ポニーテール は ふり向か ない。 ポニーテールはふり向かない

ポニーテールはふり向かない

ポニーテール は ふり向か ない

ポニーテールはふり向かない ジャンル ドラマ 原作 『ポニーテールはふり向かない』 () 脚本 、、 監督 、、 出演者 オープニング 「」 製作 プロデューサー 、荒川洋、野村清 制作 放送 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 土曜日21:00 - 21:54 放送枠 TBS土曜9時枠の連続ドラマ 放送分 54分 回数 24 『 ポニーテールはふり向かない』(ポニーテールはふりむかない)は、原作の、女性を主人公としたである。 本作を原作とした制作の連続テレビドラマ作品がからまで、系列で毎週21:00 - 21:54に放送された。 以下では連続テレビドラマ版について述べる。 概要 [ ] 一家ので育ち、傷害事件を起こしてに収監された少女が、ドラマーへの道を志し、を結成するまでの過程を描いたドラマである。 音楽を題材にした他のドラマやアニメが「 バンドを結成してデビューした後」の過程に重点を置いた作品が多い中で、本作は「 バンドを結成してデビューするまで」の過程に重点を置いている。 の一つ。 の中ではヒロインと対立する女性を演じることが多かったが、初めて主演した作品である。 テレビドラマ化に際してつけられたキャッチコピーは 「汗が飛ぶ、血が騒ぐ。 涙なんてごめんだね、いま『青春(ハートビート)』」。 を舞台にしており、横須賀の商店街にある「かぼちゃ屋」が撮影場所として使用されている。 オープニングの主題歌「Never Say Good-Bye」の前奏でも、横須賀の空撮映像が流れている。 あらすじ [ ] 「 この物語は、3歳で母と別れ、18歳で父を失いながら、あらゆる迫害と闘い、振り向くことなくドラマーとしての自己を確立した一少女と、挫折しながらもやがて己の道を開いた若者たちの記録である。 」(オープニングナレーション) 麻生未記は、名ジャズドラマーである父・麻生雄次からを教わり、腕を磨いていた。 しかし、やがて到来したの時代に馴染めず、ドラムを捨てた一家は貧困に追い込まれ、母は家出し、未記は非行に身を堕して女子少年院に収監された。 18歳で父が死に、再びの世界に舞い戻ったが、亡き父のいた音楽の世界に希望を見い出し、世界一のロックの結成を誓う。 キャスト [ ]• ナレーター: バンデージのメンバー [ ]• 麻生未記 Drums : ジャズドラマー・麻生雄次の娘。 愛称「ミッキー」。 喧嘩っ早い性格で、不良4人を骨折させて少年院に収監された。 出所すると横須賀のライブハウス「フロンティア」に引き取られ、亡父と同じドラマーへの道を歩むことを決意した。 自らが主宰したバンド「バンデージ」のリーダー。 ドラムスティックで喧嘩するのが特技。 物語後半で切れたエレキギターの弦で両眼を傷つけ視力を失うも盲目のドラマーとなる。 未成年にもかかわらず飲酒するシーンがあるが、当時のテレビはそこまでコンプライアンスに厳しくなかった。 田丸晃 Key : 元芸大の学生。 横須賀のライブハウス「フロンティア」でピアノを弾いている。 名倉邦男 Guitar : 医大生。 富豪の令嬢を騙しては金を巻き上げている。 ドラマ初期には紙幣をばら撒いて、女性を誘惑したりチンピラたちを懐柔したりしていた。 霧島航 Sax :• 牧村稔 Bass : 芸術大学を卒業後、ロック歌手になることを夢見ていたが、年上の人妻・矢崎妙子とのに溺れ、スターへの夢を捨て、が経営するでのベース奏者として働いていた。 