危険運転ナンバーデータ。 あおり危険運転・悪質ナンバー共有情報サイト「NumberData」とは?悪質な「危険性帯有者」罰則強化へ

悪質ナンバー共有情報サイト「ナンバーデータ」が非公開に!個人情報晒しにデマ投稿の可能性は?ネットで賛否両論!

危険運転ナンバーデータ

自宅近くの駐車場で身柄を捜査員に確保される宮崎容疑者。 その際も身勝手な主張を大声で叫んだ 宮崎文夫容疑者 43 が逮捕されても、誰もが被害者になる可能性がある。 あおり運転を繰り返す凶悪ドライバーはどこに出没する可能性が高いのか? まず、それを知っておくべきだろう。 あおり運転をはじめとする悪質な車両の目撃情報を共有できるサイト「ナンバーデータ」には、今年3月の運営開始から8月中旬までに、すでに2000件弱の投稿が集まっている。 その目撃場所を都道府県別に集計し、ランキングにまとめた表がある。 1位は大阪、2位は静岡、3位が愛知、東京、以下、神奈川と続く。 上位にあがっているエリアには、東名高速が走っていることに気づくだろう。 東名高速ではあおり運転が圧倒的に多いのだ。 なかでも神奈川県境から御殿場ICまでのエリア、あるいは新東名高速道路の新富士ICから新静岡ICまでの間は、法定速度以上のスピードを出す車が目立つ。 宮崎容疑者が危険運転を行った茨城県の常磐道も要注意エリア。 モータージャーナリスト・清水草一氏が語る。 「常磐道は他の高速道路と比べて飛ばす車が多い。 かつてフェラーリF40で300kmを出したドライバーがいるほど、最高速トライの場所ですから」 なかでも土浦北ICから水戸ICまでの区間は茨城県警が取り締まりの重点区間に定めるエリア。 スピード超過の車が多い。 ここを走るときは制限速度で走っていても、モタモタしているように見えるかもしれない。 十分な注意が必要だ。 日本交通事故調査機構代表の佐々木尋貴氏はこう指摘する。 「例えば東北自動車道では福島県から宮城県に入ると速度制限が100kmから80kmに変わります。 それに気付かずそのままスピードを落とさないドライバーも多い。 交通ルールを守って走っている車が流れを邪魔していると誤解され、トラブルに巻き込まれかねません。 常に道路状況を考えた運転を心がけることが自己防衛の最善策でしょう」.

次の

DQNのナンバープレート保管庫 5

危険運転ナンバーデータ

悪質なあおり運転が社会問題となっている中、SNS上で注目を集めているサイトがある。 それが、迷惑運転した車両のナンバーを投稿できる 「Number Data(ナンバーデータ)」だ。 迷惑運転抑止を目的に、「迷惑車両のナンバー」「発生日・場所」「被害状況」などを投稿し、共有するサイトで、投稿数は1万3千件を超えているという。 つい先日からは、情報の信憑性を高めるため動画ありの投稿のみを受け付けている。 車両のナンバーを公開することについては、総務省の見解では「ナンバープレートの情報は個人情報には該当しない」とされているが、弁護士をまじえて法律面で整備されたサイトを目指しているという。 それでは、ナンバーデータはどれほど迷惑運転抑止につながっているのか? 今後の展開なども含めて、ナンバーデータの運営者のAさんに詳しく話を聞いてみた。 アクセスが集中しすぎて、サイトがダウンする状況になりました。 これまで、1日の投稿数が20~30件だったのですが、あの事件以降、毎日500件ほど送られてきます。 現在は、投稿は動画ありのものだけに絞ったため、そこまで多くはありませんが。 1日20件の投稿でも十分紹介できる量かと思います。 また、先週、500件ほど投稿がありましたが、イタズラや交通に関係ないもの、特定の相手に対する執拗な投稿などが多く、掲載できるのはその中の1割程度でした。 信憑性の高い情報をいかに紹介できるかがサイトの運営者として求められていると思います。 情報として1か所に集める投稿の場所ができないかと思い、このサイトを作りました。 決して、特定の車をさらしあげるためにやろうとは思っていません。 迷惑運転したドライバーからの削除依頼は常に受け付けています。 迷惑運転がそのドライバーに伝わり、ドライバーから削除依頼が出されれば、すぐに投稿は削除されます。 すべてのドライバーが反省しているわけではありませんが、一部のドライバーにとっては安全運転のきっかけにはなっているかと思います。 新たに「あおり運転罪」が検討される動きがあるなど迷惑運転の防止に向けてさまざまな対策が練られる中、このサイトもその取り組みの1つではあるが、このデータをどう活用するかが今後の課題と言えそうだ。 「急増する交通トラブル あなたもいつ当事者に…」特集をすべて見る!.

