イオン カード オペレーター。 【イオンカード】引き落とし口座を変更・確認する方法

お問合せ |イオン銀行

イオン カード オペレーター

内容をざっくりまとめると• 引き落とし口座の変更はネットか電話で申込み• ネットの方がスムーズに変更できる• ただし、一部の金融機関しか対応していない• 電話であればすべての金融機関に対応している• けど、郵送でやり取りをするので反映に時間がかかる_ はじめに|イオンカードセレクトは引き落とし口座の変更ができない 「イオンカード」と一言にいっても、種類が2つあります。 1つは通常のイオンカード。 WAON機能も搭載されているので、クレジットカード機能とWAON機能を利用できます。 もう1つはイオンカードセレクト。 こちらはWAON機能とクレジットカード機能に加え、イオン銀行のキャッシュカード機能も搭載されています。 3つの機能が使える形。 ですが… イオンカードセレクトは、登録できる口座がイオン銀行のみ。 イオン銀行のキャッシュカード機能が搭載されているので、その他の銀行を登録することができません。 なので、 イオンカードの引き落とし口座を変更したいんだけど… という時は、まずお使いのイオンカードの種類を確認してください。 ちなみに、ネットで手続きした方がスムーズに反映されます。 スマホ・パソコンからいつでも変更手続き可能。 24時間365日利用できるので、時間がある時にササッと手続きできます。 一方、電話での手続きは時間がかかります。 長引くと1ヶ月ほどかかってしまいます。 そのため、すぐに引き落とし口座を変更したい時は、ネットで手続きする方がいいです。 次に、ネット・電話それぞれの手続きについて、詳しく見ていきます。 ネットで変更 ネットの場合は、 会員サイト(MyPage)から手続きを進めます。 画面に表示される案内に従い、誤字脱字なく入力していけばOK。 所要時間は5分ほど。 手続き完了後、イオンカード側での確認が済み次第、変更が反映されます。 反映にかかる時間はまちまちですが、 最長で3週間ほどかかることもあります。 【注意点】ネットで登録できる銀行は限られている 全国の金融機関すべてが、ネットで登録できるワケではありません。 対応している金融機関が限られています。 イオンカードの引き落とし口座にネットから登録できる金融機関が下記の通り。 そして、必要事項を記入し返送しましょう。 郵送での手続きなので、変更が反映されるまでに最長で1ヶ月ほどかかります。 【注意点】書類記入時に必要になるモノ ただ単に記入すればいいワケではありません。 必要事項を記入すると同時に、 下記のモノが必要になります。 書類記入時に必要なモノ• 金融機関名• 金融機関の支店名・支店番号• 金融機関の口座番号• 金融機関の届出印 金融機関名や支店名、支店番号、口座番号はカンタンに確認できます。 通帳やキャッシュカードを見ればOK。 ですが… 届出印は紛失してしまうとか、どれか分からなくなってしまうことがあります。 もし届出印を紛失した場合は、金融機関の窓口に行き「 届出印の変更手続き」が必要になります。 変更手続きをする際は、通帳・キャッシュカード・本人確認資料を持参し。 最寄りの本支店窓口に行きましょう。 変更が反映されるまでにかかる時間は最長で約1ヶ月ほど ネット・電話ともに、変更を申込んでもすぐには反映されません。 というのも、イオンカード側での手続きも行われるからです。 また、イオンカードは様々な業務を抱えていますから、他の契約者の依頼・手続きにも対応しなければなりません。 そのため、引き落とし口座の変更を申込んでも、1日〜2日で反映されることはありません。 ネットであれば3週間ほど。 電話だと1ヶ月ほどかかります。 ちなみに… 13日までに手続きが完了した場合、翌月2日分の引き落としから変更が反映されます。 14日以降に手続きをすると、翌々月2日分からの反映になります。 