狩野弘 Guitar :• 脇田克己 Vocal : (当時:野々村誠) ガソリンスタンドの店員。 チンピラの娘と恋に落ち、雲隠れするような日々を送る青年。 サバサバとした性格。 羽川令子 Vocal : フロンティアの関係者 [ ]• 小野拓也(フロンティアのマスター): 未記の父・麻生雄次とは旧知の仲間で、出所後の未記の父親代わりとなる。 佐田(フロンティアのオーナー):• 田丸絵美子: 田丸晃の妹で、フロンティアの照明係。 に浸され、第20話で死亡。 遺体は名倉邦男の方針によりされた。 麻生未記の関係者 [ ]• 麻生雄次(未記の父): ジャズドラマー。 頑固な性格で、ロックを毛嫌いして活動の場を狭まれ、自棄酒の日々に陥った。 未記が少年院に収監されている時に、自動車の衝突で事故死した。 特製のドラムスティックを何本か持っており、生前のうちに未記に形見となるドラムスティックを託していた。 飯倉明子(未記の母):• 飯倉慎一郎: 芸能プロダション専務。 後に独立して、バンデージの個人事務所の社長となる。 飯倉ゆきこ(未記の異父姉妹):• 英次(不良グループのリーダー):• りえ(不良グループの英次の仲間):• あっこ(不良グループの英次の仲間):• ゆかり(未記の仲間):• きりこ(未記の仲間):• ともえ(未記の仲間): バンデージのメンバーの関係者 [ ]• 千葉かおる: フロンティア専属歌手。 矢崎妙子: 稔の愛人。 丹波秀介: 未記が収監された「相模愛育女子学園」の園長。 矢崎(矢崎妙子の夫):• 相川裕子 狩野弘の彼女 :• ジム・パーカー: 米軍横須賀基地のバンドに所属する青年。 潔い性格の持ち主で、田丸晃とピアノ勝負をするが、拍手の多さでは勝ったものの、聴客の感動ぶりで敗れて敗北宣言した。 シルビア:• シルビアの声の吹替:• 名倉菊子 邦男の母 :• 名倉邦男の父:• 羽川令子の母:• 志水洋二(音楽事務所マネージャー):• ビリー横光:• コーヒーを渡す男: スタッフ [ ]• 脚本:サブタイトル参照• 音楽:• 選曲:佐藤啓• 効果:帆苅幸雄• 現像:• 助監督:原田昌樹• 監督補:小島穹• 監督:サブタイトル参照• プロデューサー:、 大映テレビ 、 TBS• 擬斗:• 製作:、 歌 [ ]• 『』 () - 主題歌 本作が小比類巻かほるのデビューシングル。 主題歌映像では、「NEVER SAY GOODBYE」と「EVER ONWARD」がフッターで表示されている。 『イッツ・フォー・ユー』 - 劇中歌• 『』「ポニーテールはふり向かない」() 挿入歌 サブタイトル [ ] 各話 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率 01 1985年10月12日 炎の少女 大原清秀 山口和彦 10. ポニーテールはふり向かない 前編 規格品番: AVBD-34251〜4• ポニーテールはふり向かない 後編 規格品番: AVBD-34255〜8 より発売。 脚注 [ ]• なんたって大映テレビ(大羽賢二・著、 1990年)p. 141• 『』にも登場した少年院で、同作と同じ設定・役柄で出演。 関連項目 [ ]• :本作と同じTBS系土曜21時台の大映ドラマ。 :本作とほぼ同時期に系列で水曜21時台に放送された大映ドラマ。 元々、本作の主役だった伊藤が企画を持ち込み主演も希望したが、伊藤を本作に専念させるために実現しなかった。 (当該記事参照) 前番組 番組名 次番組.

