えげつない 語源。 「えぐい」とは?意味と語源は?方言なの?疑問を解消します!

「えげつない」の意味と使い方の例|方言・行為/歌詞/画像/商売

えげつない 語源

「えげつない」の意味と語源とは? 「えげつない」の意味は「非常に露骨でいやらしいこと」 「えげつない」とは「非常に露骨でいやらしいこと」を意味します。 「えげつない」は純粋に露骨なさまやいやらしい様子を指すのではなく、過剰に下品であり、度を越して意地汚い状況を表す言葉となります。 また、手段や方法などに思いやりや心配りがなく、情け容赦ないさまも表しています。 やり方がむき出しで無慈悲であり、むごいさまを意味する時にも使われます。 そのため「えげつない」はあまり良い意味ではありません。 「えげつない」の語源は「いちげない」 「えげつない」の語源は、京阪地方で江戸時代に使われた「意気地なし(いちげなし)」の形容詞「いちげない」が語源であると言われています。 「いちげない」には「むごい」「薄情である」「人情がない」などの意味がありますが、「いちげない」から「いげつない」となり、その後「えげつない」へと変化した言葉となります。 「えげつない」は関西地方の方言 「えげつない」は関西地方の方言で使われていた表現です。 昭和時代にに入ってから、関西のお笑いショーが全国的に盛んに放送され、関西の方言を頻繁に耳にするようになりました。 そのせいか、方言としての認識が薄れ「えげつない」という表現が関西地方以外の地域で浸透したという背景があります。 「えげつない」は関西地方でも「露骨で下品、人情味がない」という意味で使われていますが、使い方はもっと広範囲となり、人や言葉遣い、状況やものごとのあり方など、あらゆるものごとに対し「図々しい」「汚い」という意味で抽象的に使われています。 「えげつない」の使い方と例文 「えげつない」は口語で頻繁に使われる 「えげつない」は文書よりも口語で使われることが多い言葉です。 ものごとが下品で意地汚く、人情にかけ無慈悲な時に、そのニュアンスを一括して一言で表現できるのが「えげつない」であり、話し言葉としても便利な表現の一つとなります。 文書で使う場合は、「えげつなさ」というように名詞として使うことが多いでしょう。 「えげつなさが漂う」「えげつなさが隠しきれない」などのように用いれば、文学的なニュアンスを醸し出すことができます。 「えげつない」を使った例文• 選手のえげつない攻撃に、真摯なスポーツマンシップは微塵も感じ取れない。 課長がすごい剣幕で部下を怒鳴りつけているが、はたから見ていてもえげつない。 給湯室でコソコソ陰口をたたくとは、何ともえげつない行為だ。 えげつないと思われても仕方がない。 成果で彼を抜くにはこの方法しかなかった。 市長のえげつない発言は、瞬く間に市民の冷たい目を生んだ。 まとめ 「えげつない」とは「過剰に露骨で、非常に下品であるさま」を意味します。 人としての情や思いやりがなく容赦のない言動や図々しく感情がむき出しの状態を表す時に使われます。 そのため「えげつない」は人が受容できる我慢や許容の範囲を超えた「意地汚さ」や「いやらしさ」を感じる時に放たれる表現となります。 「えげつない」は関西地方の方言として使われていましたが、現在は全国放送が促進され、エリアを問わず関西の方言を耳にするようになりました。 今では方言という認識がないほど、人々の生活に浸透した表現となっています。 そうはいうものの「えげつない」は、あまりよい印象を与える表現ではありません。 誰かに向かって直接的に放つ場合は、状況や相手を確認してからにしましょう。