変更が反映されるまでは、現在の口座(古い口座)から引き落とされる 引き落とし口座の変更が反映されるまでは、現在の口座から引き落としが行われます。 例えば、現在の引き落とし口座が「ゆうちょ銀行」だけど、「イオン銀行」に変更する…という場合。 13日までに手続きが完了すれば、翌月2日分から反映されます。 手続き完了が14日以降だと、翌々月2日分からの反映。 4月14日〜月末に手続きした場合• 4月2日:現在の口座(ゆうちょ銀行)から引き落とし• 5月2日:現在の口座(ゆうちょ銀行)から引き落とし• 6月2日:新しい口座(イオン銀行)から引き落とし このようになります。 手続き時期によって引き落とし口座が異なるので、入金忘れや入金間違えには要注意。 残高不足を起こすと引き落としが行われず「 遅延」として扱われてしまいます。 結果、遅延損害金や利用停止、信用情報機関への記録といったペナルティが発生。 今後のイオンカードの利用にも不都合が生じる可能性があるので、絶対に遅延しないよう気をつけましょう。 イオンカードの引き落とし口座を確認する方法 イオンカードの引き落とし口座は「ネット」もしくは「請求書」で確認できます。 変更手続きが完了したら、いずれかの方法で必ず確認してください。 それぞれの詳細が下記の通り。 ネットで確認 ネットで確認する場合は、イオンカードの会員サイト「MyPage」にログインします。 ログイン後、カード登録内容照会・変更に進むと、引き落とし口座を確認できます。 注意点MyPageを利用するには、イオンスクエアメンバーへの登録が必須です。 まだ登録していない場合は、から手続きをしてください。 書面・Web明細のどちらでもOK。 イオンカードの引き落とし口座を変更する時の注意点 イオンカードの引き落とし口座を変更する時、この3つに注意してください。 それぞれの詳細が下記の通りです。 変更を申込んでもすぐには反映されない 引き落とし口座の変更が反映されるまでには、 3週間〜1ヶ月ほどかかります。 手続きして1日〜2日では反映されないので、気をつけてください。 残高不足を起こさないように要注意 新しい口座に変更されるまでは、現在の口座から引き落とされます。 なので、入金忘れや入金間違えなどで残高不足を起こすと、 遅延する恐れがあります。 遅延すると、遅延損害金や利用停止などのペナルティが生じるので、注意しましょう。 引き落とし口座を間違えた時はイオンカードにすぐ連絡 引き落とし口座を間違えて入金してしまい、残高不足を起こしてしまった… という時は、イオンカードにすぐ連絡してください。 イオンカードのオペレーターに状況を説明し、案内に従って支払いを済ませましょう。 全国にあるほとんどの銀行が対応しています。 ネットからの変更手続きに対応している銀行は一部のみ。 すべての銀行が対応しているワケではありません。 ネット手続きに対応している金融機関• イオン銀行• みずほ銀行• 三菱UFJ銀行• 三井住友銀行• りそな銀行• 埼玉りそな銀行• ゆうちょ銀行• 近畿大阪銀行• ジャパンネット銀行• 住信SBIネット銀行• 労働金庫(ろうきん)• 楽天銀行もイオンカードの引き落とし口座に登録できます。 また、楽天銀行はネットからの変更手続きにも対応しています。 Q:ゆうちょ銀行も引き落とし口座に登録できる? できます。 ゆうちょ銀行もイオンカードの引き落とし口座に登録できます。 また、ゆうちょ銀行はネットからの変更手続きにも対応しています。 Q:ろうきんや信金も引き落とし口座に登録できる? できます。 ろうきん(労金・労働金庫)、信金(信用金庫)ともに、イオンカードの引き落とし口座に登録できます。 どちらもネットからの変更手続きに対応していますが、一部の信金は非対応なので注意してください。 Q:家族名義や配偶者(旦那・妻など)の引き落とし口座って変更できるの? できません。 契約者本人しか、引き落とし口座の変更をすることができません。 事情により契約者本人が手続きできない場合は、イオンカードコールセンターに電話をして、その旨を相談しましょう。

