あしかがフラワーパーク クリスマスイルミネーション。 【2019】あしかがフラワーパークの混雑まとめ!大藤まつり&イルミネーションに注意!混雑回避方法も!

【2019】あしかがフラワーパークの混雑まとめ!大藤まつり&イルミネーションに注意!混雑回避方法も!

あしかがフラワーパーク クリスマスイルミネーション

スポンサーリンク あしかがフラワーパークの「光の花の庭」クリスマスファンタジーはいつからいつまで? クリスマスイルミネーションに変わるのは 11月下旬から12月下旬まで。 イルミネーションは 日没を迎え始める 16時30分頃から 夜の部として点灯。 夜の部の入園は 15時30分からとなります。 平日の閉園は21時。 土日祝の閉園は21時30分です。 15時30分より前の入園は昼の部になります。 イルミネーションが始まり30分後の17時には退場しないと いけなくなりますのでイルミネーションを楽しみに 行かれる方は注意しましょう。 あしかがフラワーパークの「光の花の庭」で 10月26日から開催されている 光とアメジストセージの融合と題した イルミネーションは11月中旬で終了。 12月下旬のクリスマスファンタジーが終わると 元日から2月6日まで 光と冬咲きボタンの競演と題した 新年のイルミネーションが始まります。 クリスマスイルミネーションだけでなく 3バージョンも楽しめるのでこれもまた 楽しみが倍増します。 あしかがフラワーパークの「光の花の庭」クリスマスファンタジーの見どころ そしてクリスマスファンタジーと題した クリスマスイルミネーションがスタート! 夜景コンベンションビューローが認定する 日本三大イルミネーションにセレクト。 2018年まで3年連続で全国の夜景鑑賞士が選ぶ 全国イルミネーションランキング イルミネーション部門で全国1位。 ハウステンボス光の王国、 さっぽろホワイトイルミネーションを 超える豪華ぶりです。 2019年のクリスマスファンタジー メリークリスマス!と真っ暗の夜空に 輝かしいクリスマスの文字とイラストがくっきり! 94000㎡を誇る敷地の中に数々のイルミネーションがぎっしり。 大藤まつりでも有名な藤の花には幻想てきなイルミネーションで 飾り付けられています。 2019年のクリスマスファンタジーと題した クリスマスイルミネーションを楽しみましょう。 スポンサーリンク 2018年のクリスマスファンタジー 敷地面積が94000㎡でとっても広い! どこまで続くのかしらと思える敷地内は イルミネーションに飽きることなく 満喫することが出来ます。 平な花壇もイルミネーションのお花畑。 高台の方ではル神戸のミナリエを思わせるような 気高いキャッスル。 思わず登って記念写真を撮りたくなります。 サンタさんも夜空に映えるイルミネーション。 イッツ・ア・スモールワールドのようなおとぎの世界も表現。 「銀河鉄道の夜」も素敵に夜空を飾ります。 様ざなまテーマがあしかがフラワーパークには盛り込まれていて 年齢を問わず楽しむことが出来ます。 スポンサーリンク あしかがフラワーパークのおすすめグルメ 11月後半から12月にかけてのクリスマスシーズンは 気温も下がり夜となればかなり冷え込みます。 そんな中で食べたくあるのは温かいもの。 コーンスープやオニオングラタンスープ、 クラムチャウダースープなどもオススメ。 また足利といえば佐野ラーメン! あっさりとした醤油スープが小麦の香る麺の味を 引き出しています。 寒さなんて大丈夫という方には藤の花にちなんだ藤ソフトクリームがオススメ。 あしかがフラワーパークのクリスマスイルミネーションでの寒さ対策 なんて言っても真冬の夜のイベント。 寒さ対策は必須です。 コートやフリーズ、ヒートテック素材のものなど 万全の準備をしてたり カイロをポケットに忍ばせたりと 考えられる寒さ対策はして出かけるようにしましょう。 それでもやっぱり、体は冷えてきます。 その場合は、レストランや仮設のテント内に ストーブがあります。 そこで暖をとるようにしましょう。 スポンサーリンク あしかがフラワーパークのおすすめ土産 藤の花で有名なあしかがフラワーパーク。 あしかがフラワーパーク内で作られている 「藤まんじゅう」がオススメ。 あしかがフラワーパークでしか買うことが 出来ないお土産です。 