次の

ポニーテールはふり向かない

ポニーテール は ふり向か ない

ポニーテールはふり向かない ジャンル ドラマ 原作 『ポニーテールはふり向かない』 () 脚本 、、 監督 、、 出演者 オープニング 「」 製作 プロデューサー 、荒川洋、野村清 制作 放送 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 土曜日21:00 - 21:54 放送枠 TBS土曜9時枠の連続ドラマ 放送分 54分 回数 24 『 ポニーテールはふり向かない』(ポニーテールはふりむかない)は、原作の、女性を主人公としたである。 本作を原作とした制作の連続テレビドラマ作品がからまで、系列で毎週21:00 - 21:54に放送された。 以下では連続テレビドラマ版について述べる。 概要 [ ] 一家ので育ち、傷害事件を起こしてに収監された少女が、ドラマーへの道を志し、を結成するまでの過程を描いたドラマである。 音楽を題材にした他のドラマやアニメが「 バンドを結成してデビューした後」の過程に重点を置いた作品が多い中で、本作は「 バンドを結成してデビューするまで」の過程に重点を置いている。 の一つ。 の中ではヒロインと対立する女性を演じることが多かったが、初めて主演した作品である。 テレビドラマ化に際してつけられたキャッチコピーは 「汗が飛ぶ、血が騒ぐ。 涙なんてごめんだね、いま『青春(ハートビート)』」。 を舞台にしており、横須賀の商店街にある「かぼちゃ屋」が撮影場所として使用されている。 オープニングの主題歌「Never Say Good-Bye」の前奏でも、横須賀の空撮映像が流れている。 あらすじ [ ] 「 この物語は、3歳で母と別れ、18歳で父を失いながら、あらゆる迫害と闘い、振り向くことなくドラマーとしての自己を確立した一少女と、挫折しながらもやがて己の道を開いた若者たちの記録である。 」(オープニングナレーション) 麻生未記は、名ジャズドラマーである父・麻生雄次からを教わり、腕を磨いていた。 しかし、やがて到来したの時代に馴染めず、ドラムを捨てた一家は貧困に追い込まれ、母は家出し、未記は非行に身を堕して女子少年院に収監された。 18歳で父が死に、再びの世界に舞い戻ったが、亡き父のいた音楽の世界に希望を見い出し、世界一のロックの結成を誓う。 キャスト [ ]• ナレーター: バンデージのメンバー [ ]• 麻生未記 Drums : ジャズドラマー・麻生雄次の娘。 愛称「ミッキー」。 喧嘩っ早い性格で、不良4人を骨折させて少年院に収監された。 出所すると横須賀のライブハウス「フロンティア」に引き取られ、亡父と同じドラマーへの道を歩むことを決意した。 自らが主宰したバンド「バンデージ」のリーダー。 ドラムスティックで喧嘩するのが特技。 物語後半で切れたエレキギターの弦で両眼を傷つけ視力を失うも盲目のドラマーとなる。 未成年にもかかわらず飲酒するシーンがあるが、当時のテレビはそこまでコンプライアンスに厳しくなかった。 田丸晃 Key : 元芸大の学生。 横須賀のライブハウス「フロンティア」でピアノを弾いている。 名倉邦男 Guitar : 医大生。 富豪の令嬢を騙しては金を巻き上げている。 ドラマ初期には紙幣をばら撒いて、女性を誘惑したりチンピラたちを懐柔したりしていた。 霧島航 Sax :• 牧村稔 Bass : 芸術大学を卒業後、ロック歌手になることを夢見ていたが、年上の人妻・矢崎妙子とのに溺れ、スターへの夢を捨て、が経営するでのベース奏者として働いていた。 狩野弘 Guitar :• 脇田克己 Vocal : (当時:野々村誠) ガソリンスタンドの店員。 チンピラの娘と恋に落ち、雲隠れするような日々を送る青年。 サバサバとした性格。 羽川令子 Vocal : フロンティアの関係者 [ ]• 小野拓也(フロンティアのマスター): 未記の父・麻生雄次とは旧知の仲間で、出所後の未記の父親代わりとなる。 佐田(フロンティアのオーナー):• 田丸絵美子: 田丸晃の妹で、フロンティアの照明係。 に浸され、第20話で死亡。 遺体は名倉邦男の方針によりされた。 麻生未記の関係者 [ ]• 麻生雄次(未記の父): ジャズドラマー。 頑固な性格で、ロックを毛嫌いして活動の場を狭まれ、自棄酒の日々に陥った。 未記が少年院に収監されている時に、自動車の衝突で事故死した。 特製のドラムスティックを何本か持っており、生前のうちに未記に形見となるドラムスティックを託していた。 飯倉明子(未記の母):• 飯倉慎一郎: 芸能プロダション専務。 後に独立して、バンデージの個人事務所の社長となる。 飯倉ゆきこ(未記の異父姉妹):• 英次(不良グループのリーダー):• りえ(不良グループの英次の仲間):• あっこ(不良グループの英次の仲間):• ゆかり(未記の仲間):• きりこ(未記の仲間):• ともえ(未記の仲間): バンデージのメンバーの関係者 [ ]• 千葉かおる: フロンティア専属歌手。 矢崎妙子: 稔の愛人。 丹波秀介: 未記が収監された「相模愛育女子学園」の園長。 矢崎(矢崎妙子の夫):• 相川裕子 狩野弘の彼女 :• ジム・パーカー: 米軍横須賀基地のバンドに所属する青年。 潔い性格の持ち主で、田丸晃とピアノ勝負をするが、拍手の多さでは勝ったものの、聴客の感動ぶりで敗れて敗北宣言した。 シルビア:• シルビアの声の吹替:• 名倉菊子 邦男の母 :• 名倉邦男の父:• 羽川令子の母:• 志水洋二(音楽事務所マネージャー):• ビリー横光:• コーヒーを渡す男: スタッフ [ ]• 脚本:サブタイトル参照• 音楽:• 選曲:佐藤啓• 効果:帆苅幸雄• 現像:• 助監督:原田昌樹• 監督補:小島穹• 監督:サブタイトル参照• プロデューサー:、 大映テレビ 、 TBS• 擬斗:• 製作:、 歌 [ ]• 『』 () - 主題歌 本作が小比類巻かほるのデビューシングル。 主題歌映像では、「NEVER SAY GOODBYE」と「EVER ONWARD」がフッターで表示されている。 『イッツ・フォー・ユー』 - 劇中歌• 『』「ポニーテールはふり向かない」() 挿入歌 サブタイトル [ ] 各話 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率 01 1985年10月12日 炎の少女 大原清秀 山口和彦 10. ポニーテールはふり向かない 前編 規格品番: AVBD-34251〜4• ポニーテールはふり向かない 後編 規格品番: AVBD-34255〜8 より発売。 脚注 [ ]• なんたって大映テレビ(大羽賢二・著、 1990年)p. 141• 『』にも登場した少年院で、同作と同じ設定・役柄で出演。 関連項目 [ ]• :本作と同じTBS系土曜21時台の大映ドラマ。 :本作とほぼ同時期に系列で水曜21時台に放送された大映ドラマ。 元々、本作の主役だった伊藤が企画を持ち込み主演も希望したが、伊藤を本作に専念させるために実現しなかった。 (当該記事参照) 前番組 番組名 次番組.

