょう。 またウール・カシミヤなどの柔らかい素材には向いていますが、アクリル・ポリエステルなど化学繊維の衣服に付いた硬い毛玉は全く取れない場合もあるので注意が必要です。 今回検証した商品• マクセルイズミ|毛玉とるとる• テスコム|毛玉取り器• マクセルイズミ|毛玉とるとる• マクセルイズミ|毛玉とるとる• Funshare|毛玉取り機• コジット|洗濯塾の毛玉取りブラシ• コジット|クリーニング屋さんの毛玉取りブラシ• ピーナッツ・クラブ|毛玉取り器• Mimiry|毛玉クリーナー• テスコム|毛玉クリーナー• アイシスジェニー|毛玉取り• サワフジ|毛玉おとし(ダブル)• みどりや|浅草アートブラシ社 かんたん毛玉取りブラシ・ブラシクリーナー付き• ピーナッツ・クラブ|Smart-Style 毛玉取り器• 池本刷子工業|GRAND IKEMOTO 毛玉取りブラシ• Bodyguard|毛玉取り器• ティファール|毛玉取り器• コネクトジャパン|アルティメットファズリムーバー• ダイソー|くるくる毛玉取り• テスコム|毛玉クリーナー• CONFU|毛玉クリーナー• CONFU|毛玉取り機• 無印良品|ブナ材洋服ブラシ• ダイソー|毛だま取りブラシ• キャン・ドゥ|らくらく毛玉とれ〜る 今回は電動タイプ・手動タイプの毛玉取り25商品を集めて検証を行いました。 使用頻度が限られるため安さや見た目で選んでしまいがちなアイテムですが、性能や作りの差がはっきりと出て、買うべきもの・買ってはいけないものがよくわかったという印象です。 私はブラシタイプの毛玉取りは使用したことがありませんでしたが、上位に入った商品の使いやすさにはとても驚きました。 電動タイプと手動タイプのそれぞれに特長があるため、 服の素材や使用シーンに合わせて2種類を使い分けるのもおすすめです。

