胡蝶カナエ。 胡蝶カナエのコスプレ衣装とメイク方法&画像は?カラコンは何色がおすすめ?

鬼喰の血刃【きじきのやいば】

胡蝶カナエ

胡蝶 しのぶ 鬼サツ隊の最高位「柱」の一人 蟲柱(むしばしら) 年齢 18歳 女性 大きな蝶の髪飾りと、 蝶の羽のような柄の羽織が特徴。 「顔だけで飯食っていけそう」と 善逸が言うくらいかわいい。 蟲の呼吸剣術と鬼をコロせる毒を使う。 柱の中で唯一、 鬼の首が斬れない剣士。 (斬れないのか、斬らないのか不明) わたしは斬らないのではないかと思っています。 しのぶの笑った顔が好き。 カナエの願いとしのぶの気持 蝶屋敷の屋根の上で、 呼吸の訓練中の炭治郎のもとに しのぶがやってきました。 どうして屋敷に連れて来てくれたんですか? きく炭治郎に、 禰豆子の存在が公認となり、 みんなの怪我が酷かったからとこたえ、 ついでのように、 君には私の夢を 託そうと思って (50話 引用) 笑顔で言います。 その笑顔のしのぶに、 怒っている匂いを感じていた 炭治郎は、 怒っていますか? (50話 引用) 不意を突かれたように 真顔になったしのぶが、 最愛の姉を鬼に惨サツされてから、 鬼に大切な人を奪われた涙や 絶望の叫びを聞く度に 怒りが蓄積されていく事を 打ち明けます。 姉のカナエが、 優しくて鬼に同情していた。 鬼と仲良くする夢を持っていたことをはなし、 でも、 自分はそんな風に思えなっかった。 それが姉の想いだったなら 私が継がなければ 姉が好きだと 言ってくれた 笑顔を 絶やすことなく (50話 引用) しのぶさんのいつも笑顔の理由は これだったんですね。 いつから頑張ってきたんでしょう? 剣士として鬼と対峙してきたしのぶは、 鬼の嫌なところばかりを見てきて、 カナエの想いを継ぎたい気持ちと、 自分の鬼に対する嫌悪感の間で、 疲れてしまったようです。 炭治郎に託した気持ち しのぶは炭治郎の優しさに 姉カナエと同じものを見たんでしょう。 自分の中でははどうしても 拭い去れない鬼への嫌悪感が、 禰豆子という鬼を守り抜いて、 剣士として頑張っている 炭治郎の応援をすることで 楽になるのかもしれませんね。 君が頑張って くれていると思うと 私は安心する 気持ちが楽になる (50話 引用) そう言って離れていきました。 その思いを受け取って、 炭治郎は鍛錬に励みます。 蜘蛛の鬼、累の姉役の鬼に 「正しく罰を受けて生まれ変わる」と 提案しています。 もしかしたら、 その提案は本気で、 鬼の討伐の度に言っているのかもしれません。 その度に、 保身のため嘘をつかれていたら・・・ 仲良くするなんて無理ですよね。 気持ちを炭治郎に話して、 託したことで少しでも 楽になれたらいいですね。

次の

【鬼滅の刃考察】しのぶの笑顔の理由が悲しずぎる! 姉カナエとの約束。

胡蝶カナエ

概要 鬼滅の刃のカップリングの一つ。 とのカップリング。 不死川が風柱に任命され、初めての柱合会議での事。 不敬にも不死川がお館様に暴言を吐いた際、カナエが不死川の羽織の袖を握っていたり、腕に触れている様子、その後穏やかに不死川を窘めるシーンなど、原作内ではささやかな接点のみ伺えた。 しかし突如、公式から爆弾が落とされる。 それによると、 不死川実弥先生は胡蝶カナエ先生と一緒に話していることが多いらしい。 計画は不死川先生の恐ろしさが知れ渡った時点で頓挫したらしいが。 信者を嫉妬で狂わせ、無謀な計画に走らせるほど仲睦まじくお話しているという事か。 原作では前述の通りの絡みしか無いため、さねカナ好きには寝耳に水、棚からおはぎな情報となった。 原作の事を引き合いに出すと、寧ろふたりは鬼殺に対する考え方は真逆である。 (しかしそこがいい) なのに同性の同僚ではなく、なぜ胡蝶カナエ先生と? 何を話題によく話しているのか? 理系教員同士であることの気安さや、互いの弟妹自慢、生物担当のカナエに不死川がカブトムシの飼育指南を受けているなどの意見が散見されるが、小説版等での補完を是非期待したい。 これがスピンオフのみの設定なのか、原作でまだ描かれていない何かがあるのかも気になるところである。 関連イラスト.

次の

【鬼滅の刃】胡蝶カナエの声優・茅野愛衣が話題に!

胡蝶カナエ

カナエはカナヲを見ると妹と共に奴隷商人からカナヲを買い取って保護します。 汚い格好だったカナヲを自分の屋敷で育てますが、感情が無くなっていて自分で何も出来ないカナヲを甲斐甲斐しく可愛がっていました。 まるで娘や末っ子の妹にように見ていたのかもしれませんし、カナヲ行動する際の指針となるコインを渡した張本人です。 カナヲの回想シーンで出てくるのが、しのぶとカナエだった事から、よほど自分の中でこの二人の存在がいかに大きいか分かります。 奴隷だった自分を救ってくれて、大きな愛情で育ててくれた二人はとても大切な存在でしょう。 二人とも鬼に殺されそうになっていた時に、岩柱・悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)に助けてもらっており、その流れで二人とも鬼殺隊に入りました。 自分たちと同じ境遇で苦しんでいる人を一人でもなくしたい為です。 柱となっていてもカナエのキャラは変わらず、いつも正論を言ってる妹が姉を注意しますが、ほのぼのとした理屈の合ってない答えに怒ってしまいます。 仲がいい、睦まじい光景が三人の中には広がっていました。 カナエは炭治郎と同様に鬼に同情し、人と一緒に鬼も救いたいと考えていました、鬼に殺される時の瞬間まで。 しのぶには鬼殺隊を離れて普通の女の子として結婚して長生きしてほしいと死ぬ間際に伝えます。 しかし、しのぶは鬼に両親を、そして姉を殺されている状況でその言葉を受け入れる事が出来なかったのです。 しのぶは姉の『鬼とも仲良くできる』という言葉と、大好きで尊敬していた姉からの、『しのぶの笑顔が好き』と言った言葉が彼女の原動力となっています。 他にも、この素晴らしい世界に祝福を!の『ダクネス』役や、ソードアート・オンライン アリシゼーションの『アリス・シンセシス・サーティ』役などを担当されています。 ダクネスのドMのイメージが、カナエのほんわかした感じのギャップが凄くて流石声優さんって感じです。 まとめ 「あらあら」が口癖でほんわかした印象のカナエですが、柱になっているのは並大抵の努力では出来なかったはずです。 日常的にしのぶから突っ込まれているものの敬愛されており人柄も癖の多い柱の中でも相当まともな人物だったのでしょう。 またカナヲにとっては命の恩人にも当たる存在で、文字通り人生を変えてくれた大切な人です。 しのぶとカナヲにとってかけがえない存在だったカナエ。 次のアニメでもエピソードがあれば見てみたいです。 是非、鬼滅の刃の続編を出してほしいものです。 以上、元花柱・胡蝶カナエについてでした。

次の