グラブル アーカルム。 【グラブル】アーカルム召喚石のおすすめ/優先度一覧【グランブルーファンタジー】

アーカルムの転世/出現モンスター

グラブル アーカルム

アーカルムポイントについて アーカルムの挑戦に必要なアーカルムパスポートは、毎日1枚 キャンペーン中は2枚 しか入手できないので、 短期間で入手できるアーカルムポイントには限りがあります。 そして、このアーカルムポイントをどのように使うか?で アーカルム召喚石や、 十賢者を取得するまでのスピードが変わってきます。 そのため、最初の内からアーカルムポイントは無駄遣いせずに計画的に使っていくことをオススメします。 セフィラストーン• アストラ• 星導の天球儀• 金剛晶• セフィラ玉髄• アーカルムポイント週上限UP セフィラストーン 複数のアーカルム召喚石を上限解放していく場合、最も足りなくなるのがこの素材です。 セフィラストーンは、月末シナリオイベントの報酬としても入手できますが、 アーカルム召喚石に要求される数が多いので、この素材で足止めされることが多くなります。 賢者の取得を優先する場合は、アストラを交換した方が良いですが、アーカルム召喚石の上限解放を優先するならこちらを交換していきましょう。 ちなみに、アーカルム召喚石を上限解放する場合、以下の数のセフィラストーンが必要になります。 SR3凸まで 合計32個 SSR化まで 合計62個 SSR4凸まで 合計107個 アストラ 十賢者の取得を目指す場合、アーカルム召喚石の上限解放に使う分とは別に対応するアストラが 200個必要になります。 アーカルム召喚石の上限解放だけを考えるなら交換する必要はありませんが、賢者を優先するなら交換した方が取得がスムーズになります。 ちなみに、アーカルム召喚石の上限解放と賢者の取得には、以下の数のアストラが必要です。 SR3凸まで 合計33個 SSR化まで 合計63個 SSR4凸まで 合計108個 賢者の取得 カード交換 200個 星導の天球儀 ステージ9で登場する アーカルムシリーズを好きなボスに変更することができます。 目標にしているアーカルム召喚石や、賢者をなるべく早く強化・取得したい場合は、ステージ9で使いましょう。 例:ザ・サンを強化したい場合、ステージ9で別のボスが出現したらザ・サンに変更する そうすることで、目当てのイデアやアストラを集めやすくなります。 ただし、星導の天球儀は アーカルム道中の宝箱からも入手できるので、使う分を確保できているなら交換する必要はありません。 金剛晶 在庫:5 SSR召喚石を上限解放できるアイテム。 アーカルム召喚石の SSR化にも1個必要なので、アーカルム召喚石を上限解放するために交換するのもアリです。 また、アーカルム召喚石以外に優先して上限解放したい召喚石がある場合は、そちらに使ってもいいでしょう。 ただし、交換に必要なアーカルムポイントが多めなので、セフィラストーンやアストラが足りない状況で金剛晶を交換すると、アーカルム召喚石や賢者の取得に遅れが出ます。 セフィラ玉髄 在庫:1 十賢者の取得に 1個必要になります。 アーカルムポイントでの交換以外だと、古戦場の勲章500個と交換することでも入手できます。 賢者を取得する際に勲章が足りない、もしくは勲章では別のものを交換したいという場合は、アーカルムポイントで交換しましょう。 ただし、必要なアーカルムポイントが多いので、セフィラ玉髄を交換するとアーカルム召喚石の上限解放に遅れが出ます。 アーカルムポイント週上限UP 在庫:2 難易度HARDと難易度EXTREMEの全ステージをクリアで各1個ずつ交換できるようになり、 1個につきアーカルムポイントの週上限が2万アップします。 最大5万 難易度EXTREMEを周回するようになると、特にキャンペーン中は初期状態だとアーカルムポイントが週上限に達しやすくなります。 1個目は優先的に交換して週上限を 3万まで伸ばしておきましょう。 2個目は、1週間でアーカルムポイントが3万を超えることがほぼないので、無理に交換する必要はありません。 場合によっては交換したいもの 基本的には、上で紹介したものを交換するのがオススメですが、場合によっては以下のものを交換してもいいでしょう。 