次の

正しい毛玉の取り方って?プロが教えるテクとおすすめアイテム

毛 玉取り

衣類の生地は摩擦が起きると繊維の先端が「毛羽(けば)」になります。 その毛羽が束になり、絡み合うことで毛玉ができるのです。 つまり、毛玉は洗濯をしたり何度も着用したり、普通に歩いているときの摩擦でも起こるということなんです。 同じニット類でも素材によって、毛玉ができやすいものとそうでないものがあります。 毛玉ケアをするときはここも見落とさずにチェックしましょう。 基本的にニット類は自宅で洗濯せずにクリーニングのプロにお任せしましょう。 どうしても自宅で洗濯するときは、ニットを裏返して、ぴったり入るサイズの洗濯ネットを使用します。 洗濯機なら「ドライコース」を使って、手洗いでも短時間で済ませましょう。 リネットの「プレミアム仕上げ」なら、毛玉取り・毛取りなどのケアを行い、リファイン加工をすることで毛玉ができにくくなります。 近藤さんからのアドバイス: ニットを裏返してネットに入れることで、表面の摩擦が起きづらくなります。 衣類より大きい洗濯ネットを使用すると、洗浄中にネットのなかで衣類が動くので、生地同士が擦れて毛玉ができる可能性があります。 また、洗濯機の普通コースは強い回転で洗浄するためNG。 「ドライコース」などの弱い回転で洗濯した方が、摩擦の力が弱く毛玉は起きにくくなります。 連続で着用しない その日に着たいニットが毛玉だらけだったり、クリーニングに出している時間がなかったりすると、どうしても自分で毛玉取りをしたくなるもの。 基本的にはプロにお任せするのが一番ですが、自分で毛玉取りをするときは「毛玉取り機」や「毛玉取りブラシ」がおすすめです。 ちなみに、リネットでは一定時間内でのサービスとしてですが、毛玉取りを無料で行っております。 【ビフォー】ニットの毛玉 【アフター】ニットの毛玉 【ビフォー】コートの毛玉 【アフター】コートの毛玉 宅配クリーニングのリネットなら、24時間ネットで受付ができ自宅から出ずにクリーニングが完結するので、時間・労力がかからない上に自分の生活リズムに合わせてクリーニングを活用できます。 こちらの記事は、宅配クリーニングを初めて利用した際の体験談で、衣類のビフォーアフター写真や、宅配クリーニングの申し込み~完了までの流れなどを紹介しています。 宅配クリーニングを利用されたことのない方は、イメージが沸きやすいと思いますので是非こちらの体験談を参考にしてみてください。 毛玉取りブラシを使ったほうがいい衣類は?毛玉取り機を使ったほうがいい衣類は? 毛玉取りブラシをつかう場合 1. 毛玉がある箇所を片手で押さえて機械をあてる 2. くるくると優しく回しながら毛玉を取り除く 適した毛玉取り機を選び、カッターの高さ設定は厳密に行いましょう。 毛玉がキレイに取れなかったり、洋服に穴が開いてしまうことがあるので注意してください。 近藤さんからのアドバイス: 毛玉をつまんで引っ張って取ろうとしたり、強い力を加えたりすると生地が傷みます。 毛玉がない部分に毛玉取り機やブラシをかけることも、衣類を傷める原因になります。 どちらも毛玉だけを取るように意識しましょう。 自宅での頻繁な毛玉取りはおすすめできないので、できるだけプロにおまかせしましょう。 また、最近毛玉取りにハサミやカミソリ、スポンジを使う人もいるようですが、それはNGです。 ハサミやカミソリは、衣類そのものを破損する恐れがあります。 スポンジはザラザラした部分でニットを擦ると、余計に毛羽だたせてしまう可能性があるのでおすすめできません。 毛玉取りブラシと毛玉取り機のどちらを使えばいいか迷ったときは、ニットの毛羽の状態に合わせましょう。 毛玉取り機を使うと元々の毛羽もカットしてしまう恐れがあります。 カッターの高さを調節できる毛玉取り機でも、高さがうまく合わずに毛羽ごと取ってしまうことがあるのでおすすめできません。 毛羽だっていないニットに強い力でブラシをかけると、かえって毛羽だつ恐れがあります。 網目の大きなニットをブラシにかけると、引っかかり網目を大きくしてしまうことも。 毛玉が広範囲についてしまった場合も「毛玉取り機」を使うのがおすすめです。 毛玉防止&毛玉取りなら「プレミアム仕上げ」へ 毛玉取りはできるだけしない方がいいけど、毛玉を見つけるとついつい取りたくなるもの。 おうちでは毛玉防止のお手入れをして、毛玉取りはプロにお任せするのが一番です。 もし、おうちで簡単に毛玉防止のお手入れをしたいなら「毛玉防止スプレー」を使うのがおすすめ。 毛玉防止スプレーは、毛玉の原因でもある静電気を防ぐ効果があるので、毛玉ができにくくなります。 ストッキングなどの「静電気防止スプレー」でも代用可能です。 プロにお任せするなら、リネットの「プレミアム仕上げ」がおすすめ。 クリーニングの洗浄と仕上げに加えて、毛玉取り、毛取りなどのケアを行い、リファイン加工をすることで毛玉ができにくくなるんです。 洗浄がシャンプーだとするとリファイン加工はトリートメント。 シャンプーだけだとゴワゴワしてからみやすくなりますが、トリートメントをすることでニットの繊維の表面が滑らかになり、毛羽がからみにくくなるため、毛羽だちと毛玉を防ぎます。 プレミアム仕上げなら通常の4倍の仕上げ剤を使っているため、摩擦の原因になる静電気を抑える効果も。 毛玉防止にはもちろん、衣類に新品の風合いと着心地も取り戻してくれます。 おすすめの毛玉取りアイテム 浅草アートブラシ社「かんたん毛玉取りブラシ・スタンダード」 繊維の方向に沿って軽くなでるだけで毛玉が取れる毛玉取りブラシ。 大切な衣類を守るために、特殊加工されたとがりのない猪毛が使用されています。 また、ミリ単位の段差がついているので、取りにくい毛玉も逃がしません。 力を入れずにブラッシングができる形状なので、過剰なブラッシングも防ぐことができます。 TESCOM「毛玉クリーナー(KD900)」 衣類の生地が傷むのを防いで、ふんわりと仕上げてくれる「風合いガード」機能がついた毛玉取り機。 カッターと生地の間の高さが低・中・高の3段階に分かれていて、毛足を残す長さを選ぶことができます。 大切なニットのときは「高」に切り替えるなど、衣類によって使い分けができる毛玉取り機です。 まとめ 見つけるとつい取りたくなる毛玉ですが、毛玉取りは衣類の寿命を縮めることにつながります。 大切な洋服や高価な衣類の毛玉取りは、プロにお任せするのがベスト。 これからは毛玉取りではなく毛玉を作らないケアを習慣にして、大切な衣類を守っていきましょう。

次の