次の

ポニーテールはふり向かない

ポニーテール は ふり向か ない

ポニーテールはふり向かない ジャンル ドラマ 原作 『ポニーテールはふり向かない』 () 脚本 、、 監督 、、 出演者 オープニング 「」 製作 プロデューサー 、荒川洋、野村清 制作 放送 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 土曜日21:00 - 21:54 放送枠 TBS土曜9時枠の連続ドラマ 放送分 54分 回数 24 『 ポニーテールはふり向かない』(ポニーテールはふりむかない)は、原作の、女性を主人公としたである。 本作を原作とした制作の連続テレビドラマ作品がからまで、系列で毎週21:00 - 21:54に放送された。 以下では連続テレビドラマ版について述べる。 概要 [ ] 一家ので育ち、傷害事件を起こしてに収監された少女が、ドラマーへの道を志し、を結成するまでの過程を描いたドラマである。 音楽を題材にした他のドラマやアニメが「 バンドを結成してデビューした後」の過程に重点を置いた作品が多い中で、本作は「 バンドを結成してデビューするまで」の過程に重点を置いている。 の一つ。 の中ではヒロインと対立する女性を演じることが多かったが、初めて主演した作品である。 テレビドラマ化に際してつけられたキャッチコピーは 「汗が飛ぶ、血が騒ぐ。 涙なんてごめんだね、いま『青春(ハートビート)』」。 を舞台にしており、横須賀の商店街にある「かぼちゃ屋」が撮影場所として使用されている。 オープニングの主題歌「Never Say Good-Bye」の前奏でも、横須賀の空撮映像が流れている。 あらすじ [ ] 「 この物語は、3歳で母と別れ、18歳で父を失いながら、あらゆる迫害と闘い、振り向くことなくドラマーとしての自己を確立した一少女と、挫折しながらもやがて己の道を開いた若者たちの記録である。 」(オープニングナレーション) 麻生未記は、名ジャズドラマーである父・麻生雄次からを教わり、腕を磨いていた。 しかし、やがて到来したの時代に馴染めず、ドラムを捨てた一家は貧困に追い込まれ、母は家出し、未記は非行に身を堕して女子少年院に収監された。 18歳で父が死に、再びの世界に舞い戻ったが、亡き父のいた音楽の世界に希望を見い出し、世界一のロックの結成を誓う。 キャスト [ ]• ナレーター: バンデージのメンバー [ ]• 麻生未記 Drums : ジャズドラマー・麻生雄次の娘。 愛称「ミッキー」。 喧嘩っ早い性格で、不良4人を骨折させて少年院に収監された。 出所すると横須賀のライブハウス「フロンティア」に引き取られ、亡父と同じドラマーへの道を歩むことを決意した。 自らが主宰したバンド「バンデージ」のリーダー。 ドラムスティックで喧嘩するのが特技。 物語後半で切れたエレキギターの弦で両眼を傷つけ視力を失うも盲目のドラマーとなる。 未成年にもかかわらず飲酒するシーンがあるが、当時のテレビはそこまでコンプライアンスに厳しくなかった。 田丸晃 Key : 元芸大の学生。 横須賀のライブハウス「フロンティア」でピアノを弾いている。 名倉邦男 Guitar : 医大生。 富豪の令嬢を騙しては金を巻き上げている。 ドラマ初期には紙幣をばら撒いて、女性を誘惑したりチンピラたちを懐柔したりしていた。 霧島航 Sax :• 牧村稔 Bass : 芸術大学を卒業後、ロック歌手になることを夢見ていたが、年上の人妻・矢崎妙子とのに溺れ、スターへの夢を捨て、が経営するでのベース奏者として働いていた。 