次の

ろくでもないの語源とは?漢字や類語や英語での言い方・ろくのつく熟語も

えげつない 語源

ろくでもないの語源は「碌」という漢字や「陸」という漢字にあります。 「碌」という漢字は当て字であり、昔の給料を意味します。 そのため「碌でもない」と表現することによって「給料にもならない」、「価値のない」といったニュアンスを含むようになったと言われています。 また、「陸」という漢字は、呉音の読み方で「ろく」と読まれました。 呉音とは中国の呉という地域で使われるもので、音読みの1つです。 「陸」は、真っ平で水平なさまを表したことから、真っすぐで正しい行いをする人という意味合いがありました。 そのため、「陸でもない(ろくでもない)」と言うことによって、「正しくない」、「いい加減な」、「価値のない」といった意味合いで使われるようになったと言われています。 このようにろくでもないの語源となっている「碌」や「陸」という漢字の意味を覚えておくと、より深くろくでもないという言葉を理解できます。 ろくでもないの意味は語源の「碌」から派生した「価値のない」という意味 ろくでもないの意味は語源の「碌」から派生した「価値のない」という意味です。 また「くだらない」という意味も含みます。 ろくでもないの語源となっている「碌」や「陸」という漢字には、価値や性格を表す意味合いがあったことから、ろくでもないという言葉には、良くないニュアンスが含まれています。 ろくでもないという言葉は、色んなものに対して使われます。 例えば「ろくでもない男」、「ろくでもない商品」、「ろくでもない話」といった具合に、様々なことに使われる表現です。 このようなことから、ろくでもないという表現を把握しておくことで、様々なことを正確に理解できたり、適切な感情表現ができるようになると言われています。 耄碌(もうろく)とは、年齢を重ねることによって頭の回転や身体能力が衰えてくることを意味します。 「うちの父は最近かなり耄碌してきた」などといった使い方をします。 このように耄碌してきた様子には、元気がない様子や覇気がない様子が一因であると考えられています。 まだそんなに年齢を重ねていないにもかかわらず、覇気がなく無気力な様子の人は、早いうちから「耄碌してきた」と思われてしまうかもしれません。 以下の記事では、覇気がない人の特徴や、だるそうな顔の改善方法などについて詳しくお伝えしている記事ですので、ぜひ合わせてご覧ください。 日々のちょっとした心がけで、覇気がある様子や意欲的な印象を周囲の人に与える方法などについてもお伝えしているので、参考になさってください。 ろくでもないのようなろくの付く熟語の2番目は、碌碌(ろくろく)です。 碌碌(ろくろく)とは、役立たずな様子やとりたてて優れた能力がない様子という意味合いがあります。 これらの意味合いが転じて、大きな成功などを成し遂げられない様子を意味することもあります。 「私の人生なんか、碌碌たるものだ」といった使い方がされます。 このように物事に対して悲観的になる時は、肉体的にも精神的にも疲れ切っているケースが多いと言われています。 こういう時には心身を休めた方がいいというサインかもしれないので、無理に頑張らない方がいいという意見もあります。 ちなみに以下の記事では、心身が疲弊している時に頭をよぎりやすい「もういいや」と思う時について詳しくお伝えしています。 恋愛や仕事において「もういいや」と思うことがあるかもしれませんが、そういう時には人生の転機である可能性もあるので、心身を休めながら、今後のことをゆっくりと考えるのもいいかもしれません。 ろくでもないのようなろくの付くことわざの2番目は、碌を盗むということわざです。 碌を盗むは「ろくをぬすむ」と読みます。 碌を盗むという表現には、大した実力ではないのに高額な給料をもらっている、給料泥棒といった意味合いがあります。 最近は、実力がない人や無能な人の「低スペック」と呼ぶ傾向が多く見受けられます。 スペックという仕様や仕様書を表す言葉が、多くの人の間で使われるようになったことから意味が派生したと言われている言葉です。 以下の記事では、低スペックの意味や、低スペックな人の特徴について詳しくお伝えしているので、ぜひ合わせてご覧ください。 また、低スペックな男性が彼女を作る方法についても合わせて紹介しているので、参考になさってください。

次の

えげつないの意味とは?語源や由来・エグいとの違いや使い方例文5選も

えげつない 語源

「えげつない」の意味と語源とは? 「えげつない」の意味は「非常に露骨でいやらしいこと」 「えげつない」とは「非常に露骨でいやらしいこと」を意味します。 「えげつない」は純粋に露骨なさまやいやらしい様子を指すのではなく、過剰に下品であり、度を越して意地汚い状況を表す言葉となります。 また、手段や方法などに思いやりや心配りがなく、情け容赦ないさまも表しています。 やり方がむき出しで無慈悲であり、むごいさまを意味する時にも使われます。 そのため「えげつない」はあまり良い意味ではありません。 「えげつない」の語源は「いちげない」 「えげつない」の語源は、京阪地方で江戸時代に使われた「意気地なし(いちげなし)」の形容詞「いちげない」が語源であると言われています。 「いちげない」には「むごい」「薄情である」「人情がない」などの意味がありますが、「いちげない」から「いげつない」となり、その後「えげつない」へと変化した言葉となります。 「えげつない」は関西地方の方言 「えげつない」は関西地方の方言で使われていた表現です。 昭和時代にに入ってから、関西のお笑いショーが全国的に盛んに放送され、関西の方言を頻繁に耳にするようになりました。 そのせいか、方言としての認識が薄れ「えげつない」という表現が関西地方以外の地域で浸透したという背景があります。 「えげつない」は関西地方でも「露骨で下品、人情味がない」という意味で使われていますが、使い方はもっと広範囲となり、人や言葉遣い、状況やものごとのあり方など、あらゆるものごとに対し「図々しい」「汚い」という意味で抽象的に使われています。 「えげつない」の使い方と例文 「えげつない」は口語で頻繁に使われる 「えげつない」は文書よりも口語で使われることが多い言葉です。 ものごとが下品で意地汚く、人情にかけ無慈悲な時に、そのニュアンスを一括して一言で表現できるのが「えげつない」であり、話し言葉としても便利な表現の一つとなります。 文書で使う場合は、「えげつなさ」というように名詞として使うことが多いでしょう。 「えげつなさが漂う」「えげつなさが隠しきれない」などのように用いれば、文学的なニュアンスを醸し出すことができます。 「えげつない」を使った例文• 選手のえげつない攻撃に、真摯なスポーツマンシップは微塵も感じ取れない。 課長がすごい剣幕で部下を怒鳴りつけているが、はたから見ていてもえげつない。 給湯室でコソコソ陰口をたたくとは、何ともえげつない行為だ。 えげつないと思われても仕方がない。 成果で彼を抜くにはこの方法しかなかった。 市長のえげつない発言は、瞬く間に市民の冷たい目を生んだ。 まとめ 「えげつない」とは「過剰に露骨で、非常に下品であるさま」を意味します。 人としての情や思いやりがなく容赦のない言動や図々しく感情がむき出しの状態を表す時に使われます。 そのため「えげつない」は人が受容できる我慢や許容の範囲を超えた「意地汚さ」や「いやらしさ」を感じる時に放たれる表現となります。 「えげつない」は関西地方の方言として使われていましたが、現在は全国放送が促進され、エリアを問わず関西の方言を耳にするようになりました。 今では方言という認識がないほど、人々の生活に浸透した表現となっています。 そうはいうものの「えげつない」は、あまりよい印象を与える表現ではありません。 誰かに向かって直接的に放つ場合は、状況や相手を確認してからにしましょう。

次の