次の

あおり運転投稿サイト「ナンバーデータ(Number Data)」が復活!今後はあおり運転の証拠となる”動画を含む投稿のみ”掲載可能に

危険運転ナンバーデータ

~あおり運転をされたエビデンスが今後は必要となり、投稿のハードルも一気に高くなる~ ナンバーデータを運営する管理者側も、今回のような悪質な投稿と過度なアクセスによるサーバーダウンというのは想定外の出来事だったようで、今回の問題を踏まえ、9月1日からの投稿は「動画を含む投稿のみ」が可能となります。 つまり、あおり運転の根拠を示した動画から、悪質と判断される車両がインターネットを通じて掲載されることになるので、今後身近に発生するあおり運転が、翌日には全国的に拡散されていく恐れがあるので、改めて運転マナーの向上を図る必要があるかと思います。 なお、9月2日の時点で既に40件を超える投稿が見受けられ、上の画像にもある通り、悪質ともいえるあおり運転やマナーの悪い運転を行っている動画が多数掲載されています。 こうしてみると、「自分は絶対にこのサイトに載りたくない」という想いが出てくると思うので、絶対にあおり運転はやめましょう ある意味、社会的制裁も含まれているので冗談抜きで掲載されたくない。 ちなみに「ナンバーデータ」では、以下の通り運営方針・投稿条件の変更が施されたことで、あおり運転に該当しないものに関しては、「違反報告・削除依頼」も設けられているとのことなので、少しでも投稿する側の質も向上することを祈るばかりです。 運営方針・投稿条件の変更について(2019年8月26日) 運営方針・投稿条件の変更についてお知らせいたします。 悪質行為の投稿について「動画を含む投稿のみ可能」と投稿条件を変更いたしました。 文章のみ、画像のみの投稿では「虚偽の情報」「誇張された(大げさな)表現の投稿」「特定の相手に対する嫌がらせ」などに対応できないと判断いたしました。 文章のみ、画像のみの投稿に対して「身の覚えが無い内容が投稿されている」「内容が大げさに書かれている」「以前からトラブル関係にある相手から何度も投稿されている」といったご報告をいただくことも少なくありませんでした。 不確かな情報によってご迷惑をお掛けした方々にはお詫び申し上げます。 本当に申し訳ありませんでした。 動画を含む投稿であっても「前後関係を見ないと状況がわからないケース」「動画内で悪質行為が確認しづらいケース」などもありますが、運営側で確認し「動画内にて悪質行為が明らかな投稿」に限り掲載する方針です。 また、ご投稿いただいた動画は警察・各メディアなどからの要請があればに積極的に提供し情報を広めることに協力する考えです。 テレビ・週刊誌・大手インターネットサイトなどで当サイトが取り上げられたことをきっかけに投稿数・閲覧数が急激に増加いたしました。 あらゆる面での対策・対応が追いつかない状況になってしまい大変ご迷惑をお掛けいたしました。 変更・改善が求められる点も多くありますが、悪質運転の動画投稿を通して「健全な社会の役に立てるサイト」を目指していくことに変わりはありません。 これからもナンバーデータをよろしくお願いいたします。

次の