加藤 紀子。 加藤紀子と旦那・川辺ヒロシの馴れ初めは?元旦那との離婚理由は?

「加藤 紀子」の記事一覧

加藤 紀子

来歴・人物 、アイドルグループ「」の一員として系『』に出演。 同番組が終了した後半から徐々にやへの露出が多くなる。 特に系で放送していた一社提供番組は約5年に渡ってと共に司会を務め、当時の子供たちにも人気を博した。 、「今度私どこか連れていって下さいよ」(の同名曲の)で歌手デビュー。 中断していた時期もあったものの、2005年までにからシングル9枚、4枚をリリース。 からへしたため、芸能活動を休業していたが、1994年から1999年の最終回まで出演していた系『』の復活スペシャル出演のため、2001年末に途中帰国。 2002年春に留学を終え、芸能界へ復帰。 帰国後は、留学前のようなへの出演は落ち着いた一方で、ラジオやにも活動の場を置いている。 所属事務所を同じくする関連の仕事も多い。 、11歳年上の、若槻善雄との結婚を発表。 にを提出。 、若槻と離婚。 2013年3月3日、の川辺ヒロシと2度目の結婚。 山形県観光大使。 エピソード• 女優のとは深夜ミニドラマ『シャンプータイム』(日本テレビ系)で共演して以来の親友で、舞台公演やトーク番組出演などの際は互いにお花を送り合ったりしている。 「桜っ子クラブ」の企画でを訪問した際に、訪問したメンバーの中で唯一「歌手としての素質がある」と言われた。 2007年11月に『』(TBS系)に出演した際、から「37、8〜40歳までに離婚すると思います」と予言を受けた。 その後、予言が的中し実際に当時37歳で若槻と離婚する結果となった。 10代後半の頃、を使ったを試みたことがある。 通常2錠位で済ませるところを7・8錠飲んでいたとのことだが、当然体を傷める結果となりが出たことからやめたという。 兄がおり、名古屋市内で屋「花月」を経営していたが 、2013年3月に閉店。 音楽 フレンチポップスに造詣が深く、フランス留学のきっかけになるほど。 自身も2005年のアルバムで本格的にフレンチポップスの名作をカバーしている。 ライブではギター、パーカッションという少人数編成で、自身もピアニカを演奏することもある。 、、フランスのミュージシャンではマチュー・ボガートなどと交流がある。 主な出演作品 テレビドラマ• シャンプータイム(1993年、日本テレビ)• (1994年、系)• (1995年、テレビ朝日系) - 岸本真理子 役• (1997年、日本テレビ系) - 安藤夏 役(主演)• (1998年、テレビ朝日系) - 小椋杳子 役(主演)• (1999年、系) - 杉原あゆみ 役• 第2話(2000年、日本テレビ系) - 西川栞 役• (2002年、系) - 鈴木英子 役• (2003年、テレビ東京系) - 鈴木紀子 役• 第4話(2010年、)• (2015年、NHK BSプレミアム) バラエティ• (1992年4月 - 1993年3月、テレビ朝日系) - 司会• (1994年10月 - 1998年3月、系)• (1994年 - 1996年、日本テレビ) - 審査員として不定期出演• (1994年9月 - 1996年9月、日本テレビ系) - 準レギュラー• 新装開店! SHOW by ショーバイ!! 新装開店! SHOW by ショーバイ2• (1995年 - 1996年、日本テレビ)• (日本テレビ) - 不定期出演• (1996年10月 - 1997年9月、制作)• (1993年頃、テレビ東京系) - 司会• (1993年10月 - 1996年6月、テレビ東京系) - 司会• (1996年7月 - 1998年3月、テレビ東京系) - 司会• (1997年頃 - 2000年3月、テレビ朝日系)• (1997年頃 - 2002年6月、テレビ朝日系)• ハローランド(2002年4月 - 2003年3月、フジテレビ系)• (2003年4月 - 9月、テレビ東京系)• (2005年3月、テレビ朝日系)評価は「中エプ」• (2005年4月 - 2006年3月、制作、) - 火曜レギュラー• ・(2006年頃 - 、ABCテレビ制作、関西ローカル) - 準レギュラー• (2007年10月 - 2008年9月、フジテレビ系) - 月曜レギュラー• (2008年、テレビ東京系)• (2010年12月25日、テレビ東京系) - 司会• BS1スペシャル「デーモン閣下がモノ申す! 女性芸能人真夏のスポーツテスト(2012年8月28日、テレビ朝日系)• 第12弾 松阪〜松本(2012年9月1日、テレビ東京系)• (2013年4月 - 、制作) - 水曜レギュラー• 知っトク! らいふ「おうち改造計画! すてきなカフェスタイルに」(2017年10月30日、) - ゲスト ドキュメンタリー・教養番組• スペイン()• (2008年、・BS hi・)• (2010年4月 - 、)• (2012年7月21日、)• 「8月号」(2012年、)• やまがた発! 旅の見聞録(2014年、山形放送ほか) - 山形を旅する人(平成26年度ナビゲーター)• ぐるっとスイス(2015年7月19日 - 10月4日、全12回、BSフジ) - 旅人• 「家で楽しむ私のカフェスタイル」(2017年10月4日 - 11月29日、全9回、) ラジオ• (・、2週間に1回更新)• (2012年4月 - 、) - 火曜日担当パーソナリティ• (2012年4月 - 、)• 2018年11月 - 系 ネット• tiny tiny(2017年10月26日 - 、) - MC CM• 1992年秋冬バージョン(と共演)• (JR東日本)・• ・プロスタイル• ・つるるん小町、パスタココ冷製スパゲッティ他• ・ソフトインワンシャンプー• ・ビセット• ミュージカル• 草原の人(2003年、 他)主演。 DVD化、オリジナルキャストによる曲のCD化もされた。 (2004年、 他)• ファッショナブル(2010年、ル・テアトル銀座 他)主演。 開局10周年記念企画。 『 WAKU WAKU 1・2・3キャンペーン』CMソング 書籍 写真集• 山岸伸『PARADISE LOST』、1992年12月5日。 山岸伸『紀子図鑑』近代映画社。 野村誠一『storm』TIS、1993年10月1日。 野村誠一『Pure』、1994年10月28日。 尾形正茂『はなうた』、1995年10月25日。 久保田昭人『そら』UP-FRONT BOOKS、1996年10月10日。 久保田昭人『糸』UP-FRONT BOOKS、1999年3月23日。 『ほんわかで行こう! 』、1997年。 「」の連載を単行本化。 『私にも出来たいくつかの事-フランスにて-』〈集英社be文庫〉、2003年。 『』(ABCテレビ制作・テレビ朝日系)放送分より• 加藤紀子 lecon de a. 2011年6月27日. 2018年11月17日閲覧。 食べログ 2013年3月7日. 2018年11月17日閲覧。 1994年10月 - 1996年9月は月曜レギュラー、1996年10月 - 1998年3月は木曜レギュラー• 1994年11月 - 1995年9月および1998年11月以降は準レギュラー、また最終回と2001年の復活スペシャルにも出演• 1998年4月 - 9月はの産休での代理司会。 外部リンク• NoricoKato -• katonoriko -• - (2012年4月2日 - )• - (2004年11月10日 - 2012年4月2日)• - ライター• - ELECTORE• - チャンネル.