モニカ• アーカルムパスポート所持上限UP モニカ 交換に必要なアーカルムポイントが多い上に、性能もさほど強力ではありません。 ただし、風属性SSRキャラが不足している場合や、キャラ自体が好きな場合は交換してもいいでしょう。 アーカルムパスポート所持上限UP 在庫:4 1個交換するごとにアーカルムパスポートの所持上限が 5枚増えます。 アーカルムパスポートは、初期状態だと10枚まで所持できるので、毎日しっかり消費できる場合は、交換する必要はありません。 ただし、キャンペーン中などのアーカルムパスポートが2枚配布される期間にアーカルムをプレイできない日が続くと、アーカルムパスポートが溢れることがあります。 溢れた場合は、 アーカルムパスポートが無駄になってしまうので、溢れそうなら事前に交換しておきましょう。 優先度が低いもの 以下のものは、基本的に交換する必要はありません。 天球儀以外のアーカルム専用アイテム• 月光晶• ブラックラビット• ヴェルム文書• 各ポイントのフラグメント• セフィラ武器 天球儀以外のアーカルム専用アイテム アーカルムは、アイテムはなるべく使わずに攻略していきます。 これらがないとどうしてもクリアできない場合は別ですが、基本的には交換しないことをオススメします。 月光晶 月光晶は、カジノでメダルと交換することでも入手できます。 そのため、貴重なアーカルムポイントを使って交換する必要はありません。 ブラックラビット 同じ性能の召喚石が欲しいなら、フリークエストで入手できる ホワイトラビットで事足ります。 交換に必要なアーカルムポイントも多いので、ドロップ石が欲しいならホワイトラビットを取りに行きましょう。 イベント「プレガンド・コーラス」で「ノビヨ」を入手している場合は、そちらでもいいです。 ヴェルム文書 アーカルム召喚石の上限解放に必要ですが、アーカルムの道中で十分な数を入手できます。 そのため、アーカルムポイントで交換する必要はありません。 ですが、後々余ってくるので、アーカルムポイントで交換する必要はありません。 各ポイントのフラグメント アーカルム召喚石の4凸に 10個、5凸に 20個必要になります。 時期によっては足りないこともありますが、交換に必要なアーカルムポイントが多いこと。 そして、現在ではこれらを落とすボスが出現しやすくなったので、交換する必要性がさらに薄くなりました。 基本的には、難易度EXTREMEを周回して増やしていきましょう。 セフィラ武器 ゲーム序盤なら繋ぎとして使えます。 また、セフィラの翠剣・翠刀はスラ爆でも使えます。 ただし、アーカルムの探索中にドロップする上に長く使える武器ではないので、アーカルムポイントで交換する必要はありません。 まとめ アーカルムポイントでは、基本的には複数のアーカルム召喚石の上限解放を目指すならセフィラストーンを交換。 十賢者の取得を優先する場合は、アストラを交換するのがオススメです。 あとは必要なら星導の天球儀、金剛晶、セフィラ玉髄、アーカルムポイント週上限UPなどを交換していきましょう。

次の

召喚石概要/アーカルムシリーズ

グラブル アーカルム

アーカルムの転世とは 「セフィラ島」を探索し、トレジャーや武器を手に入れよう。 手に入れたトレジャーを用いて召喚石「」を手に入れよう。 召喚石「」を強化して、「」を仲間にしよう。 期間限定イベントではなく、1人で毎日少しずつ進めるタイプの常設コンテンツ。 (2016年にものを大幅改修・リニューアルのうえ、2017年11月29日に再実装された。 ) 間違えやすいが「アーカルムの転 生」ではない。 検索や編集の際には注意しよう。 探索中にSSRマグナ武器 難易度HARDでは召喚石マルチ武器も ドロップがある。 難易度HARDの3ルート全てをクリアすると風のSSRキャラ「モニカ」をアーカルムポイント20000で入手できるようになる。 獲得できる召喚石「」はSRでも編成に入れられる性能。 等のメリットがある。 1回の探索で進むことのできるステージ数が限られているため、早く開始すればそれだけ戦力アップに直結すると思われる。 