「ふじのはな物語」というおまんじゅうは こしあん、つぶあん、栗あんが楽しめる これもまたあしかがフラワーパークならではのお土産です。 また、近隣にはいちご狩りの出来る施設もあります。 足利市のある栃木県はいちご「とちおとめ」の産地です。 とちおとめを使った 「とちおとめキットカット」 「とちおとめハッピーターン」がおせんべいなのにいちご味? と思ってしまう素敵なお土産です。 あしかがフラワーパークへのアクセス 2018年4月にあしかがフラワーパークに直結している JR両毛線「あしかがフラワーパーク」駅が出来ました。 しかしながら、10月12日の台風19号の被害を受け 両毛線栃木ー足利間は不通です。 復旧するのをしばらくの間待ちましょう。 電車(JR)でのアクセス 両毛線栃木ー足利間が復旧した後の アクセス方法です。 「あしかがフラワーパーク駅」は あしかがフラワーパークが目の前ではありますが 混雑よ避けるように作られた駅なので あしかがフラワーパークの入園入り口からは 少し離れた位置にあります。 といってっも徒歩3分程度。 JR両毛線あしかがフラワーパーク駅を使うのが最も便利。 クリスマスイルミネーションの時期には 夜のイルミネーションに合わせて土日祝のみ 「あしかがイルミネーション号」という 全席指定の臨時快速の直通列車が運行します。 あしかがイルミネーション号の運行区間 大宮~あしかがフラワーパーク• 停車駅 大宮・蓮田・久喜・古河・小山。 栃木・佐野・富田。 あしかがフラワーパーク・足利• 所要時間1時間33分• 運賃 乗車券1520円 特急券530円• 1日往復1本しか走っていません。 乗車券特急券を当日買おうとしても満席で購入することが出来ません。 予め早い目に購入されることをおすすめします。 臨時列車に乗れなかった場合は、在来線のJR両毛線高崎行き あしかがフラワーパークまで行きましょう。 小山駅から37分で到着します。 臨時列車あしかがイルミネーション号の到着時には チケット売り場が混雑します。 在来線やお車で行かれる方はあしかがイルミネーション号が到着する 16時48分より前に到着してチケットを購入するのが良いでしょう。 もしくはお得な前売りチケットを購入することも出来ます。 前売りチケットで入場前の混雑を避けるのも良いでしょう。 電車(東武伊勢崎線)でのアクセス 館林で東武伊勢崎線から東武佐野線に乗り換え さらに東武佐野線の佐野市駅でJR両毛線に乗り換え 「あしかがフラワーパーク」駅下車。 これは両毛線が復旧してからのアクセス方法です。 両毛線が不通の間は東武伊勢崎線足利駅からシャトルバスの利用となります。 東武伊勢崎線足利市駅から土日祝のみシャトルバスが運行しています。 電車で行く場合は土日であれば足利市駅からシャトルバスに 乗る方法もあります。 シャトルバスの運行時間は夜の部を目的に行く場合、 東武足利市駅 南口 出発 あしかがフラワーパーク 到着 14時50分 15時20分 15時50分 16時20分 混雑時は複数台のシャトルバスによるピストン輸送となります。 複数台シャトルバスが出るにせよシャトルバスについても定員があります。 満員で乗り切れないこともありますので 早い目に足利市駅に到着するようにしましょう。 交通事情により時刻表通りに運行されないこともあるので 余裕をもって行動するようにしましょう。 こちらも参考にしてください。 車でのアクセス 両毛線が復旧するまでの主なアクセス方法になります。 東北自動車道より:佐野藤岡ICより、国道50号前橋・足利方面進行(所要時間平日で約18分)• 北関東自動車道より:太田桐生ICより、国道122号経由、国道50号足利・小山方面進行(所要時間平日で約20分)• 北関東自動車道より:足利ICより、国道293号経由、県道67号佐野方面進行(所要時間平日で約15分)• 北関東自動車道より:佐野田沼ICより、県道16号経由、県道67号足利方面進行(所要時間平日で約12分) スポンサーリンク あしかがフラワーパークのクリスマスイルミネーションで心をリフレッシュ! 足利といえばやや遠いイメージをお持ちの方が多いかもしれません。 でも、実は12分程度ととっても便利なところです。 あしかがフラワーパークのイルミネーション見どころや お土産、グルメ、そしてアクセス方法についてご紹介してきました。 日本一を誇るイルミネーションを是非防寒対策を 万全にして見に行ってはいかがでしょうか。