次の

セゾンカードの問い合わせ窓口の電話番号は?オペレーターに繋がらないときはメールで

イオン カード オペレーター

「ときめきポイント」はクレジットカードの利用金額200円 税込 ごとにときめきポイントが1ポイントたまります。 1ポイント=1WAONポイントとして交換(交換は1,000ポイント以上)するか、商品と交換することができます。 この2つのポイントをうまく使うことでお得に買い物をすることができます! 基本的な特典 ここでは、イオンカードを持つことで受けることができる基本的な特典を紹介していきます。 毎月20,30日は買い物代金5%OFF 毎月20,30日は 「お客様感謝デー」です。 全国のイオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、サンデー、ビブレ、ザ・ビッグなどの店舗で、各種イオンマークがあるクレジットカードまたはWAONを利用すると、買い物代金が5%OFFになります。 5のつく日はWAONポイント2倍 全国のイオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、サンデー、ビブレ、ザ・ビッグ、ミニストップなどの店舗で、5日、15日など「5」のつく日にWAONを利用すると、通常200円(税込)ごとに1ポイントつくWAONポイントが、特別に 2ポイント付与されます。 毎月10日はときめきポイント2倍 毎月10日の 「Wポイントデー」は、カードショッピングご利用200円(税込)ごとに、ときめきポイントが2ポイント付与されます。 その他、トラベルサポートや映画鑑賞割引、クレジット紛失の際の補償などもついています。 イオンクレジットカードの種類 イオンクレジットカードを徹底活用するにはその種類も知っておくことが必要です。 ここでは、イオンクレジットカードの代表的なカードの費用(発行手数料・年会費)、国際ブランド、引き落とし銀行口座、貯められるポイント、付帯可能なサービス、カードの特徴について紹介していきます。 イオンカードセレクト 費用 無料 ブランド MasterCard,Visa,JCB 銀行口座 イオン銀行のみ ポイント ときめきポイント、WAONポイント サービス ETCカード、家族カード、Web明細、イオンiD このカードの最大の特徴はWAONクレジットオートチャージでポイントが貯まるということです。 WAONクレジットオートチャージとは、買い物した後にWAONが設定金額未満になると、自動的に引き落とし口座からWAONにチャージされるというシステムで、いちいちチャージする手間が省けます。 また、200円のチャージで1WAONポイントが付与されます。 オートチャージでポイントが貯まる唯一のカードがイオンカードセレクトです。 イオンカード(WAON一体型) イオンセレクトカード、イオンカード(WAON一体型)、イオンカード(G. Gマーク付き)の3つはディズニーデザインのカードが選べます。 オリジナルデザインでかわいいですね!ただし、ディズニーデザインのものはクレジットカードの国際ブランドがJCBしか選べないので注意してください。 イオンセレクトカード 次は、先ほど説明したイオンクレジットカードの中でも一番人気のイオンセレクトカードについてさらに詳しく紹介していきます。 イオンセレクトカードが一番人気のわけとは? イオンセレクトカードの最大の特徴はやはり他のカードよりもお得にポイントを貯められるということでしょう。 先ほど紹介したWAONのオートチャージによるポイントに加え、公共料金支払いの引き落とし口座にすることによってもポイントを貯めることができます(一件につき5ポイント)。 また、給料振込先に指定することによってもポイント(毎月10ポイント)をもらうことができます。 他のイオンクレジットカードと比較したイオンセレクトカードのメリット・デメリット イオンセレクトカードのメリット 銀行取引によるポイント付与 イオン銀行普通預金金利が0. 12%に(通常は0. 02%) イオンセレクトカードのデメリット 他のカードより審査に時間がかかる イオン銀行の口座開設が必要 その他のイオンクレジットカード イオンカードには他の企業と提携したカードが様々あります。 ここでその中でも人気が高いカードを紹介していきます。 イオンJMBカード(JMB WAON一体型) スポーツオーソリティ店舗でお買い物された商品が毎日5%OFF、毎月20日・30日の「スポーツオーソリティお客さま感謝デー」は10%OFFになるカードです。 また、入会時に全国のスポーツオーソリティで利用できる500円分の商品券をもらうことができます(5,000円以上の買い物の際に利用可)。 スポーツ好きの人におすすめのカードです。 イオンのクレジットカードで得しましょう! 今回はイオンのクレジットカードについてご紹介してきましたがいかがでしたか?この記事を参考に自分に合った イオンのクレジットカードを検討してみてください。 そしてそのカードでお得にショッピングや食事などを楽しみましょう! イオンクレジットカードをお得に利用した上、電気代でも得しちゃいましょう! クレジットカードを見直すだけでなく、電力会社も見直せばさらに生活にゆとりがでるかもしれません!電気代。 電気代は、電力会社のプランを見直すことで今より安くできる場合があるんですよ!でも、多くの電力会社の様々なプランから選ぶのは大変ですよね。 「エネチェンジ電力比較」では、かんたんな質問に答えるだけで電気料金のシミュレーションを行い、あなたのご家庭にぴったりな電気料金プランをご案内いたします。 もちろん、無料でご利用いただけます。