「アーカルムの転世」のチュートリアルを完了していないプレイヤーは、探索に必要な「アーカルムパスポート」を受け取ることができない。 そして、チュートリアルをプレイするためには、メインクエスト第44章をクリアした上で、フリークエスト「胎動する世界」 後述 」をクリアすることが条件となる。 メインクエストを進めていないプレイヤーは、 一日も早く「胎動する世界」をクリアすることを目指そう。 「アーカルムの転世」コンテンツ内ではないことに注意。 ターン開始時のキャラ演出において、同じ演出が繰り返し再生されないように調整。 各ポイントに出現するアーカルムシリーズが、アーカルムパスポートを使うたびに再抽選されるように修正。 一部のマップで進行ができなくなる不具合を修正。 「アーカルムパスポート」は チュートリアル完了後、1日1回 5:00に 発行されるようになる。 自分で受け取りに行く必要は無く、自動で入手。 チュートリアルの初回クリア時にも1枚配布される。 アーカルムパスポートの所持上限は初期状態で10枚。 所持数がそれ以上だと1日1回の配布が行われない。 プレゼントされた物を受け取った場合は、上限を超えて所持することは可能 アーカルムポイント交換の「アーカルムパスポート所持上限UP」を使用して上限を最大90まで上げることが可能。 現在の所有数は、マイページで確認できる。 探索1回 アーカルムパスポート1つ使用 ごとに1箇所を選んで入場する。 各ポイントごとの明確な違い 出現するボスモンスターとそのドロップアイテムが異なる。 ボスステージは3箇所あり、それぞれ下表の選択肢からランダムに1体が出現する。 ドロップも出現したボスに対応したアイテムとなる。 難易度EXTREMEでは、稀に出現する「ルビガメ」 アクイラ 、「アルデバラン」 ベラトール 、「カストル&ポルックス」 ケルサス のみ入場したポイントごとに異なる。 ドロップするアイテムも入場したポイントに対応したアイテムとなる。 難易度HARDは、難易度NORMALで3箇所のポイントを全てクリアすることで挑戦可能になる。 同様に、難易度EXTREMEは難易度HARDで3箇所のポイントを全てクリアすることで挑戦可能になる。 本格的な素材集めはHARD・EXTREMEからになるので、まずはどこからどう進めても構わない。 ひととおりクリアできた後は、進めるポイントは、対戦したいボスモンスター = にあわせて 自分にあった難易度を選ぶと良いだろう。 攻略方法についてはリンク先を参照。 ステージの構成 各難易度・ポイントとも、ステージは27つで構成されている。 目的地「セフィラ大平原」への一本道だが、各ポイント・難易度ごとに異なる場所を経由する。 途中でTP切れ・全滅などで探索終了しなければ、探索1回 アーカルムパスポート1つ使用 で、選択したポイントを3ステージずつ進めることができる。 1-1から目的地の9-3まで踏破するのに最短でアーカルムパスポートを9つ消費する。 9-3まで踏破すると再度1-1から再挑戦可能となる。 進行状況は探索1回ごとに各難易度・ポイントで別々に記録されるため、アーカルムパスポートの1つ目でアクイラを、2つ目でケルサスを進めるというようなことは可能。 ステージ名: 1-1〜3-3、4-1〜6-3、7-1〜8-3には、各ポイント・難易度ごとにそれぞれ異なる場所名がつけられている。 9-1〜9-3は全て探索の目的地「セフィラ大平原」。 チェックポイント: 3ステージごと 末尾が「-3」のステージ にある。 合計9箇所。 進行状況を保存して探索終了となる。 ボスステージ: 3-3、6-3、9-3の3箇所。 スタートのマスとボスマスのみ。 出現するボスモンスターは次のようになる。 3-3と6-3: 「ディスカード・パペット」 ポイントごとに属性が異なる 9-3: アーカルムシリーズ ポイントごとに異なる 探索中に起こること 通常の探索 ステージ1つは複数のエリアで構成されており、解放済みエリアであればTP消費なしに行き来することができる。 エリアを探索すると、• 宝箱を拾う。 金箱と銀箱があり、中身はトレジャー、アーカルムの転世専用アイテム、 ステータス効果、行動制限解除、ミミック モンスター のいずれか。 