次の

【栃木】あしかがフラワーパークのクリスマスイルミネーション2020

あしかがフラワーパーク クリスマスイルミネーション

スポンサーリンク あしかがフラワーパークの「光の花の庭」クリスマスファンタジーはいつからいつまで? クリスマスイルミネーションに変わるのは 11月下旬から12月下旬まで。 イルミネーションは 日没を迎え始める 16時30分頃から 夜の部として点灯。 夜の部の入園は 15時30分からとなります。 平日の閉園は21時。 土日祝の閉園は21時30分です。 15時30分より前の入園は昼の部になります。 イルミネーションが始まり30分後の17時には退場しないと いけなくなりますのでイルミネーションを楽しみに 行かれる方は注意しましょう。 あしかがフラワーパークの「光の花の庭」で 10月26日から開催されている 光とアメジストセージの融合と題した イルミネーションは11月中旬で終了。 12月下旬のクリスマスファンタジーが終わると 元日から2月6日まで 光と冬咲きボタンの競演と題した 新年のイルミネーションが始まります。 クリスマスイルミネーションだけでなく 3バージョンも楽しめるのでこれもまた 楽しみが倍増します。 あしかがフラワーパークの「光の花の庭」クリスマスファンタジーの見どころ そしてクリスマスファンタジーと題した クリスマスイルミネーションがスタート! 夜景コンベンションビューローが認定する 日本三大イルミネーションにセレクト。 2018年まで3年連続で全国の夜景鑑賞士が選ぶ 全国イルミネーションランキング イルミネーション部門で全国1位。 ハウステンボス光の王国、 さっぽろホワイトイルミネーションを 超える豪華ぶりです。 2019年のクリスマスファンタジー メリークリスマス!と真っ暗の夜空に 輝かしいクリスマスの文字とイラストがくっきり! 94000㎡を誇る敷地の中に数々のイルミネーションがぎっしり。 大藤まつりでも有名な藤の花には幻想てきなイルミネーションで 飾り付けられています。 2019年のクリスマスファンタジーと題した クリスマスイルミネーションを楽しみましょう。 スポンサーリンク 2018年のクリスマスファンタジー 敷地面積が94000㎡でとっても広い! どこまで続くのかしらと思える敷地内は イルミネーションに飽きることなく 満喫することが出来ます。 平な花壇もイルミネーションのお花畑。 高台の方ではル神戸のミナリエを思わせるような 気高いキャッスル。 思わず登って記念写真を撮りたくなります。 サンタさんも夜空に映えるイルミネーション。 イッツ・ア・スモールワールドのようなおとぎの世界も表現。 「銀河鉄道の夜」も素敵に夜空を飾ります。 様ざなまテーマがあしかがフラワーパークには盛り込まれていて 年齢を問わず楽しむことが出来ます。 スポンサーリンク あしかがフラワーパークのおすすめグルメ 11月後半から12月にかけてのクリスマスシーズンは 気温も下がり夜となればかなり冷え込みます。 そんな中で食べたくあるのは温かいもの。 コーンスープやオニオングラタンスープ、 クラムチャウダースープなどもオススメ。 また足利といえば佐野ラーメン! あっさりとした醤油スープが小麦の香る麺の味を 引き出しています。 寒さなんて大丈夫という方には藤の花にちなんだ藤ソフトクリームがオススメ。 あしかがフラワーパークのクリスマスイルミネーションでの寒さ対策 なんて言っても真冬の夜のイベント。 寒さ対策は必須です。 コートやフリーズ、ヒートテック素材のものなど 万全の準備をしてたり カイロをポケットに忍ばせたりと 考えられる寒さ対策はして出かけるようにしましょう。 それでもやっぱり、体は冷えてきます。 その場合は、レストランや仮設のテント内に ストーブがあります。 そこで暖をとるようにしましょう。 スポンサーリンク あしかがフラワーパークのおすすめ土産 藤の花で有名なあしかがフラワーパーク。 あしかがフラワーパーク内で作られている 「藤まんじゅう」がオススメ。 あしかがフラワーパークでしか買うことが 出来ないお土産です。 「ふじのはな物語」というおまんじゅうは こしあん、つぶあん、栗あんが楽しめる これもまたあしかがフラワーパークならではのお土産です。 