狩野弘 Guitar :• 脇田克己 Vocal : (当時:野々村誠) ガソリンスタンドの店員。 チンピラの娘と恋に落ち、雲隠れするような日々を送る青年。 サバサバとした性格。 羽川令子 Vocal : フロンティアの関係者 [ ]• 小野拓也(フロンティアのマスター): 未記の父・麻生雄次とは旧知の仲間で、出所後の未記の父親代わりとなる。 佐田(フロンティアのオーナー):• 田丸絵美子: 田丸晃の妹で、フロンティアの照明係。 に浸され、第20話で死亡。 遺体は名倉邦男の方針によりされた。 麻生未記の関係者 [ ]• 麻生雄次(未記の父): ジャズドラマー。 頑固な性格で、ロックを毛嫌いして活動の場を狭まれ、自棄酒の日々に陥った。 未記が少年院に収監されている時に、自動車の衝突で事故死した。 特製のドラムスティックを何本か持っており、生前のうちに未記に形見となるドラムスティックを託していた。 飯倉明子(未記の母):• 飯倉慎一郎: 芸能プロダション専務。 後に独立して、バンデージの個人事務所の社長となる。 飯倉ゆきこ(未記の異父姉妹):• 英次(不良グループのリーダー):• りえ(不良グループの英次の仲間):• あっこ(不良グループの英次の仲間):• ゆかり(未記の仲間):• きりこ(未記の仲間):• ともえ(未記の仲間): バンデージのメンバーの関係者 [ ]• 千葉かおる: フロンティア専属歌手。 矢崎妙子: 稔の愛人。 丹波秀介: 未記が収監された「相模愛育女子学園」の園長。 矢崎(矢崎妙子の夫):• 相川裕子 狩野弘の彼女 :• ジム・パーカー: 米軍横須賀基地のバンドに所属する青年。 潔い性格の持ち主で、田丸晃とピアノ勝負をするが、拍手の多さでは勝ったものの、聴客の感動ぶりで敗れて敗北宣言した。 シルビア:• シルビアの声の吹替:• 名倉菊子 邦男の母 :• 名倉邦男の父:• 羽川令子の母:• 志水洋二(音楽事務所マネージャー):• ビリー横光:• コーヒーを渡す男: スタッフ [ ]• 脚本:サブタイトル参照• 音楽:• 選曲:佐藤啓• 効果:帆苅幸雄• 現像:• 助監督:原田昌樹• 監督補:小島穹• 監督:サブタイトル参照• プロデューサー:、 大映テレビ 、 TBS• 擬斗:• 製作:、 歌 [ ]• 『』 () - 主題歌 本作が小比類巻かほるのデビューシングル。 主題歌映像では、「NEVER SAY GOODBYE」と「EVER ONWARD」がフッターで表示されている。 『イッツ・フォー・ユー』 - 劇中歌• 『』「ポニーテールはふり向かない」() 挿入歌 サブタイトル [ ] 各話 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率 01 1985年10月12日 炎の少女 大原清秀 山口和彦 10. ポニーテールはふり向かない 前編 規格品番: AVBD-34251〜4• ポニーテールはふり向かない 後編 規格品番: AVBD-34255〜8 より発売。 脚注 [ ]• なんたって大映テレビ(大羽賢二・著、 1990年)p. 141• 『』にも登場した少年院で、同作と同じ設定・役柄で出演。 関連項目 [ ]• :本作と同じTBS系土曜21時台の大映ドラマ。 :本作とほぼ同時期に系列で水曜21時台に放送された大映ドラマ。 元々、本作の主役だった伊藤が企画を持ち込み主演も希望したが、伊藤を本作に専念させるために実現しなかった。 (当該記事参照) 前番組 番組名 次番組.

次の