ミミックだった場合は即バトル開始となるが、討伐時のドロップ報酬が美味しいので積極的に狩ろう。 モンスターを発見する、または遭遇する。 特に強い敵が現れるときは、「DANGER!」などが表示される。 「ENCOUNT! 」表示が出た場合は即バトル開始 一覧のモンスターの枠にタッチする以外の行動はできない。 モンスターが一覧に表示されているだけの場合は、モンスターの枠にタッチするとバトル開始。 ステージクリア条件がモンスター討伐でなければ無視して進めることも可能。 封門石が置かれている。 一覧の封門石の枠にタッチすると破壊でき、破壊した後に金箱or銀箱が出現することがある。 ただし、破壊直後に敵が出現することもあり、その場合は上記の「ENCOUNT! 」表示扱いとなり即バトル開始。 この場合、敵を撃破完了することで封門石の破壊として扱われる。 道が封鎖されている。 「!!」の表示 すべてのエリアに宝箱が表示される。 出現する宝箱の種類は金箱と銀箱だが、宝箱の中身が行動制限解除、ミミックの場合もある。 「?」の表示 一瞬だけ宝箱のあるエリアを見ることができる。 制限はそのステージのみ。 また、宝箱を開けて「行動制限解除」だった場合は、開けた時点で制限はなくなる。 宝箱を開けて「ステータス効果」が発動する場合がある。 一覧には敵の名前がひとつだけ、または名前が伏せられて???と表示されるが、属性アイコンが複数ある場合は、その属性アイコンの色と数で敵の属性と数がわかる。 また、難易度の目安としてHP・ATKの数値が表示されるが、敵モンスターが複数の場合はそれぞれの合計値を表示しているものと思われる。 そのため、敵が複数の場合は、単体の能力はそこまで強くない場合が多い。 逆に、単体で出現する数値の高い敵や「DANGER! 」表示のある敵、ステージボスはNORMALステージでもかなり強いので要注意。 アーカルムの転世のバトルは、通常時とは以下の点で異なる。 サポーター召喚石はない。 エリクシールは使用できない。 代わりに「」を使うことが出来る。 なお、騎空団サポート「ポーションメーカー」は有効 ポーションを所持した状態でバトルが始まる• バトル開始、バトルの1ターン終了ごと、バトルから自主撤退 でそれぞれTPを消費する。 通常時のバトルと同じく、アビリティのみで倒した場合は0ターン行動したと見なされる。 この場合はバトル開始に伴うTPの消費のみですみ、ターン経過分のTPは消費されない。 そのため、強力なダメージアビリティなどを駆使してできるだけ少ない経過ターンで仕留められれば、TP節約の面で有利になると考えられる。 具体的には、ディスペア剣聖やのグラウンドゼロなど。 ただし時々強い敵もいるので注意。 難易度HARDなど探索エリアが広大になったり強敵と戦う時に、特に意識する必要がでてくると思われる。 難易度NORMALはTPが余りやすいので、TP節約を気にかける必要性は薄い。 また、バトルで全滅すると探索終了だが、 バトル中に、メニューから自主撤退を行う場合はTPを消費するのみ。 あたった敵が強く戦いづらい場合はTPを支払って撤退し、編成しなおして再度挑戦することが可能。 なお、敵は一度出現したら撤退再挑戦しても変更されず固定。 再挑戦時は、一覧で初挑戦時に???表示だった敵も名前が表示される。 サポーター召喚石使用不可について 自分のメイン召喚石のみなので最大火力を出すためには、普段使用している装備編成と異なる編成を組む必要がある。 特に 自分のメイン召喚石をマグナ石、フレンドに属性石の マグナ編成を使用している場合は火力が大幅に減少する。 アーカルムの転世に挑む前に、一度を利用してメイン召喚石の選択の段階から装備編成を見直すことを勧める。 アーカルムポイントについて アーカルムポイントは、以下の場合に獲得できる。 アーカルムポイントを用いて、専用アイテムやトレジャーとポイント交換を行える。 アーカルムポイントの現在の所持量は、マイページで確認できる。 アーカルムポイントは1週間で最大10000まで、累計で最大50000まで貯めることが可能。 ボスとして出現するアーカルムシリーズの種類を選べる。 