また、近隣にはいちご狩りの出来る施設もあります。 足利市のある栃木県はいちご「とちおとめ」の産地です。 とちおとめを使った 「とちおとめキットカット」 「とちおとめハッピーターン」がおせんべいなのにいちご味? と思ってしまう素敵なお土産です。 あしかがフラワーパークへのアクセス 2018年4月にあしかがフラワーパークに直結している JR両毛線「あしかがフラワーパーク」駅が出来ました。 しかしながら、10月12日の台風19号の被害を受け 両毛線栃木ー足利間は不通です。 復旧するのをしばらくの間待ちましょう。 電車(JR)でのアクセス 両毛線栃木ー足利間が復旧した後の アクセス方法です。 「あしかがフラワーパーク駅」は あしかがフラワーパークが目の前ではありますが 混雑よ避けるように作られた駅なので あしかがフラワーパークの入園入り口からは 少し離れた位置にあります。 といってっも徒歩3分程度。 JR両毛線あしかがフラワーパーク駅を使うのが最も便利。 クリスマスイルミネーションの時期には 夜のイルミネーションに合わせて土日祝のみ 「あしかがイルミネーション号」という 全席指定の臨時快速の直通列車が運行します。 あしかがイルミネーション号の運行区間 大宮~あしかがフラワーパーク• 停車駅 大宮・蓮田・久喜・古河・小山。 栃木・佐野・富田。 あしかがフラワーパーク・足利• 所要時間1時間33分• 運賃 乗車券1520円 特急券530円• 1日往復1本しか走っていません。 乗車券特急券を当日買おうとしても満席で購入することが出来ません。 予め早い目に購入されることをおすすめします。 臨時列車に乗れなかった場合は、在来線のJR両毛線高崎行き あしかがフラワーパークまで行きましょう。 小山駅から37分で到着します。 臨時列車あしかがイルミネーション号の到着時には チケット売り場が混雑します。 在来線やお車で行かれる方はあしかがイルミネーション号が到着する 16時48分より前に到着してチケットを購入するのが良いでしょう。 もしくはお得な前売りチケットを購入することも出来ます。 前売りチケットで入場前の混雑を避けるのも良いでしょう。 電車(東武伊勢崎線)でのアクセス 館林で東武伊勢崎線から東武佐野線に乗り換え さらに東武佐野線の佐野市駅でJR両毛線に乗り換え 「あしかがフラワーパーク」駅下車。 これは両毛線が復旧してからのアクセス方法です。 両毛線が不通の間は東武伊勢崎線足利駅からシャトルバスの利用となります。 東武伊勢崎線足利市駅から土日祝のみシャトルバスが運行しています。 電車で行く場合は土日であれば足利市駅からシャトルバスに 乗る方法もあります。 シャトルバスの運行時間は夜の部を目的に行く場合、 東武足利市駅 南口 出発 あしかがフラワーパーク 到着 14時50分 15時20分 15時50分 16時20分 混雑時は複数台のシャトルバスによるピストン輸送となります。 複数台シャトルバスが出るにせよシャトルバスについても定員があります。 満員で乗り切れないこともありますので 早い目に足利市駅に到着するようにしましょう。 交通事情により時刻表通りに運行されないこともあるので 余裕をもって行動するようにしましょう。 こちらも参考にしてください。 車でのアクセス 両毛線が復旧するまでの主なアクセス方法になります。 東北自動車道より:佐野藤岡ICより、国道50号前橋・足利方面進行(所要時間平日で約18分)• 北関東自動車道より:太田桐生ICより、国道122号経由、国道50号足利・小山方面進行(所要時間平日で約20分)• 北関東自動車道より:足利ICより、国道293号経由、県道67号佐野方面進行(所要時間平日で約15分)• 北関東自動車道より:佐野田沼ICより、県道16号経由、県道67号足利方面進行(所要時間平日で約12分) スポンサーリンク あしかがフラワーパークのクリスマスイルミネーションで心をリフレッシュ! 足利といえばやや遠いイメージをお持ちの方が多いかもしれません。 でも、実は12分程度ととっても便利なところです。 あしかがフラワーパークのイルミネーション見どころや お土産、グルメ、そしてアクセス方法についてご紹介してきました。 日本一を誇るイルミネーションを是非防寒対策を 万全にして見に行ってはいかがでしょうか。