次の

加藤登紀子

加藤 紀子

画像は単行本『ほんわかで行こう! 』より タレントの加藤紀子さん(46)が7月13日放送のラジオ番組『MBSヤングタウン 土曜日』に出演し、旧知の仲である明石家さんまさん(64)にビキニ姿を「抱ける」と言われたことが話題になっています。 番組では、加藤さんが去年の夏、ブログにてビキニ姿を披露していることが話題に。 写真を見たさんまさんは「立派、立派! 40超えて、この体をキープしてるのは」と加藤さんに賞賛の言葉を送ります。 そして加藤さんが体型キープのために日々努力していることを話したところ、さんまさんは改めて立派だと褒めた後に、「俺、これは抱ける!」と自信満々にセクハラ発言。 加藤さんに「そういう話でしたっけ?」と言い返されていたのでした。 インスタグラムではこの日のラジオ出演の様子が写真で確認できます さん katonoriko がシェアした投稿 — 2019年 7月月12日午前3時57分PDT 話題になったブログとは、昨年9月2日に「平成最後の夏を。 」というタイトルで投稿されたもの。 加藤さんは楽しかった夏の思い出をいくつか振り返る中、夫でDJの川辺ヒロシさん(52)が出演した、愛知県の内海海水浴場砂浜で行われたライブイベント『盆踊りだヨ!全員集合 -クラブ円頓寺 打ち上げ-』に行った時の写真を掲載したのです。 「愛知県内海海岸、夫によるDJを聴きながらの花火大会は豪快で迫力あって最高だったなぁ」という言葉と共に花火の写真や、「地元の海はビキニになれる穴場スポット」という言葉とともに、引き締まったメリハリボディが確認できる黒ビキニ姿の写真を掲載していました。 「加藤さんは40歳の時にコヤブソニックで知り合った川辺さんと結婚。 元々音楽好きで文化系だった加藤さんは、川辺さんは友人関係も重なるところが多く、業界のおしどり夫婦として有名です。

次の

加藤紀子長年の水面下での生活で劣化!?今後再ブレイクの兆しも?

加藤 紀子

太川陽介と蛭子能収の「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」(テレビ東京系)が3月25日、再放送される。 これはリーダーの太川陽介がおすすめの回をピックアップし再放送するもので、すでに第13弾と15弾が再放送されている。 今回は第12弾が選ばれた。 第12弾は三重県松阪市から長野県松本市の松本城を目指す旅。 マドンナは女優の加藤紀子が務めた。 この回はファンから「神回」認定されるほど大好評を得ている。 「この回は太川と蛭子、そして加藤のやり取りが最高におもしろい。 蛭子がクズっぷりを発揮しているのもいい。 ファンの中にはこの回が一番おもしろいという人もいます」(テレビ誌ライター) さらに蛭子と太川がケンカし、蛭子の物言いに太川が激怒。 「今回で最後にしよう」「最終回です」と、言い放つ貴重な場面もある。 「もうひとつおすすめなのが加藤の豊かな胸。 彼女は連日、胸の大きさがよくわかる衣装で推定Fカップを揺らして奮闘しているんです。 あれを見るためだけにこの回を視聴してもいいぐらい。 圧巻ですね」(週刊誌記者) 蛭子は加藤がよほど気に入ったのか、2度目の最終回でお気に入りのマドンナとして加藤を呼んでいる。 この時、加藤はお風呂シーンを披露した。 「第12弾では残念ながらお風呂シーンはありません。 3日目の夜、温泉に泊まったにもかかわらずです。 これは非常に残念ですが、それでも見応えはありますよ」(前出・週刊誌記者) バス旅史上最高と評される第12弾。 どこがおもしろいのか、実際に観て確かめてほしい。

次の