9-3に到達すると ステージ番号の先頭が「9ー」のステージ名は、入場したポイントや難易度にかかわらず全て「セフィラ大平原」となる。 最終ステージの「9-3」はボスステージであり、入場したポイントに対応するアーカルムシリーズが登場する。 各ポイントごとに登場するアーカルムシリーズは異なる 各ポイントのページにまとめています。 情報募集中!• 一度登場したボスは撤退しても変更できない。 各ポイントで登場するボスは基本的にランダムだが、まだ遭遇していないボスがいた場合はそのボスが優先して登場する。 (既に遭遇済みのボスが出ることもある。 戦いたいボスと違うボスが出てきた場合、選択肢は3つある。 そのままそのボスと戦う。 一度探索終了して再度探索開始すると、出現候補から再抽選が行われる。 アーカルムパスポートを1枚余計に消費する形になる。 あくまで再抽選であり、希望のボスが出現するとは限らない。 「星導の天球儀」を使うことで、戦いたいアーカルムシリーズボスに変更可能。 「星導の天球儀」は、で1500ポイント。 交換してすぐ使用可能。 難易度NORMALを3ポイントとも踏破しないと交換することができない。 9-3ボスを撃破すると ・ドロップ報酬として撃破したボスに対応したアストラとイデア、セフィラストーンを獲得できる。 ・直後にステージクリア報酬として赤箱を獲得できる。 こちらは撃破したボスとは無関係。 ・チェックを行うとステージクリアとなり、1-1から再度探索を行うことができる。 難易度NORMALで3つのポイント全て9-3まで踏破すると ・難易度HARDが解放される ・「星導の天球儀」 現在挑戦中のポイントで出現候補のアーカルムシリーズから挑戦したいものを選べる をで入手可能になる。 週上限を40000に出来る をで入手可能になる。 難易度HARDで交換した物とあわせ週上限を最大60000に出来る をで入手可能になる。 開始すると一瞬で探索を行い、トレジャーやアーカルムポイントを入手することが可能。 開始時は通常の探索と同様に、アーカルムパスポートを1つ消費のうえ、探索したいポイントを選択する。 簡易探索を行える条件は「その難易度のそのポイントを、ステージ9までクリアしたことがある」こと。 ボス戦 x-3 は普通に戦う。 SSRマグナ武器・通常トレジャーは入手の報告あり• アーカルム召喚石の強化専用トレジャーと、セフィリアン・オールドウェポンはドロップしない模様。 アーカルムポイントの獲得量は通常探索で得られる量の半分程度?• ・難易度NORMALで3つのポイントを全て踏破すると交換可能になる ・アーカルムシリーズが出現しているステージでのみ使用可能 ・このアイテムのみ、探索中に交換しても所持数に即時反映 アーカルムパスポート 所持上限UP 1 1 2000 アーカルムパスポートの所持数上限 初期状態で 10枚 が1つ使用につき 20増加します。 2 1 2000 3 1 2000 4 1 2000 アーカルムポイント週上限UP 1 1 1000 アーカルムポイントのウィークリー獲得上限が1つ使用につき 10000増加します。 1年以上やったから正直な感想を言うぜ。 簡易探索は地雷ってわかってるし。 EXボス無しエリアでは手動全滅で750ポイントぐらいに対し簡易では500ポイントだからポイントは3分の2ぐらいだね。 セフィラ装備も簡易探索で落ちるよね? セフィラ装備も簡易探索で落ちるよね? 落ちるね。 ここで言う単体敵はパペットではなく雑魚のことやろ。 すみません、どなたか教えて欲しいです。 以前はあったのですが、交換先に何か月も金剛晶が表示されません。 有難う御座います。 問い合わせしてみようと思います。 簡易でチケット3倍消費で報酬3倍とかやってほしいな。 チケット溜まりすぎて消費つらい -- [uZKoGBpJYJk] 2020-05-12 火 20:15:42• やる気出しても欲しい属性のモブ出ないからトレハンもくそもなく文書がいつまで経っても集まらんな、このゴミコンテンツ見直すの遅すぎる。 ポイント毎に出てくる雑魚の属性偏らせてくれ、テンポの悪さと素材の集めにくさでどんだけ時間を無駄にさせるんだか -- [AKq. oFAyBX2] 2020-06-07 日 09:53:52.