次の

あしかがフラワーパーク「光の花の庭~フラワーファンタジー2020~」〔足利市〕【イルミネーション】|イベントを探す

あしかがフラワーパーク クリスマスイルミネーション

昨日のブログであしかがフラワーパークを取り上げましたので、同園が冬場の花が少ない時にどのようになるのかをご紹介したいと思います。 季節ハズレの内容である点をご容赦願います。 このブログは2016年暮れと2017年暮れに訪れた際に撮影した写真を使用して書いています。 毎年この時期は栃木県小山市にある「いちごの里」に行き、いちご狩り食べ放題でお腹を満たした後に、あしかがフラワーパークのイルミネーションを見ることが、ここ最近の我が家の恒例となっています。 ここは関東3大イルミネーションスポットと言われるだけあって、実に見応えのある内容でした。 昨日のブログで紹介した通り、あしかがフラワーパークは春には見事に咲き誇る巨大藤棚で有名なフラワーパークですが、ここは公営の施設ではなく、営利目的の私営企業であるところが立派だと思います。 一年を通しての集客力アップに、あの手この手といろいろなアイデアで勝負しているところは、見るべきものがあります。 冬場の花が少ないときに始めたのが、光の華な訳です。 それではファンタジーの世界へどうぞ。 まずは2016年版です。 巨大なメリークリスマスの文字が山の斜面に輝いています。 翼はカーブを描いていて、有機 LED のパネルが貼ってあります。 写真では停止していますが、この翼はパタパタと羽ばたくのです。 暗くなってから見ると、鳳凰が飛んでいるようでした。 2016年当時はまだ珍しかったパネルです。 オーロラが輝き、サンタクロースがトナカイのソリに乗って空を駆け、雪がシンシンと舞う中教会でお祈りを捧げている、そんな北ヨーロッパの山間部の街をイメージしているかのようです。 毎年演出に趣向を凝らしているのがわかります。 カップルにはいい演出ですね。 手前の薄紫色は、エレクトリック藤棚の回廊です。 春になると藤の花で埋まり、見事な景観が生まれます。 それが夜になると。。。。 ひまわりにクワガタムシ。 ひまわりはオリンピックのマークのようです。 おとぎ話の世界のようです。 シンデレラがモチーフとなっているのでしょうか。 お城の前庭にはお花畑が広がっています。 後方に飛ぶのは白鳥でしょうか。 今年も開催されることを祈っています。 ashikaga ashikagaflowerpark flowerpark illumination fantasy wisteria tochigi christmas xmasillumination nightview led ledflower castle aurora xmastower christmastower santa santaclaus galaxyexpress999 あしかがフラワーパーク 足利 フラワーパーク イルミネーション ファンタジー 藤棚 藤の花 栃木 クリスマス クリスマスイルミネーション 夜景 お城 オーロラ クリスマスタワー サンタ サンタクロース 銀河鉄道 銀河鉄道999 あしかが フォローする Follow me•

次の