次の

イオンクレジットカードのポイント還元率や特典を徹底解説

イオン カード オペレーター

(ナビダイヤル:有料)または (有料) 受付時間 9:00~18:00/年中無休 ナビダイヤルに電話をかけると自動音声が流れますので、お問い合わせ内容に応じてショートカットキーをプッシュします。 その他のお問合せ以外は、この段階で直接オペレーターにつながります。 問い合わせ内容 操作 カードの紛失・盗難 0 住所・氏名・口座変更 ときめきポイントの応募 カードの退会 1 その他のお問合せ 2 その他のお問い合わせの場合は、さらにショートカットキーとカード番号をプッシュするとオペレーターにつながります。 電話がつながらない場合 コールセンターは、時間帯によっては混雑していてなかなかつながらない場合があります。 実際に混雑しているかどうかはその日の状況によるものの、特に混雑しやすいのは16時から18時の時間帯と日曜終日です。 また、口座引き落とし日が毎月2日なので、その前後は混雑しやすいですね。 できるだけ混雑しやすい時間帯を避けて電話してみましょう。 また、直接オペレーターと話さなくても、自動音声応答サービスで済む内容であれば、そちらを利用する方が早いです。 カードの紛失・盗難時専用ダイヤル こちらの番号は、カードの紛失・盗難専用の窓口で、それ以外のお問い合わせは受け付けていません。 コールセンターは、カードの紛失・盗難についても、受付時間は9:00から18:00までとなっていますので、それ以外の時間帯にカードの紛失・盗難があった場合には、こちらの専用ダイヤルまですみやかにお電話ください。 すぐにカードの停止手続きをしてくれます。 (ナビダイヤル:有料)または (有料) 24時間受付/年中無休 海外で盗難・紛失に遭った場合は? 海外でイオンカードの盗難に遭ったり紛失した場合は、下記の電話番号へ直接連絡してください。 フリーダイヤルで「クレジットカード紛失受付係(日本)」へつながりますので安心して下さい。 国・地域名 電話番号 アメリカ本土,ハワイ カナダ サイパン グアム フィンランド ギリシャ オランダ ベルギー フランス スペイン ハンガリー ルクセンブルグ イタリア スイス オーストリア イギリス デンマーク スウェーデン ノルウェー ドイツ チリ コロンビア マレーシア オーストラリア インドネシア フィリピン ニュージーランド シンガポール タイ イスラエル アイルランド ポルトガル 韓国 マカオ 香港 中国北部地域 中国南部地域 台湾 バ-ミューダ トルコ インド アラブ首長国連邦 バーレーン 固定電話の場合: 0120-223-212 (フリーダイヤル:無料) 携帯電話・スマホ: (ナビダイヤル:有料)または (有料) 24時間受付/年中無休 ショートカットキーの活用 テレホンアンサーには、各種手続きに応じたショートカットキーと、各種資料請求に応じたショートカットキーが用意されています。 はじめに0と#を押してショートカットキーを利用すると、音声ガイダンスの途中でもすぐに各種サービスメニューへ移ることができて便利です。 リボ専用ダイヤル(自動音声応答サービス) リボ払いへの変更、全リボ登録、リボ支払いコース変更など、リボに関する手続きができる専用ダイヤルです。 自動音声応答サービスとなっていますので、音声ガイダンスに従って、カード番号と暗証番号を入力し、お問い合わせに応じた番号と#をプッシュしてください。 (フリーダイヤル:無料) 24時間受付/年中無休 チャットによる問い合わせ イオンでは、チャットによる問い合わせもできます。 チャットによる問い合わせは、24時間利用できる自動チャットサービスと、MyPageのログインに関する問い合わせのみができる有人のチャットサービスの2つがあります。 自動チャットサービス 公式ホームページのお問い合わせのページに、自動チャットサービスがあり、質問したいことを入力すると、自動で回答してくれます。 これは、有人のチャットサービスではないので、必ずしも的確な回答が返ってくるわけではありませんが、よくある質問の中から最適なものを表示してくれます。 MyPageログインについての問い合わせ 唯一、MyPageのログインについてのお問い合わせのみ、有人によるチャットを利用することができます。 受付時間は平日 9:00~18:00で、土日祝日はお休みです。 チャット受付サービス窓口から「チャットで質問する」ボタンをクリックすると、チャット画面が立ち上がりますので、メッセージ欄に質問を入力して送信ボタンを押すと、メッセージが送信され、専門オペレーターとチャットで会話をすることができます。 「終了ボタン」を押すとチャット画面が閉じて、チャットが終了します。

次の