次の

【危険】アーカルム簡易探索の実践結果からデメリットを解説

グラブル アーカルム

しかし、アーカルムに簡易探索機能が実装され、 手動探索でのドロップ差があるのかを知りたい人も居ると思うので、 【 手動周回をした場合で1周で集まる素材の数】 【 簡易探索をした場合で1周で集まる素材の数】 この【手動9チケット】と【簡易9チケット】の違いをまとめ、 手動と簡易でどれだけ素材の数に差が出るのかを分かりやすく編集しました。 感謝しなさい 今回はアーカルムの難易度Extremeにおいて、 1周 9チケット分 を終えた段階でどれくらい素材が集まるのかを検証しました。 ただ検証するだけではなく、記事トップのお知らせにも書いたように、 【手動周回をした場合の素材のドロップ数】 【簡易探索をした場合の素材のドロップ数】 この2つの結果を収集して比較をしてみることにしました。 こんな七面倒臭いことを他にやるような人はそうそう居ないでしょう? また、この記事を見る前に、覚えておいて欲しい事と、 検証と比較をした上での前提などを知っておいてくださいね。 銀ミミック:5回• 金ミミック:0回• カストル:5回• ゲートキーパー:1回 という構成で、残念ながら金ミミックの出現はありませんでした。 また、銀ミミックのドロップ内容についてですが、 恐らくアーカルム石・キャラの上限解放に関わる素材は無いと思われます。 ちなみに【ソウルシード】が0個なのに記載がある事についてですが、 簡易探索をした際にはドロップをしたため、一応掲載をしておくだけしておきました。 それでは次は【 簡易探索をした場合で1周で集まる素材の数】の詳細を見ていきましょう。 簡易探索1周 9チケット分 で集まる素材の数について 『今日は面倒くさいから』 『チケット貯まりすぎてヤバい。 面倒くさい』 そんな理由で簡易探索をしてしまう人は結構居るんじゃないでしょうか? 別に他人のアカウントの状況とかどうでもいいんですけど、 もしあなたが『アーカルムの素材は効率よく集めたい』タイプの人間である場合は、 決して【簡易探索】でアーカルムを消化してしまうことはオススメしません。 そう、結論から言うと、簡易探索はサクッとチケットの消化は出来るものの、 ドロップする物の数が手動で周回した場合との差がありすぎて損をしているんです。 ご自身で手動と簡易探索のアイテムの数の差を検証しましたか? 誰か他に検証している情報を掲載していたりして差を知っていますか? それなら別に見なくてもヤバさは分かると思うのでスルーして良いです。 が、差を知らずに簡易探索をしてる人は1度は知っておくことをオススメします。 アイテム詳細 個数 巻物 4 書物 2 下位宝珠 1 上位宝珠 7 ジーン 1 爪 3 通常素材 17 属性エレメント 10 ハーフエリクシール 8 ソウルシード 50 SSR武器 3 ヘイズ 3 セフィラストーン 7 フラグメント 0 アストラ 9 イデア 8 手動周回した場合の表を見た後のこの表はなんとも荒んで見えることでしょうかw 知っている方は知っていると思いますが、簡易探索をすると【フラグメント】は落ちないので、 最終的に必要になるのに必要数持ってない状態で簡易探索をしてる人は要注意。 はい、まあ分かってますよ。 手動と簡易探索の結果の表を並べてもらわんと分からんのでしょう? ほいたら… 手動消化と簡易探索でのドロップ数の差について 表で比較すると差が一目瞭然で面白いですよ。 もはや『簡易探索をしてはいけない』と思い込ませる効果があるくらいに違いますからね。 複数属性のアストラの合計のドロップ値を記入しているので、あなたの欲しいアストラ、 例えば【土精のアストラ】が欲しい場合、1周で26個前後が落ちるとは思わないでください。 しかも【ポイント・ケルサス】に関しては• 【闇】デス• 【風】テンペランス• 【土】タワー• 【光】スター この4属性のアストラが主に落ちやすいエリアであり、 他の【アクイラ 土・火 】と【ベラトール 水・風 】と比較すると、 ピンポイントの属性のアストラを集めるのが非常に非常率なルートです。 かと言ってケルサス以外で光と闇のアストラを集めるのは無謀です。 もう1エリア、光と闇のボスだけのエリアを追加すれば良いんですよ。 ユーザーの意見を聞き入れないCygames 笑 には期待できませんが。 アストラを効率良く集めるような話の流れになりそうなので軌道修正しますが、 アーカルム専用素材を重点的に集めたい人は簡易探索ではなく、 手動周回をしたほうが効率良くあつまるのは目に見えています。 簡易探索は時間を節約できますが、手動周回と比較して損する要素が多すぎるので、 あなたがどのように周回するかは自由ですが、管理人としてはオススメしません。 それではまとめに入る前に、取得できるアーカルムポイントの差も見ていきましょう。 手動周回と簡易探索で得られるアーカルムポイントの差について 危うくこのトピックについて言及し忘れたまま記事を上げるところでした。 危ない危ない。 目当ての素材のドロップ数の差に気を取られる人も多いと思いますが、 周回して得られるアーカルムポイントにも差があるんですよ。 ポイントってアストラや玉髄などを交換するのに使いますよね? ポイントがあればあるだけ、困った時の助けにもなるので、 可能であれば多く集められる手段を選択しておきたいですよね。 …っていうか、もうここまで読んでればどっちのほうが多く得られるか分かるかw 手動消化のポイント数 簡易探索のポイント数 討伐取得分 6,346 4,900 ステージ消化分 1,800 1,800 合計値 8,146 6,700 もしかしたら【手動消化】のポイントの合計値の計算ミスがあるかもしれませんが、 あっても誤差レベルの差だと思われるので気にしないでください。 ステージクリア分APTを引いた手動周回した合計APTである【6,346】に近いので多分計算ミスはしてない。 と思いたい。 ステージクリア時に得られるポイントは手動・簡易に関わらず一律で200Pt。 中ボスやラスボスのステージと雑魚のみのエリアも同じ条件が適応されています。 この840APTを手動周回の合計値である【8,146】から引くと【7,306】。 手動周回にてレアモンスター分のAPTを抜きにした【7,306APT】と、 簡易探索をした場合に得たトータルAPTである【6,700APT】を比べましょう。 しかしレアモンスター込みのAPTである【8,146APT】と【6,700APT】の差は… 【1,446APT】となっており、アストラ1個分のポイント差となっています。 必ずしも手動周回をしたら今回検証した時と同じようなレアモンスターの遭遇率になる保証は有りませんが、9チケット分のみで見るのではなく、長い目で見ると手動周回と簡易探索の差はかなり大きく広がる事が分かるでしょう。 ただ、アーカルムポイントの目的のみで『少しだけ簡易探索をする』くらいなら咎められないレベルであり、そんなに気にするほどの差は無い事もデータから見て分かることです。 アーカルムポイントとドロップ素材の双方を考えるならば、 やはり手動周回をしたほうが色々と利点が多いのは変わりませんね。 手動周回 or 簡易探索 まとめ ここまでちゃんと読んだ人は改めて結論を伝える必要はないかと思いますが、 『簡易探索は手動周回と比較すると損する要素が多すぎる』という結論です。 あえて簡易探索をするメリットを考えてみましょうか。

次の